イタリア旅行記ブログ イタリア旅行は楽し

イタリア旅行大好きの管理人が、実際にイタリアに足を運んだ経験・情報に基づいて、イタリア旅行情報を発信してます。
旅行記や個人でのイタリア旅行のコツ、サッカー観戦情報もございます。

Top Page > イタリア旅行記2009 > 3/4フィレンツェ②~ラファエロの聖母子像、子の顔が怖い

3/4フィレンツェ②~ラファエロの聖母子像、子の顔が怖い

<本日のイタリア旅行記メニュー>
○パラティーナ美術館
○ジョットの鐘楼

 今日からはフィレンツェ6日、ローマ5日とゆっくり滞在できるため、前日までの疲れもあり、少し遅くまで寝た。

 さあ、今日から花の都フィレンツェ散策!しかし、あいにくの強い雨だっただめ、今日は美術館に入るのがよさそう、ということで、いきなりアルノ川を南に越えて、ピッティ宮と併設しているパラティーナ美術館へと向かった。ラファエロ目的である。それにしても、雨のせいか、アルノ川は泥水が流れていてどよよんとしていた。ダンテの「神曲」に、「アルノ川に死体を浮かすぞ!」みたいな脅し文句がよく出てきたのだが、本当にこの日はそんな雰囲気だった。

 あの宝石店で有名なヴェッキオ橋を渡り、美術館に入る前にバールで腹ごしらえ。サンドイッチとカフェラテを頼み、ゆっくり座って食べることに。従業員さんがカフェを頼んだ時、「あでっそ(=今)?どっぽ(=後)?」と聞く。一瞬何のことかと思ったが、カフェをサンドイッチと一緒に食べるかそれとも食後か、という意味だったので、「あでっそ、ぺるふぁぼーれ。」と答える。パン系とカフェ系を頼むと、この後もいろんなバールでこう聞かれました。大変美味だったが、食べ終わった後、この旅行初の、イタリア名物・レジで計算を間違えられた。思ったよりも計算間違いには合わなかったが、イタリア人、たぶん悪気無く間違ってしまうようなので、注文した際に、必ず値段を確かめて、だいたいの合計金額も覚えておきましょう。言葉が通じなくても、首をかしげていたら、間違いに気づいてくれます(笑)。

 パラティーナ美術館は、チケット売り場や入り口が、ピッティ宮に併設している、他の美術館や庭園と同じなので、チケットを買う時に気をつけて購入。入場前の荷物検査の前に、また!

びゅびゅびゅびゅびゅびゅ!
 
 姉の!防犯ベルが!鳴り響く!姉!今度は音の止め方がわかっていたため、すぐに止められたが、美術館の中で鳴ったら大変だということで、もう防犯ベルはバックの奥底にしまった。そこで見ていたややメタボの係員のおじさんに「すくうじぃ…」と謝ったが、「べーね、べーね(いーよ、いーよ)」と気にも留めてなく、私のダウンコートの二の腕あたりをつかみ、「ぷう」という。…?それを何度も繰り返すので、???な顔でおじさんを見ると、「僕が口で言ってるんだよ。うまいでしょ!」と得意気。…ああ、ぬいぐるみのお腹をおすと「ぷう」とか音が鳴るものがあるけど、あれをしたかったのね。ヒマだな~、イタリア人。

 で、荷物検査のためにコートを脱ぐと、こんどは見た目お笑い系のお兄さん係員が待ち構えていて、「コンニチハ、ドーゾ」と得意気に日本語で話しかけ、私が大振りのネックレスをしていたのを見て大喜びで引っ張る。日本では、これ、確実に失礼にあたる(笑)。お笑い系お兄さんは日本語話したくて仕方がないので、「イツマデ、フィレンツェ、イマスカ?」とどうでもよい質問をしてくるので、適当に「Una semana(ウナ セマナ=一週間)」と答える。「おー、una settimana(ウナ セッティマーナ)!ナガイ~!」と言われて気づいた。semanaはスペイン語だった…。何度か私はイタリア語とスペイン語を間違えたが、この2つの言語は何となく通じるというのは本当で、だいたい、言ってることはわかってもらえた。

 不真面目な係員たちのいる場所を抜けて、いざ、美術館へ!もともと邸宅だったところが美術館になったのか、美術館や博物館特有の無機質さ、そっけなさがなく、建物の内装自体もかわいい美術館だった。そして、ラファエロ、ラファエロ、ラファエロ!やっぱり、ラファエロはすごい。初めからラファエロの作品だとわかっていなくても、何か素敵な作品があるな~と思って見ると、ラファエロだった、みたいなマイナーな作品がたくさんあった。何といっても、線のラインがやさしい、それから人物に立体感があって、本当に実在しているみたい。そして、この美術館の最大の見せ場は、「聖母子像」と「椅子の聖母」が入り口と出口に飾ってある部屋。どちらとも聖母マリアなのだが、全然顔が違うよ…という突っ込みは置いといて、「聖母子像」の慈愛と、「椅子の聖母」のキュートさは、もう、いつまで見てても飽きなかった。でも、子の顔はどちらも怖かった。聖人として生まれた子供は、若くから苦労してるのね…。我々はかなり長い時間、「聖母子像」と「椅子の聖母」を口をぽかーんとして、眺めていた。いやー、癒されました。あと、この美術館は、倦怠感漂うボッティチェリの作品もたくさんあるので、好きな人はお勧めです。

 いったん、レジデンスへと戻り、チョコラテで一服した。フィレンツェは徒歩で観光できる町なので、中心部に宿をとって、休憩をそこで取れば、バールに入らずにすむので結構お金が浮きます。一休みした後、雨が上がってきたので、ドゥオーモへ向かい、ジョットの鐘楼にのぼることに。ドゥオーモの方に上るか迷ったが、上ったときにドゥオーモが見えないと悲しい、ということで、ジョットの方へ。ちなみに「鐘楼」を我々姉妹はずっと「とうろう」と読んでいて、この日記を書くときに「とうろう」で変換できなくて苦労した。「とうろう」でなくて「しょうろう」ですよ!(そんなこと、全国1億人の人がとうにご存知である)。ちなみにドゥオーモもジョットも全然並んでいなかった。本当に観光オフシーズンなんだなあ。徒歩でてこてこ上る。登る途中もお花お花していてかわいらしい。結構休みながら上れるので、おすすめ。
ジョットの鐘楼のお花
 頂上まで行くと、すぐドゥオーモが見えて、ドゥオーモに上ってる人たちがこちらに手を振っている。…ドゥオーモの方が若干高いので、くやしかった。ここでくやしくなりたくない人は、ドゥオーモの方へ上りましょう。それにしても上から見てもフィレンツェは可愛い町である。ちなみにサンタマリアノヴェッラ教会とサンタクローチェ教会は双子のようだった。

 ゆっくりとお家…まちがった、レジデンスに戻って、我々はこの旅行初のけんかをした。けんかの理由は
私「洗濯野郎とお洗濯はまぜて置くべきでない」
姉「洗濯野郎とお洗濯はまぜて置いといて、洗うときに分ければよい」
と、大変重要で崇高な、世界を真っ二つに分断するようなイデオロギーが対立したのである。ちなみに洗濯野郎とは、ふつうの家庭用洗剤で洗えるもののことで、お洗濯とは、オシャレ着用の高級液体洗剤でなければ洗えないお洋服たちのことである。長い旅行では、ものっすごく崇高な…いや、くだらないことでけんかになります(笑)。ストレスのたまらない気心知れた人と旅行に行くか、細かいことでも事前に話し合っておきませう。


<本日のイタリア語旅行フレーズ>
あでっそ お どっぽ?(Adesso o doppo?)
「(お飲み物は)ご一緒にお持ちしますか、それとも食後にしますか?」…バールで食事と飲み物を頼んだ時に、よく尋ねられたフレーズです。イタリア人はイタリア語が分からない人にもイタリア語で話しかけることがありますので、覚えておくと便利♪一緒に飲む時は「あでっそ」、食後の場合は「どっぽ」と答えて、「ぺるふぁぼーれ」を最後につけると丁寧です☆

3/5フィレンツェ③~ボッティチェリデザインのワンピが欲しいへ続く

イタリア旅行記2009もくじへ

イタリア旅行は楽し♪トップページへ

スポンサーリンク

Track Back

TB URL

Home

プロフィール

辺獄

Author:辺獄
貧乏なくせに、イタリア旅行というお金のかかる趣味を持ってしまった、「イタリア旅行貧乏」です。旅行は楽し♪びんぼーも楽し♪がモットーです!
ついでにイタリア語も楽し♪
好きなイタリアの画家はボッティチェリ!

(limba→辺獄へ和訳改名しました!)

サイト修復中のお知らせ

当ブログは、記事が増えすぎたため、旅行記と本の感想以外の、イタリア旅行の実用的な情報記事を、新サイトにお引越しする作業を行っています。

引っ越し作業中は、お見苦しい箇所も出てきてしまうと思いますが、何とぞご容赦くださいませ。

新サイトはこちらです
辺獄のイタリア旅行おすすめ情報
辺獄のイタリア旅行おすすめ情報

新サイト完成後も、こちらのブログは、旅行記ブログとして存続しますので、よろしくお願い致します!

最新記事

イタリア旅行記

イタリア個人旅行の作り方

イタリアを個人で旅行する場合の、旅程の立て方や、航空券やホテルの予約の仕方についてまとめてみました♪
● イタリア個人旅行の作り方



イタリアの各町まとめガイド

今まで行ったことのあるイタリアの町ごとに、観光情報をまとめてあります。情報は、訪問当時のものなので、変わっている可能性もございます。ご注意下さいませ。
● 各町まとめガイド

各町まとめガイドは、10月以降、一時的に記事が見れなくなる可能性があります。詳しくはこちら

イタリア旅行お役立ち情報

イタリアツアー情報

当サイトはイタリアを個人旅行するための情報が多いので、パックツアーを考えている方のための別館を作ってみました。イタリアツアーの選び方や、おすすめイタリアツアーを紹介しています。
別館→イタリアツアー情報

旅行会話をマスターする!

せっかくイタリアに行くなら、イタリア語にチャレンジしてみましょう!イタリア語旅行会話の学習法や、おすすめのイタリア語学習教材、また、イタリア旅行で実際に使った旅行フレーズの紹介などをしています。

イタリア旅行おすすめ本

イタリア旅行に関するおすすめの本を紹介しています。おすすめガイドブックや、イタリア旅行前にぜひ読んでおきたい読み物、ちょっと小難しい文芸作品まで♪一覧にまとめてありますので、こちらからどうぞ↓

おすすめ旅行グッズ

イタリア旅行に役立つおすすめ旅行グッズをご紹介しています。ご参考までに、私がイタリア旅行の際に準備する持ち物リストの一覧も公開しています☆

イタリア旅行おすすめリンク

イタリア旅行に役立つサイトのリンク集を目的別に集めてみました。

カテゴリ

ブログランキング

参加中のブログランキングです。当ブログがお気に召していただけましたら、ぽちっとお願い致します☆

サイトについて

当ブログはリンクフリーです。サイトポリシーやお問い合わせ先についてはこちらからどうぞ。

検索フォーム

RSSリンクの表示

FC2カウンター