イタリア旅行記ブログ イタリア旅行は楽し

イタリア旅行大好きの管理人が、実際にイタリアに足を運んだ経験・情報に基づいて、イタリア旅行情報を発信してます。
旅行記や個人でのイタリア旅行のコツ、サッカー観戦情報もございます。

Top Page > 各町まとめガイド > バゲリーア(ヴィッラ・パラゴニア)旅行まとめ情報

バゲリーア(ヴィッラ・パラゴニア)旅行まとめ情報

BAGHERIA(2015年訪問)

<バゲリーアってどんな町?ヴィッラ・パラゴニアって何?>
 バゲリーアは、パレルモ近隣の町で、パレルモから電車で10分くらいで行くことのできる町です。

 この町には、知る人ぞ知る、「ヴィッラ・パラゴニア」というお屋敷があります。

 ヴィッラ・パラゴニアとは、18世紀に作られたお屋敷で、ゲーテのイタリア紀行 中 (岩波文庫 赤 406-0)に登場します。そして、このイタリア紀行の中で、このヴィッラ・パラゴニアに関する記述が、私は最も印象に残りました。

 というのも、紀行文の中で、イタリアのいろいろな遺跡や美術品に感動しているゲーテですが、このヴィッラ・パラゴニアに対しては、そんなに怒らなくても…と読者が思うくらいにご立腹なのです(笑)。

 「不格好な馬鹿馬鹿しい建物」とか「精神病院のような家」とか、ゲーテにさんざんにディスられているヴィッラ・パラゴニア。何か、そこまで言われるなら、逆に見てみたいなあ…と、長年思っていたので、今回、シチリアに行く機会がようやくできたので、行って参りました!

 ヴィッラ・パラゴニアに関する詳しい感想は、旅行記の方を読んで頂くとして、結論だけ言うと、非常に面白かったです。行って正解でした。バカバカしいものが好きな方(それは私なのですが)、絶対にオススメですっ!

バゲーリア
 ぜひ、おいでよ~。

バゲーリア
 待ってるよ~。

バゲーリア
 待ってるよ~(合唱)。

<バゲリーアへのアクセス>
 パレルモからすぐで、日帰り楽勝です。

 ヴィッラ・パラゴニアの近くまで、パレルモからバスで行く方法もあるらしいのですが(AST社)、鉄道より時間がかかり、また、降りる場所がわかりづらいらしいので、我々は鉄道を使いました。

 鉄道だと10分程度で着きますし、たったの一駅ということもあって、本数もかなり多いです。1時間に数本いるという、イタリアの鉄道事情では考えられないくらい恵まれた便数です。運賃は€2.5。

 行き先は、チェファル方面でも、アグリジェント方面でも、どちらでも大丈夫です。ただし、トラーパニ方面は、逆になると思います。乗車前に、電光掲示板を見たり、鉄道スタッフさんに聞いたりして、バゲリーアに行く電車かどうか確認しましょう。

<バゲリーア駅からヴィッラ・パラゴニアへ>
 駅からヴィッラ・パラゴニアまでは、徒歩で10~20分程度です。平坦な道で、それほど疲れません。

 行き方も、グーグルマップを見ながら行けば、それほど難しくはない…と思ったのですが、やっぱり実際に行くと、雨も降っていたこともあり、最初は右往左往しました(それでも、難しくはありません)。

 おそらく、一番簡単な行き方は、まず駅を降りたら、右へ右へ進んで、Corso Buteraという大通りに突き当たります。そこで左折して、その大通りCorso Buteraを、そのまま10~15分程真っ直ぐ行くと、ヴィッラ・パラゴニアへと続く、パラゴニア通りという通りが現れるので、その通りをまっすぐ行けば到着します。

バゲーリア
 この門が、パラゴニア通りの入り口なので、すぐわかります。ちなみに、パラゴニア通りは、どうやら私道のようで、このヘンテコな門も、ヴィッラ・パラゴニアに関係があるみたいです。

 直進して突き当たるのは、建物の裏側です。

バゲーリア
 アラ、意外とウツクシイ。でも、これは裏側なので、入り口は反対側なのです。この裏側は閉まっているので、ここで「あー、閉まってるよ」と早とちりして、Uターンしないように注意っ!そのまま、道なりに、ぐるっと回ると、正面にたどり着きます。我々は左側からぐるっと回りました。ヴィッラ・パラゴニアの外壁をぐるっと回るのではありませんが、とにかく道なりに回ります。

バゲーリア
 すると、もう既にふざけている正面入り口にたどり着きます。門の右側が切符売り場兼入り口です。

<ヴィッラ・パラゴニアについてあれこれ実用情報>
●ヴィッラ・パラゴニアは、今でも持ち主が住んでいます。そのため、観光客に開放されている部分と、持ち主の生活圏があるので、観光の際は配慮しましょう。

●私邸のため、突然の閉館もあるとか。なるべく、出かける前に、その日開いているかどうか、電話で確認することが推奨されています。私は、パレルモの観光インフォメーションスタッフに頼んで、確認してもらいました。

●鑑賞できるのは、建物内部の一部と、庭です。建物内部は、そんなにフザけた代物ではありません。
バゲーリア
 結構きれいです!

●フザけたものを見たい方は、庭にいっぱいいますよ。
バゲーリア
 フザけてるのは、庭でーす!

 そのため、雨が降っている日は、結構鑑賞も大変です。私が行った日が、まさにそうでした。雨が強くなったら、美しい室内に避難し、弱くなったら、外で遊びました。そんなこんなして、2時間くらい滞在してしまいましたが(笑)、普通に滞在するなら1時間あればじゅうぶんだと思います。

<バゲリーア旅行におすすめの本>


A13 地球の歩き方 南イタリアとマルタ 2016~2017
 地球の歩き方の南イタリア版。バゲリーアのヴィッラ・パラゴニアも1ページ使って紹介されていますが、地図などが載っていないので、他にグーグルマップなどの助けが必要です。購入の際は、最新版かどうか確認を!


イタリア紀行 中 (岩波文庫 赤 406-0)
 ゲーテが、ヴィッラ・パラゴニアを、けちょんけちょんにこき下ろしているイタリア紀行(笑)。ヴィッラ・パラゴニアに関する数ページの部分だけでも、読んで行くと面白いです。



ヴィッラ・パラゴニアに行った旅行記はこちらから

街別まとめガイドの目次

イタリア旅行は楽し♪トップページへ

スポンサーリンク

Home

プロフィール

辺獄

Author:辺獄
貧乏なくせに、イタリア旅行というお金のかかる趣味を持ってしまった、「イタリア旅行貧乏」です。旅行は楽し♪びんぼーも楽し♪がモットーです!
ついでにイタリア語も楽し♪
好きなイタリアの画家はボッティチェリ!

(limba→辺獄へ和訳改名しました!)

サイト修復中のお知らせ

当ブログは、記事が増えすぎたため、旅行記と本の感想以外の、イタリア旅行の実用的な情報記事を、新サイトにお引越しする作業を行っています。

引っ越し作業中は、お見苦しい箇所も出てきてしまうと思いますが、何とぞご容赦くださいませ。

新サイトはこちらです
辺獄のイタリア旅行おすすめ情報
辺獄のイタリア旅行おすすめ情報

新サイト完成後も、こちらのブログは、旅行記ブログとして存続しますので、よろしくお願い致します!

最新記事

イタリア旅行記

イタリア個人旅行の作り方

イタリアを個人で旅行する場合の、旅程の立て方や、航空券やホテルの予約の仕方についてまとめてみました♪
● イタリア個人旅行の作り方



イタリアの各町まとめガイド

今まで行ったことのあるイタリアの町ごとに、観光情報をまとめてあります。情報は、訪問当時のものなので、変わっている可能性もございます。ご注意下さいませ。
● 各町まとめガイド

各町まとめガイドは、10月以降、一時的に記事が見れなくなる可能性があります。詳しくはこちら

イタリア旅行お役立ち情報

イタリアツアー情報

当サイトはイタリアを個人旅行するための情報が多いので、パックツアーを考えている方のための別館を作ってみました。イタリアツアーの選び方や、おすすめイタリアツアーを紹介しています。
別館→イタリアツアー情報

旅行会話をマスターする!

せっかくイタリアに行くなら、イタリア語にチャレンジしてみましょう!イタリア語旅行会話の学習法や、おすすめのイタリア語学習教材、また、イタリア旅行で実際に使った旅行フレーズの紹介などをしています。

イタリア旅行おすすめ本

イタリア旅行に関するおすすめの本を紹介しています。おすすめガイドブックや、イタリア旅行前にぜひ読んでおきたい読み物、ちょっと小難しい文芸作品まで♪一覧にまとめてありますので、こちらからどうぞ↓

おすすめ旅行グッズ

イタリア旅行に役立つおすすめ旅行グッズをご紹介しています。ご参考までに、私がイタリア旅行の際に準備する持ち物リストの一覧も公開しています☆

イタリア旅行おすすめリンク

イタリア旅行に役立つサイトのリンク集を目的別に集めてみました。

カテゴリ

ブログランキング

参加中のブログランキングです。当ブログがお気に召していただけましたら、ぽちっとお願い致します☆

サイトについて

当ブログはリンクフリーです。サイトポリシーやお問い合わせ先についてはこちらからどうぞ。

検索フォーム

RSSリンクの表示

FC2カウンター