イタリア旅行記ブログ イタリア旅行は楽し

イタリア旅行大好きの管理人が、実際にイタリアに足を運んだ経験・情報に基づいて、イタリア旅行情報を発信してます。
旅行記や個人でのイタリア旅行のコツ、サッカー観戦情報もございます。

Top Page > イタリア旅行記2015(シチリア旅行記) > 3/5カルタジローネ1 ウェルカム・タイルがお出迎え

3/5カルタジローネ1 ウェルカム・タイルがお出迎え

<今回のイタリア旅行記メニュー>
カターニアからカルタジローネへ遠足

 カターニア7泊の2泊目の朝が明けた。

 これからのカターニア滞在は、待ったナシの、毎日遠足!である。もう、毎日毎日出かけまくるのである。あー忙し、忙しッ!(旅行なんだから楽しんで下さい)

 今年の旅行には、実は、我々に新しい装備が登場した。それは、(キラーン!)タブレットである!!!

 今やシニア世代にまでスマホが浸透しているこの時代に、姉も私も、ガラケーユーザーっ!時代遅れと呼ばれようと、ガラケーの本当にいいところ(基本料金が安い)を知っているので、ガラケーを裏切る気はない。だからガラケーも私を裏切らないで欲しい(=料金を値上げしないで欲しい)。

 しかし、旅行において、インターネット環境が身近にない、というのは不便と言えば不便である。とはいえ、ネットが普及する前は、人々は普通に紙の情報だけで旅行していたのだから、旅行できないというはずはないのだ。だが、人間は、便利なものが発明され、それが一般に普及すると、どうしてもそれがないのは不便だな、という感覚を抱いてしまうのだろう。

 …というわけで、ついに、姉がタブレットを購入した(ガラケーのことは裏切らない姉)。イタリアでは、ホテルやバールなど、フリーWiFiのゾーンが多いので、タブレットがあれば、かなり簡単にインターネット環境を手に入れることができる。

 今回、タブレットを最も使ったのが、天気予報サイトへのアクセスである。我々のような、歩き回る個人旅行者にとっては、天気というのは、かなり旅程を左右する。3月のイタリアというのは、ちょっとしたことで寒かったり暑かったりで、その寒暖の差も激しいため、洋服選びのためにも、天気予報を知っておくのは重要なのだ。

 今日の天気は残念ながら、にわか雨の多い予報。しかし、予想気温は12度と、そこまでは寒くない。カターニアから日帰り予定の町で、一番手軽に行けるのは、バスの便数が多く、カターニアからの所要時間も1時間半弱と、それほどかからないカルタジローネ。カターニアのバスターミナルなどにまだ不慣れなので、まずはカルタジローネに行ってみるのがよいだろう、と我々は結論した。

 カルタジローネ観光の一番のメインは、タイル張りの大階段。屋外にある観光地なので、本当は天気の良い日に行きたいのだけど、天気予報では、晴れ間が見える時間帯もある、とのことだったので、カルタジローネ行きは決行することとなった。

 カターニアから、他の町に行く長距離バス(イタリア語でプルマン)のほとんどは、カターニアの鉄道駅前から発着するが、カターニアの鉄道駅は、カターニアのドゥオーモなどがある中心からは、少しだけ遠い(徒歩で15~20分)。

 そこで、中心に宿泊した時に便利なのが、中心街の魚市場から近い、ボルセッリーノ広場にあるバスターミナルである。駅を出発したプルマンは、駅の次に、このボルセッリーノ広場に停車するものが多いので、この広場から乗ることができる。しかし、全てのプルマンがボルセッリーノ広場に止まるわけではない。

 カターニアからカルタジローネまで行くプルマンは、AST社とETNA社の2社が運行している。ETNA社のプルマンは、ボルッセリーノ広場にも止まることが公式サイトで確認できたのだが、ETNA社のカルタジローネ行きは、午前中の便がない。AST社なら、午前中に出る便があるのだが、AST社の公式サイトはかなりアバウトなので、ボルセッリーノ広場にも止まるかどうかが確認できなかった。

 というわけで、とりあえずボルセッリーノ広場まで行って、誰かに聞いてみるしかないよ!出たとこ勝負だよ!宿泊しているアパートメントは、ボルセッリーノ広場から近いので、この広場から発着してくれてたらかなりウレシイよ!

カターニア ボルセッリーノ広場
 こちらがボルセッリーノ広場。実は、これは、カルタジローネから帰ってきてから撮影した写真なので、時系列的には欺瞞だよ。

カターニア ボルセッリーノ広場
 こういう、いかにも窓口って感じのボックスがあって、どう見てもAST社の窓口ではなく、Interbus社とETNA社の窓口であるわけだが、なすすべもないので、ここで聞いてみるんだよ。

 窓口の中には、何だか強そうな若い女性がいた。ひるむな私!「すみません…AST社のカルタジローネ行きのプルマンには、この広場から乗れるのでしょうか?」と聞いてみると、「スィ(イタリア語でYes)」とのお返事。しかも、この窓口の目の前の道路に来るらしい。ついでに、切符もバス内で購入できることがわかった。他社のプルマンについて、教えてくれてありがとう!

 シチリアのバスが、イタリア本土のバスと一番違うのは、バス内で切符が買える場合が多いことだ。イタリア本土では、たいていはバス切符はタバッキや新聞スタンドでしか購入できず、バス切符をゲットするのに苦労することがある。この点では、シチリアの方が便利であった。

 女性がなかなか親切で、しっかりもしていたので、ついでに、他の遠足予定の町のプルマンについても聞いてみた。すると、ピアッツァ・アルメリーナ行きはこの窓口の後ろ側、モーディカ行きは窓口の前、と、なかなか複雑であった。シチリアのバスを乗りこなすのはなかなか難しいと、いろいろな方がブログなどで書いていたが、実にその通りである。しかし、後から訪問するパレルモの、バスライフの難易度の高さに比べると、カターニアはまだまだ序の口であった。

 では、あとは、9時半にカターニア駅を出発する(予定の)カルタジローネ行きのプルマンを待つのみである。駅からここボルセッリーノ広場までは、バスだと5分かからないくらいだろうから、時刻表通りであれば、9時35分くらいには来るだろう。

 シチリアのバスは、結構時間に正確だという情報を、あちこちで見かけただのが、私はその情報を、全く信じていなかった。おそらく、旅行者が「想像していたより正確」なだけなのだろう、と、根拠のない自信で断定していた。そして、やっぱり、カルタジローネ行きのバスは、しかるべき時間にはやってこない。

 この場合、単にバスが時間に遅れているだけであれば、別に構わないのだ。いずれは必ず来てくれるものであれば、辛抱強く待つ覚悟もあるさ。問題は、イタリアでは、「時刻表に書いてあるバスの便そのものが気まぐれに運休する」ことが、マレにあることだ。はじめから来るつもりがないものを待っているのだとしたら、それは実につらいことなのである。来るはずのないものを待つ切なさと言ったら、そのテーマで演歌が一曲作れるんじゃないかってくらいのものである。

 来るのかな…来ないのかな…そんな気持ちでバス停に佇み、バスがバス停に止まるたびに行先を確認するが、カルタジローネ行きは来ない。待つこと15分ほど、遠方に白いAST社のバスが見えた。姉は言った。「あれがカルタジローネ行きな気がする」。女の勘はスバラシイことよ(イヤ、私も女なのだが、私にこの能力はナイ…)!近づいてきたそのバスの行き先表示には「CALTAGIRONE」としっかり書いてあった。

 来ないかもしれない恋人を待っているような気分だった我々は、バスが近づいてきた時、つい手を叩いて喜んでしまった。それを運転席から見ていた運転手さんは、我々がバスの遅れに業を煮やしていたと勘違いしたのか、運転席から「遅れてゴメンネ」という風に、手を合わせた。イタリア人が、遅刻を悪いと思っているなんて、新鮮だった。ま、私も遅刻は悪だと知りながら遅刻する人間なので、イタリア人のことは言えないな…。

 さて、バスも無事に来たことだし、カルタジローネにGO!切符は車内で、往復で購入した。往復購入は割引があるが、未確認なのだけど、どうも当日中の往復にしか使えないようであった。切符は、ぴらぴらのレシートみたいなやつである。一枚で往復分なので、帰りのバスに乗るまで、しっかり保管しなければならない。

 カターニア発のプルマンのほとんどは、まずはカターニア空港に立ち寄り、それから各目的地に向けて分かれていく。カルタジローネは、内陸の町なので、ほとんど海は見えない。その代り、途中までエトナ山が見えていたのだが、本日はくもりがちな天気で、エトナ山は雲に隠れていた。

 その後は、一度大きなアウトレットのお店で停車した以外は、黄色い小花が広がる、のびのびとした高速道路を走り続ける。お花だねえ。春だねえ。時折、シチリアのイメージっぽい、荒々しい岩の大地が見えたりするが、トスカーナ地方やプーリア地方のような、やさしい丘陵っぽい風景が続くことが多く、それは予想外であった。

 カルタジローネに到着する前に、カルタジローネの隣り町っぽい町に止まり、その後、カルタジローネ内?でも何か所か停車したが、運転手さんいわく、最後まで乗っていればいいとのことだったので、最後に停車した、バスターミナルで降りた。カターニアからの所要時間は1時間半くらい。音楽を聴いていれば、アルバム一枚分プラスアルファくらいで着くから、(バス苦手な私にしては)楽勝であった。

 しかし、雨がー雨がー降っておるよー。天気予報で、雨がちであることは想定済みなのだが、想定済みであることは、実際に雨が降っていることの落胆を軽減しやしないのだ。このバスターミナルから、カルタジローネの中心街までは、そこそこ歩くんだよなー。

 ともあれ、1時間半もバスに乗ったんだから、まずはトイレに行くべきである(女性ならわかりますよね?この義務にも似た気持ち)。バスターミナルにはトイレがなかったが(もともと期待もしてない)、このバスターミナルのすぐ近くには鉄道駅があり、この駅のトイレが無料で使えて、そこそこ綺麗だったので(おそらく人が少なかったから)、便利であった。ちなみに、イタリアの駅のトイレは、待合室ではなく、ホームの方にある場合が多い。

 トイレに入っているうちに、雨は小ぶりになっていた。ビバトイレ!それでは、地図を見ながらカルタジローネの中心街に歩くよ!中心街は高台のほうなので、バスターミナルからは2kmほど上り坂を歩くのだが、昨年、ウルビーノとかコルトーナのような、必殺の坂(何ソレ)で鍛えられた我々にとっては、屁のような坂であった(下品な言葉づかいはヤメナサイ!)。

 ただ、途中で道を間違って姉に怒られたね。カルタジローネ係は私なんだよ。でもね、私は地図が読めない&悲劇的な方向感覚の持ち主なので、私が係になった町でも、最終的には姉が地図を握っているんだよ。…たった二人の姉妹だから…!(今回の旅行記、このフレーズ多いな…)

 カルタジローネは何と言っても陶器タイルの町。10分ほどゆるやかに上り続けると、まるでウェルカム・タイルみたいな陶器で飾られた、中心へと上る坂が見えてきた。

カルタジローネ

カルタジローネ
 私「わー。キレイだねー。陶器の町にようこそって感じだねー。観光地って感じで安心するねー(初シチリアに、まだおっかなびっくりの私)。これがタイルで飾られているとかいうサン・フランチェスコ橋だねー」

 姉「…は?」(と言って、地図を見直す)。「ちょっと待ってよ、これがサン・フランチェスコ橋なわけないでしょうが!そんな場所までまだ歩いてないでしょ!まだここは、中心街の入り口、ローマ通りだよ!何で、あんたはそんなに知ったかをするの!」

 ………うん、地図を見ると、全然これはサン・フランチェスコ橋じゃないし、むしろ間違う方がどうかしているってなくらい違う場所だね(そもそも橋でもない)。でもね、このウェルカム・タイルの道、綺麗だったんだよ!後でサン・フランチェスコ橋も見たけど、こっちの道の方が綺麗だったんだよ!
 
 この道を上り切った所には、州立陶器博物館があった。

カルタジローネ
 この博物館には入るつもりはなかったのだが、これ、建物そのものがすっごいキレイ!ちょっと写真ではわかりづらいかもしれないが、そもそも博物館の外装自体が、陶器タイルで飾られているのだ。建物自体がキレイなので、急に興味が沸いてきて、「後で時間があったら入ろう」と姉と言って、とりあえず前を通過したのだが、後で時間なんて、全然なかった…(時間というより体力が…)。

 で、さらに上って行って、本物のサン・フランチェスコ橋にさしかかったあたりで、雨が強くなり始めた。ので、「後で撮影すればいいや」と、サン・フランチェスコ橋を通り過ぎたのだが、もちろん、「後で撮影」する余裕なんかなかった(体力も気力も…)。旅行において、「後で」は禁物であることを学んだ、初春のシチリアよ。

 中心街の市庁舎あたりにたどり着いたころには、雨は本降りであった。しかも、風も吹いてきて寒い。とりあえず、ここまで来たら、カルタジローネ最大の見世物・陶器の大階段(スカーラ)が近いはずなのだ。だが、地球の歩き方の地図は、通りが小さくてわかりづらい。傘をさしながらウロウロしていたら、スカーラが見つかった。

カルタジローネ
 あっ!あれがスカーラじゃん!でも、何か撮影みたいなことしてるよ!(白装束っぽい人たちがモデルさん)

 マイクなどを使って、大掛かりな撮影が行われていた。撮影中に、階段を上っちゃダメって感じではなく、実際ちらほらと観光客もいたのだが、どうしても、すさまじいピンヒールで階段を上り、撮影にいそしむ人々が気になって集中できない。集中できないのヨクナイ。それに、雨も降っているし、階段の観光は後回しにして、先に昼食を食べることにした。

 雨と風が強く、なかなか寒いカルタジローネ。こんな旅行の序盤で風邪をひいちゃなんねえので、そこらへんのバールではなく、しっかりしたレストランに入ることにした。私がトリップアドバイザーで調べて、地球の歩き方に場所をマークしておいた、「Il Locandiere」というレストランに向かった。

 しかし、地球の歩き方の地図が小さいというのもあるが、カルタジローネは地図の見方が難しい町だ、と最初は思った。もうこの頃には、私に地図を見させることを諦めていた姉が、地図を見ながら道を進んで行ったのだが…レストランとかありそうにもない、民家や駐車場が立ち並ぶ広場に出た。シーン。ここ、どこよ?

 エライ私は、ちゃんとレストランの住所を控えてきた。Via Luigi Sturzoという通りにあるはずだ。しかし、姉は、「この地図だとさ、この通りにレストランはあるはずなんだよ。でも通り名が違うし、レストランなんかありそうもないんだけど」。

 しーん。雨が降り続くカルタジローネ。レストランにありつけずぽかーんとしている無力な観光客。それにしても寒いぜ。地元の人に聞くにも、そもそも人気のない駐車場…。仕方がないので、もう少し歩くと、地元のおじさんがいたので、道を尋ねることにした。

 「Il Locandiereというレストランを探しているのですが…」と聞いてみると、そのレストランは知らない、と言う。そこで、住所を見せてみると、「ああ、Via Luigi Sturzoなら、この道の上の方だよ」と教えてくれた。

 姉は不可解、あまりに不可解という顔をしていた。「上のハズはないんだよ。だって地図を見てごらんよ」。…しかし、なすすべがない…ので、とりあえず、おじさんが言った通りに、上の方に歩いてみた。すると、その道を若い女の子が歩いていたので、この女の子にも聞いてみると、「もしかしたら魚料理のレストラン?いずれにしろ、Via Luigi Sturzoなら今から向かっている方向だから、一緒に行こう!」と言ってくれた。

 そして、この女の子も上に上に上って行く。姉は「おっかしいなあ…」とつぶやきながらも、「まあ、中心の方に戻ってるから、どこか食べるところは見つかるだろ…」と言う。気さくなこの女の子に、今回の旅程を説明しながら歩き、彼女はちょっと広い通りに出たところで、「ここがVia Luigi Sturzoだよ。あの赤いお店が一応レストランなんだけど」と指さした。そして、それがまさしく「Il Locandiere」であった!

 女の子にお礼を言って別れた。姉は、「これ、確実に地図(のマーク)が間違ってるよ」と言う。私は「えー。きっとトリップアドバイザーの地図が間違ってるんだよ。私、慎重に確認したもん」と、答える。実際、トリップアドバイザーの地図は間違っていた前科が何度もあるので、今回もそのせいにしたが、後で確認してみたら、濡れ衣だった。トリップアドバイザーの地図は正しく、それを転記した私が間違っていた。ごめん、トリップアドバイザー。

 お店に入った頃には、我々は冷え切っていた。雨と風のダブルパンチはキツイ。雨でぬれた服や靴に、風が吹き付けてきて、寒さを何乗にも増幅させていくのである。冷たい前菜の皿は食べる気にもならなかったのだが、「Antipasuto Caldo」と言う、イタリア語で「あったかい前菜」という、直球勝負のネーミングの皿があったので、ソッコー頼んだ。我々を温めておくれよ。

カルタジローネ
 すると、その「あったかい前菜」が、ひっじょーに美味しかったのであるよ!海鮮レストランだけあって、ソーセージも魚味だったよ!

カルタジローネ
 海鮮ミックスのアーモンドパスタも、アーモンドが効いてて美味しい!

カルタジローネ
 一番美味しかったのは、この、イワシとフィノッキオとリコッタ入りのパスタ。もちもちしていて美味しかった!時々、イタリアで食べるイタリアンよりも、日本で食べるイタリアンの方が口に合うという人がいるけど、私はやっぱり断然、イタリアで食べるイタリアン派だなあ!

 このお店は、味が美味しいだけでなく、若くて初々しいウェイターさんが、微笑ましいほど親切であった。私がトイレに立った時、さりげなく目の端で、私がトイレの電気をきちんと点けられるかを見ていた。私がちゃんと自分でスイッチを発見できたのを見て、彼が「よし」と言うふうに指を動かしたのを、わたしはさりげなく目の端で見ていた(どっちがどっちを観察してるんだかわからんな…)。

 非常に美味しかったので、デザートまで食べたかったのだが、何せ、ここまで全くカルタジローネ観光ををしていない。まだシチリア2日目、謙虚極まりない我々は、暗くなる前にカターニアに帰りたかったので、デザートを食べる時間を節約して、町歩きを始めることにした。

3/5カルタジローネ2 冷たい雨の後には虹! に続く

イタリア旅行は楽し♪トップページへ

スポンサーリンク

Home

プロフィール

辺獄

Author:辺獄
貧乏なくせに、イタリア旅行というお金のかかる趣味を持ってしまった、「イタリア旅行貧乏」です。旅行は楽し♪びんぼーも楽し♪がモットーです!
ついでにイタリア語も楽し♪
好きなイタリアの画家はボッティチェリ!

(limba→辺獄へ和訳改名しました!)

サイト修復中のお知らせ

当ブログは、記事が増えすぎたため、旅行記と本の感想以外の、イタリア旅行の実用的な情報記事を、新サイトにお引越しする作業を行っています。

引っ越し作業中は、お見苦しい箇所も出てきてしまうと思いますが、何とぞご容赦くださいませ。

新サイトはこちらです
辺獄のイタリア旅行おすすめ情報
辺獄のイタリア旅行おすすめ情報

新サイト完成後も、こちらのブログは、旅行記ブログとして存続しますので、よろしくお願い致します!

最新記事

イタリア旅行記

イタリア個人旅行の作り方

イタリアを個人で旅行する場合の、旅程の立て方や、航空券やホテルの予約の仕方についてまとめてみました♪
● イタリア個人旅行の作り方



イタリアの各町まとめガイド

今まで行ったことのあるイタリアの町ごとに、観光情報をまとめてあります。情報は、訪問当時のものなので、変わっている可能性もございます。ご注意下さいませ。
● 各町まとめガイド

各町まとめガイドは、10月以降、一時的に記事が見れなくなる可能性があります。詳しくはこちら

イタリア旅行お役立ち情報

イタリアツアー情報

当サイトはイタリアを個人旅行するための情報が多いので、パックツアーを考えている方のための別館を作ってみました。イタリアツアーの選び方や、おすすめイタリアツアーを紹介しています。
別館→イタリアツアー情報

旅行会話をマスターする!

せっかくイタリアに行くなら、イタリア語にチャレンジしてみましょう!イタリア語旅行会話の学習法や、おすすめのイタリア語学習教材、また、イタリア旅行で実際に使った旅行フレーズの紹介などをしています。

イタリア旅行おすすめ本

イタリア旅行に関するおすすめの本を紹介しています。おすすめガイドブックや、イタリア旅行前にぜひ読んでおきたい読み物、ちょっと小難しい文芸作品まで♪一覧にまとめてありますので、こちらからどうぞ↓

おすすめ旅行グッズ

イタリア旅行に役立つおすすめ旅行グッズをご紹介しています。ご参考までに、私がイタリア旅行の際に準備する持ち物リストの一覧も公開しています☆

イタリア旅行おすすめリンク

イタリア旅行に役立つサイトのリンク集を目的別に集めてみました。

カテゴリ

ブログランキング

参加中のブログランキングです。当ブログがお気に召していただけましたら、ぽちっとお願い致します☆

サイトについて

当ブログはリンクフリーです。サイトポリシーやお問い合わせ先についてはこちらからどうぞ。

検索フォーム

RSSリンクの表示

FC2カウンター