イタリア旅行記ブログ イタリア旅行は楽し

イタリア旅行大好きの管理人が、実際にイタリアに足を運んだ経験・情報に基づいて、イタリア旅行情報を発信してます。
旅行記や個人でのイタリア旅行のコツ、サッカー観戦情報もございます。

Top Page > イタリア旅行記2015(シチリア旅行記) > 3/21パレルモ13 狙われた私リターンズ

3/21パレルモ13 狙われた私リターンズ

<今回のイタリア旅行記メニュー>
● パレルモの市バスでスリに遭いかける!


 我々がアグリジェントから、既に6日間滞在して観光を終えたパレルモに向かっているのは、明日、パレルモの空港から帰国するためである。

 明日の飛行機なら、明日移動しろよとお思いになるかもしれないが、ここはイタリア。しかも南イタリア。さらにその中でもシチリア。明日、交通公共機関が、無事に稼働しているかどうかなんて、誰も断言できないのよ。イエイっ!大事をとって、一日前にパレルモにスタンバっておくんだよ。謙虚な旅人バンザイ。

 それにしても、わざわざパレルモに戻ってくる必要ないジャン?パレルモを最後の滞在地にしておけば、何もアグリジェントと行ったり来たりしなくていいジャン?というツッコミも、もっともである。しかし、そう出来なかった悲しい理由は、もう書いたからね!ここでは繰り返さないよ!(興味のあるヒマな方はこちらの旅行記をドウゾ)。

 アグリジェントからパレルモへの電車は、遅延もなく、楽ちんであった。パレルモからアグリジェントに行く際は、バスを使ったが、こちらは道路が工事中で遅れるし、トイレ休憩はゆっくり取れないしで、苦痛な移動であった。鉄道の方は、スイスイ走るし、車内にトイレはあるしで快適だった。

 パレルモ-アグリジェント間の移動は、鉄道とバスの2種類があり、公表されている所要時間はどちらも2時間程度と同等なので、鉄道推奨派と、バス推奨派に大きく分かれる。

 私の経験から言えば、断然鉄道推奨なのだが、このシチリアの鉄道というヤツは、単線だからという理由や、その他もろもろのっぴきならない理由で、常識の範囲外の遅延が生じることがあるらしい(分単位でなく、時間単位での遅延だよ。アワーだよ、アワー)。これにぶち当たってしまった人は、憤慨して、バス推奨を高らかに宣言するのである。

 というわけで、「遅延さえなければ鉄道」がファイナルアンサーなのだ。遅延は、その時になってみなければワカラナイ。

 なので、まずは鉄道駅に行ってみて、乗る予定の電車に遅延表示がなければそのまま鉄道を利用し、常識の範囲外の遅延があれば、バスに変更するのが賢いと思う。パレルモもアグリジェントも、鉄道駅と長距離バスの乗り場は、それほどは離れていない。電車に乗り込んで出発した後に遅延が起きたら…ウン、これはもう防ぎようが無いね。潔く運命に飲まれようッ!

アグリジェントからパレルモ
 快適な電車の旅。1時間半を過ぎると、海が見えてきた!アグリジェントは、シチリアの南側で、地中海を挟んでアフリカに対峙していて、パレルモは、シチリアの北側、ティレニア海に面している。つまり、シチリアを縦に縦断したのだ。シチリアを旅すると、当然のことながら海に面している、もしくは海に近い町が多く、シチリアが島であることを実感する。

アグリジェントからパレルモ
 姉が、「コレを見るとパレルモが近いって感じがするんだよね」という岬(?)。コレは、地図上で考えると、ソルントがある辺りだと思うのだが、どうなんだろ。ちなみに、最初に私が、シラクーサからパレルモに向かった時、この岬をみて「トラーパニ?」と言って、姉に白い目で見られたのは内緒である(じゃ書くな!)。

 しかし、ソルントも行きたかったなあ。イタリアを旅すると、いつも心残りの町がある。いつか「心残り旅」と称して、行きたかったけど行けなかった町を、どんどん巡って行くのも面白そうだ。

 電車は、時間通りにパレルモに到着した。2日前に、パレルモ駅をテリトリーとしている(?)、変な片言日本語男のストーカーに遭ったので、ヤツに再会しないように、駅の正面出入り口より先に駅の外に出られる、バスターミナル側の方に出た。

 すると、ゴミ置き場が…燃え上がっていた…。うわあ…。何だというんだ…。誰か、火のついたタバコでも投げ込んだのだろうか。しかし、パレルモ人は、誰も気にせずに通り過ぎていく。写真を撮っておきたいくらい異様な光景だったのだが、あのストーカー男のことを考えると、一刻も早く鉄道駅を離れたかったので、立ち止まらずに、駅正面の広場まで歩いた。

 本日は、明日空港に行きやすいように、空港行きのバス停がすぐそこにある、新市街のポリテアーマ広場に宿泊する。新市街は、旧市街より治安が良いと言われているので、もう楽勝だろう(という気の緩みは、確かにあったかもしれない…)。新市街は、鉄道駅から離れているので、スーツケースがあるため、市バスを使って移動する。

 謙虚な私たちは、パレルモ滞在中に、鉄道駅からポリテアーマ広場まで市バスのAMATで行く練習を済ませてあった。本当に偉い私たちである。

 駅からは、駅を出てすぐ正面のバス乗り場から、102番か107番のバスに乗り、バスはポリテアーマ広場までは行かないが、ローマ通りのポリテアーマ広場近くのバス停「Roma Belmonte」で降りれば、広場はすぐそこである。

 (バスがポリテアーマ広場まで行かないのは、もしかしたら交通規制のための一時的なことかもしれない。公式サイトではポリテアーマ広場にも行く表示になっている。だが、この時点ではローマ通りを、ポリテアーマ広場とは反対の方へ曲がった。利用する予定の方は、利用する時点で、バスのスタッフさんなどに確認されたし)

 練習の時は、107番のバスがすぐに来たのだが、この日はなかなか来なかった。一応、鉄道駅では2日前にイヤな奴に遭遇しているので、背後や左右に気を付けながらバスを待っていた。そう、旅行終盤で、気は緩んでいたかもしれなかったが、注意を怠っていなかったわけではないのである。

 102番、107番のバスがなかなか来なくて、ようやく107番バスがやってきた時には、バス停にいたのは、姉と私くらいであった。しかし、乗り込む直前に、急に背後に男性が二人いることに気付いた。

 二人のうちで、前の方にいた男性は、リュックを背中ではなく、お腹の方にかついでいた。姉の後ろにいた私は、この男性と目が合ったのだが、何だか暗い顔をしていた。

 もしかしたら、私がリュックを背中にしょっているのが、パレルモの混雑しやすい市バスのマナー違反で、彼のこの目は、それを咎めているのかもしれないと思った私は、彼の真似をして、リュックをお腹側に持ち直してから、スーツケースをうんせと持ち上げて、バスに乗った。

 すると、先にバスに乗り、手に持っている切符を刻印しようとしている姉が、何か、デカイ男性二人と揉めている!イタリアのバスは、基本前乗り後ろ降りなのに、男性が後ろ側から乗ってきて、姉を押しのけて刻印しようとしているようだ。しかも、私の後ろから乗ってきた男性二人も、私を後ろからグイグイ押してくる!

 前後からぎゅうぎゅうに押されて、一瞬パニックしかけたが…これは、何かのデジャブ…私の脳みそは、私の意に反して冷静で、ローマの電車で、スリ少女軍団の未遂に遭った時に、同じような状況に陥った場面を脳内検索で弾き出してきた!コレは!スリだ!

 リュックを前に持ち替えていなかった姉の、背中のリュックに目をやると、閉めていたはずのチャックが開いている!間違いない!とっさに私が手を伸ばして、姉のリュックの開いている部分をむんずと手で掴んで、中に手が入れられないようにした。すると、スリ集団は諦めたのか、散り散りになって、バラバラに空いている席に座った。

 「何なの?」と怒り顔で、とりあえず座った姉に、「今のスリだよ!リュックの中確認して!」と言った。幸い、少なくとも貴重品は無事であった。後ろ側の降車口から乗ってきた大柄な男性二人は、最初の停留所で、逃げるようにバスを降りて行った。

 私の後ろから乗ってきた二人は、諦めきれないようで、一人が、「僕の隣に座りなよ」と、声をかけてきた。コイツ、イケメンだった(グループのイケメン担当)。私が早口のイタリア語で、「ノー!シェンド、スービト!(すぐ降りるから結構です)」と言って睨み付けると(だが、私の間抜け顔で、睨みが伝わったかは疑問)、肩をすくめて次の停留所で降りて行った。

 私のイタリア語はダサいレベルなのだが、気が立つと、早口で、スグに言葉が出てくるのが、自分でも不思議なところだ。怒りトレーニングが、外国語習得には有効なのかもしれないね。

 スリ集団が全員バスを降りて逃げていくと、バスの後方から女性がやってきた。「今のスリよ。気づいた?パレルモでは旅行者は、荷物に気をつけなきゃだめよ」。

 …好意で言ってくれているのかもしれないが、私は若干腹を立てていた。こんなに大騒ぎしているのに、バスの運転手は無視だし、後方の乗客も、何もかも終わってからでないと助けてくれないし、声すら上げてくれない。

 基本的にイタリア人は、目の前でまさに今、犯罪に巻き込まれている人に手助けをしないことが多い(終わってからなら助けてくれる)。これは、日本とイタリアの大きな違いである。

 もちろん、日本人が優しくてイタリア人が冷たいということではない。逆に感じることだってあるし、日本の軽犯罪と違って、イタリアの軽犯罪者はもっと危険で、無関係な人は関わらないのが鉄則なのかもしれないし、自己責任の考え方も違う。要するに、社会や文化、価値観の違いなのだ。

 しかし、理性では納得していても、感情的には、狙われて気が立っていることもあり、腹が立つ。しかし、この女性は、好意で助言してくれているのだろうから、外面の良い私は、作り笑顔で「ありがとう」と返し、バスを降りた。

 それにしても、姉の荷物は、なぜ無事だったのであろうか(後でゆっくり確認したが、何一つ盗られてなかった)。襲撃を受けてから、私が「スリだ!」と気づくまで、少し時間があったので、相手がプロ(?)のスリならば、貴重品を抜き取るくらい造作もなかったはずだ。姉のリュックは、ばっちりチャックを開けられていたのだし。

 それで、姉のリュックを見てみると、スリが貴重品を取れなかった理由が判明した! 姉のリュックのチャックを開けると、その一番上には、ポテチの大袋があり、それ以上中には手が入れられなかったのである!

 そのポテチは、姉が、イタリアに来るたびに、「このポテチ好きなんだよ」と、スーパーで購入するポテチである。アグリジェントに移動する前から購入していたのだが、いろいろと忙しくて食べずにそのままになっていたのだ。

 私が「次の町に行くのに邪魔だから、もう置いていきなよ」と何度も言ったのだが、姉は頑としてポテチを手放さなかったのである。しかも、「ポテチが割れると嫌だから」と言って、リュックの一番上に、後生大事に入れていたのだ。

 おまけに、そのポテチの横には、1.5リットルの水の大きなペットボトルが入っていた。これは、買っておいて使わなかった水なのだ。これもまた私がアグリジェントで、「重いし置いていこうよ」と言ったのだが、姉が「開けてないんだからモッタイナイ。私が持つから気にしないで」と、リュックに入れていたのだ。

 …スリ野郎共も、日本人女性旅行者のリュックを開けると、まさか、巨大なポテチの袋と、ペットボトル(大)の水が、いの一番に目に飛び込んでくるとは思わなかっただろう。「何だ、この女…。何で、こんなデカいポテチと水を持ち歩いてるんだ!」。

 おまけに、ポテチを愛する方ならわかると思うが、ポテチの袋ってのは、ガサガサとうるさい。このポテトの袋の下にある貴重品を盗むには、ポテチの袋をガサガサさせないという、まことに高度な技術が要求されたのである。

パレルモ
 そんなわけで、これが姉の窮地を救ったポテチと水である。マジこのポテチの袋デカイ。リュックの7割くらいの体積を占めてるじゃんよ!しかし、姉の食い意地が、こんなところで役に立つとは、本当に思わなかったぜ…。ありがとう、ポテチ、ありがとう、水。こうしてポテチは、姉のラッキーアイテムとなった(でも、食べ過ぎちゃダメよ!)。

 ちなみに、我々を襲撃したスリ軍団は4人組で、年齢は20~40代、実に普通の男達であった。私の後ろから乗ってきた男が、リュックをお腹の方に持っていたのは、何かスリをするための作戦だったのかもしれない。バスに乗り込む直前までバス停にはいなかったので、近くで様子を伺っていたのだろう。

 対処法を考えてみる。

 イタリアのバスの前方は運転席や刻印機があるせいで、狭くなっている。スリ軍団は、その狭い場所で我々を挟み撃ちにし、逃げ場を失くした上でスリを敢行するために、前と後、2ヶ所ある出入り口から二手に分かれて乗車してきたのだ。

 また、スーツケースがある場合、長距離バスなどではない市バスは、車内に持ち込むことになる。そこで、荷物が多くて手がふさがっている旅行者をターゲットにしたのだ。

 イタリアのバスは原則前乗り後ろ降りなのだが、スーツケースを持って市バスに乗る時は、出入り口が広い、後方出入口から乗った方がよいだろう。

 前乗り後ろ降りと言っても、後ろから絶対乗せてくれないわけではないし、後ろの入り口の方が広いので、「荷物があったから後ろから乗りました」と言えば、運転手さんも納得してくれる。後ろから乗れば、狭いところに押し込まれることもないので、乗車して、落ち着いてから、ゆっくり切符を刻印しに行けばよい。

 スーツケースが無い場合は、スーツケースを持っている時に比べると狙われにくい。荷物の開口部を、チャックなどが閉まっていても、さらにその上を掴んで乗車するなど、荷物にきちんと気を配ってさえいれば、心配ないと思う。

 2日前も駅構内でストーカーに遭ったし、今回のスリも駅前から乗り込んできたし、やはりパレルモ駅周辺は、治安が良いとは言えないな、というのが1週間パレルモに滞在した感想だ。だからと言って、駅に一切近づかない!などと構える必要はないが、まあ、用事もないのに、駅周辺を長時間ぶらぶらするのはオススメしない(そんなに歩き回りたい界隈でもない)。

 ポリテアーマ広場前の、予約してあったB&Bに行くと、オーナーの若い女性が出迎えてくれた。Booking.comを通じて予約したが、1泊だけなので、既にキャンセル不可期間が過ぎたため、支払いはクレジットで自動で行われているらしい。へー。連泊の多い我々は、1泊とかあんまりしないので、初めてのことであった。

 オーナーが、近くの人気レストラン「MERCEDE」を教えてくれたので、そこに行きたい旨を伝えると、その場で予約を取ってくれた。何せ人気店で、予約しなければ入れないことが多いらしい。

 予約の時間まで少し時間があったので、カブール通りにある、「Feltrinelli」という大型書店に入った。イタリアは絵本が有名なので、小さな子供のいる友人などに、文字がわからなくても楽しめそうな絵本を選んだ。ちなみに、この大型書店は、非常にテキパキしていて、プレゼント用にもすぐしてくれた。

 いつか自分用の本も、イタリアで選べるほど、イタリア語が上達したいぜ!(と、高らかにオノレの望みを宣言する私)

 予約の時間が来たので、「MERCEDE」に行ってみた。

 入ってみると、全てのテーブルに、「Riservato」と書いてあるっ!おそらく、英語の「Reserved(予約席)」のイタリア語版だと思うのだが、予約しておいてヨカッタ!オーナーさん、ありがとうっ!

 紙のメニューはなく、スタッフさんと相談してメニューを決める方式であった。観光客は、こういうお店でぼったくられることもあるのだが、人気店だし、ホテルのオーナーもよく知っているお店のようなので、大丈夫であろう。

パレルモ
 テーブルクロスとして敷いてある紙に、こういう風に絵を描きながら、料理の説明をしてくれたので、分かりやすかった!前菜は、ほぼおまかせの海鮮盛り合わせで、パスタとメインは、2、3のメニューの中から選ぶことが出来た。

パレルモ
 料理を待つ間に、パンをつまんで待ったが、このパンが美味しかった!シチリアは、パンの美味しいお店が多かった。古代ローマ時代に、さすが「ローマの穀物庫」と言われたシチリアである。

 「ローマが初めて得た属州がシチリア」って、高校時代丸暗記したなー。あの頃は何が何だかさっぱりだったよ。高校時代に習う世界史ってやつは、狭い世界に生きていた高校生だった私にとって、架空の世界の出来事のようで、全然実感できない代物であった。

パレルモ
 この、海鮮盛り合わせの前菜は、最高であった。エビは生のまま出て来たよ!シチリアでは、生や生に近い海鮮料理に出会うことが何度かあった。それをオリーブオイルで頂く新鮮さ。醤油じゃなくても、生のエビって食べられるのね!という驚きであった。美味しかったー!

パレルモ
 アーモンド入りのパスタ。これも美味しかった。
 
パレルモ
 こちらがメインの魚料理。最初に出てきた前菜ほどの衝撃はなかったが、それでも美味しかった。シチリア旅行最後の夜を、こんなに美味しいディナーで締められてヨカッタ!値段は、一皿が10ユーロ前後で、それほど高くなかったし、パレルモ新市街で、美味しいシーフードを食べたい方にはオススメである。要予約だよっ!

 新市街は、洗練された新しい町並みで、旧市街に比べて、確かに夜でもほとんど不安は感じなかった。まあ、旧市街も、思っていたほどは怖くなかったね。…って、さっきスリに遭遇したくせに!でもまあ、それは駅周辺の話だし、気を付けてさえいれば大丈夫なんだよ。実際何も被害はなかったし(それはポテチのおかげだってば)。

 というわけで、シチリアでの最後の夜となってしまった。最初は、借りてきた猫のようにおっかなびっくりしていた我々だが、今や、パレルモの夜を、悠然と闊歩している。シチリア楽しかったなあ。セジェスタやモツィア、マザーラ・デル・ヴァッロなど、西側まで手が届かなかったが、いつかシチリアに戻ってくるぞ!

 …と、〆に入っている私だが、明日はきちんと帰国するという任務があるぞ!帰宅するまでが旅行だからね(小学生かお前は)!

イタリア旅行は楽し♪トップページへ

スポンサーリンク

Home

プロフィール

辺獄

Author:辺獄
貧乏なくせに、イタリア旅行というお金のかかる趣味を持ってしまった、「イタリア旅行貧乏」です。旅行は楽し♪びんぼーも楽し♪がモットーです!
ついでにイタリア語も楽し♪
好きなイタリアの画家はボッティチェリ!

(limba→辺獄へ和訳改名しました!)

サイト修復中のお知らせ

当ブログは、記事が増えすぎたため、旅行記と本の感想以外の、イタリア旅行の実用的な情報記事を、新サイトにお引越しする作業を行っています。

引っ越し作業中は、お見苦しい箇所も出てきてしまうと思いますが、何とぞご容赦くださいませ。

新サイトはこちらです
辺獄のイタリア旅行おすすめ情報
辺獄のイタリア旅行おすすめ情報

新サイト完成後も、こちらのブログは、旅行記ブログとして存続しますので、よろしくお願い致します!

最新記事

イタリア旅行記

イタリア個人旅行の作り方

イタリアを個人で旅行する場合の、旅程の立て方や、航空券やホテルの予約の仕方についてまとめてみました♪
● イタリア個人旅行の作り方



イタリアの各町まとめガイド

今まで行ったことのあるイタリアの町ごとに、観光情報をまとめてあります。情報は、訪問当時のものなので、変わっている可能性もございます。ご注意下さいませ。
● 各町まとめガイド

各町まとめガイドは、10月以降、一時的に記事が見れなくなる可能性があります。詳しくはこちら

イタリア旅行お役立ち情報

イタリアツアー情報

当サイトはイタリアを個人旅行するための情報が多いので、パックツアーを考えている方のための別館を作ってみました。イタリアツアーの選び方や、おすすめイタリアツアーを紹介しています。
別館→イタリアツアー情報

旅行会話をマスターする!

せっかくイタリアに行くなら、イタリア語にチャレンジしてみましょう!イタリア語旅行会話の学習法や、おすすめのイタリア語学習教材、また、イタリア旅行で実際に使った旅行フレーズの紹介などをしています。

イタリア旅行おすすめ本

イタリア旅行に関するおすすめの本を紹介しています。おすすめガイドブックや、イタリア旅行前にぜひ読んでおきたい読み物、ちょっと小難しい文芸作品まで♪一覧にまとめてありますので、こちらからどうぞ↓

おすすめ旅行グッズ

イタリア旅行に役立つおすすめ旅行グッズをご紹介しています。ご参考までに、私がイタリア旅行の際に準備する持ち物リストの一覧も公開しています☆

イタリア旅行おすすめリンク

イタリア旅行に役立つサイトのリンク集を目的別に集めてみました。

カテゴリ

ブログランキング

参加中のブログランキングです。当ブログがお気に召していただけましたら、ぽちっとお願い致します☆

サイトについて

当ブログはリンクフリーです。サイトポリシーやお問い合わせ先についてはこちらからどうぞ。

検索フォーム

RSSリンクの表示

FC2カウンター