イタリア旅行記ブログ イタリア旅行は楽し

イタリア旅行大好きの管理人が、実際にイタリアに足を運んだ経験・情報に基づいて、イタリア旅行情報を発信してます。
旅行記や個人でのイタリア旅行のコツ、サッカー観戦情報もございます。

Top Page > 各町まとめガイド > パレルモ旅行まとめ情報

パレルモ旅行まとめ情報

PALERMO(2015年訪問)

 パレルモは、情報が多いので、まとめページを2つに分けています。「その1(このページ)」ではパレルモの基本情報、その2では実際行ってきた観光名所の紹介と、お店情報をまとめます。

<パレルモってどんな町?>
 シチリア島の中心となる大都市です。パレルモの町自体の起源は、古代ギリシアの植民時代に遡りますが、シチリアの首都となったのは、中世に、シチリア島をアラブ勢力が征服した時代からです。

 アラブ、ノルマン、フランス、スペインと支配者が変わって行ったシチリア島。長くシチリアの中心であったパレルモには、これらの異文化が混ざり合って残っています。地中海のほぼ中心にあるシチリア島は、さまざまな文化が交差する地中海の十字路と呼ばれていますが、それを最も象徴している都市が、パレルモだと思います。

 明らかにイタリアの本土では見ないような、アラブ式の赤い丸屋根が残る教会、エキゾチックなノルマン王宮、そこにヨーロッパ支配時代のバロック建築が加わった町並み。ナポリも、その煩雑さから「混沌とした町」と呼ばれますが、いわゆる文化的な混沌さとしては、パレルモがイタリアでナンバーワンなのではないかと思います。

 この混沌としている旧市街は、大都市特有の殺伐とした雰囲気があります。また、少し、狭い路地に入り込むと、観光客を不安な気持ちにさせるような、荒れ果てた風景もあります。

 ヴィットリオ・エマヌエーレ大通りより北へ行くと、町並みはどんどんスッキリしていき、近代的な新市街が現れます。こちら新市街は、オシャレなお店も多く、旧市街とは全く雰囲気が違い、近代的都市に慣れた日本人を、ホッとさせるような町並みです。

 パレルモの治安は、イタリアで飛びぬけて悪いとは感じませんでしたが、旧市街は見た目が恐いですし、駅周辺では、実際に観光客を狙ったトラブルに遭いかけたこともありました。率直に言って、パレルモは、旅行者にとって、イタリアの中ではハードルの高い町だとは思います。

 ですが、旅行者を狙う軽犯罪は、イタリアの大都市には付き物ですし、絶対に足を踏み入れるちゃいけない、というほどの過剰な恐れは必要ないと思います。基本的に身辺に気を付けていれば大丈夫ですので、このエキゾチックで不思議な町の空気を、ぜひ味わってみて下さい!

パレルモ
 町の中心「クアットロ・カンティ」。

パレルモ
 エキゾチックな、赤い丸屋根の教会。

<パレルモ空港―市街地のアクセス>
 パレルモのファルコーネ・ボルセッリーノ空港は、市街地からバスで1時間弱かからないくらいの位置にあります。旧市街の鉄道駅であれば50分ほど、新市街のポリテアーマ広場だと35分ほどで着きます。

 空港から市街地に向かう場合、終点は旧市街の駅になるので、新市街のポリテアーマ広場で降りたい場合は、運転手さんに、着いたら教えてもらうように頼んでおくのがよいです。

 逆に市街地から空港に向かう場合、鉄道駅から乗る場合は、おそらく駅を背にして右側から空港行きバスが発着します(実際利用したわけではありません。そこからバスが出てたのを目にしただけ)。鉄道駅周辺のバス乗り場は、あちこちに乗り場があり、わかりにくいです。事前にインフォメーションなどで、正確な乗り場を確認しておきましょう。

 新市街のポリテアーマ広場にある空港バス乗り場は、ポリテアーマ劇場の北側、プラダの看板がある付近です。

パレルモ
 この看板。このプラダの看板の下に空港行バスの時刻表が載っています。ちなみに時刻表が載っていますが、この看板は正式なバス停ではなく、この看板から数歩先に、正式なバス停があります。何のためだかはわかりません。わかるものか。

パレルモ
 時刻表のアップです。2015年春の段階の時刻表ですので、あんまり鵜呑みにしないように…ですが、それなりに本数はあるので、あまり心配はないかなと思いました。切符は車内で購入できました。ポリテアーマ広場からだと€6程度。

<パレルモへのアクセス>
 パレルモへイタリア本土から向かう場合は、メッシーナ海峡を船で渡る、ICや夜行列車などの鉄道、もしくはナポリから夜行フェリーで行くこともできます。

 シチリア島内からの移動であれば、パレルモは大都市なので、近隣の町や、遠くの大きな町とバスでつながっています。

パレルモとシチリア島主要都市のアクセス
所要時間運賃(片道)
カターニアバス(SAIS)2時間40分€12
アグリジェント鉄道2時間強€9
バス(Cuffaro他)2時間強€9
シラクーサバス(Interbus)3時間15分(休憩あり)€13.5


<パレルモのバス乗り場を制覇せよ!>(無理です…)←心の声

 パレルモの鉄道駅周辺のバス乗り場は、ダンジョンです。(お前、ダンジョンって言ってみたかっただけだろ…)

 いや、実際ダンジョンですよ。結局、よくわかりませんでした。攻略できずに、我々はセジェスタ行きを逃したのでありますよ…。

 パレルモの鉄道駅には、大きく分けて6つのバス乗り場があります。6つ!イマイチ、観光インフォメーションの方々も把握し切れていませんでしたが、我々がわかった情報だけ、ここに書いておきます。

1.バスターミナル
 鉄道駅の、右後方にある、一番大きなバスターミナル。鉄道駅のホームとつながっています。このバスターミナルには、バス会社のインフォメーション兼チケット売り場が併設してあるので、ここから出るバスに関しては、あまり心配はいりません。カターニアやシラクーサ行きなど、大手のバス会社のバスは、ここから発着していることが多いです。

2.Via Balsamoのバス停
 鉄道駅から、東の方へまっすぐ伸びている、Via Balsamoという通りのバール前から、いくつかの長距離バスが出ています。あまり大手のバス会社ではない会社が多いです。バス停前のバールが、切符を売っていたり、いろいろ面倒見てくれます。有名ですが、アグリジェント行きのバスがここから出ます。それから、セジェスタ行きもここから出ているようです(それがわからなくて、バスを逃した…)。

3.鉄道駅正面の、広場を渡ったところのバス停
 モンレアーレ行きのASTのバスが、ここから出ます。

4.鉄道駅の右側面(東側)
 空港行きのバスが、ここから出発して行ったのを目撃した!

5.鉄道駅の左側面(西側)
 何か市バスっぽいバスが、ここから旅立っていたよ。

6.鉄道駅の正面
 ここから出る市バス(AMAT)もあった。ポリテアーマ広場近くに行く102番、107番はここから乗ったよ。ちなみに、後述するスリ集団がバスに乗ってきたのは、このバス停から。

 本当にねえ、もう…。あんまり、バス会社の人たちも把握していないようなので、行きたい町へ行くバスがどこからでるのか不確かな場合は、観光インフォメーションなどでも聞いておいて、複数の人の意見を聞いておいた方が吉だと思いますよ。

<パレルモに泊まろうっ!>
 シチリアの最大の都市パレルモ。見所も多いし、宿泊観光がマストです。マストってちょっと使ってみたかっただけです。

 パレルモは、大きな都市ではありますが、見所は旧市街に集中しています。新市街方面にある見所を含めても、じゅうぶん歩いて回れる大きさです。旧市街の南端にある鉄道駅から、新市街のポリテアーマ広場付近まで歩いても、30分かからないくらいです。

 見所が旧市街に多いので、旧市街に宿泊するのが便利ではあるのですが、気になるのは治安です。近代的な町並みである新市街の方が、町の雰囲気からして、治安は良いです。

 実際のところ、旧市街がそんなに治安が悪いのか、と言うと、実際見てきた感想としては、旧市街は暗くて荒れ果てた路地が多く、不安に感じますが、だからと言って何か恐い思いをした、ということはなかったです。

 ただし、鉄道駅周辺では、観光客をターゲットにした犯罪者集団に遭遇する可能性が高くなると思います。実際に我々も、スリ集団(未遂)と、意味不明なストーカーに遭いました。

 鉄道駅から北上すればするほど、町の雰囲気は良くなります。目安になるラインが、ヴィットリオ・エマヌエーレ大通りだと思います。この大通りより南は、狭くて暗い路地が多いですが、北側は、新市街に雰囲気が近くなります。

 我々は、ヴィットリオ・エマヌエーレ大通りから、ちょっと北の小道に入ったアパートに宿泊しました。評判が良かったので、たまたまここに宿泊したのですが、大通りの北に宿泊したのは大正解だったと思いました。次にパレルモ行く機会があっても、「ヴィットリオ・エマヌエーレ大通りより北の旧市街」に宿泊すると思います。

 それでも、どうしても治安が不安という方は、新市街に宿泊するのがよいと思います。新市街は夜でも明るく、都会的な雰囲気です。新市街に宿泊するなら、空港バスの出るポリテアーマ広場付近が便利です。

 ホテル探しにはBooking.comエクスペディア-世界最大級のホテル予約サイトHotels.comTripAdvisor (トリップアドバイザー)などのサイトがオススメです。

<パレルモの治安について>
 上記の宿泊情報にも書きましたが、パレルモの鉄道駅周辺は要注意だと思います。

 我々は、市バス(AMAT社)に、スーツケースを持って乗り込んだ時に、4人のスリ集団の男性に、バスの中で挟み撃ちされて、危うくリュックの中身を漁られるところでした(途中で気付いた&リュックの一番上にデカいポテチが入ってて貴重品が守られていたため、無傷~。詳しくはこの旅行記で)。

 また、駅構内で、片言の日本語を話す男にしつこくつきまとわれました。

 そういう恐い思いもしましたが、それでも、パレルモ自体が、旅行者が近づくのもNGな程、治安の悪い町だとまでは思いませんでした。ローマやナポリ同様、観光客を狙う軽犯罪があることを頭に入れて、貴重品をしっかりガードしておけば、恐れすぎる必要はないと思います。

 こういった軽犯罪以外に、バイクで観光案内をしようという勧誘や、観光馬車への勧誘が、ややしつこいです。これに関しては、しっかりNOを言うか、無視していれば大丈夫なので、煩わしく感じるかもしれませんが、その気がない場合は、相手にしなければ大丈夫です。

 あと、パレルモは車の運転が荒いと聞いていて、それを心配していたのですが、特に危なくは感じなかったです。ただ、ナポリと違って、横断歩道のない場所を横切ろうとして待っていても、ほとんど車は停まってくれないので、横断歩道のある場所まで移動して横断した方が、結果的に早いし安全でした。

 それから蛇足ですが、パレルモはマフィアで有名な町ですが、観光客がマフィアの恐怖に晒されることは、今のご時世では、まずないと思います。

<パレルモ旅行におすすめの本>


 地球の歩き方の南イタリア版。カターニアは詳しく載っています。購入の際は、最新版かどうか確認を!



シチリアへ行きたい (とんぼの本)
 パレルモの歴史がざっくり読めます。観光名所の歴史的背景を知っておきたい方には、ぜひおすすめの本。


CREA Traveller (クレア・トラベラー) 2013年 10月号 [雑誌]
 今回のシチリア旅行で、一番使い倒した雑誌。パレルモの数少ない(?)オシャレなお店などが紹介されていて、役に立ちました。


イタリア 24の都市の物語 (光文社新書)
 この本の、パレルモの章はおもしろかったです。


イタリア古寺巡礼―シチリア→ナポリ (とんぼの本)
 この本も、パレルモの歴史がしっかり紹介されています。


パレルモの旅行記はこちらから

街別まとめガイドの目次

イタリア旅行は楽し♪トップページへ

スポンサーリンク

Home

プロフィール

辺獄

Author:辺獄
貧乏なくせに、イタリア旅行というお金のかかる趣味を持ってしまった、「イタリア旅行貧乏」です。旅行は楽し♪びんぼーも楽し♪がモットーです!
ついでにイタリア語も楽し♪
好きなイタリアの画家はボッティチェリ!

(limba→辺獄へ和訳改名しました!)

サイト修復中のお知らせ

当ブログは、記事が増えすぎたため、旅行記と本の感想以外の、イタリア旅行の実用的な情報記事を、新サイトにお引越しする作業を行っています。

引っ越し作業中は、お見苦しい箇所も出てきてしまうと思いますが、何とぞご容赦くださいませ。

新サイトはこちらです
辺獄のイタリア旅行おすすめ情報
辺獄のイタリア旅行おすすめ情報

新サイト完成後も、こちらのブログは、旅行記ブログとして存続しますので、よろしくお願い致します!

最新記事

イタリア旅行記

イタリア個人旅行の作り方

イタリアを個人で旅行する場合の、旅程の立て方や、航空券やホテルの予約の仕方についてまとめてみました♪
● イタリア個人旅行の作り方



イタリアの各町まとめガイド

今まで行ったことのあるイタリアの町ごとに、観光情報をまとめてあります。情報は、訪問当時のものなので、変わっている可能性もございます。ご注意下さいませ。
● 各町まとめガイド

各町まとめガイドは、10月以降、一時的に記事が見れなくなる可能性があります。詳しくはこちら

イタリア旅行お役立ち情報

イタリアツアー情報

当サイトはイタリアを個人旅行するための情報が多いので、パックツアーを考えている方のための別館を作ってみました。イタリアツアーの選び方や、おすすめイタリアツアーを紹介しています。
別館→イタリアツアー情報

旅行会話をマスターする!

せっかくイタリアに行くなら、イタリア語にチャレンジしてみましょう!イタリア語旅行会話の学習法や、おすすめのイタリア語学習教材、また、イタリア旅行で実際に使った旅行フレーズの紹介などをしています。

イタリア旅行おすすめ本

イタリア旅行に関するおすすめの本を紹介しています。おすすめガイドブックや、イタリア旅行前にぜひ読んでおきたい読み物、ちょっと小難しい文芸作品まで♪一覧にまとめてありますので、こちらからどうぞ↓

おすすめ旅行グッズ

イタリア旅行に役立つおすすめ旅行グッズをご紹介しています。ご参考までに、私がイタリア旅行の際に準備する持ち物リストの一覧も公開しています☆

イタリア旅行おすすめリンク

イタリア旅行に役立つサイトのリンク集を目的別に集めてみました。

カテゴリ

ブログランキング

参加中のブログランキングです。当ブログがお気に召していただけましたら、ぽちっとお願い致します☆

サイトについて

当ブログはリンクフリーです。サイトポリシーやお問い合わせ先についてはこちらからどうぞ。

検索フォーム

RSSリンクの表示

FC2カウンター