イタリア旅行記ブログ イタリア旅行は楽し

イタリア旅行大好きの管理人が、実際にイタリアに足を運んだ経験・情報に基づいて、イタリア旅行情報を発信してます。
旅行記や個人でのイタリア旅行のコツ、サッカー観戦情報もございます。

Top Page > 各町まとめガイド > カターニア旅行まとめ情報

カターニア旅行まとめ情報

CATANIA(2015年訪問)

<カターニアってどんな町?>
 シチリア東部の中心都市で、シチリアではパレルモに次ぐ規模の大きな町です。古代ギリシアの植民時代に、ギリシア人の植民都市として建設されたのが、町の始まりです。

 シチリア最大の活火山である、エトナ山の麓に広がる町で、「エトナ山のお膝元」などとも言われます。活火山の近くにある町の宿命で、度重なる噴火や地震の被害を何度も受けていますが、そのたびに再生してきた町です。

 現在残る町並みは、17世紀の火山爆発や地震による被害の後に作られた、バロック期の建物が目立ち、周辺の町と共に、ノート渓谷の後期バロック都市として、世界遺産に登録されています。

 シチリア第二の都市として、国際空港も備えるため、シチリアの玄関口ともなる町です。

 また、周辺の観光都市との交通アクセスも良いので、シチリア西部を周遊する際には、起点にもなります。

カターニア
 カターニア市街から見えるエトナ山。

カターニア
 活気のある魚市場も有名です。

<カターニア空港から市街地へのアクセス>
 カターニア空港は、カターニア市街地から6km程度しか離れていないので、非常にアクセスが便利です。

 カターニア市街と空港を、市バスのALIBUSが結んでいて、25分間隔で運行しています。所要時間は20分と公式サイトにありますが、実際は市内のあちこちのバス停で停車して、もっとかかったとの情報をよく見ます。また、運賃は地球の歩き方では1ユーロとなっていますが、公式サイトを見ると4ユーロと書いてありますね→ALIBUSのサイト。切符は空港前の売店やタバッキなどで購入できるそうです。

 他に、カターニアと南部の町を結ぶ長距離バスのほとんどが、空港を経由するため、この長距離バスを利用して、カターニア市街へ向かう人もいました。この場合は、ALIBUSの切符では乗車できませんが、運転手さんから直接バス切符を購入できる場合が多いです。ただ、日本でこのような乗り方を勧めるサイトは見ないので、参考程度に。

 ちなみに、バスの情報を推量形で書いているのは、実はバスを利用しなかったからです。日本からの到着が夜遅かったので、初シチリアという緊張感もあって、20ユーロでホテルの送迎サービスを利用しました。送迎サービスやタクシーを利用すると、20~30ユーロが相場です。所要時間は、15分かからないくらいでした。

 シチリアのタクシーは、メーターを使わないことで有名で、タクシーでぼられる被害もちらほら聞くので、宿泊するホテルに送迎サービスがあれば、そちらを利用する方がタクシーより安心です。
 
<カターニアへのアクセス>
 カターニアへイタリア本土から向かう場合は、メッシーナ海峡を船で渡る、ICや夜行列車などの鉄道を利用して、カターニアまで到達できます。

 シチリア島内での移動であれば、カターニアは交通の拠点となる町です。私がカターニアから足を運んだ町を中心に、主要観光地とカターニア間の、アクセス方法・時間を簡単にまとめました。バスの乗り方など、詳しくは、各町ごとのガイドで説明します。
所要時間運賃(片道)
タオルミーナ鉄道+バス1~2時間(鉄道乗車は40分)€3.95+1.9
長距離バス1時間45分€4.9
シラクーサ鉄道1時間15分€6.9
長距離バス1時間25分€6.2
ノート長距離バス1時間35分€8.4
ラグーザ長距離バス1時間55分€8.6
モディカ長距離バス2時間20分€9
カルタジローネ長距離バス1時間30分€6.4
ピアッツァ・アルメリーナ長距離バス1時間40分
※カザーレ荘へはさらに
市バスかタクシーに乗る
€9.2
メッシーナ鉄道1時間10分€6.9
長距離バス1時間35分€8.4
モディカ長距離バス2時間20分€9
パレルモ長距離バス2時間40分€13.9


日帰りの場合、長距離バスを使うなら、往復(Andata e ritouno)切符を買うと、割引になることが多いです。
情報は変わっている場合もあるので注意して下さい。

<こんな所に行ってきたよ!>は無料見学できる場所です♪
魚市場
●カターニアの魚市場は、大きくて活気があります。ごった返しているので、観光のためだけに入るのはちょっと気が引けますが、一見の価値がありますので、お買い物の邪魔にならないように、見学しましょうっ!
サン・ニコロ修道院
●ヨーロッパでも有数の大きさを誇る修道院。今は大学になっていて、大学として開放されている場所以外は、ガイドツアーでしか入れません。ガイドツアーは1人€6。期待以上に面白かったです!
サン・ニコロ教会
●サン・ニコロ修道院に隣接している教会。教会内部の日時計が面白いです。
ドゥオーモ
●ドゥオーモ前の、ゾウのオベリスクが有名ですが、内部もなかなか美しいです。

 
<カターニアに泊まろうっ!>
 カターニアは、シチリア東部の交通の拠点です。上の方でまとめてあるように、シチリア東部の観光都市には、だいたい1~2時間で行けます。

 そのため、いくつかの町には、カターニアに荷物を置いて、日帰りするのがよいと思います。私は、見所が多いシラクーサ、ややカターニアから遠いラグーザ・モディカなどの都市には宿泊しましたが、他は基本カターニアからの日帰りにしました。

 カターニアのどこに宿泊するか、ですが、近隣の町へ遠足する交通の便を考えると、鉄道駅にはバスターミナルも併設しているので、鉄道駅付近が便利ではあります。
 
 しかし、他のイタリアの大都市と同じように、鉄道駅付近は、治安があまりよくないと言われています(実際行ってみて脅威は感じませんでしたが)。また、鉄道駅付近は、普通の近代的な町並みで、面白みには欠けます。

 そこで我々は、旧市街のボルッセリーノ広場にバスターミナルがあるので、その近くに宿泊しました。この付近であれば、ドゥオーモや魚市場が近いですし、カターニアの町の雰囲気を楽しみながら滞在することができます。

 ただ、カターニアから北方向へ行く長距離バスは、ボルッセリーノ広場に停車しないものも多く、また、鉄道を使う場合は、この付近から鉄道駅まで、15~20分程歩くことになります。

 そのあたりの長所、短所を考慮して、駅近くに宿泊するか、旧市街の方へ宿泊するか、旅程に合わせて選びましょうっ!

 ホテル探しにはBooking.comエクスペディア-世界最大級のホテル予約サイトHotels.comTripAdvisor (トリップアドバイザー)などのサイトがオススメです。

<おすすめのお店>
Mm Trattoria
 魚市場の近くにある庶民的なトラットリア。宿泊したアパートのオーナーにおすすめされて足を運んだお店ですが、魚市場の近くだけあって、魚料理が美味しかったです!コワモテ長身のシェフでしたが、顔に似合わず(失礼な!)とても優しかったのも印象的でした。
カターニア
 タコのボイル。それだけなんだけど、美味しかった!
住所:Piazza Pardo 34
 
I dolci di NONNA VINCENZA
 ドゥオーモの裏手にあるお菓子屋さん。店の内装もかわいらしく、お菓子も美味しい&可愛らしくて、カターニア滞在中に気に入って、毎日通いました。揚げてないカンノーリがあったのが珍しかったです。
カターニア
公式サイト:http://www.dolcinonnavincenza.it
Bar Prestipino
 ドゥオーモ広場、ドゥオーモのすぐお向かいにある、地元民にも観光客にも人気のバール。パニーノ、アランチーノ、お菓子、何を食べても美味しいです。地元っ子にまざって、カウンターで立ち食いするもよし、ドゥオーモ広場のテラス席に優雅に座って、エスプレッソとシチリア名物のカンノーリやカッサータを頂くのもよし!
SIMPLY(スーパー)
 銀行などが立ち並ぶ、コルソ・シチリアという大通りにあるスーパーマーケット。旧市街にはスーパーが少ないので、ここを知っておくと便利です。
住所:Corso Sicilia 50
Coin(デパート)
 賑やかなエトナ通りにあるデパート。カターニアには長期滞在したので、必需品や、日本から持ってくるのを忘れたものを調達するのに、ここが便利でありました。
公式サイト:http://www.coin.it/stores/catania-via-etnea-116124


<カターニア旅行におすすめの本>


 地球の歩き方の南イタリア版。カターニアは詳しく載っています。購入の際は、最新版かどうか確認を!



カターニアの旅行記はこちらから

街別まとめガイドの目次

イタリア旅行は楽し♪トップページへ

スポンサーリンク

Home

プロフィール

辺獄

Author:辺獄
貧乏なくせに、イタリア旅行というお金のかかる趣味を持ってしまった、「イタリア旅行貧乏」です。旅行は楽し♪びんぼーも楽し♪がモットーです!
ついでにイタリア語も楽し♪
好きなイタリアの画家はボッティチェリ!

(limba→辺獄へ和訳改名しました!)

サイト修復中のお知らせ

当ブログは、記事が増えすぎたため、旅行記と本の感想以外の、イタリア旅行の実用的な情報記事を、新サイトにお引越しする作業を行っています。

引っ越し作業中は、お見苦しい箇所も出てきてしまうと思いますが、何とぞご容赦くださいませ。

新サイトはこちらです
辺獄のイタリア旅行おすすめ情報
辺獄のイタリア旅行おすすめ情報

新サイト完成後も、こちらのブログは、旅行記ブログとして存続しますので、よろしくお願い致します!

最新記事

イタリア旅行記

イタリア個人旅行の作り方

イタリアを個人で旅行する場合の、旅程の立て方や、航空券やホテルの予約の仕方についてまとめてみました♪
● イタリア個人旅行の作り方



イタリアの各町まとめガイド

今まで行ったことのあるイタリアの町ごとに、観光情報をまとめてあります。情報は、訪問当時のものなので、変わっている可能性もございます。ご注意下さいませ。
● 各町まとめガイド

各町まとめガイドは、10月以降、一時的に記事が見れなくなる可能性があります。詳しくはこちら

イタリア旅行お役立ち情報

イタリアツアー情報

当サイトはイタリアを個人旅行するための情報が多いので、パックツアーを考えている方のための別館を作ってみました。イタリアツアーの選び方や、おすすめイタリアツアーを紹介しています。
別館→イタリアツアー情報

旅行会話をマスターする!

せっかくイタリアに行くなら、イタリア語にチャレンジしてみましょう!イタリア語旅行会話の学習法や、おすすめのイタリア語学習教材、また、イタリア旅行で実際に使った旅行フレーズの紹介などをしています。

イタリア旅行おすすめ本

イタリア旅行に関するおすすめの本を紹介しています。おすすめガイドブックや、イタリア旅行前にぜひ読んでおきたい読み物、ちょっと小難しい文芸作品まで♪一覧にまとめてありますので、こちらからどうぞ↓

おすすめ旅行グッズ

イタリア旅行に役立つおすすめ旅行グッズをご紹介しています。ご参考までに、私がイタリア旅行の際に準備する持ち物リストの一覧も公開しています☆

イタリア旅行おすすめリンク

イタリア旅行に役立つサイトのリンク集を目的別に集めてみました。

カテゴリ

ブログランキング

参加中のブログランキングです。当ブログがお気に召していただけましたら、ぽちっとお願い致します☆

サイトについて

当ブログはリンクフリーです。サイトポリシーやお問い合わせ先についてはこちらからどうぞ。

検索フォーム

RSSリンクの表示

FC2カウンター