イタリア旅行記ブログ イタリア旅行は楽し

イタリア旅行大好きの管理人が、実際にイタリアに足を運んだ経験・情報に基づいて、イタリア旅行情報を発信してます。
旅行記や個人でのイタリア旅行のコツ、サッカー観戦情報もございます。

Top Page > イタリア旅行おすすめ本 > おすすめ本、失敗編~古代ローマの哲学書は遺跡を何も語らない!

おすすめ本、失敗編~古代ローマの哲学書は遺跡を何も語らない!

 イタリア旅行のための読書で、おすすめ本を紹介していますが、たまには失敗談を。

 私は、高校時代世界史が苦手で、古代ローマ史が全く頭に入っておりません。もうね、ローマ史と言えば、「ブルータス、お前もか!」くらいしか覚えていなくて(しかもこのセリフの意味はよくわかっていない(笑))、ここは一つ、ローマに行くならば、古代ローマについて勉強して行こうと思いました。

 で、まずは、ローマ本と言えば塩野七生の「ローマ人の物語」シリーズ。父も絶賛してたし、よし、これを読もう!と思ってみたら、なななんと、最新刊は35巻!さ、さんじゅうご…?桜木花道の高校1年生半年間を31冊かけて描くスラムダンクの巻数より長いじゃないか。これが、「ASローマ人の物語」だったら、35巻でも読むけど!というわけで、あっさり挫折。(35巻分に果敢に挑戦してみようではないかというブラーヴォな方はこちらへ→ローマ人の物語 (1) ― ローマは一日にして成らず(上) 新潮文庫

 で、私が次に白羽の矢を立てたのが、古代ローマの五賢帝の一人、マルクス・アウレリウスの本。この方は、プラトンが理想とした哲人政治を唯一実現したと言われる、哲学大好き皇帝で、哲学書を世に残しています。哲学の原著を読むフェアを一人で開催している私は、「よし、この人の本を読んでいけば、哲学の勉強にも、ローマの予習にもなり、一石二鳥!(どうでもいいが、一つの石ころで二羽の鳥を仕留めるのは、まず無理なことだと思う)」と思い、手に取ったのがこの本です。


自省録 (岩波文庫)自省録 (岩波文庫)
(2007/02)
マルクスアウレーリウス

商品詳細を見る



 いや、思ったより、ずっと面白かったです。心に残った部分を抜粋しました。

 「人間には、人間的でない出来事は起りえない。牡牛には、牡牛にとって自然でない出来事は起りえない。葡萄の木には、葡萄に自然でない出来事は起りえない。また石にも、石に特有でないことは起りえない。かように、もし各々のものにおきまりの自然なことのみ起こるのならば、なぜ君は不満をいだくのか。宇宙の自然は君に耐えられぬようなものはなにももたらさなかったではないか。」

 人間は宇宙の一部。宇宙の摂理に従って生きればよし。人間が死ぬのも、小麦が枯れるのも同じ宇宙の摂理。小麦だって大人しく枯れていくのに、何で人間だけが死ぬのはいやだと言ってじたばたする必要があるか…みたいなことをおっしゃってます。大きな力には常に逆らいたくなる性格の私は、宇宙の摂理についつい反発したくなることもありますが(笑)。

 古代ローマ文化は、古代ギリシャ文化とよく比較されて、実用的で、哲学・思想は乏しいとよく言われます。確かに古代ローマ哲学は、古代ギリシャ哲学のように小難しいことをこね回したりはしませんが、その分読みやすく、一般の人にも身近な問題を扱っています。哲学はそもそも人間が生きるためのものだと思えば、実用的な哲学よりも形而上学的な哲学の方が崇高なんてこともないように思います。

 というわけで、おもしろかった「自省録」なんですが、フォロ・ロマーノの観光記を見て頂けるとお分かりになると思いますが、ローマ旅行のための予習としては、ほとんど役に立ちませんでした(笑)!「自省録」以外に古代ローマの知識人・セネカの「人生の短さについて 他二篇 (岩波文庫)」も読み、こちらも面白かったのですが、旅行前読書としては不向きでございました…(笑)。より深い古代ローマ理解のためには役に立つとは思うのですが、私のような世界史音痴は、古代ローマの思想書より先に、古代ローマ史についておべんきょする方が先でございました…。というわけで、次にローマに行く時には、以下のような新書でローマ史を勉強して行こうと思います。


ローマ帝国 (岩波ジュニア新書)ローマ帝国 (岩波ジュニア新書)
(2004/11)
青柳 正規

商品詳細を見る

しっかりとした入門書としては右に出るもののないシリーズ、岩波ジュニア新書。中高生でも読めるように作られたシリーズですが、大人が読んでも物足りないなんてことはない、充実した内容です。

ローマはなぜ滅んだか (講談社現代新書)ローマはなぜ滅んだか (講談社現代新書)
(1989/10)
弓削 達

商品詳細を見る

こちらも有名な新書ですね。よく学生の課題図書にもなっています。私はASローマがあんまりにも弱い時には、タイトルが「ASローマはなぜ滅んだか」に見えてしまいます…。



 あれっ?「ローマ人の物語」は読まないんですか?

 …だって、さ、さんじゅうごかんもあるんだもの・・・。根性なしの私でございます…。

ローマの旅行記はこちらでございます

イタリア旅行おすすめ本一覧

イタリア貧乏旅行は楽し♪トップページへ

スポンサーリンク

Track Back

TB URL

Home

プロフィール

辺獄

Author:辺獄
貧乏なくせに、イタリア旅行というお金のかかる趣味を持ってしまった、「イタリア旅行貧乏」です。旅行は楽し♪びんぼーも楽し♪がモットーです!
ついでにイタリア語も楽し♪
好きなイタリアの画家はボッティチェリ!

(limba→辺獄へ和訳改名しました!)

サイト修復中のお知らせ

当ブログは、記事が増えすぎたため、旅行記と本の感想以外の、イタリア旅行の実用的な情報記事を、新サイトにお引越しする作業を行っています。

引っ越し作業中は、お見苦しい箇所も出てきてしまうと思いますが、何とぞご容赦くださいませ。

新サイトはこちらです
辺獄のイタリア旅行おすすめ情報
辺獄のイタリア旅行おすすめ情報

新サイト完成後も、こちらのブログは、旅行記ブログとして存続しますので、よろしくお願い致します!

最新記事

イタリア旅行記

イタリア個人旅行の作り方

イタリアを個人で旅行する場合の、旅程の立て方や、航空券やホテルの予約の仕方についてまとめてみました♪
● イタリア個人旅行の作り方



イタリアの各町まとめガイド

今まで行ったことのあるイタリアの町ごとに、観光情報をまとめてあります。情報は、訪問当時のものなので、変わっている可能性もございます。ご注意下さいませ。
● 各町まとめガイド

各町まとめガイドは、10月以降、一時的に記事が見れなくなる可能性があります。詳しくはこちら

イタリア旅行お役立ち情報

イタリアツアー情報

当サイトはイタリアを個人旅行するための情報が多いので、パックツアーを考えている方のための別館を作ってみました。イタリアツアーの選び方や、おすすめイタリアツアーを紹介しています。
別館→イタリアツアー情報

旅行会話をマスターする!

せっかくイタリアに行くなら、イタリア語にチャレンジしてみましょう!イタリア語旅行会話の学習法や、おすすめのイタリア語学習教材、また、イタリア旅行で実際に使った旅行フレーズの紹介などをしています。

イタリア旅行おすすめ本

イタリア旅行に関するおすすめの本を紹介しています。おすすめガイドブックや、イタリア旅行前にぜひ読んでおきたい読み物、ちょっと小難しい文芸作品まで♪一覧にまとめてありますので、こちらからどうぞ↓

おすすめ旅行グッズ

イタリア旅行に役立つおすすめ旅行グッズをご紹介しています。ご参考までに、私がイタリア旅行の際に準備する持ち物リストの一覧も公開しています☆

イタリア旅行おすすめリンク

イタリア旅行に役立つサイトのリンク集を目的別に集めてみました。

カテゴリ

ブログランキング

参加中のブログランキングです。当ブログがお気に召していただけましたら、ぽちっとお願い致します☆

サイトについて

当ブログはリンクフリーです。サイトポリシーやお問い合わせ先についてはこちらからどうぞ。

検索フォーム

RSSリンクの表示

FC2カウンター