イタリア旅行記ブログ イタリア旅行は楽し

イタリア旅行大好きの管理人が、実際にイタリアに足を運んだ経験・情報に基づいて、イタリア旅行情報を発信してます。
旅行記や個人でのイタリア旅行のコツ、サッカー観戦情報もございます。

Top Page > 各町まとめガイド > チステルニーノ旅行まとめ情報

チステルニーノ旅行まとめ情報

CISTERNINO

<チステルニーノってどんな町?>
 とんがり屋根で有名なアルベロベッロのある、プーリア州のイトリアの谷にある、小さな町です。

 町は高台にあり、一面真っ白で、狭い道が入り組んでいて、まさしく「白い迷宮」です。イトリアの谷は、迷宮状の町が多いですが、「迷宮」という意味では、このチステルニーノがナンバーワンです。
 
 本当に小さな町で、日本での知名度は低いですが、イタリアの美しい村「i borghi piu belli d'italia」にも登録されています→(チステルニーノの紹介 英語版)。ほとんど観光化されていない、素朴で真っ白な世界は、イタリアの隠れた名所として、ぜひ訪問をおすすめしたいです。

チステルニーノの街並み
 一面真っ白で、狭い路地の続く町並み。

<チステルニーノへのアクセス>
 アルベロベッロから行くなら、Sud Est(スッド・エスト)線で3駅です。ほとんどの場合は、マルティーナ・フランカでの乗り換えになります。運賃は1.9ユーロ。チステルニーノの駅名は、「CISTERNINO Citta」です。

 たったの3駅なので、電車に乗っている時間は25分程度ですが、マルティーナ・フランカでの乗り換え時間を含めると、トータルで40分~1時間はかかると思います。なるべく乗り換え時間が短くて済む電車を、あらかじめ検索しておいた方がよいと思います→Sud Est線の公式サイト(英語版)

 問題なのは、Sud Est線は遅延が多いこと。多少の遅れであれば、乗り換える電車は待っていてくれるそうですが、私がアルベロベッロからチステルニーノへ行った日は、アルベロベッロからマルティーナ・フランカまでの電車が何と45分遅れて、乗り換え電車はさすがに待っていませんでした。

 そのため、次の電車を1時間以上待たなければならなくなったため、マルティーナ・フランカからチステルニーノの旧市街まで、タクシーを使いました。(ちなみに、マルティーナ・フランカ駅にタクシーは待機していません。駅前のバールでタクシーを呼んでもらいました。)30分弱くらいで到着し、料金は23ユーロでした。

 Sud Est線は、日曜日は電車が完全にストップするため、バスの代行運転となります。ただ、このバスは便数が少なく、バス停などもわかりづらいです。アルベロベッロからチステルニーノまでは、バスの乗り換えもあるため、日曜日には行かない方がよいと思います

<チステルニーノ駅から旧市街までの行き方>
 駅を出たら、線路に沿って右の方へ進み、踏切のところで左折します。踏切の手前にも左折する道があり、ここを曲がってもよさそうなのですが、地元の人に踏切を曲がるように言われたので、それに従いました。

 ここからはどんどん、どんどん上ります。ひたすら上るだけではあるのですが、途中でViale Valle d'itriaという大きな通りとぶつかる、ちょっと複雑な形の交差点に出ます。このViale Valle d'itriaの方に行かないように注意してください。次の道で左に曲がります。そのまままっすぐ上れば、白い旧市街が見えてきます。

 結構険しい上り道もあるので、健脚度にもよりますが、駅からの所要時間は20~30分くらいかかると思います。

 それほど複雑な道ではありませんが、道がわからなくなったら、遠慮なく、通りかかりの地元の人に聞きましょう。親切に教えてくれます。旧市街は「チェントロ」と言えば通じます。

チステルニーノ地図
 ちょっと頼りない地図ですが、参考程度にどうぞ。

外側から見たチステルニーノ
 右手にこの旧市街が見えたらゴールです。

<冬季はレストランはお休み!?>
 旧市街でお昼ご飯を食べようと思っていたのですが、冬場の旅行オフシーズンのためか、ほとんどのお店が閉まっていました。旅行クチコミサイトのトリップアドバイザーなどで、チステルニーノのレストランはいくつか見つかるので、レストランそのものがないわけではないと思いますが、冬場にチステルニーノに行く場合は、あらかじめ開いてそうなレストランを探しておいた方が、食いっぱぐれずにすむと思います。

<チステルニーノ旅行におすすめの本>

イタリア (ロンリープラネットの自由旅行ガイド)イタリア (ロンリープラネットの自由旅行ガイド)
(2007/04)
ダミアン シモニス、ポーラ ハーディ 他

商品詳細を見る

 おそらく、日本語のガイド本で、チステルニーノ情報が少しだけではありますが載っている、唯一のガイドブックだと思います。字が多めで硬派なガイド本。

南イタリアへ! (講談社現代新書 (1446))南イタリアへ! (講談社現代新書 (1446))
(1999/04/20)
陣内 秀信

商品詳細を見る

 私がチステルニーノについて知ったのは、この本を読んだのがきっかけです。この本の詳しい感想はこちらへ→「南イタリアへ!」講談社現代新書



チステルニーノの旅行記はこちらから

街別まとめガイドの目次

イタリア旅行は楽し♪トップページへ

スポンサーリンク

Home

プロフィール

辺獄

Author:辺獄
貧乏なくせに、イタリア旅行というお金のかかる趣味を持ってしまった、「イタリア旅行貧乏」です。旅行は楽し♪びんぼーも楽し♪がモットーです!
ついでにイタリア語も楽し♪
好きなイタリアの画家はボッティチェリ!

(limba→辺獄へ和訳改名しました!)

サイト修復中のお知らせ

当ブログは、記事が増えすぎたため、旅行記と本の感想以外の、イタリア旅行の実用的な情報記事を、新サイトにお引越しする作業を行っています。

引っ越し作業中は、お見苦しい箇所も出てきてしまうと思いますが、何とぞご容赦くださいませ。

新サイトはこちらです
辺獄のイタリア旅行おすすめ情報
辺獄のイタリア旅行おすすめ情報

新サイト完成後も、こちらのブログは、旅行記ブログとして存続しますので、よろしくお願い致します!

最新記事

イタリア旅行記

イタリア個人旅行の作り方

イタリアを個人で旅行する場合の、旅程の立て方や、航空券やホテルの予約の仕方についてまとめてみました♪
● イタリア個人旅行の作り方



イタリアの各町まとめガイド

今まで行ったことのあるイタリアの町ごとに、観光情報をまとめてあります。情報は、訪問当時のものなので、変わっている可能性もございます。ご注意下さいませ。
● 各町まとめガイド

各町まとめガイドは、10月以降、一時的に記事が見れなくなる可能性があります。詳しくはこちら

イタリア旅行お役立ち情報

イタリアツアー情報

当サイトはイタリアを個人旅行するための情報が多いので、パックツアーを考えている方のための別館を作ってみました。イタリアツアーの選び方や、おすすめイタリアツアーを紹介しています。
別館→イタリアツアー情報

旅行会話をマスターする!

せっかくイタリアに行くなら、イタリア語にチャレンジしてみましょう!イタリア語旅行会話の学習法や、おすすめのイタリア語学習教材、また、イタリア旅行で実際に使った旅行フレーズの紹介などをしています。

イタリア旅行おすすめ本

イタリア旅行に関するおすすめの本を紹介しています。おすすめガイドブックや、イタリア旅行前にぜひ読んでおきたい読み物、ちょっと小難しい文芸作品まで♪一覧にまとめてありますので、こちらからどうぞ↓

おすすめ旅行グッズ

イタリア旅行に役立つおすすめ旅行グッズをご紹介しています。ご参考までに、私がイタリア旅行の際に準備する持ち物リストの一覧も公開しています☆

イタリア旅行おすすめリンク

イタリア旅行に役立つサイトのリンク集を目的別に集めてみました。

カテゴリ

ブログランキング

参加中のブログランキングです。当ブログがお気に召していただけましたら、ぽちっとお願い致します☆

サイトについて

当ブログはリンクフリーです。サイトポリシーやお問い合わせ先についてはこちらからどうぞ。

検索フォーム

RSSリンクの表示

FC2カウンター