イタリア旅行記ブログ イタリア旅行は楽し

イタリア旅行大好きの管理人が、実際にイタリアに足を運んだ経験・情報に基づいて、イタリア旅行情報を発信してます。
旅行記や個人でのイタリア旅行のコツ、サッカー観戦情報もございます。

Top Page > イタリア旅行記2014 > 3/16フィレンツェ8 バッカスルール始めました

3/16フィレンツェ8 バッカスルール始めました

<今回のイタリア旅行記メニュー>
●ウッフィツィ美術館

 フィエーゾレから帰ってくると、時間は17時前くらいであった。

 今日はフィエーゾレ遠足にも行ったので、母はレジデンスに戻って休憩。

 姉と私は、この時間から、フィレンツェで遊べる場所はどこかな?と、地球の歩き方をめくったが、結局ウッフィツィ美術館に入ることにした。

 …って、おととい入ったばっかりじゃんよ!というツッコミが聞こえてきそうだが、フィリッポ・リッピ大好きの姉と、ボッティチェリ作品をはじめルネサンス作品大好きの私にとって、ウッフィツィ美術館は、いついかなる時でも入りたい美術館なのである。ていうか、いつか、丸一日ウッフィツィ美術館に籠りたいよ。

 ウッフィツィ美術館と言えば、行列ができる美術館で有名である。ある程度、人数制限をしなければ、中の混雑が大変なことになってしまうのだろう。この行列をすっ飛ばして中に入るには、4ユーロ払って、予約をすることである。

 ちなみに、この予約は、行列に並んでから、「あー、やっぱこの行列に並ぶのやだわー」と思ったら、その場で予約することもできるらしく、行列から見えている電光掲示板でその旨を案内している。

フィレンツェ ウッフィツィ美術館
 この掲示板。「この行列をスキップしたくない~?」と、誘惑してくる。

 この誘惑に負けた場合は、一度この行列から離れて、ロープで仕切られている、もう一方の(おそらく)空いている入口から中に入り、当日の予約できる時間帯があれば、4ユーロ支払って予約すればいいようだ。場合によっては、すぐ入場できることもあるだろうし、後ろの時間帯しか開いていない場合は、予約だけしておいて、予約の時間まで、フィレンツェの他の場所で遊んでおけばよい。
 
 このシステムだと、4ユーロは予約代というよりは、「行列をすっ飛ばすための価格」って感じである。まあ、私はシーズンオフの冬季にしかフィレンツェに来ることがないから、予約しなくても、行列に並びながらガイド本でも読んで、ウッフィツィ美術館の予習をするのがちょうどいいのだが、観光シーズンの夏季には、ディズニーランドの人気アトラクション並みの待ち時間になるのかもしれない。

 ちなみにこの日は日曜日なので、おとといよりは行列が長くて、待ち時間は20分と案内されていたが(さっきの電光掲示板)、実際は10分くらいで中に入ることができた。相変わらず荷物検査では、ポーンと音が鳴ったのだが、いつものように係員さんは「気にするな、気にするな」と中に入れてくれた。日本人観光客女性ってのは、信用されすぎである。我々がキャッツ・アイ姉妹だったらどうするのよ~?(ありえません。キャッツ・アイはナイスバディです。知らない方のために、キャッツ・アイは美術品ドロボウです)

フィレンツェ ウッフィツィ美術館
 こちらは、おそらく、夕方から入場する客へ向けた貼り紙。要するに「ウッフィツィ美術館は18時50分に閉まるから、35分くらいからは退館する準備をしやがれ☆」と書いてある。

 多くのイタリア人が、もっともテキパキと働くのは、美術館などを閉める準備をする時だと思う。あんなに時間にルーズな人たちが、こういう閉館時間だけは時間ピッタリに、時には時間より早く閉めてしまうのだ。定時に帰りたいんだね。私はどちらかというと…このイタリア人たちの気持ちがわかる方の人間である(怠け者ではなく、プライベートな時間を大事にする人間だということにしておいて下さいっ!)。

 入場したのは17時半前だったので、実質、一時間くらいしか鑑賞できない。そこで、姉と分かれて、18時半にカラヴァッジョの部屋で待ち合わせることにした。

 とりあえず一時間しかないので、今回は、ジョット達など、ルネサンス以前の作者さんたちの部屋はすっ飛ばして、フィリッポ・リッピ作品の絵がある部屋から入った。ウッフィツィ美術館は、長ーいコの字型の廊下から、ギャラリーに出たり入ったりできるので、場所を覚えると、途中を省略したり、元の場所に戻ったりが簡単にできる。

 私は、一つの絵を長ーく見続けるのが好きなので、ウッフィツィ美術館では、大好きなボッティチェリの部屋にはかなり居座ってしまうことが多い。今回は、一時間しかないので、断腸の思いでボッティチェリの部屋は短めの滞在で引きあげた(とは言っても15分はいましたけどね!)。

 今回、私の心に新しく響いたのは、ペルジーノ!日本では、ラファエロの先生として知られる画家さんで、本人の作品は、それほど有名ではない。「ラファエロの初期作品は師・ペルジーノからの影響が強いが、レオナルド・ダ・ヴィンチやミケランジェロの影響を受けてからの中期以降の作品が素晴らしい」というように、弟子のラファエロに超えられてしまった画家として語られることも多い。

 ペルジーノの作品が、ルネサンスの三巨匠と呼ばれるミケランジェロ、レオナルド・ダ・ヴィンチ、ラファエロなどに比べて評価されないのは、それほど独創性がないこと、聖人たちがただ並んでいるだけの平凡な宗教画が多いこと、そのためか似たような構図が多いこと、弟子の手が入っているせいか作品の出来不出来の波が激しいこと…などが上げられるだろう。つまり、ルネサンス期の大きなキーワードである、「人間理性の目覚め」を感じさせるような作風ではないのである。

 しかし、こういった「評価」と、作品が「好き」かどうかは、また別問題である。作品の出来に波があるため、ペルジーノ作品を見ても「こんなもんかー」と思うことが多かったのだが、数年前、フィレンツェのサンタ・マリア・マッダレーナ・デ・パッツィ修道院にあるペルジーノ作の壁画を見て以来(この絵はペルジーノの傑作のひとつと言われる)、ペルジーノさん結構好きかも…と感じるようになったのだ。

 ウッフィツィ美術館のペルジーノ作品は、レオナルド・ダ・ヴィンチの受胎告知の近くにある。気に入った作品が2つほどあった。

フィレンツェ ウッフィツィ美術館
 まずこちらは…聖母子と洗礼者ヨハネと聖セバスティアヌス(館内は写真撮影禁止なのでこちらはポストカード)。構図そのものは、人物が、単調に並んでいるだけで、あまり目を惹かない作品かもしれない。

 しかし、左側の洗礼者ヨハネの表情が、深みがあり、聖人らしい慈愛というか、包容力というか、ペルジーノらしい、俗っぽく言えば「やさしさ」を感じる。

 そして、もっと俗っぽいことを言うと、聖母マリアがすっごく美人なのである!ペルジーノに影響を受けているというラファエロの初期作品にも見て取れるように、ペルジーノの描く女性や中世的な男性は、伏し目がちで、口が小さい…ややおちょぼ口という特徴がある。この顔つき、私は結構好きなのだ。

 そして、あのレオナルド・ダ・ヴィンチの「受胎告知」の左側にあり、あまり観光客が目を向けていないところにも、気に入ったペルジーノ作品があった。主題は「ピエタ」で、息を引き取ったイエス・キリストの身体を、聖母マリア、マグダラのマリア、使徒ヨハネなどが支えながら悲しんでいる。(ポストカードは残念ながら販売していなかった。画像を見たい方は、イタリア語版Wikipediaで見れます)

 こちらも、構図的には、それほど目を引くものではない。中心でイエス・キリストの身体を支える聖母マリアが虚ろな表情をしていて、あまり、子供の死に面した母親の感情が表現できていないようにも思える。

 しかし、左右でイエス・キリストの死を悲しんでいる使徒ヨハネとマグダラのマリアの、美少年・美少女が、これまた俗っぽい言い方だが、あまりにもかわいらしいのである。「ピエタ」の場面には、よく描かれる両者だが、このペルジーノ作品では、他の同主題の作品に比べて、非常に二人が年若く見える。

 その分、聖人が神の子の死を悼む、というより、あまりまだ死の意味を深くはわかっていない普通の少年・少女が、慕っている人の死を、ただただ純粋に悲しんでいるような、ピュアさが全面に出ているように感じた。よくよく見てみると、二人の目の下には、涙も描かれているのだ。

 しかし、泣いているのに、表情は崩れていない。その分、泣こうとして泣いていないというか、涙はただただ流れているというか…。人が感情を表に出す時は、程度の差はあるが、おそらく他者の目を意識している。自分の感情を、誰かにわかってもらおうという気持ちが、どこかにある。そういう他者の目をほとんど意識しない、純粋な感情…若さゆえのイノセンスのようなものを、この絵に描かれた二人から感じた。「ピエタ」という主題とは全然関係ないことかもしれないが。

 ちなみに、この作品、レオナルドの「受胎告知」の左隣にあるため、「受胎告知」に人が集まってしまっている時は、非常に見づらいが、「私だけのペルジーノ!」とか思いながら独占することはできる(それがどうした)。

フィレンツェ ウッフィツィ美術館
 廊下から、ヴェッキオ橋と夕焼けが見えたのでパチリ。この廊下部分から、外の風景を撮影するのはOKである。ウッフィツィ美術館は、アルノ川近くに位置するので、ヴェッキオ橋の眺めが素晴らしい。

 2日前には母がカフェに入りたいと言った。このカフェからは、ヴェッキオ宮がしっかり見えるし、ドゥオーモのクーポラも見える。ただ、あまり高さがないので、フィレンツェ全体のパノラマとまではいかない。このカフェは、コーヒーなどもまずまず飲める味であった。バチカン美術館のカフェは、それはそれはヒドイ紅茶が出てきたからね!

 さて。2年ぶりに来たウッフィツィ美術館は、いろいろと展示場所が変わっていた。一番大きいのは、上の階(最初に鑑賞する階。3階にあたる)の、ミケランジェロ作品の近くに置かれていたラファエロ作品が、下の階に移動したことだ。

 2014年秋に上野の東京都美術館で催行された、「ウフィツィ美術館展」に合わせて特集が組まれた芸術新潮 2014年 10月号によると、下の階での展示が始まったのが2004年で、それからずーっと拡張工事が続けられているため、展示の場所がいろいろ変更になるのだそうだ。なので、ここで紹介している場所も、また変更があるかもしれないので、ご注意を。

 下の階に降りて、左手側には、イタリア以外の芸術家の作品が主に集められていた。そのエリアで、今回じっくり見たのは、エル・グレコ!

フィレンツェ ウッフィツィ美術館
 「福音書記者聖ヨハネと聖フランチェスコ」(ポストカード撮影)
 
 エル・グレコは、マニエリスム期の画家さんに分類されるが(ルネサンスの後の時代)、同時代の画家さんたちに比べ、かなり斬新な画風である。マニエリスム期は、自然的・理性的な芸風が好まれ、よく絵画の黄金時代とも言われるルネサス期の後の時代なので、前の時代の芸風から脱却するためか、やや大げさで奇をてらったような絵も多く描かれる。

 しかし、だからと言って、ルネサンス期の作品と比べて、素人が見て大きく違うような…実際の世界を模写するより自分の世界観を自由に描いているような、人物表現が現実の人間からかけ離れている作品は、それほど多くない(と私は思う)。

 そんな同時代の作品と比べて、エル・グレコの絵柄は、あまりにも自由である。現実の人間とは思えないくらい色白のヨハネに、そのままアニメーションとして動き出しそうなくらい、リアリティのない(つまり現実の人間には見えない)フランチェスコ。そして、何か、大きな出来事がこれから起こりそうな、ちょっと落ち着きのない背景の空。空の色も、まるでアニメーションのように変わって行きそうな雰囲気である。一言でいえば、劇的である。

 エル・グレコの作品は、私みたいな素人でも、一目で「あ。エル・グレコだ」とわかってしまう。エル・グレコが生きた時代は、まだそういう時代ではないはずなのだけど、まるで、パトロンに頼まれて描いているのではなく、自分の芸術表現のために描く、現代の芸術家さんみたいだ。

 ちょいと前に、日本でエル・グレコ展があり、代表作のひとつ「無原罪のお宿り」も来日し、結構エル・グレコ好きだな、と思った。そういうテーマではないはずの宗教的場面を描いているのに、何か、人を不安にさせるような、不穏な雰囲気が漂っているのが良い(こういうのが好きな、中二病から卒業できないワタクシ)。いつか本場のスペインに行ってみたい。スペイン行ったらムリーリョも見たい。スペインの話終わり。

 さて、最後に姉と、カラヴァッジョのバッカスの前で待ち合わせ。

ウッフィツィ美術館
 「まあ、飲めよ」と言わんばかりの、ほろ酔いのバッカス。衣服がはだけているのが、酔っぱらいの露出狂オヤジのようだ。(もちろんこの画像もポストカード)

 バッカスはギリシャ神話のディオニュソスと同一視される神で、本来はイケメンと言われているらしい。バルジェッロ国立博物館にあるミケランジェロのバッカスは、結構なイケメンである。

 しかし、このカラヴァッジョ作のバッカスが強烈すぎて、私にとって、バッカスは酔っぱらいオヤジみたいなイメージになってしまった。このバッカス、よくよく見ると、爪が紫色で、お酒を飲むだけじゃなくて作ってるんだよ、働いてるんだよ、という地味なアピールがあるのだが。爪が葡萄の色に染まるといえば、林真理子の葡萄が目にしみる (角川文庫)を思い出すなあ。

 そんなバッカスなのだが、ヤツの前に立つと、何だか脱力してしまう。まあ、私は普段から脱力気味の人間なので、これ以上脱力する必要はあまりないのだが、肩の力を抜く必要があることも時にはある。それは、ケンカしている時である。

 姉と私は、どちらも我が強いので、必ず旅行中にケンカをする。そんな時に、このバッカスを見て、力を抜いて、ケンカをやめたらどうか。そんな「バッカスルール」を始動するため、このバッカスのポストカードを購入して帰った。来年以降、旅行には携帯せねばなるまい。

 さて。ウッフィツィ美術館近くのバールで、こんなものを見つけた。

フィレンツェ おむすび
 …私は、よく旅行記の中で、「イタリア旅行終盤におにぎりが無性に食べたくなる!」と書いてますけどね、本当にイタリアでおにぎりに出会うことになろうとは…。「おにぎり始めました」という微妙に笑えるニュアンスの日本語といい、コレ、確実に日本人が販売に絡んでるだろ…!

フィレンツェ おむすび
 お店の人に許可を頂いて、撮影したおにぎり。一種類しかなかったが、「とりめし」である。実は、このバールに行ったのは、2日前のウッフィツィ美術館訪問時だったので、傍らにいた母が、「買って帰ろうよ!」と言い出した。姉と私は、懐疑的ではあったが、食べて後悔せよ!の精神で(食べ物に関することにこの精神を適用したら、痛い目に遭う可能性があるのでやめた方がいいよ!)、購入した。

 お味は、きちんとだしが効いていて、絶対コレ、日本人が絡んでるな!という味であった。残念なのは、どうしても、米が日本米ではなく、硬かったことかな。だから、とりめしとかにしないと、白米でのおにぎりは作れないのかもしれない。だが、おにぎりの精神(何それ)から大きく外れたものではないので、フィレンツェでおにぎりへのノスタルジアに駆られた場合は、おすすめしたい。ウッフィツィ美術館とヴェッキオ宮に挟まれた通りにあるバールである。

 家への帰り道、レプッブリカ広場の老舗カフェ・ジッリで「ウンカフェ(=立ち飲みエスプレッソ)」した。

フィレンツェ
 バリスタさんはコーヒーアートを作ってくれて、左のカップを指さし「チイサイノ」、右のカップを指さし「オオキイノ」と言ってウィンクした。…日本人観光客向けの持ちネタだな。まあ、楽しそうだからヨイのだ。

 明日はいよいよ、観光最終日である。いやー、今年の旅行記は、書くのに長い時間を費やしたなあ…(まだ終わってませんよ!)

3/17フィレンツェ9 楽園を出てルネサンスへ行こう!へ続く

イタリア旅行記2014もくじ

イタリア旅行は楽し♪トップページへ

スポンサーリンク

Home

プロフィール

辺獄

Author:辺獄
貧乏なくせに、イタリア旅行というお金のかかる趣味を持ってしまった、「イタリア旅行貧乏」です。旅行は楽し♪びんぼーも楽し♪がモットーです!
ついでにイタリア語も楽し♪
好きなイタリアの画家はボッティチェリ!

(limba→辺獄へ和訳改名しました!)

サイト修復中のお知らせ

当ブログは、記事が増えすぎたため、旅行記と本の感想以外の、イタリア旅行の実用的な情報記事を、新サイトにお引越しする作業を行っています。

引っ越し作業中は、お見苦しい箇所も出てきてしまうと思いますが、何とぞご容赦くださいませ。

新サイトはこちらです
辺獄のイタリア旅行おすすめ情報
辺獄のイタリア旅行おすすめ情報

新サイト完成後も、こちらのブログは、旅行記ブログとして存続しますので、よろしくお願い致します!

最新記事

イタリア旅行記

イタリア個人旅行の作り方

イタリアを個人で旅行する場合の、旅程の立て方や、航空券やホテルの予約の仕方についてまとめてみました♪
● イタリア個人旅行の作り方



イタリアの各町まとめガイド

今まで行ったことのあるイタリアの町ごとに、観光情報をまとめてあります。情報は、訪問当時のものなので、変わっている可能性もございます。ご注意下さいませ。
● 各町まとめガイド

各町まとめガイドは、10月以降、一時的に記事が見れなくなる可能性があります。詳しくはこちら

イタリア旅行お役立ち情報

イタリアツアー情報

当サイトはイタリアを個人旅行するための情報が多いので、パックツアーを考えている方のための別館を作ってみました。イタリアツアーの選び方や、おすすめイタリアツアーを紹介しています。
別館→イタリアツアー情報

旅行会話をマスターする!

せっかくイタリアに行くなら、イタリア語にチャレンジしてみましょう!イタリア語旅行会話の学習法や、おすすめのイタリア語学習教材、また、イタリア旅行で実際に使った旅行フレーズの紹介などをしています。

イタリア旅行おすすめ本

イタリア旅行に関するおすすめの本を紹介しています。おすすめガイドブックや、イタリア旅行前にぜひ読んでおきたい読み物、ちょっと小難しい文芸作品まで♪一覧にまとめてありますので、こちらからどうぞ↓

おすすめ旅行グッズ

イタリア旅行に役立つおすすめ旅行グッズをご紹介しています。ご参考までに、私がイタリア旅行の際に準備する持ち物リストの一覧も公開しています☆

イタリア旅行おすすめリンク

イタリア旅行に役立つサイトのリンク集を目的別に集めてみました。

カテゴリ

ブログランキング

参加中のブログランキングです。当ブログがお気に召していただけましたら、ぽちっとお願い致します☆

サイトについて

当ブログはリンクフリーです。サイトポリシーやお問い合わせ先についてはこちらからどうぞ。

検索フォーム

RSSリンクの表示

FC2カウンター