イタリア旅行記ブログ イタリア旅行は楽し

イタリア旅行大好きの管理人が、実際にイタリアに足を運んだ経験・情報に基づいて、イタリア旅行情報を発信してます。
旅行記や個人でのイタリア旅行のコツ、サッカー観戦情報もございます。

Top Page > イタリア旅行記2015(シチリア旅行記) > 3/15パレルモ2 パレルモ、パレルモ?

3/15パレルモ2 パレルモ、パレルモ?

<今回のイタリア旅行記メニュー>
●サン・ドメニコ教会
●サンタ・マリア・デッラ・カテーナ教会

 パレルモ初日。

 パレルモは6泊するし、それほど遠出の遠足もない予定なので、このシチリア旅行で最もゆったりできる(ハズの)滞在である。そのため、この日は、目覚ましもつけずに、ぐっすり眠りたいだけ眠った。それでも、朝7時くらいには、カモメなんだか野犬なんだか、よくわからない生き物の声で目が覚めた。

 昨日はパレルモビギナーだったので、謙虚に、夜遅い時間の買い物は避けたので、今日の朝ごはんがない。宿泊したのは完全にアパートメントで、朝食もつかないのだが、親切なオーナーたちが、ラスクやクッキーなど、かなりたくさんの軽食をプレゼントで置いてくれていた。いやー、助かるなー。立ち上がって準備するエネルギーを、これらのお菓子で補給してから、ゆっくり準備して、近くの、ローマ通りにあるバールに朝ごはんを食べに出た。

パレルモ
 とりあえず、カンノーリを食べなきゃね!朝からおやつ。イタリア人は、朝ごはんに甘いものを食べるらしいのだが、朝に甘いものを食べるのって、結構私は好きである。だって、「あっ!甘いもの食べちゃった!よし!今日は、それを消費するくらい動こうっ!」と、朝から気合が入るのである。夜食べてしまうと、そのあと寝るだけなので、食べてしまったカロリーは、自らに蓄えるしかないのである(それでも夜おやつはやめられない…)。

パレルモ
 バールのお向かいに、大きなサン・ドメニコ教会があった。アパートのオーナー夫妻が、「パレルモでは重要な教会」と紹介していたので、ちょっとだけ立ち寄ってみた。教会の前は、大きな広場になっている。

パレルモ
 教会内部は、立派なオルガンがあり、荘厳な雰囲気である。日曜の朝ということで、いまにもミサが始まりそうな感じであった。

 そう、パレルモ初日のこの日は、日曜日であった。イタリアでは、日曜は教会や美術館が閉まることもあるので、観光の仕方が限られてくる。市場も休みなので、食料品の大量買い出しもできない。

 そこで、この日は、スーパーマーケットに行って、日用品やスーパーで買う食料品を調達して、その後、開いている教会などに入ることにした。とにもかくにもパレルモ初日。慎重に動くよ!

 ヴィットリオ・エマヌエーレ大通りが、パレルモの中心となる通りである。よく言われるのは、この大通りから北、新市街の方に向かってパレルモの治安は良くなり、逆に、大通りから南、駅に近づくにつれて、治安は悪くなるということである。

 大通りの南側は、確かに、ちょっと一見恐く感じるような、黒く汚れた、古い建物が並んでいる。

パレルモ

 パレルモ
 町のメインストリートだというのに、その大通りに面した方に、洗濯物などが干されて、生活感が漂っている。こういう感じが、イタリアの、いかにも「大都市の中の旧市街」の雰囲気だと感じる。

 この大通りから南の方に入るのは、ちょっと最初はこわごわであった。だが、とりあえず、観光名所があるのだし、足を踏み入れてはいけないゾーンとまではガイドブックにも書いていない。そこで、明るい小道を選びながら、西南の方へ入ったところにあるサン・フランチェスコ・ダッシジ教会にまず行ってみたのだが、日曜の午前中ということもあってミサ中で、観光のためには入れなかった。

 そこで、そのままヴィットリオ・エマヌエーレ大通りに戻り、大通りの北側に面しているサンタ・マリア・デッラ・カテーナ教会へ行ってみた。

パレルモ
 こちらの教会。ちょっと階段を上った先に、なかなか特徴的な姿で佇んでいる。

パレルモ
 教会正面に、ギリシア風の柱が並ぶ小さな回廊があり、その回廊の左手の方には、すぐ港が見えている。この、回廊から見た港の雰囲気が非常に良かった。

 内部は写真撮影禁止であったが、この回廊と同じようなギリシア風の柱が並び、内部もなかなか素敵な教会であった。小さな教会だが、ぜひ訪問をおすすめしたい教会だ。

 教会の前で、3人くらい乗れるバイク(何と言うんでしょうか。車オンチの私にはワカラナイ)を運転している男性が、「パレルモ、パレルモ?」と言いながら、話しかけてきた。は?パレルモと言われて、疑問形っぽく語尾を上げられても、いや、ココはパレルモ、当たり前でしょ?何を聞かれているんだか。

 彼はおもむろにパンフレットを取り出し、パレルモの観光地をいろいろ見せてくる。どうも、パレルモ市内ツアーをこのバイクに乗っけて回るから、どうか?と勧誘されているのだ。いやいや、パレルモって、歩ける大きさの町だし、健脚自慢(健脚だけど鈍足)の我々には不要だよ。結構しつこかったが、「歩きたいので」と答えると、去って行った。

 彼が去ると、すぐ次のバイクがやってきて、「パレルモ、パレルモ?」が始まる。へー。結構観光熱心な町なんだ。イタリアで、こういうタイプのツアー勧誘を受けたことって、初めてだなあ。マジな話、ヴィットリオ・エマヌエーレ大通りを歩いていると、20メートル歩くごとに、この「パレルモ、パレルモ?」がやってきた。しかし、何で「パレルモ、パレルモ?」なのか。「パレルモ?」とか聞かれても意味不明すぎる。

 大通りをまた南の方へ渡ると、目の前にはマリーナ広場があった。アパートのオーナーが、散歩にいい場所、と言っていた広場だ。

 ここでは、日曜だからか、蚤の市が開かれていた。

パレルモ
 私は、骨董品には・←これっぽっちも興味がない。しかし、姉は、そんなに重症ではないが、骨董好きだ。彼女が、見ている数少ないテレビ番組が、何でも鑑定団である。

 そんなわけで、姉は大喜びで、市を見て回っていた。こういう蚤の市に熱心な客って、なぜだか高齢の男性が多い。そんな中、場違いに喜んでいる東洋人女性が私の姉であった。ほとんど英語の通じない売り手のおっちゃんに、どういう手段を用いてかはわからないが、値切って買い物をしていた。

パレルモ
 私はむしろ、この広場の中にある、ガリバルディ庭園のこの大きな南国の木の方が気になったねえ。「がじゅまる」っぽい木だ。本当に「がじゅまる」かもしれない。「がじゅまる」には、キムジナーと呼ばれる妖怪が住んでいるのだ(沖縄の妖怪)。私が最高にクールだと思う妖怪は一反もめんだが、最高にキュートだと思う妖怪はキムジナーである。妖怪の話終わり。

 サン・フランチェスコ・ダッシジ教会のミサは、そろそろ終わったかなーと戻ってみたが、まだ続いていた。

パレルモ
 ちなみに、こちらがサン・フランチェスコ・ダッシジ教会の外観。

 そこで、まだほとんど午前中は活動していないのに、妙にお腹が減ってきたので、サン・フランチェスコ・ダッシジ教会のすぐ前にある、有名なフォカッチャ屋さん「Antica Focacceria San Francesco」に入ることにした。

パレルモ
 このお店。モツ入りフォカッチャが有名な老舗である。お店の外装が歴史を感じる作りでステキ!

パレルモ
 お店のすぐ近くには、おそらく厨房だと思われる建物があり、だまし絵のように入り口と、人物の絵が描かれていて、とってもオシャレである。

 まだお昼には微妙に早い時間だったので、店内はそれほど混んではいなかった。お店に入って、メニューを見上げていると、ウェイターさんに、「イートインですか?それなら2階にどうぞ」と案内された。この時、何も考えずにウェイターさんについて行ってしまったのだが、2階席へ行くと、実は席代が取られるシステムであった。

 2階席では、メニューが配られ、きちんとした制服をきたウェイターさんが、注文を取る。有名なモツバーガー「Focaccia maritata」を一つずつと、ミネラルウォーターを頼んだ。

パレルモ
 こちらが、「Focaccia maritata」。モツバーガーなのに、あっさりしていて美味しいっ!フィレンツェの、市場にあるNelboneの名物モツ入りパニーノと比べると、こちらの方が上品な味付けである。ただし、庶民的なフィレンツェのパニーノも非常に美味しい。甲乙つけがたい。というか、甲乙つける必要なし!

 2階席には、観光客が多く、ミラノから来たという女性が、「このお店、雰囲気良いわよねー」と話しかけてきた。シチリアは、ドイツ人観光客と、北イタリアからの観光客が多い。イタリア人にとっても、シチリアは、ちょっとした異文化の地なのであろう。

パレルモ
 こちらが、2階席から見下ろした1階。…雰囲気の良いお店、なのだが、1階を見ていると、2階との違いに気付いた。1階席のお客さんが飲んでいるミネラルウォーターは、我々に運ばれてきたビン入りのものではなく、ペットボトル。しかも、1階席のお客さんは、トレーに食事を載せて、自分で運んでいる…。

 そう!後から判明したのだが、1階席と2階席では、値段が違うのだ!

 基本的に地元のお客さんは、セルフサービス式に、まずレジで注文してお金を払い、レシートを持って行って注文品を自分で受け取る。そして、1階席のテーブルに自分で運ぶ。

 観光客がお店に入ってきて、勝手が分からずにウロウロしていると、ウェイターさんに2階席に案内される。そして、2階席ではウェイターさんが注文を取り、食事も運んでくるので、サービス代が取られる…。そのため、1階席と2階席では、同じものを食べても、値段が異なるのだ!

 ううむ…。バールで、立ち食いとテーブル席の差があるのはわかるが、1階席で座って食べるのと、2階席で座って食べるのに値段の差をつけるって…コレ、やっぱり観光客をターゲットにした、しぶとい商売だよなあ…。

 ちなみに、後日、この日のメニューと同じメニューを、1階席で食べたら、料金が倍近く違った。2階席で食べたら11.5ユーロで、1階席で食べたらなんと6ユーロ。観光客としてはプンプンしたくなるところだが、このお店、雰囲気がよく、美味しいのは事実なのである。

 観光客でも、1階席で食べてはいけないということはないので、別に水はペットボトルでいいし、セルフサービスで運ぶよ、という人は、すぐにレジに並ぶべしである。2階席に案内されそうになったら、1階で食べます、と答えればOKである。

 というわけで、パレルモ観光の洗礼をちょっとだけ浴びたランチとなったが、とりあえず美味しかった!ランチ後のパレルモ歩きは、ページを改めるよっ!

イタリア旅行は楽し♪トップページへ

スポンサーリンク

Home

プロフィール

辺獄

Author:辺獄
貧乏なくせに、イタリア旅行というお金のかかる趣味を持ってしまった、「イタリア旅行貧乏」です。旅行は楽し♪びんぼーも楽し♪がモットーです!
ついでにイタリア語も楽し♪
好きなイタリアの画家はボッティチェリ!

(limba→辺獄へ和訳改名しました!)

サイト修復中のお知らせ

当ブログは、記事が増えすぎたため、旅行記と本の感想以外の、イタリア旅行の実用的な情報記事を、新サイトにお引越しする作業を行っています。

引っ越し作業中は、お見苦しい箇所も出てきてしまうと思いますが、何とぞご容赦くださいませ。

新サイトはこちらです
辺獄のイタリア旅行おすすめ情報
辺獄のイタリア旅行おすすめ情報

新サイト完成後も、こちらのブログは、旅行記ブログとして存続しますので、よろしくお願い致します!

最新記事

イタリア旅行記

イタリア個人旅行の作り方

イタリアを個人で旅行する場合の、旅程の立て方や、航空券やホテルの予約の仕方についてまとめてみました♪
● イタリア個人旅行の作り方



イタリアの各町まとめガイド

今まで行ったことのあるイタリアの町ごとに、観光情報をまとめてあります。情報は、訪問当時のものなので、変わっている可能性もございます。ご注意下さいませ。
● 各町まとめガイド

各町まとめガイドは、10月以降、一時的に記事が見れなくなる可能性があります。詳しくはこちら

イタリア旅行お役立ち情報

イタリアツアー情報

当サイトはイタリアを個人旅行するための情報が多いので、パックツアーを考えている方のための別館を作ってみました。イタリアツアーの選び方や、おすすめイタリアツアーを紹介しています。
別館→イタリアツアー情報

旅行会話をマスターする!

せっかくイタリアに行くなら、イタリア語にチャレンジしてみましょう!イタリア語旅行会話の学習法や、おすすめのイタリア語学習教材、また、イタリア旅行で実際に使った旅行フレーズの紹介などをしています。

イタリア旅行おすすめ本

イタリア旅行に関するおすすめの本を紹介しています。おすすめガイドブックや、イタリア旅行前にぜひ読んでおきたい読み物、ちょっと小難しい文芸作品まで♪一覧にまとめてありますので、こちらからどうぞ↓

おすすめ旅行グッズ

イタリア旅行に役立つおすすめ旅行グッズをご紹介しています。ご参考までに、私がイタリア旅行の際に準備する持ち物リストの一覧も公開しています☆

イタリア旅行おすすめリンク

イタリア旅行に役立つサイトのリンク集を目的別に集めてみました。

カテゴリ

ブログランキング

参加中のブログランキングです。当ブログがお気に召していただけましたら、ぽちっとお願い致します☆

サイトについて

当ブログはリンクフリーです。サイトポリシーやお問い合わせ先についてはこちらからどうぞ。

検索フォーム

RSSリンクの表示

FC2カウンター