イタリア旅行記ブログ イタリア旅行は楽し

イタリア旅行大好きの管理人が、実際にイタリアに足を運んだ経験・情報に基づいて、イタリア旅行情報を発信してます。
旅行記や個人でのイタリア旅行のコツ、サッカー観戦情報もございます。

Top Page > イタリア旅行記2014 > 3/11コルトーナ2 凝視はできない至宝だよ

3/11コルトーナ2 凝視はできない至宝だよ

<今回のイタリア旅行記メニュー>
●サンタ・マリア・ヌオヴァ教会
●エトルリア・アカデミー博物館

 中世の家と、教区博物館という、コルトーナ2大イベントを済ませた後、アパルトメントでお昼ご飯を食べることにした。

 アパルトメントのオーナーの娘さん・サラが教えてくれた、お菓子やパンなどを売っている、老舗のカフェが、ナツィオアーレ通りにあったので、行ってみた。

コルトーナ
 「Pasticceria Banchelli」というお菓子屋さん&カフェ。ここで、惣菜パンと、食後のデザートを調達した。

コルトーナ
 アパルトメントに帰り、野菜スープを作って、軽いランチにした。なかなか美味しかった!

 お昼ご飯を食べてから、母は少し休憩すると言うので、姉と、ちょっとコルトーナ旧市街を脱出することにした。

 というのも!我々は、コルトーナの、旧市街を南に下ったところにある(カムーチャ駅から上ってくる路線バスから見える)、ルネッサンス様式の丸屋根がある、サンタ・マリア・デッレ・グラツィエ・アル・カルチナイオ教会という、世界史とかで覚えなければならない用語だったら、泣けてしまうぜって感じの名前の教会を楽しみにしていたのだが、アパルトメントのオーナーの娘さん・サラによると、今、工事中で閉まっているということだった。
 
コルトーナ
 こちらが、コルトーナのバス乗り場から見下ろした、サンタ・マリア・デッレ・グラツィエ・アル・カルチナイオ教会。トスカーナの丘上都市は、丘の下の方に、こういう美しい教会があることがある。丘の上の「都市」と、丘の下の「農村」を、精神的につなぐ役割を果たしているのだろうか、と思ったり。

 さて、残念がっている我々に、サラは続けた。「ちょうど反対の北側に、そっくりの外観をした教会があって、その教会は、旧市街から歩いてすぐだし、おすすめよ」。ナニッ?ビバ!現地情報!地球の歩き方には、地図にも載っていない教会だが、コルトーナのインフォメーションが配布している観光地図には、見どころとして、ちゃんと掲載されている。というわけで、行ってみるよ!その名は「サンタ・マリア・ヌオヴァ教会」!

 レプッブリカ広場から、北の方に上って行くDardano通りを上り、城壁を出ると、景色は一変した。

コルトーナ
 このような、田舎道を通って…

コルトーナ
 開けるのは、目がよくなりそうなトスカーナの緑の風景っ!モンテプルチャーノ周辺のキアーナ渓谷に雰囲気が似てるなあと思ったが、ここらへんもキアーナ渓谷に含まれるのかなあ。

コルトーナ
 大した距離は歩いてないのに、旧市街が遠くに見える。
 
 途中で、大掛かりな工事をしている場所があって(木を切ってた?)、我々が横を通る時、大騒ぎして工事を中断していた。というか、一日に、この道を通る人はいったい何人いるのだろうか。

 そして、目の前には、ルネッサンスの丸屋根の教会が、現れた。アラ、カワイイ!

コルトーナ
 サンタ・マリア・デッレ・グラツィエ・アル・カルチナイオ教会が、青白い感じで寒色系なのに対し、こちらは薄ピンクとベージュがかった暖色系。場所も町の北側と南側だし、対を為してるって感じだ。

 さて、どこから教会内に入るのかな…と見回してみると、残念ながらドアが閉まってる。あーれーと思ったが、よく見てみると、ガラス張りになっている。中を見てくださいってことかね?でも暗くてよく見えないんだな。

 だが、入口の左の方に、手書きで「Oferta(要するに「金よこせ」というイタリア語)」と書いた箱がある。まさかとは思うが、点灯マシン?と思い、ダメ元で、適当に小銭整理もかねて、セント銭を入れてみると(たぶん1セントとか2セント…)、灯りが点いた!コインの重さに反応して点灯するマシンなのかもしれない。つまり、1、2セント分だけの時間、点灯してくれるってこと?…よく分かりませんでしたッ!

コルトーナ
 ガラス越しではありますが、中はこんな感じでございましたよ。

コルトーナ
 何か良さそうな絵があるんですけどねー。何せガラス越しな上に遠目なので、あんまり見えないでありますね。でも、一期一会で、ちょっとだけでも見えてヨカッタでありますね。

 教会近くに、教会の説明書きがあったので、読んでみると、この教会は、16世紀にヴァザーリが設計したものらしい。ヴァザーリっ!?もう一度ちゃんと見てみると、やっぱりジョルジョ・ヴァザーリって書いてある。へー。ヴァザーリみたいな有名人が作った、なかなか素敵な教会なのに、ガイドブックには載っていないのねー。まさしく穴場スポットって感じだ。

コルトーナ
 正面から見るのが、一番かわいい角度かも!教会もかわいらしいし、教会にたどり着くまでの田舎道からは、コルトーナ周辺の、穏やかなトスカーナ風景のパノラマが見られるので、時間がある人は、ぜひ足を運んでほしい教会である。

 さて、教会を見た後は、来た道をゆっくりと上り、また、工事現場の所で、「人が通るぞー!」と、工事のおじさんたちが大騒ぎする中を通り、旧市街に戻った。

コルトーナ

コルトーナ
 かわいらしい旧市街の小道。イタリア中部の、丘の上にある旧市街ってのは、本当に素敵な町が多い。それぞれの町が、似ているけどどこか違う個性があるのも魅力である。コルトーナは、かわいくて、やや元気な印象だった。小道に入ると静かだが、メインストリートでは、ヒマオヤジや、おばさまがそれぞれ輪を作って、それは楽しそうに、おしゃべりにいそしんでいた。

コルトーナ
 コルトーナの中心である、市庁舎のあるレプッブリカ広場は、いつ通っても、必ずヒマオヤジ達がその前にたむろっている。もはやヒマオヤジ達は、広場の一部なのではないかという感じだ。

コルトーナ
 ここは、我々が宿泊しているアパルトメントだが、左上の方にある、赤とグレーの衣服は、我々の洗濯物であるっ!

 イタリアのホテルでは、洗ったものを干す場所を探すのに苦労することが多いのだが、このアパルトメントは、窓外に干す場所があったので、イタリア人がよくしているみたいに、洗濯物を干してみたのだ。本当は滑車とかがついていて、使い勝手がよいはずなのだけど、よくわからなかったので、手が届く範囲にだけ干してみた。初窓際干し記念である。ちなみに、イタリアの洗濯物は、日が暮れようが何だろうが、いつまでもずーっと干してあるのをよく見かける。

 さて、ここで母もアパルトメントから出てきて、次は、エトルリア・アカデミー博物館に行こうかね!

コルトーナ
 この、市(イチ↓)の奥にある右手の建物がエトルリア・アカデミー博物館。通称「MAEC」という、秘密結社みたいな略称で呼ばれている。ちなみに、この夕方の時間には、もう市は終わっている。つまり、この写真は、朝、ここを通りかかった時に撮影した、欺瞞の写真である。入館する前に、外観を撮影するのを忘れたんだよ。

 エトルリア・アカデミー博物館は、その名の通り、コルトーナ周辺で発掘された、エトルリア遺跡物を主に展示している。

 エトルリア人は、ローマがイタリア半島で勢力を広げる前に、イタリア中部、現在のトスカーナ、ウンブリア地方を中心に、栄えていた文化を作った人たちである。ただ、中部イタリアが中心ってだけで、その遺跡は、北はボローニャ、南はサレルノらへんまでの範囲で見つかっているそうだ。

 私は、このエトルリア人にちょいと興味が出てきて、イタリアにエトルリア関係の本を持ってきた。日本で(おそらく)一番読みやすいエトルリアの本である、文庫クセジュというシリーズのエトルリア人―ローマの先住民族起源・文明・言語 (文庫クセジュ)という本。

 で、この本を読んでからこの博物館に入れば、実に興味深かったのだろうが、行きの飛行機では、グーグー寝てしまい(何てったって、前日慌てて準備したせいで、1時間しか寝てないからな…)、結局、本を読んだのは、帰国の飛行機の中だった。

 この博物館、入館料10ユーロと(教区博物館との共通券は13ユーロ)、イタリアの博物館の中では高額である。それもそのはず、中に入ると、かなりお金がかかったつくりで、ハイテクで凝っていた。イタリアでハイテクなものに出会うのは、なかなかレアな経験なのである。

 受付の人に、写真を撮っていいかと聞くと、ノーとのお返事だった。後で思えば、コレ、「荷物を預けてよいか?」という質問と間違えられていた気がする。写真ダメの表示はどこにもなかったし、写真撮っちゃいけない理由がありそうな展示物もなかった。

 中の展示は、先史時代の化石→エルトリア遺跡→なぜかルネサンス期以降の絵画という順番になっていた。…いやあ、つくづく、エトルリアの本を読んでから入るべきだったね!発掘物そのものはおもしろいのだけど、そこに書いてあるイタリア語の説明版を、パッと読める程の語学力もないため、「ふーん…」と言いながら、眺める感じになってしまった。

 エトルリア文化って、古代ギリシャと交流があったため、エトルリア遺跡から、ギリシャ神話モチーフの絵が描かれたツボや皿が発見されている。この博物館に展示されている皿は、真ん中に、サザンの桑田をさらにうさんくさくしたようなオヤジが、あっかんべーをしている絵が描かれているものが、いくつもあった。変なおっさん、変なエトルリア文化、と思ったが、説明書きを読んでみると、このおっさんは、実は女子だった。ギリシャ神話のゴルゴンだった…。

 それから、ギリシャ文字に影響を受けた、独自のエトルリア文字があったりするらしい。しかも、このエトルリア文字、解明されていないらしいのだ。いやー、解明されていない文字って、それだけでロマンだよ、ロマン!

 このハイテク博物館は、3Dで楽しめるスペースがあったのだが、そこはさすがイタリアで、3Dの画面はつかなかった。しかも、工事をしてハイテク博物館になったのだと思ったが、まだまだ工事は続いていて、途中から「ブ―――――」という、博物館にあるまじき工事の騒音が鳴り響いていた。

 つまり、博物館内の、半分くらいのスペースは、まだ工事中だったのだ。えー。じゃあ半額返してよー(もちろん言えない)。だが、順路の最後に、コルトーナの至宝と呼ばれる、エトルリア美術の傑作と言われる「ブロンズの大燭台」が飾ってあり、何とかこの至宝を見ることができた。

 その至宝だが…確かに、ずっしりと重そうだし、細部までしっかり装飾がほどこされていて、パッと見、圧巻の作品である。エトルリア文化の文化水準の高さを思わせる。

 だが、至宝…真ん中には、例のあっかんべーのオヤジ女子・ゴルゴンがいて、その周りを、驚くほどハレンチな格好をした、サテュロスとセイレーン(どちらもギリシャ神話の半獣)が、ぐるっと取り囲んでいる…。保存状態が良いせいで、細部のハレンチまでしっかり見えてしまうよ…。

 地球の歩き方は「楽しい装飾」って言ってるけどさ、それ、遠回しに言いすぎだよ。いやいや、これがコルトーナの至宝かあ…それでいいのか、コルトーナ!写真は撮りませんでしたけどね、あえてイラストで描くのも何なのでね、描きませんよ。このブログは、清純がモットーですからっ!(ウソ)

 というわけで、エトルリア・アカデミー博物館 であった。絶対に、エトルリアの本を読んでから入った方がおもしろいですぜ!実際、私は、帰国便の中で本を読んだ後、もう一回あの博物館に入りたいなーと思ったですよ。

 …いえ、別に、コルトーナの至宝にもう一度会いたいわけじゃあ、ありませんよ…。

3/11コルトーナ3 静寂なる町の夕暮れ時へ続く

イタリア旅行記2014もくじ

イタリア旅行は楽し♪トップページへ

スポンサーリンク

Home

プロフィール

辺獄

Author:辺獄
貧乏なくせに、イタリア旅行というお金のかかる趣味を持ってしまった、「イタリア旅行貧乏」です。旅行は楽し♪びんぼーも楽し♪がモットーです!
ついでにイタリア語も楽し♪
好きなイタリアの画家はボッティチェリ!

(limba→辺獄へ和訳改名しました!)

サイト修復中のお知らせ

当ブログは、記事が増えすぎたため、旅行記と本の感想以外の、イタリア旅行の実用的な情報記事を、新サイトにお引越しする作業を行っています。

引っ越し作業中は、お見苦しい箇所も出てきてしまうと思いますが、何とぞご容赦くださいませ。

新サイトはこちらです
辺獄のイタリア旅行おすすめ情報
辺獄のイタリア旅行おすすめ情報

新サイト完成後も、こちらのブログは、旅行記ブログとして存続しますので、よろしくお願い致します!

最新記事

イタリア旅行記

イタリア個人旅行の作り方

イタリアを個人で旅行する場合の、旅程の立て方や、航空券やホテルの予約の仕方についてまとめてみました♪
● イタリア個人旅行の作り方



イタリアの各町まとめガイド

今まで行ったことのあるイタリアの町ごとに、観光情報をまとめてあります。情報は、訪問当時のものなので、変わっている可能性もございます。ご注意下さいませ。
● 各町まとめガイド

各町まとめガイドは、10月以降、一時的に記事が見れなくなる可能性があります。詳しくはこちら

イタリア旅行お役立ち情報

イタリアツアー情報

当サイトはイタリアを個人旅行するための情報が多いので、パックツアーを考えている方のための別館を作ってみました。イタリアツアーの選び方や、おすすめイタリアツアーを紹介しています。
別館→イタリアツアー情報

旅行会話をマスターする!

せっかくイタリアに行くなら、イタリア語にチャレンジしてみましょう!イタリア語旅行会話の学習法や、おすすめのイタリア語学習教材、また、イタリア旅行で実際に使った旅行フレーズの紹介などをしています。

イタリア旅行おすすめ本

イタリア旅行に関するおすすめの本を紹介しています。おすすめガイドブックや、イタリア旅行前にぜひ読んでおきたい読み物、ちょっと小難しい文芸作品まで♪一覧にまとめてありますので、こちらからどうぞ↓

おすすめ旅行グッズ

イタリア旅行に役立つおすすめ旅行グッズをご紹介しています。ご参考までに、私がイタリア旅行の際に準備する持ち物リストの一覧も公開しています☆

イタリア旅行おすすめリンク

イタリア旅行に役立つサイトのリンク集を目的別に集めてみました。

カテゴリ

ブログランキング

参加中のブログランキングです。当ブログがお気に召していただけましたら、ぽちっとお願い致します☆

サイトについて

当ブログはリンクフリーです。サイトポリシーやお問い合わせ先についてはこちらからどうぞ。

検索フォーム

RSSリンクの表示

FC2カウンター