イタリア旅行記ブログ イタリア旅行は楽し

イタリア旅行大好きの管理人が、実際にイタリアに足を運んだ経験・情報に基づいて、イタリア旅行情報を発信してます。
旅行記や個人でのイタリア旅行のコツ、サッカー観戦情報もございます。

Top Page > イタリア個人旅行の作り方

設備・サービスでホテルを選ぼう!~ホテルの選び方③

 イタリア旅行でのホテルの探し方、第3回です!今回は、ホテルの設備や備品、サービスといった部分での、ホテル探しのコツをまとめました。
 
<イタリアのホテルではアメニティは期待できない!>
 イタリアのホテルは、日本のホテルのように、アメニティ完備ではありません。

 例えば、日本のホテルであれば、シャンプー、リンス、石鹸、歯ブラシ、歯磨き粉、タオル、スリッパ、寝間着、などが備えてありますが、イタリアのホテルで、今まで100%の確率で用意してあったのは、石鹸とタオルくらいです。

 ちなみにシャンプーは備えてあるところが多いですが、リンスはあまり見かけないです。歯ブラシは…1回、超使いにくそうな歯ブラシが用意されてたことがありました。スリッパも、一度、紙製(!)みたいなスリッパ見たことあります(笑)。

 もちろん備品は、ホテルの星の数にも拠ります。私は、いわゆるラグジュアリーなホテルには宿泊しない(できないとも言う)ので、もしかしたらラグジュアリーなホテルにはラグジュアリーなアメニティが完備されてるかもしれません。

 いずれにせよ、イタリアのホテルに宿泊する際は、アメニティには期待せず、自分で用意して行った方が無難です。特にスリッパは忘れないように用意しましょう。

<イタリアのホテルの設備について>
 イタリアのホテルには、日本人の感覚で、当然あると思っているものが、無いことがあります。それは、ズバリ、冷蔵庫テレビドライヤー冷暖房バスタブエレベーター

 まず、冷蔵庫、テレビは、人によっては必要ない、という方もいるかもしれませんね。ドライヤーは、部屋に備えていないだけで、フロントで無料で貸してくれるホテルもあります。

 冷暖房は、そこそこ普通ランクのホテルであれば、ちゃんと付いています。ただ、寒い地域では、さらに強力な暖房器具を使う際には、追加料金を取られることもあります。

 それからバスタブですが、以前はバスタブ付きのホテルがいいなあと思っていましたが、最近は、足湯用ビニールを持って行っているので、あまり必要性を感じなくなりました。あればもちろん便利ですが、バスタブ付きのホテルにこだわると、選択肢が狭くなるのも事実ですので、どうしても必要かどうか、好みで判断しましょう。

 最後にエレベーター。これは、ちょっと日本とイタリアは事情が違うので、エレベーターの無いホテルイコールしょぼいホテルとは限りません。イタリアの旧市街は、古い街並みを保存するため、あまり建物を改造できないのです。

 そういうわけで、イタリアのホテルは、エレベーターが無いホテルが多いです。エレベーター付きのホテルが希望の場合は、ホテルの公式サイトで確認するか、ホテルにメールなどで問い合わせることをおすすめします。

<キッチン付きホテルがおすすめ!>
 私のイタリアのホテルさがしの、一番のキーワードになっているのはキッチンです。断然、キッチン付きのホテルがおすすめです!

 自炊したり、コーヒーだけ沸かしてテイクアウトしたものを部屋で食べたりと、食費がかなり節約できますし、部屋でゆっくりしている時に、コーヒーやお茶を飲んでリラックスすることもできます。

 ただし、近くにスーパーや市場など、食料品が調達できるお店が無ければ、キッチンは宝の持ち腐れです。ウンブリアやウンブリアとかウンブリアみたいな、お店が少ない町に宿泊する場合は、キッチン付きのホテルに宿泊するかどうかは、ホテル周辺にスーパーがあるかどうかを、ホテルに問い合わせてからの方が良いですよ。

<朝食は付いていた方がよい?>
 朝食付きのホテルがよいかどうかは、それぞれの旅行スタイルにもよります。朝食付きのメリットは、朝食が準備されていると、朝食を作る手間が省けるので、観光に出発する時間が早くなります。また、食費節約にもなりますね。

 朝食付きのデメリットとしては、朝食を部屋に運んでもらうスタイルの場合、何時に持ってきてもらうか、だいたい前日までに約束するので、少し行動が制限されます。急に予定を変えて、早く出かけたり、昼過ぎくらいまで休みたかったり、という自由がききません。

 ちなみにイタリアの朝食は、甘いパンとおやつ、フルーツにヨーグルトと言った程度の軽食が多いので、がっつり食べたい方はちょっとがっかりするかもしれません。アメリカ人観光客の利用が多いホテルなどでは、しっかりした朝食を出すホテルもあります。

 また、個人経営のB&Bなどでは、朝食付きとは言っても、部屋にコーンフレークやお菓子類が置いてあるだけで、コーヒーも自分で入れるといった場合もあります。いずれにせよ、朝食付きにこだわってホテルを探すなら、朝食のクチコミはチェックしておきましょう。

おすすめのホテル予約サイトへ続く

イタリア個人旅行の作り方もくじへ

イタリア旅行は楽し♪トップページへ

スポンサーリンク

立地条件でホテルを選ぼう!~ホテルの選び方②

 観光立国のイタリア。ホテルの数は星の数ほどあり、真夏のハイシーズンでも、全ての観光客に必ずホテルの部屋は行き渡るそうです。

 その中から、「快適」で「格安」なホテルを選ぶためには、じっくりと価格、立地条件、設備を比べる必要があります。まあ、ホテルマニアの私の姉のように、イタリア旅行から帰ってきた翌日に、次のイタリア旅行のためのホテル探しをするのはちょいと異常だと思いますが…。

 イタリアのホテル探しは、当然、宿泊する都市によって、選ぶポイントは違います。それぞれの都市におけるホテル選びについては、観光地として有名な町だけではありますが、町別まとめガイドに書いていますので、そちらをご参照くださいませ。こちらのコーナーでは、一般的にイタリアのホテルを探す、と言ったニュアンスで記事を書いていきます。

 まず、イタリアのホテルを選ぶ際の、「立地条件」について、見ていきましょう。

<中心部にあるホテルの長所と短所>
 イタリアの町は、観光スポットがだいたい徒歩圏内に集まっている町が多く、観光スポットが集まった中心部は、「Centro(チェントロ)」と呼ばれます。日本語だと「旧市街」と訳されます。

 当然、この中心街にあるホテルは高いです。が、少々お金をフンパツしてでも、中心街にホテルを取ることをおすすめします。

 というのも、徒歩で観光できる町であれば、観光の中心部にホテルを取ると、観光の合間にトイレ休憩やお茶休憩にホテルに帰ってこれるので、いちいち喫茶店に入らずに済み、かえってお金の節約になります。(イタリアで、徒歩のみで観光できない大都市は、ローマやミラノくらいです。)

 また、キレイな街並みが残る旧市街にホテルを取ると、体調を崩してホテルから動けないときに、窓からの観光ができてちょっとだけ嬉しいです(←経験者は語るっ!)(笑)

 中心部のホテルの短所は、旧市街は古い建物が多く、それを壊していけないという法律などがあり、特に水回りの設備が古いことです。シャワーのお湯の出が悪かったり、お湯そのものが出なくなってしまったり!ただ、ある程度しっかりした、評判の良いホテルを選べば、そんなに頻繁に遭遇する悲劇ではありません。

 あとは、観光客に慣れ過ぎていて、価格が不当に高すぎたり、殿様商売的な接客態度だったりする、ダメホテルが時にはあります。たいていのホテル検索サイトでは、宿泊客のクチコミを見ることができるので、評価の高いホテルを選ぶことで、ダメホテルを避けましょう!

<郊外にあるホテルの長所と短所>
 格安で、設備の整ったホテルは郊外に多いので、郊外のホテルの宿泊を考える方もいらっしゃると思います。

 郊外のホテルの長所は、郊外になればなるほど、建築制限が少なくなるため、水周りなどの設備は郊外のホテルの方がしっかりしていると言われます。

 逆に、郊外にホテルを取るリスクは、日本のようにコンビニ文化が発達していないイタリアでは、中心街から離れると、ほとんどお店がない可能性があります。スーパー、バール、レストランなどが見つからず、食いっぱくれてしまう危険が…。

 ただし、イタリアでは郊外に大型スーパーが見つかることがあります。大型スーパーが近くにある場所なら郊外に宿泊するメリットになりますので、ホテルの周囲の環境を、ホテルに問い合わせてみましょう。

<駅周辺のホテルの長所と短所>
 イタリアでは、鉄道駅と中心街が離れていることが多いです。駅近くのホテルは、中心街より安いことが多く、駅近くにリーズナブルな値段のホテルが集まっている町もあります。

 宿泊する町から、鉄道でいろんな町へ日帰り旅行する旅程の場合は、駅近くの宿泊が便利です。

 駅周辺の宿泊のデメリットとしては、大都市になればなるほど、駅周辺の治安が悪いと言われることです。ただ、夜間の外出をしないのであれば、ナポリなどの南部の大都市でない限りは、それほど気にすることはないでしょう。

 また、駅周辺は、驚くほど殺風景な街もあり、さみしくなるかもしれません。さみしんぼはいけませんね。

<まとめ>
 以上をまとめると、やはり個人的には、イタリアでは中心部にあるホテルへの宿泊が、断然オススメです!

 ただし、ローマやミラノなどの、徒歩だけでは観光できない大きな都市は、観光予定にもよりますが、バスや地下鉄などの交通の便がよい場所に宿泊する方が便利なこともあります。

 ホテルの印象イコールその町の印象になってしまう、というのは言い過ぎかもしれませんが、ホテルのチョイスは、旅行の満足度を左右する、大きなファクターであることは間違いありません。

 予算と旅程に合わせて、ベストなホテルを探し出してくださいね!

設備・サービスでホテルを選ぼう!~ホテルの選び方③へ続く

イタリア個人旅行の作り方もくじへ

イタリア旅行は楽し♪トップページへ

スポンサーリンク

イタリアのホテルの種類~ホテルの選び方①

 イタリア個人旅行で、大きなポイントを占めるのがホテル選びですっ!

 個人旅行では、異国で一番頼りになるのは、ホテルのスタッフやオーナーさん。親切な方に会えると、地元の情報を教えてくれたり、旅程の相談に乗ってくれたりします。

 また、ホテルで過ごす時間は長いですので、快適なホテルを選べるかどうかは、旅行そのもののイメージを大きく左右します。快適なホテルでゆっくり旅の疲れを癒して、また元気に町に繰り出しましょー!

 というわけでっ。私にはホテルマニアの姉がついているので、ホテル選びにはあまり失敗はしません。その姉の力を借りながら、ここからは快適なホテル探しについて書いていきましょう。

 いや、「快適」なだけではいけませんね。うちの姉は「快適」で「値段がお得」なホテルでなければ泊まらないという信念の持ち主です。両方を合わせ持った才色兼備(←ちょっと違う)なホテル君を探しましょう!

 手始めに、イタリアのホテルの種類分けをしておきましょう。

ホテル
(hotel, albergo)
 ホテル。ホテルはホテル。ホテルと言ったらホテルなわけですが。
 他のカテゴリーとの違いは、24時間スタッフが常在していることです。鍵はフロントで預けるスタイルが多いです。たいてい朝食付きです。
B&B bed&breakfastの略で、朝食付きの簡易ホテル。
 個人経営のプチホテルという感じで、鍵は自己保管になり、フロントはありますが、スタッフは24時間待機していない場合が多いです。
レジデンス
(residence)
 別名アパルトメント。家具付きのアパートを借りるスタイルで、キッチンや洗濯機などがついていて、暮らす感覚で旅行したい方、自炊したい方にはおすすめです。
 長期滞在を前提にしているため、3泊以上でないと宿泊できないなどの制限がある所もあります。
ユースホステル
(ostello per la gioventu)
 ご存知、ユースホステル。おそらく一番格安で宿泊できる施設だと思います。よく若い男性一人の貧乏旅行の方が、利用しているのを見ました。
 ただし、軽犯罪の多いイタリアでは、盗難が多いと言われるユースホステルもあります…。


 高級な順に並べてみましたっ!ただ、ホテルと言っても5つ星のゴージャスホテルから、ユースホステルくらい安い(ちょっと怪しい)おんぼろホテルまであるので、幅は広いです。

 また、B&Bとレジデンスもしっかり分けられるわけではなく、B&Bであってもキッチンがついていたり、レジデンスであっても朝食がついたりする場合もあります。

 次のページでは、ホテルを選ぶ際に、大きなポイントとなる「設備」と「立地」について書きます。

立地条件でホテルを選ぼう! へ続く

イタリア個人旅行の作り方もくじへ

イタリア旅行は楽し♪トップページへ

スポンサーリンク

≪ BackHomeNext ≫

プロフィール

辺獄

Author:辺獄
貧乏なくせに、イタリア旅行というお金のかかる趣味を持ってしまった、「イタリア旅行貧乏」です。旅行は楽し♪びんぼーも楽し♪がモットーです!
ついでにイタリア語も楽し♪
好きなイタリアの画家はボッティチェリ!

(limba→辺獄へ和訳改名しました!)

サイト修復中のお知らせ

当ブログは、記事が増えすぎたため、旅行記と本の感想以外の、イタリア旅行の実用的な情報記事を、新サイトにお引越しする作業を行っています。

引っ越し作業中は、お見苦しい箇所も出てきてしまうと思いますが、何とぞご容赦くださいませ。

新サイトはこちらです
辺獄のイタリア旅行おすすめ情報
辺獄のイタリア旅行おすすめ情報

新サイト完成後も、こちらのブログは、旅行記ブログとして存続しますので、よろしくお願い致します!

最新記事

イタリア旅行記

イタリア個人旅行の作り方

イタリアを個人で旅行する場合の、旅程の立て方や、航空券やホテルの予約の仕方についてまとめてみました♪
● イタリア個人旅行の作り方



イタリアの各町まとめガイド

今まで行ったことのあるイタリアの町ごとに、観光情報をまとめてあります。情報は、訪問当時のものなので、変わっている可能性もございます。ご注意下さいませ。
● 各町まとめガイド

各町まとめガイドは、10月以降、一時的に記事が見れなくなる可能性があります。詳しくはこちら

イタリア旅行お役立ち情報

イタリアツアー情報

当サイトはイタリアを個人旅行するための情報が多いので、パックツアーを考えている方のための別館を作ってみました。イタリアツアーの選び方や、おすすめイタリアツアーを紹介しています。
別館→イタリアツアー情報

旅行会話をマスターする!

せっかくイタリアに行くなら、イタリア語にチャレンジしてみましょう!イタリア語旅行会話の学習法や、おすすめのイタリア語学習教材、また、イタリア旅行で実際に使った旅行フレーズの紹介などをしています。

イタリア旅行おすすめ本

イタリア旅行に関するおすすめの本を紹介しています。おすすめガイドブックや、イタリア旅行前にぜひ読んでおきたい読み物、ちょっと小難しい文芸作品まで♪一覧にまとめてありますので、こちらからどうぞ↓

おすすめ旅行グッズ

イタリア旅行に役立つおすすめ旅行グッズをご紹介しています。ご参考までに、私がイタリア旅行の際に準備する持ち物リストの一覧も公開しています☆

イタリア旅行おすすめリンク

イタリア旅行に役立つサイトのリンク集を目的別に集めてみました。

カテゴリ

ブログランキング

参加中のブログランキングです。当ブログがお気に召していただけましたら、ぽちっとお願い致します☆

サイトについて

当ブログはリンクフリーです。サイトポリシーやお問い合わせ先についてはこちらからどうぞ。

検索フォーム

RSSリンクの表示

FC2カウンター