イタリア旅行記ブログ イタリア旅行は楽し

イタリア旅行大好きの管理人が、実際にイタリアに足を運んだ経験・情報に基づいて、イタリア旅行情報を発信してます。
旅行記や個人でのイタリア旅行のコツ、サッカー観戦情報もございます。

Top Page > イタリア旅行記2015(シチリア旅行記) > 3/7ピアッツァ・アルメリーナ2 モザイクでお腹いっぱい!

3/7ピアッツァ・アルメリーナ2 モザイクでお腹いっぱい!

<今回のイタリア旅行記メニュー>
●カサーレの古代ローマの別荘

 ホスピタリティあふるるバールで歓待を受けてお腹いっぱいになったので、いざ!カサーレ荘に突撃するよ!

 カサーレ荘は、イタリア語の正式名称は「Villa Romana del Casale」で、地球の歩き方では「カサーレの古代ローマの別荘」と書いてある。要するに、略してカサーレ荘っ!古代ローマの床モザイクで有名な観光地である。

 カサーレ荘は、シチリアの内陸、交通の不便なピアッツァ・アルメリーナから、さらに5kmという、車を持っていない旅行者には不便な場所にある。が、姉も私もモザイク大好きなので、どうしても行きたくて、このシチリア旅行に組み込んだのだ。

 さあっ!苦労して(イヤ、思ったほどは苦労しなかったな…)辿り着いたカサーレ荘っ!ドキドキして、まずは入り口をくぐったのだが、

カサーレ荘
 …ええと。この回転式ゲートが回転する意味は、どこにあるんだろ…。でもね、一応、古代ローマのモザイクに敬意を表して、姉と私は一人ずつ回転しながら入場しましたよ…。

カサーレ荘
 おー。あの遠くに見えている、一見、何ともない建物に、モザイクが保存されているだねっ!それにしても、周囲からは、鳥の鳴き声や、木々や草のざわめきしか聞こえない。つまり、もんのすごい田舎の真ん中にカサーレ荘はあるのだ。

 では、お邪魔しますよ…。

 内部は、観光客がモザイクを傷つけずに、それでもきちんと鑑賞できるように、ちょっと高い場所に通路が通してあって、上からモザイクを覗き込んで鑑賞するようになっている。屋根もついているので、遺跡というよりは、誰かの家に招待されたような感じで鑑賞できるのが面白い。

 それぞれの部屋ごとに、モザイクの床もしきられているため、モザイク鑑賞用の通路は、もともとこのお屋敷にあった通路に沿って、その上に作られているんじゃないかな、という感じだ。お屋敷の通路を歩いている感じがしたので、自宅自慢に招かれているような気分であった。

 肝心のモザイクは…入り口近くのモザイクは、幾何学模様が多く、それでもかなり出来がよいものだったが、中に入るにつれ、スゴイものが増えて来たんだ…(何という語彙の貧弱さだろうか)。

 とにもかくにも、建物をまっすぐに横切っている「大狩猟の廊下」がスゴイ!「このモザイクがスゴイ!」とかいうコンテストがあったら、ノミネート確実だよっ!「大狩猟の廊下」だけあって、動物がたくさん描かれているのだが、その迫力がスゴイのだ!

カサーレ荘
 このカッチョイイ野牛さんっ!引き締まった体といい、りりしい顔つきといい、人間だったらアンタに惚れるよ!(「お断りだモー」by野牛さん)

カサーレ荘
 こちらは、おそらく闘技場で、剣士と戦わせるための猛獣や、見せ物にするための(当時の)珍獣が、アフリカなどで捕らえられて、船に乗せられて、ローマに運ばれていく様子が描かれているのだと思われる。古代ローマ人の、「見せ物」大好きな一面を見ることができるモザイクだと思う。

 とはいえ、古代ローマの時代は現在のような、テレビや映画、ゲームなど…いわゆる虚構を中心とした娯楽文化が栄えていない時代なので、現代人より古代ローマ人方が見せ物娯楽が好きだとは一概には言えないだろう。古代ローマの時代にもアクション映画とかあれば、闘技場で、生身の人間や動物が、あんなに命を落とさなくて済んだのかもしれない。

 現代の映画やアニメの残酷なシーンは、人々の心の闇に悪影響を与えるという考え方もある。もちろん人によっては(特に若いうちは)悪影響を受ける場合もあるだろう。

 だが、大多数の人間にとっては、こういう「残酷な虚構」を見たり聞いたりすることが、ちょっとしたカタルシス…とまではいわないけど、人間の本能が持つ残酷な部分を、適度に満足させて、暴走するのを防いでいる面もあるんじゃないか、と思う。「進撃の巨人」で、ミカサは「世界は残酷」と言うが、その世界の一部である人間も、やはり残酷なのだ。

 進撃の巨人の話終わり。

 で、捕らえられて、このローマ行きの船に乗せられている動物のモザイクも、かなり秀逸である。

カサーレ荘
 船に乗せられるゾウさん。確かにゾウは、古代ローマ人にとっても、かなりスペシャルな見せ物であろう。おそらく網がかけられている。

カサーレ荘
 インパラみたいな動物かな?危なくないように、ツノをつかまれている。悟りきったような感じで船に乗っていくゾウさんに比べて、こちらは、船に乗るまいと、抵抗している顔つきとポーズに見えるのが興味深い。

カサーレ荘
 この鳥は…何だろ?ダチョウに似てるけどもう少し小さい鳥さん。それにしても、かなり顔が怒っている。そりゃそうだよね、住み慣れた場所を離れたくなんかないさね。

カサーレ荘
 この「大狩猟の廊下」の右の方で、船に乗っている三人組は、なかなかイケメンだったので、実際に行かれた方は、マジマジと見て目の保養をして下され(我ながら重要な情報だね!)。

 「大狩猟の廊下」から見て右の方には、非常に日本でも有名な、ビキニ少女たちのモザイクがあった。

カサーレ荘
 この女性たちなんか、ビーチバレーそのまんまって感じだね!しかし、ビキニとは言っても、現在のような水着ではなく、スポーツ着であったようだ。そもそも古代ギリシアのオリンピックでは、男性は全裸!今風に言えばマッパ!で、競技していたらしい。女性は、さすがにスポーツする時、ゲームに出てきそうなセクシー戦士程度の着衣で競技していたのだろう。

 このビキニ少女たちは、全員で10人いて(正式には、ビキニを着ていない女性が一人、しっかり保存されてない子が一人いるので、8人)、なかなかキュートな娘や、美人さんもいる。お好みを探してみるのもいいだろう。しかし、私はなぜかちゃんと写真に残してないんだぜ…。イケメンは撮るけど美女は撮らない、わかりやすすぎる私…。

 最初に入った建物を一通り見終わると、いったん外に出た。ここまでのモザイクで、既にかなりお腹いっぱい(飽きたという意味じゃないよ!感動が私の中に収まり切らないくらい大きいんだよ!)なのだが、モザイク天国は、まだまだ続くのだ。

 そう、まさにここはモザイク天国。作品のひとつひとつが、生き生きとしていて躍動的で、美を鑑賞することを食事に例えると、美味かつ個性的かつ栄養分バッチリの料理が、次々と運ばれてくる感じだ。

 さあ、外の空気を吸ったところで、次の建物に入ろうっ!ずっとずっとモザイク三昧である。

カサーレ荘
 こちらは、漁をしているクピドたち。…ん?「たち」って…クピドって、英語名はキューピッド、ギリシア神話では恋と矢の神エロスにあたり、美と愛の女神アフロディーテの一番有名な息子で、本来は一人しかいないはず…。ポンペイの、ヴィーナスの壁画にも、何人ものクピドが描かれているけど、本当に、この子たちはクピドなのかなあ?単にクピドのイメージで描かれてるだけの、クピドもどきだったりしないのだろうか?

 このクピド(もどき)たちの船の底にくっついている、宇宙人みたいな、アメーバ状の生き物も気になるところだ…!こいつ、海が描かれている場面では、いろんなところに出没していましたぜ!

カサーレ荘
 こちらは、三つ目の怪物っぽいが、実はギリシア神話で、英雄オデュッセウスに退治される、一つ目巨人ポリュペモスを表しているらしい。

 モザイクは、まさにその神話の場面を描いていて、巨人たちの洞窟に閉じ込められたオデュッセウスが、ポリュペモスを眠らせるためにお酒を勧めているシーンである。で、眠っている間に、その一つ目を突いて、逃げていくという、有名なエピソードである。

 それにしても、一つ目巨人が三つ目で描かれてるというのがおもしろい。この一つ目巨人のアイデンティティも、大事なのは目の数ではなくて、「額に目があること」なんじゃないかと、手塚治虫の「三つ目がとおる」を読んだことのある私は考えてしまう。あと「幽遊白書」の邪眼妖怪・飛影。

 まんがの話終わり。

カサーレ荘
 こ、このモザイクは…。アヒルが大きすぎるのか、子供が小さすぎるのか…。それとも、「むーかーし、アヒルーはーからだーがーおおきくてー」という歌があるが、それが真実だったことを証明するモザイクなのか…。いずれにせよアヒルの目つき悪すぎ。

カサーレ荘
 内陸の町ピアッツァ・アルメリーナなのに、海のモザイクが多かったのが不思議だった。こちらは、海をなぜだか漂っている、おそらくヴィーナスとクピド。ポンペイで見た、壁に描かれたヴィーナスの絵に、非常にポーズが似ている。

カサーレ荘
 ヴィーナスの、左の方に描かれていた、半人半獣のモンスター。女性だと思うが、さみしそうな表情がセクシーである。ツノがあって、上半身が人間で(おそらく女性?)、ヒヅメがある前足があって、下半身が蛇(もしくは魚)で、手には目玉みたいなものが入った箱を持っている。

 …うーん誰だろ。頭にツノがあって、下半身が蛇なのは、川の神アケローオスらしいんだけど、その神様は男神なのだ。もし、手に持っているのが目玉であれば、ヘラ(ゼウスの妻)の嫉妬から、半身ヘビの怪物にされたうえ、眠れないという呪いをかけられたラミアかもしれない。眠れないことを同情したゼウスが、目玉を取り外せるようにしてあげた(=眠れるってこと?)というエピソードのある怪女だ。

 ていうかゼウス、自分がラミアに惚れたせいで、ラミアがこんな目にあってるのだから、全能神なら、目ん玉うんぬんより、元の姿に戻してあげればいいのに!おそらく、ゼウスは元に戻ることくらいはできるんだと思う(だって全能神だよ!)。奥さん(ヘラ)が怖いんだろう…。

 順路のほぼ最後に登場したのが、有名なこのモザイク!

カサーレ荘
 真ん中は有名な、男女が抱き合っているロマンチックなモザイクだが、地球の歩き方には、「オデュッセウスとポリュペモス」と書いてある。ふーん、英雄オデュッセウスって、ポリュペモスという恋人がいたのね…って、チョット待ッタ!ポリュペモスって、さっきの一つ目巨人のことじゃないの?それとも、同名の恋人でもいるのか!?

 帰国してから調べたのだが、オデュッセウスに、ポリュペモスまたはそれに近い名前の恋人が存在しない。ということは、考えられるのは、2つ。

1.地球の歩き方が一つ目巨人のモザイクと、写真を間違って掲載した 
2.実はそう見えないけど、本当にこのモザイクは「オデュッセウスとポリュペモス」で(どっちが一つ目巨人なんだよ!というツッコミはあるが)、オデュッセウスは、戦った後、一つ目巨人と超仲良くなって、熱い抱擁を交わした。一つしかない目を潰してしまったので、ちょっと責任取らなきゃ。オレがお前の目になるゼ!とか考えてる。

 2.だったら、ギリシア神話の、新しい発見だね!

 …真相は闇の中なので(イヤ、明白だろ!)、とりあえずこの話は置いといて、とにもかくにもこのモザイクは、繊細で出来もよく、保存状態もすばらしい。大狩猟の廊下、ビキニの少女と並ぶ、カサーレ荘を代表するモザイクである。

 中央で抱き合っているオデュッセウス(偽者疑惑)と、ポリュペモス(偽者疑惑)の、上下左右に描かれている女性は、四季を表していて、非常にかわいらしい。

カサーレ荘
 くっきりした目鼻立ちで、華やかな春ちゃん。手には春の花を持っている。

カサーレ荘
 穏やかで、やや憂いを秘めた美人の秋ちゃん。頭を飾っているのは、秋の果実・ブドウである。

 だいたい、ここまでで一通り鑑賞が終わった。1時間半くらいかかった。しかし、これで、我々の鑑賞が終わりだと思ったら大間違いである。残り、タクシーの時間まであと1時間、好きなモザイクのところに戻って、時間をかけてじっくり向き合うのである。鈍足観光バンザイ!

 この日、カサーレ荘はガラガラだった。さすがに貸切ということはないが、修学旅行生ともかち合わず、全敷地で、20人くらしか人はいなかったのではないだろうか。夏場に行った人の中には、混雑しすぎてモザイクが見れなかったとか、人が多すぎて暑くて窒息しそうになったとか言う人もいるが、やはり冬場は市街地からのバスがいないため、観光客が激減するのかもしれない。

 人が少ないおかげで、好きな場所にスイスイ戻ることができたのだが、逆に人が少なすぎて、カサーレ荘の中は冷えていた。姉も私も、2日前の極寒のカルタジローネに懲りて、結構温かい格好をしてきたのだが、それでもしんしんと冷える。本当は、別行動して、好きなモザイクを見たかったのだが、くっついてなきゃ寒い!という有様だったので、肩寄せ合って震えていたので、周りからは、さぞかし不安そうな東洋人に見えただろう。

 おそらく寒さのせいでトイレが近くなったのだと思うが、建物の外の、立ち入り禁止区域にそっと入って行ったおじさんもいた(何のためかは敢えて書かないよ!)。カサーレ荘のトイレは、切符売り場の外のバールにしか見かけなかったので、入場前に済ませておいた方がよいだろう。(余談だが、こういう場合、特に空いている時は、切符売り場の人にトイレに行って、また再入場できますか?と聞いておけば、大丈夫なこともある)

 カサーレ荘の細かい注意事項をついでに書いておくと、通路の行き止まりは、透明のアクリルになっていて、私は何度もぶつかったのでお気をつけ下さい!あと、モザイクの床に、万が一私物落とすと、自力で拾うのは念力がなきゃ無理なので、注意されたし。(実際に、ガイドブックみたいなものとか、私物っぽいものがいくつか落ちてた…)

 さて。2時間半、たっぷりモザイクを楽しんで、タクシーがお迎えに来てくれる、約束の時間10分前には、約束しておいた切符売り場外のバール前に戻った。

 タクシーに乗る前にバールでトイレを借りると、昼食の時にいっぱいサービスしてくれたおじいさんが出てきて、「娘が京都で着物を着たんだ!」と言ってスマホの写真を見せてきた。そのお孫さんだと思われる少年も出てきて、「日本人だ!一緒に写真を撮ってくれ!」とせがまれた。平たい顔族人気あるなー。

 おじいさんに「バールでゆっくりして行きなよ!」と言われたが、タクシーは時間通り(!)にやってきたので、「タクシーが来ちゃいました。いろいろありがとうございました」と言って、カサーレ荘とお別れした。モザイクは最高だったし、バールの人たちは親切だったし、本当に楽しかった!

 来た時と同じ、無口なドライバーに、バス乗り場まで送ってもらった。来た時と同じ、10ユーロであった。バスの時間までは、あと30分。早足で歩けば、市街地にあるドゥオーモくらいは拝めるのだろうけど、何せ、寒かった!うん、モザイクの素晴らしさでつい忘れてしまいそうだけど、寒かったんだよ!そこで、バス停のそばの、「Cafe Diana」で、20分くらい過ごすことにした。

 「Cafe Diana」のカウンターには、背中にオレンジのペンキがついたジャンパーを着ている男性がいて、「いらっしゃい!よくぞこの店に来た!記念に砂糖を持っていきな!」と言って、お店のロゴが入ったコーヒー用シュガーをくれた。お店の人かと思ったら、彼は自分のエスプレッソを飲み終わったら出て行った。お客さんだったらしい…。ピアッツァ・アルメリーナって、何だか独特な人懐こさを持つ人が多いな…。

 「Cafe Diana」のマスターは、英語がペラペラで、「ここはB&Bもしてるんだけど、よければ泊まって行かないか?」と言われた。カターニアから日帰りなのだと答えると、そうかそうか、と言い、奥に引っ込んで、日本画の描かれたポストカードを持ってきた。以前宿泊した日本人が、帰国してからお礼の手紙をくれたらしい。イタリア語でびっしり書いてあった。しかも、達筆な筆記体であった。カッチョイイ…。かっちょよすぎる!

 バールでゆっくり過ごしたので、ショーケースをのぞいたりしていると、「これはプレゼントだ」と言って、小さなトローネを姉と一つずつもらってしまった。

ピアッツァ・アルメリーナ
 トローネとは、蜂蜜と卵白でナッツを煮詰めた、イタリアでよく見るお菓子である。あんまり今まで美味しいと思ったことがかったのが、シチリアはアーモンドの産地だからなのか、非常に美味しかった!しかも、カサーレ荘のモザイクと、お店のロゴが包み紙にプリントされている!もし、ピアッツァ・アルメリーナでお土産を買うなら、ここのトローネがいいかも!

 さて。几帳面な日本人は、バスが来る10分前にはバス停(というか公園)に戻った。何せ、ピアッツァ・アルメリーナとカターニアを結ぶバスの便は少なく、こいつを逃すと、今日カターニアに帰る手段はないのだ。

 しかし、あと10分待たなきゃいけないのに、相変わらず、さ・む・い。しかも、雨が降ってきた。傘持ってるんだけどさすのが面倒だったので、すべり台の下に座り込んでいたら、犬の散歩をしていたピアッツァ・アルメリーナ人に笑われた。しかし、どうして今年の旅行は南国シチリアなのに、毎日寒さに震えてばかりいるのだろうか。

 バスは、ほぼ時間通りにやってきた。しかも飛ばしまくってカターニアに帰った。

 今回の旅行で、一番、交通面が心配だったピアッツァ・アルメリーナ遠足は、あっけないほどの大成功の大満足に終わった(寒かったけど)。いやー、ここまでのシチリア旅行が順調すぎて、かえって不気味だよ!

 …そして、この不気味な予感は、的中するのだ。女の勘ってスゴイね。明日はMッシーナ(Mは誤植じゃありません。伏字にしてるんですよ)にて、伝説の怪物スキュラが、我々を待っているんだぜ…。

イタリア旅行は楽し♪トップページへ

スポンサーリンク

Home

プロフィール

辺獄

Author:辺獄
貧乏なくせに、イタリア旅行というお金のかかる趣味を持ってしまった、「イタリア旅行貧乏」です。旅行は楽し♪びんぼーも楽し♪がモットーです!
ついでにイタリア語も楽し♪
好きなイタリアの画家はボッティチェリ!

(limba→辺獄へ和訳改名しました!)

サイト修復中のお知らせ

当ブログは、記事が増えすぎたため、旅行記と本の感想以外の、イタリア旅行の実用的な情報記事を、新サイトにお引越しする作業を行っています。

引っ越し作業中は、お見苦しい箇所も出てきてしまうと思いますが、何とぞご容赦くださいませ。

新サイトはこちらです
辺獄のイタリア旅行おすすめ情報
辺獄のイタリア旅行おすすめ情報

新サイト完成後も、こちらのブログは、旅行記ブログとして存続しますので、よろしくお願い致します!

最新記事

イタリア旅行記

イタリア個人旅行の作り方

イタリアを個人で旅行する場合の、旅程の立て方や、航空券やホテルの予約の仕方についてまとめてみました♪
● イタリア個人旅行の作り方



イタリアの各町まとめガイド

今まで行ったことのあるイタリアの町ごとに、観光情報をまとめてあります。情報は、訪問当時のものなので、変わっている可能性もございます。ご注意下さいませ。
● 各町まとめガイド

各町まとめガイドは、10月以降、一時的に記事が見れなくなる可能性があります。詳しくはこちら

イタリア旅行お役立ち情報

イタリアツアー情報

当サイトはイタリアを個人旅行するための情報が多いので、パックツアーを考えている方のための別館を作ってみました。イタリアツアーの選び方や、おすすめイタリアツアーを紹介しています。
別館→イタリアツアー情報

旅行会話をマスターする!

せっかくイタリアに行くなら、イタリア語にチャレンジしてみましょう!イタリア語旅行会話の学習法や、おすすめのイタリア語学習教材、また、イタリア旅行で実際に使った旅行フレーズの紹介などをしています。

イタリア旅行おすすめ本

イタリア旅行に関するおすすめの本を紹介しています。おすすめガイドブックや、イタリア旅行前にぜひ読んでおきたい読み物、ちょっと小難しい文芸作品まで♪一覧にまとめてありますので、こちらからどうぞ↓

おすすめ旅行グッズ

イタリア旅行に役立つおすすめ旅行グッズをご紹介しています。ご参考までに、私がイタリア旅行の際に準備する持ち物リストの一覧も公開しています☆

イタリア旅行おすすめリンク

イタリア旅行に役立つサイトのリンク集を目的別に集めてみました。

カテゴリ

ブログランキング

参加中のブログランキングです。当ブログがお気に召していただけましたら、ぽちっとお願い致します☆

サイトについて

当ブログはリンクフリーです。サイトポリシーやお問い合わせ先についてはこちらからどうぞ。

検索フォーム

RSSリンクの表示

FC2カウンター