イタリア旅行記ブログ イタリア旅行は楽し

イタリア旅行大好きの管理人が、実際にイタリアに足を運んだ経験・情報に基づいて、イタリア旅行情報を発信してます。
旅行記や個人でのイタリア旅行のコツ、サッカー観戦情報もございます。

Top Page > 各町まとめガイド > タオルミーナ旅行まとめ情報

タオルミーナ旅行まとめ情報

TAORMINA(2015年訪問)

<タオルミーナってどんな町?>
 タオルミーナは、シチリアで最も有名な高級リゾート地です。

 シチリア東海岸の、高台にある町で、真っ青なイオニア海、エトナ山を拝むには絶好のスポットとなっています。そして眼下には、海岸と砂州でかろうじて結ばれているかいないか…みたいな、イソラ・ベッラという小さな島があり、タオルミーナだけの特別な美しい風景が広がっています。

 タオルミーナがすごいのは、この自然の風景だけでなく、古代のギリシア劇場の遺跡も残っています。古代ローマ時代に大きく改修されたものですが、コリント式の美しい柱が残っています。

 このギリシア劇場自体の美しさもさることながら、ギリシア劇場の背後に広がる海と海岸線、そして、天気のいい日は、右手の方にエトナ山の堂々たる姿を拝むことが出来ます。タオルミーナのギリシャ劇場は、海と空とエトナ山という自然の風景を、舞台の背景として利用することを、計算して作ったかのような場所にあるのです。

 残念ながら、我々が訪問した日は雲が多く、エトナ山の完全な姿を見ることはできなかったのですが、そんな最高のコンディションでなくても、感動を覚える風景でした。

 また、タオルミーナよりもさらに高台に、カステルモーラという小さな集落があります。この町は、タオルミーナより上にあるため、さらにワイドなパノラマを楽しめる町で、また、町自体もかわいらしいです。

 このように、自然美と歴史、どちらも楽しめるような大型観光地であるタオルミーナは、リゾート地としてきっちり整備されていて、シチリアの中でも、最も安全に感じた町でした。また、独特の風景は、写真で見るよりも、実物を見た方が、ずっと迫力がありました。

 見所が非常に多く、また、天気の良い日に楽しみたい町なので、我々はカターニアから日帰りしましたが、タオルミーナをたっぷりと堪能するには、何日かゆったりと連泊するのがよいのではないかと思います。

タオルミーナ
 ギリシア劇場。

タオルミーナ
 展望台から見たイソラ・ベッラ

<タオルミーナへのアクセス>
1.カターニアから
 我々はカターニアからタオルミーナへ行きました。カターニア―タオルミーナ間は、ETNAと、INTERBUSの二社が長距離バスを運行しています。

 所要時間はETNAが1時間10分程度(片道€5.1、往復€8.5)で、INTERBUSは停車するバス停が多いため2時間弱(片道€5、往復€7.8)です。どちらも、カターニア市内では、鉄道駅で乗り降りします。旧市街のボルセッリーノ広場は通りません。また、道路が混雑すると、所要時間はもっとかかることもあります。

 INTERBUSはカターニア駅が終起点ですが、ETNAはカターニア空港が終起点となりますので(カターニア空港―タオルミーナ間は片道€8.2)、特に帰りに、カターニア市街地で降車したい場合は、降り損なわないように注意しましょう。

 タオルミーナでは、高台の旧市街のやや外側にあるバスターミナルに、長距離バスが到着します。このバスターミナルから、タオルミーナの市街地入口までは、歩いて5分弱くらいです。バスターミナルのトイレは、有料でキレイではないという残念トイレでした。

タオルミーナ
 ちなみにタオルミーナのバスターミナルはこんな感じです。

 タオルミーナへの他の交通手段としては、鉄道があります。タオルミーナには、「Taormina-Giardini Naxos」という鉄道駅があります。

 この駅は、高台にある旧市街とは離れています。健脚派なら歩けるという記述も目にしますが、実際にバスで通ってみた感じだと、ちょっと歩くのは厳しいように思いました。

 鉄道駅から旧市街までは、バスで行くこともでき、所要時間は15分程度です。そう聞くと、便利な鉄道駅に思えるかもしれませんが、このバスが、1時間に一本程度しかいないし、鉄道の時刻表と接続していません。

 そのため、カターニアからタオルミーナに行くには、鉄道とバスを乗り継ぐよりは、長距離バス一本で、タオルミーナの旧市街近くまで行ってしまった方がずっと便利だと思います。

2.その他の町から
 メッシーナ―タオルミーナ間もInterbusの長距離バスが通っています(所要1時間45分。片道€4.3、往復€6.8)。

 シラクーサからタオルミーナに行く場合は、長距離バスが2015年現在だといないので、鉄道利用となります。

 鉄道駅から市街地までのバスは、駅を出て、すぐ左手の所にバス停があります。すぐにわかるので、ウロウロ探す心配はありません。

 ネットで、タオルミーナ鉄道駅とタオルミーナ旧市街を結ぶバスの時刻表が見つけられなかったので、バス停に書いてあった時刻表を撮影してきました。この時刻表がいつまで正しいかは保証できませんが…参考になれば幸いです。

タオルミーナ
 タオルミーナ鉄道駅→タオルミーナ市街地

タオルミーナ
 タオルミーナ市街地→タオルミーナ鉄道駅

 おそらく赤字は休日の運行。黒字は、学校のある人かない日とかいろいろ条件がついているので、毎日、この黒字のバス便があると、信じ切らない方がよいかも。

<こんな所に行ってきたよ!>は無料見学できる場所です♪
ギリシア劇場
●タオルミーナに行って、ギリシア劇場に行かない手はないよ!以上っ!
サンタ・カテリーナ・ダレッサンドリア教会
●外観も内観もフツーの教会なのだが、教会の裏手がおもしろいっ!古代ローマ劇場の跡が、うっすらと遺されています。古代ローマ劇場の一部を利用して建築された教会だとか。古代ローマ劇場跡には、入ることが出来ます。
ナウマキア
●タオルミーナの旧市街の、メインストリートから少し入ったところにあるローマ時代の遺構。遺構ってだけで、何だったのかはわかっていないらしい。 普通に人が住んでいたりして、何とも面白い建物です。
ベルヴェデーレ展望台
●バスターミナルから、少し下ったところにある展望台。イソラ・ベッラと、弧を描いたマッツァーロ海岸の、得も言われぬ眺めを拝めます。右手の方にはエトナ山も見えます。タオルミーナらしいパノラマが見れるおすすめの場所です。
イソラ・ベッラ
●イソラ・ベッラは、島なので当然のことながら(笑)、高台の旧市街ではなく、下の海岸にあります。旧市街からイソラ・ベッラに行く方法は、バスとロープウェイの2通りあります。
●バスで行く場合は、バスターミナルからマッツァーロ海岸方面行きのバスに乗ります。切符は車内でも買えますし、バスターミナルにあるチケットボックスでも買えます。片道€1.9。イソラ・ベッラ近くの降車場所は、イソラ・ベッラが見えない道路なので、運転手さんに教えてもらって降りましょう。

タオルミーナ
 この、イソラ・ベッラのある海岸へと降りていく階段の前付近で、バスを降ります。

●ロープウェイは€3で、イソラ・ベッラ側(つまり下)の乗り場は、マッツァーロ海岸の方角に歩いて5~10分くらいの所にあります。ロープウェイに乗っている時間は、あっという間です。ロープウェイからの見晴らしは、それほどビューティフル!って感じではありませんでした。
●海岸からイソラ・ベッラまでは、浅い砂州を渡って到達することが可能です。ただ、足は多少濡れると思いますので、大きめのタオルを持って行くのがよろしいでしょう。(我々はタオルが無くて断念したよ)
カステルモーラ
●上の町カステルモーラにも行ってきましたが、こちらは別ページで解説します。


<タオルミーナの歩き方>
 タオルミーナは上記のように、見所が多く、また見所が離れているため、しっかり計画を立てないと、行きたい場所を周り切らない、なんてことも出てきます。

 我々は日帰りしましたが、その感想から言えば、やはり宿泊するのがおすすめです。

 それでも、日帰りにせざるを得なかったり、宿泊するにしてもタオルミーナ歩きは一日しかできなかったり、という都合の方もいらっしゃると思います。

 一日(もしくは半日)でタオルミーナを周るなら、あまり欲張らず、たとえばカステルモーラを涙を飲んで諦めるなどした方がよいかもしれません。個人的に、タオルミーナでこれだけは外すな!は、ギリシア劇場、イソラ・ベッラ、ベルヴェデーレ展望台です。

 それでも、どうしても、カステルモーラにも行きたい!という気持ちもわかります(実際に我々は強行して行きました)。その場合は、カステルモーラからタオルミーナに戻るバスが、そのままイソラ・ベッラまで行くことがありますので、運転手さんに確認して、時間短縮のために、カステルモーラから一気にイソラ・ベッラまで行ってしまうのも手です。

 我々は、旧市街にあるギリシア劇場→(バス)→カステルモーラ→(バス)→イソラ・ベッラ→(ロープウェイ)→旧市街歩き→(徒歩)→ベルヴェデーレ展望台→バスターミナルでカターニアに帰るバスに乗る…という順路で周りました。こうして見ると、ギリシア劇場を見た後旧市街に戻ってきているのが移動のロスですね。でも、天気を考えながら動いたから、こうなっちゃったんですよねえ…。

 もし、次に天気の良い日にタオルミーナに日帰り滞在できるとしたら、ギリシア劇場(午前中の方が眺めが良いと言われるので、最初に訪問するのは欠かせない)→旧市街歩き→(ロープウェイ)→イソラ・ベッラ→(できれば直通のバスで)→カステルモーラ→(バス)→バスターミナルに戻ってくるので近くのベルヴェデーレ展望台→バスターミナルから帰る…という順路にするかなあ。

 タオルミーナにかなり早い時間に到着できるならば、最初に、到着したバスターミナル近くのベルヴェデーレ展望台に行く、という順路でもよいかも。

<おすすめのお店>
 タオルミーナは、このコーナーお休みさせてください。何と、タオルミーナは、忙しく歩き回りすぎて、一軒もお店に入っていないのです!一軒も!しゃかりきに歩き回りすぎましたが、後悔はしてないッ!

<タオルミーナ旅行におすすめの本>


A13 地球の歩き方 南イタリアとマルタ 2016~2017
 地球の歩き方の南イタリア版。タオルミーナ情報が一番詳しいガイドブックでしょう。購入の際は、最新版かどうか確認を!


CREA Traveller 2013Autumn NO.35 [雑誌]
 お店やホテルの情報が豊富なのは、クレアトラベラーのシチリア特集。何てったって、表紙がタオルミーナ。女性向けの情報が多い雑誌です。


シチリアへ行きたい (とんぼの本)
 タオルミーナの歴史などをさっくり読めるのは、こちら、とんぼの本。これも表紙がタオルミーナですね。


タオルミーナの旅行記はこちらから

街別まとめガイドの目次

イタリア旅行は楽し♪トップページへ

スポンサーリンク

Home

プロフィール

辺獄

Author:辺獄
貧乏なくせに、イタリア旅行というお金のかかる趣味を持ってしまった、「イタリア旅行貧乏」です。旅行は楽し♪びんぼーも楽し♪がモットーです!
ついでにイタリア語も楽し♪
好きなイタリアの画家はボッティチェリ!

(limba→辺獄へ和訳改名しました!)

サイト修復中のお知らせ

当ブログは、記事が増えすぎたため、旅行記と本の感想以外の、イタリア旅行の実用的な情報記事を、新サイトにお引越しする作業を行っています。

引っ越し作業中は、お見苦しい箇所も出てきてしまうと思いますが、何とぞご容赦くださいませ。

新サイトはこちらです
辺獄のイタリア旅行おすすめ情報
辺獄のイタリア旅行おすすめ情報

新サイト完成後も、こちらのブログは、旅行記ブログとして存続しますので、よろしくお願い致します!

最新記事

イタリア旅行記

イタリア個人旅行の作り方

イタリアを個人で旅行する場合の、旅程の立て方や、航空券やホテルの予約の仕方についてまとめてみました♪
● イタリア個人旅行の作り方



イタリアの各町まとめガイド

今まで行ったことのあるイタリアの町ごとに、観光情報をまとめてあります。情報は、訪問当時のものなので、変わっている可能性もございます。ご注意下さいませ。
● 各町まとめガイド

各町まとめガイドは、10月以降、一時的に記事が見れなくなる可能性があります。詳しくはこちら

イタリア旅行お役立ち情報

イタリアツアー情報

当サイトはイタリアを個人旅行するための情報が多いので、パックツアーを考えている方のための別館を作ってみました。イタリアツアーの選び方や、おすすめイタリアツアーを紹介しています。
別館→イタリアツアー情報

旅行会話をマスターする!

せっかくイタリアに行くなら、イタリア語にチャレンジしてみましょう!イタリア語旅行会話の学習法や、おすすめのイタリア語学習教材、また、イタリア旅行で実際に使った旅行フレーズの紹介などをしています。

イタリア旅行おすすめ本

イタリア旅行に関するおすすめの本を紹介しています。おすすめガイドブックや、イタリア旅行前にぜひ読んでおきたい読み物、ちょっと小難しい文芸作品まで♪一覧にまとめてありますので、こちらからどうぞ↓

おすすめ旅行グッズ

イタリア旅行に役立つおすすめ旅行グッズをご紹介しています。ご参考までに、私がイタリア旅行の際に準備する持ち物リストの一覧も公開しています☆

イタリア旅行おすすめリンク

イタリア旅行に役立つサイトのリンク集を目的別に集めてみました。

カテゴリ

ブログランキング

参加中のブログランキングです。当ブログがお気に召していただけましたら、ぽちっとお願い致します☆

サイトについて

当ブログはリンクフリーです。サイトポリシーやお問い合わせ先についてはこちらからどうぞ。

検索フォーム

RSSリンクの表示

FC2カウンター