イタリア旅行記ブログ イタリア旅行は楽し

イタリア旅行大好きの管理人が、実際にイタリアに足を運んだ経験・情報に基づいて、イタリア旅行情報を発信してます。
旅行記や個人でのイタリア旅行のコツ、サッカー観戦情報もございます。

Top Page > イタリア旅行おすすめ本 > 新約聖書「ヨハネの黙示録」 コワいけど読んでおきたい!

新約聖書「ヨハネの黙示録」 コワいけど読んでおきたい!

 イタリア旅行の前に読む、おすすめの本を紹介してます。 

 システィナ礼拝堂のミケランジェロの壁画「最後の審判」に代表されるように、イタリアには最後の審判系の有名な絵がたくさんあります。

 私は、この最後の審判系の絵がだーーーい好きなんですよ!

 キリスト教における最後の審判とは、時間がある1点で始まり(神の天地創造)、そのまま時間はまっすぐ矢印のように前に進み、最後に世界の終わりが来る、という、キリスト教の時間観をよく表しているように思います。世界の終わりに、全ての人が神の審判によって、天国行きと地獄行きに分けられます。最後の審判をモチーフに描いた絵は、たいてい、天国組と地獄組を対比的に描きます。天国組は、神や天使や満ち足りた人間など、普通のキリスト教絵画にも見られる荘厳な雰囲気なのですが、地獄組の方は、鬼やら悪魔やらモンスターやら、恐怖におののく人間やら、このモチーフの絵画でしか見られない迫力があります。

 話はそれますが、最後の審判は、世界最後の日に行われるのですが、世界最後の日まで自分がこの世に生きているとは思えないですよね?多分世界最後の日が来る前に、自分が死んでしまいます。全ての人間が世界最後の日に裁かれるのだとすると、自分が死んだ後、最後の審判の日まで、どこで待ってればいいんだろうと思いませんか?もちろん、キリスト教文化の人たちもそのような疑問は抱いたようで、とりあえず、死後に簡易裁判を受けて、仮天国と、仮地獄に行かされることになっているそうです(笑)。でも、死後に簡易裁判を受けて、その裁判の結果と、最後の審判での判決が違っているなんて、裁くのが神である以上考えられませんよね?だったら、死後の簡易裁判があるんだったら、最後の審判っていらないんじゃ…と思ってしまいます。

 そこで、ジャーン!「煉獄」の登場です。死んだ直後に、文句なしに天国行きの人と、文句なしに地獄行きの人はそのまま行き先が決まりますが、人間というのは、善にも悪にも徹しきれないもの。自分はその中間くらいじゃないか…とたいていの人は思います。そこで、この中間くらいの、まあまあよい人、まあまあ悪い人レベルの人は、死後に煉獄に行き、最後の審判の日まで、生前犯した罪を、火に焼かれる等の苦行で浄化するのです。最後の審判までに、罪を浄化できれば最後の審判で晴れて天国行き。ミケランジェロの「最後の審判」の左側には、煉獄から天国行きを許可された人々が描かれています。

 そう考えると、「最後の審判」って、結局煉獄にいる人たちだけに関係することなんですよね~。でも、人間の多くは自分は「善と悪の中間くらい」だと思うわけなので、よくできた終末思想と言えるのかもしれません。
 
 かなり話がそれました。熱く語りました(笑)。で、何の本が紹介したいのかと言うと、新約聖書の「ヨハネの黙示録」です。
 
 これは、神がヨハネに「最後の審判」のイメージを見せて、他の信徒達に伝えるようにと言い、ヨハネがその時に見たものを、文章につづったもの。まあ、こんな風になりたくなければ、正しいキリスト教徒としての生涯を過ごしなさいという戒めの書ということなのでしょうが、かなり恐怖と謎に満ちた恐ろしい文章で、この黙示録研究にオカルト的な観点から没頭する人がたくさんいるのも頷けます。あまりに恐い内容なので、聖書を冊子として作るときに載せないことが多いらしく、そのためにちょっと読みやすい書籍がないんですよね~。だけど、システィナ礼拝堂の「最後の審判」を見るなら、あまり長さはないので、できれば読んでおくことをおすすめします。ただ、迷信とかに恐怖心を感じる人は読まない方がいいかも…。

 ヨハネの黙示録まで収録されている新約聖書本はこちら。2007年に訳されている新訳です。新約の新訳♪

新約聖書新約聖書
(2007/09/26)
池田 博

商品詳細を見る




~「ヨハネの黙示録」を読んでおけば楽しいイタリアの美術作品例~
ミケランジェロ「最後の審判」(ローマ・バチカン美術館システィナ礼拝堂)

関連イタリア旅行記
バチカン美術館システィナ礼拝堂を鑑賞した日の旅行記

スポンサーリンク

Track Back

TB URL

Home

プロフィール

辺獄

Author:辺獄
貧乏なくせに、イタリア旅行というお金のかかる趣味を持ってしまった、「イタリア旅行貧乏」です。旅行は楽し♪びんぼーも楽し♪がモットーです!
ついでにイタリア語も楽し♪
好きなイタリアの画家はボッティチェリ!

(limba→辺獄へ和訳改名しました!)

サイト修復中のお知らせ

当ブログは、記事が増えすぎたため、旅行記と本の感想以外の、イタリア旅行の実用的な情報記事を、新サイトにお引越しする作業を行っています。

引っ越し作業中は、お見苦しい箇所も出てきてしまうと思いますが、何とぞご容赦くださいませ。

新サイトはこちらです
辺獄のイタリア旅行おすすめ情報
辺獄のイタリア旅行おすすめ情報

新サイト完成後も、こちらのブログは、旅行記ブログとして存続しますので、よろしくお願い致します!

最新記事

イタリア旅行記

イタリア個人旅行の作り方

イタリアを個人で旅行する場合の、旅程の立て方や、航空券やホテルの予約の仕方についてまとめてみました♪
● イタリア個人旅行の作り方



イタリアの各町まとめガイド

今まで行ったことのあるイタリアの町ごとに、観光情報をまとめてあります。情報は、訪問当時のものなので、変わっている可能性もございます。ご注意下さいませ。
● 各町まとめガイド

各町まとめガイドは、10月以降、一時的に記事が見れなくなる可能性があります。詳しくはこちら

イタリア旅行お役立ち情報

イタリアツアー情報

当サイトはイタリアを個人旅行するための情報が多いので、パックツアーを考えている方のための別館を作ってみました。イタリアツアーの選び方や、おすすめイタリアツアーを紹介しています。
別館→イタリアツアー情報

旅行会話をマスターする!

せっかくイタリアに行くなら、イタリア語にチャレンジしてみましょう!イタリア語旅行会話の学習法や、おすすめのイタリア語学習教材、また、イタリア旅行で実際に使った旅行フレーズの紹介などをしています。

イタリア旅行おすすめ本

イタリア旅行に関するおすすめの本を紹介しています。おすすめガイドブックや、イタリア旅行前にぜひ読んでおきたい読み物、ちょっと小難しい文芸作品まで♪一覧にまとめてありますので、こちらからどうぞ↓

おすすめ旅行グッズ

イタリア旅行に役立つおすすめ旅行グッズをご紹介しています。ご参考までに、私がイタリア旅行の際に準備する持ち物リストの一覧も公開しています☆

イタリア旅行おすすめリンク

イタリア旅行に役立つサイトのリンク集を目的別に集めてみました。

カテゴリ

ブログランキング

参加中のブログランキングです。当ブログがお気に召していただけましたら、ぽちっとお願い致します☆

サイトについて

当ブログはリンクフリーです。サイトポリシーやお問い合わせ先についてはこちらからどうぞ。

検索フォーム

RSSリンクの表示

FC2カウンター