イタリア旅行記ブログ イタリア旅行は楽し

イタリア旅行大好きの管理人が、実際にイタリアに足を運んだ経験・情報に基づいて、イタリア旅行情報を発信してます。
旅行記や個人でのイタリア旅行のコツ、サッカー観戦情報もございます。

Top Page > イタリア旅行記2012 > 3/14ミラノ7 楽隊は見た!昼下がりの落椅子

3/14ミラノ7 楽隊は見た!昼下がりの落椅子

<本日のイタリア旅行記メニュー>
●アンブロジアーナ絵画館

 昨夜、チャンピオンズリーグの観戦から帰ってきたのが、深夜0時頃だったため、この日の朝はゆっくりと寝て、9時過ぎころに起きた。今日は、21泊の旅行の20泊目。明日は、帰国の日なので、実質、観光できる日としては、今日が最後なのである。

 この、最後の観光日を迎えると、毎年私は、旅行が終わるという悲しみと、悔いのない最終日を送ろうという気合が相まって、いつも軽くハインテンションで、浮ついた一日を過ごしてしまう。「今日で旅行が終わってしまう、悲しいよ」→「また来年来ればいいさ」→「でも来年って遠いよ…」→「考えても仕方がないので、とりあえず今を楽しめ!」→「…でも今日で旅行は終わりだよ」→以下繰り返し…という思考サイクルが、ほぼ一日中私の脳内を永劫回帰するのが、旅行最終日という日である。

 この日の観光は午後からスタートすることにして、午前中は、宿泊しているレジデンスから歩いてすぐのミラノ中央駅に行って、おみやげを買ったり、明日の飛行機に持ち込むおやつなどを買ったりした。ミラノ中央駅には、有名な「Venchi(ベンキ。いたずらに漢字を当てたりしてはいけないよ)」というチョコレート屋さんが入っている。板チョコから箱詰めまで売っているので、日本へのおみやげを購入するにはおすすめのお店である。ここのチョコレートはあんまり甘くなくて、大人向けの上品な味である。味覚がコドモの私には少し物足りないが、母と姉は絶賛していた。

 その後、お昼のパニーノを買おうと、バールやカフェをのぞいていると、1階に超有名なパニーノ屋さんの「Panino Giusto(パニーノ・ジュスト)」を発見した。日本にも支店がある店である。ドゥオーモの近くに本店があると聞いていたが、中央駅にも店舗があったのね。もちろん、このパニーノ・ジュストでパニーノを購入することにした。

 メニューから作ってほしいパニーノを選び、オーダーを受けてからパニーノを作ってくれるという、何とも本格的なパニーノ屋さん。メニューは、生ハム、調理ハム、ローストビーフ、鶏肉、野菜のみなどと、大まかに分けてあって選びやすかった。「Montagu」というローストビーフにレモンなどが入ったもの、「Summer Turkey」という名の通りターキーが入ったもの、「Kumi」という何故か日本人女性の名前の付いたベジタリアン用、の3種類を注文した。

 値段は5~7ユーロで、普通のバールなどのパニーノは、だいたい3~4ユーロであることに比べると高い。ただ、日本の物価で考えると、普通の値段だと感じる。また、持ち帰り用に入れてくれた紙袋も、ついぞイタリアでは見たことが無いような、しっかりした立派な紙袋であった。つまり、高級パニーノなのである。味は、お上品で美味しくて、まさに高級パニーノって感じだった。特に、「Summer Turkey」は美味しかったので、おすすめである。日本の支店も、同じような味が再現できているのかなあ。ちょっと行ってみたいよ。

 さて、今日はまず、レオナルド・ダ・ヴィンチの絵があることで有名な、アンブロジアーナ絵画館に行くことにした。レオナルド・ダ・ヴィンチは寡作で、何せ完成した作品が少ないので、レオナルド・ダ・ヴィンチの絵を所蔵しているということは、それだけでその美術館の大きな大きなアピール材料となる。

 だが、このアンブロジアーナ絵画館は、レオナルド作品だけでなく、カラヴァッジョの静物画や、ボッティチェリ、ティエポロの作品なども所蔵し、有名なラファエロの、バチカン美術館にある「アテネの学堂」のデッサンも展示している。これだけ姉と私の好きな芸術家の作品を所蔵していて、しかも建物そのものの内装の美しさも有名、と、実に実に魅力的な絵画館なのだが、なぜ3年前にミラノに行ったときは、この絵画館に行こうと思わなかったんだろう?

 …と、「地球の歩き方」を見ながら、3年前の旅行計画を立てた時のことを思い出してみると、アンブロジアーナ絵画館に行かなかった理由を容易に思い出した。それはね、アンブロジアーナ絵画館の入場料が、イタリアの美術館の相場と比べて高いんですよ!15ユーロっ!

 フィレンツェのウッフィツィ美術館が6.5ユーロ、アカデミア美術館が6ユーロ。同じミラノのブレラ美術館が6ユーロ。建物そのものに価値がある、と言うのが大きいのだろうけれど、同じように邸宅美術館であるフィレンツェのパラティーナ美術館は8.5ユーロ。ローマのバチカン美術館は15ユーロだが、バチカン美術館は、ものすごく大きくて、所蔵品の多さも半端ないので、15ユーロでも安いくらいである。

 …よく考えれば、イタリアの美術館の入館料は非常に安い。よく考えれば、このアンブロジアーナ絵画館の15ユーロというのも、日本円で考えれば1500円強なので、日本の美術館の入館料などを考えれば、それほど高くない。だが、3年前の私は、「レオナルド作品持ってるだけで、ウッフィツィ美術館の2倍以上の値段とか、ぼったくってるよ、この美術館っ!」と、訪問しなかったのである。貧乏人のカガミといえばカガミだが、レオナルド、カラヴァッジョ、ボッティチェリだけで十分に15ユーロの価値はあると思われる。アンブロジアーナ絵画館が高いのではなく、他のイタリアの美術館が安すぎるのだね。3年前の私はオロカであった。オロカからの脱出は、オノレのオロカさを自覚することから始まると、ソクラテスが似たようなことを言ってたね!

 アンブロジアーナ絵画館は、ドゥオーモから歩いて行ける距離なので、地下鉄でドゥオーモまで行き、ドゥオーモに一目会って挨拶してから、絵画館に向かうことにした。

 天気がよくて、ドゥオーモさんは、青空に光り輝いていた。今年の旅行は、本当に天候に恵まれている。母は自分が晴れ女であるおかげだと胸を張っていたが、本当にそのおかげかもしれない。ドゥオーモの前で、まだ3人で写真撮影をしていなかったので、通りかかったイタリア人に撮ってもらった。長身でイケメンなイタリア人だったが、撮れた画像を見た瞬間、姉は彼に撮り直しを命じた。

CIMG3513-2.jpg
 これが、姉に即不合格と言われた写真。姉は、このイタリア人に、「ドゥオーモが途中で切れているので、全部入れてほしいんですよね」と注文していた。イケメンにもキビシイ姉。…というか、写真が下手なことで有名な私でも、この写真はマズイと思う。本当にイタリア人は、写真が下手な人が多い。何でだろう。ルネサンス画家たちの末裔のはずなのに。絵描きさんとカメラマンさんの芸術の才能は違うのかもしれない。

 では、いざアンブロジアーナ絵画館へ参ろう。ドゥオーモ広場からは、歩いて5分くらいであった。

アンブロジアーナ絵画館
 こちらがアンブロジアーナ絵画館の外観。

 中に入ると、たくさんのパンフレットをもらった。絵画館のパンフレット、レオナルド・ダ・ヴィンチのパンフレット、館内の地図。おー、さすが15ユーロの美術館。受付の係員さんは、レオナルド・ダ・ヴィンチの絵は、順路の最期になります、と口頭で説明してくれた。やはり、レオナルド作品は、この絵画館の大目玉も大目玉なのだな。ちなみに、トイレは、この1階の受付のすぐ近くにあるエレベーターで地下に降り、降りた所にすぐある。館内に他にトイレは見当たらなかったので、入館する前に済ませておこうっ!

 最初は2階へと上り、絵画が展示しているスペースの鑑賞である。遠目ですぐボッティチェリの絵が発見できたが、このボッティチェリの作品の前に座って、模写している人がいたため(美術系の学生さん?)、ボッティチェリは後回しにして、ティツィアーノの絵や、ティエポロの絵などを鑑賞した。それほど入場客は多くなくて、ゆっくり鑑賞できたのだが、ハイヒールを履いた女性客が、時間がないのか、かなり早歩きで歩き回っていて、ハイヒールの音が響き渡って騒々しかった。静かな美術館では、足音にも気を付けなきゃな、と感じた。

 このアンブロジアーナ絵画館は、係員さんたちもヒマそうではあるが、他のイタリアの美術館のように大声で私語してないので、静かでいい雰囲気だった。イタリアでは、係員の私語がうるさすぎて、鑑賞に集中できないなんてトンデモナイコトがよくあるのである(ヒドイ時には、係員さんがひまつぶしにやっている、PCゲームの音が響いていることもある)。やっぱり15ユーロもする絵画館だから、係員教育もしっかりしているのだろうか。

 ボッティチェリ模写の人が移動したので、ボッティチェリを見に行くと、………変な絵!!!

アンブロジアーナ絵画館 ボッティチェリ
 (館内撮影禁止だったので、こちらは購入した冊子を撮影した写真。)

 「天蓋の聖母子」というタイトルの絵なのだが、遠近法はオカシイし、聖母マリアは頭でっかちでバランスがオカシイ。それ以上に、聖母子を取り巻いている天使との、人物の大きさのバランスもオカシイ。一番変なのは、この写真ではわかりづらいが、聖母マリアの乳房から、ミルクが飛び出していて、幼子イエスに到達しようとしている、その図がオカシイ。

 ボッティチェリは、一時期フィレンツェで人気を博した、風紀委員のような僧・サヴォナローラに心酔してから、画風が変わっていく。おそらく、これは、ボッティチェリの絵が、変化してからの作品なんだろうな、と思って成立年代を見ると、1493年であった。サヴォナローラがフィレンツェで人気が高まりはじめるのが、だいたい1490年頃からで、ボッティチェリの作品も、1490年頃を境に変わっていく。

 この変化をものすごく簡単に言っちゃうと、「春」や「ヴィーナスの誕生」を描いていたころのボッティチェリ作品は、キリスト教的な道徳観に比較的縛られず、自由に人間像を描く、ルネサンス美術の魅力を存分に発揮している。「春」や「ヴィーナス」はそもそもキリスト教モチーフの作品ではないし、キリスト教モチーフの作品でも、絵の中に登場する聖母マリアや天使たちは、まるで触れると体温があってやわらかい、人間であるかのように描かれるのである。

 だが、キリスト教道徳を厳しく説くサヴォナローラに心酔してからは、画風が、中世画に逆戻りしたかのようになる。キリスト教道徳が芸術をも厳しく縛っていた中世は、聖母や幼子イエスが、普通の人間ではないことを示すため、わざと平面的で、現実感のない描かれ方をされるのだ(中世画がヘタクソに見えるのはそのため)。サヴォナローラ以後のボッティチェリ作品も、遠近感が崩れ、人物のデッサンがおかしくなり、これは絵であり現実ではない、という雰囲気になる。何も知らずに見ると、「ボッティチェリ、絵が下手になったなー」と思うが、おそらく下手になったんじゃなくて、わざとそういう風に描くようになったのだろう。

 しかし、オカシクなってからのボッティチェリの絵は、最盛期の絵とはまた違う形で、私の胸を締め付けるよ。他人の思想に心酔して画風を変える、なんて、言ってしまえば、主体性のない楽な作業に思えるけど、滑稽なほどにバランスを崩した後期作からは、何だかボッティチェリの苦悩が伝わってくる気がするのだ。自由に美しい絵を描きたい芸術家としての自分と、サヴォナローラが正しいと思うキリスト教徒としての自分。その2つの相反する自分が、せめぎ合う苦しみが、この滑稽で重苦しい画面に滲み出ているような。もちろん、私の妄想にすぎませんけどね!

 で、私がボッティチェリを語り出したらキリがないので、ラファエロに行きましょー!ラファエロの、あの名高いバチカン美術館の「アテネの学堂」のデッサンっ!デッサン段階の下絵から、完成作品を描くときに、変更した部分などを見るのがなかなか興味深い。このデッサン絵の前には、タッチパネルがあって、完成作品と見比べられるようになっている。デッサンなので、着色していなくて白黒なのだが、白黒のデッサン絵を見ていると、ラファエロが、現代に生まれて、マンガを描いても相当上手だっただろうな、というのがわかる。井上雄彦(スラムダンクの作者)の絵みたいだったよ!(逆にラファエロのデッサンに似た絵を描く井上雄彦ってスゴイ)。

 それから、この美術館の目玉作品の一つ、カラヴァッジョの「果物籠」。これは、予想通りに魅力的な作品だった。最初見た時は、やっぱりカラヴァッジョは人物の絵の方が迫力あるかなーと思ったが、この静物画は、見れば見るほど目が離せなくなっていく。籠の中の果物や植物は、よくよく見ると、傷んでいたり、しおれていたり、枯れていたりする。いわゆる、「あらゆるものは変化して行き、やがて死を迎えるんだぜ」という、平家物語でいうところの「諸行無常の響きあり」を表現する「ヴァニタス画」の一種である。そのままずーっと眺めていると、このまま果物や葉っぱのしおれが、どんどん進行していきそうな、妙な怖さがある。カラヴァッジョに、こういう一癖ある絵を描かせると、やっぱり天下一品である。さすが問題児画家。

 絵画の展示部門を鑑賞し終わり、次の部屋からが「キレイなお屋敷ゾーン」に入るようだ。そうそう、このアンブロジアーナ絵画館は、展示している絵だけでなく、建物そのものも美しいんだった。この「キレイなお屋敷ゾーン」に足を踏み入れると、どこからともなく女性の係員さんがサササッと登場し、いったん中庭っぽいところの外廊下に出て、そこの階段から3階に上って鑑賞してくるように、と説明した。

 ここのキレイなお屋敷ゾーンはほとんど人がいなかったので、入り口付近にある休憩用の椅子にコートを置いて鑑賞したので、3階に行くためにそのコートを取りに、入口方向にいったん戻ろうとすると、この女性係員が立ちふさがった。「ダメよ、ダメよ!3階もぜひぜひ見なきゃ!!!」。何て仕事熱心なんだ!やはりさすが15ユーロの絵画館だよ。この女性に、「椅子のところにコートを置いてきちゃったので、取りに戻るんです。3階も必ず見ますから!」と説明すると、通してくれた。

 コートを無事に回収してから、女性係員に言われた通り3階へ行くと、何と美しい部屋!彫刻が並び、らせん状に曲がった階段のラインが、何とも美しい!あの女性係員が、絶対に見せたい、と思うのもよく分かる。もしかしたら、レオナルド作品を見るために、このゾーンをすっ飛ばしてしまう観光客がいるのかもしれないなあ。それにしても、美しい階段だ。モザイク装飾が施されていて、そこに描かれたイエス・キリストが、今まで見たイエスの中で、最もオシャレな髪型をしていた。髪の毛の一部を編み込んでいるのである。オシャレすぎるイエス。

 この先の部屋も、非常に美しかった。学問のアレゴリーの彫像が並べられていて、音楽とか、地理学とか、歴史学などを擬人化した像でかわいらしかった。日本のコミックでは、ヘタリアが擬人化ブームを巻き起こしたけど、イタリアでは、もっと前から擬人化が行われていたわけだね。それにしても、学問の擬人化っていいねえ。私も、中高時代に、数学の擬人化、とかでイケメンキャラが描かれていたら、もっとまじめに数学の勉強してたかもしれない。人間って、そういうものよ!

 ちなみに、学問のアレゴリーの反対側には、徳のアレゴリーで、正直とか慈愛とかを擬人化した像が並べられていたのだが、その像の前に眠りこけているオヤジの像がずらっと並んでいた。何のこっちゃ?オヤジたちは悪徳の擬人化で、それが眠っている、と言いたいのかな?よくわからんよ。

 この部屋もほとんど貸し切り状態だったのだが、やはりどこからともなく係員がチャッと現れ、入館客を正しい順路へと導こうとする。やはり15ユーロ絵画館。今まで入ったイタリアの美術館で、こんなに係員が仕事熱心な美術館はなかったよ。この係員はおじいさんで、「次の部屋ではぜひロンギの作品を見てください」と言われた。ロンギ見たよ。普通だった。

 さて、この後は階段を下って、いよいよレオナルド・ダ・ヴィンチの作品とご対面である。この絵画館、レオナルド特別扱いしすぎである。もったいぶりすぎ。しかも、「レオナルドの間(キラーン)」という部屋まで作って、展示しているのだが、この「レオナルドの間」に、レオナルド作品はひとつしかない。あとは、レオナルド作品の真似っこ作品を並べているだけ。こんなんで「レオナルドの間」とは笑止だよ(笑止ってのは一輝用語)。

 で、満を持して登場したレオナルド・ダ・ヴィンチ作「楽隊の肖像」。

アンブロジアーナ絵画館
 こちらは、購入したポストカードを撮影したもの。館内は撮影禁止です。

 何と言うか、やっぱりいいね、レオナルド!レオナルド作品は独特で神秘的と言われるけど、この絵も、この楽隊さんが見つめる先に、一体何があるのか、妙に気になってしまう。それだけ、人物の表情が絶妙なのだ。人間って、ふとした時に、こういう表情するよね!みたいな感じ。楽隊さんだから、手に持っている紙は、楽譜かなあ。そういうことが、いちいち気になってしまうのだ。ずーっと見ていて飽きない作品。レオナルド・ダ・ヴィンチの完成した作品ってのは本当に少ないけど、その中でもこの絵は、絵画館そのものがそんなに混雑していないので、好きなだけゆっくり静かに向き合える、数少ないレオナルド作品かもしれない。ウッフィツィのレオナルド作品前はいつも混雑しているし、「最後の晩餐」も鑑賞はわずか15分だけしかできないしね。

 このレオナルドの間の隣りは図書館になっていて、ここに、レオナルドが遺した手記の原本が展示されている。図書館そのものも美しくて、レオナルド手稿も非常に興味深かった。空を飛ぶための道具を考案するメモが多数展示されていて、おそらく空を飛ぶ研究のために、鳥の飛び方や翼の仕組みを図解したメモもあった。月の満ち欠けのメモ書きもあった。コレ、書いてある文字が読めたら、もっと面白いんだけろうけど!ちょうど、この旅行には、レオナルド・ダ・ヴィンチの手記 上 (岩波文庫 青 550-1)を持ってきていたのだが、おそらく、ここに展示されている手稿の内容は、下巻に収録されている「鳥の飛翔について」などの箇所だと思われる



レオナルド・ダ・ヴィンチの手記 下 (岩波文庫 青 550-2)

 こちらが下巻。ちなみに、上巻は文系娘の私でも楽しく読めたが、下巻は理系話が満載で、難しすぎてわからなかった。

 この手稿をじっくり見た後、最後に楽隊の絵を見て帰ろうと、まだ手稿を見ている姉を残して、母と二人でレオナルドの間に戻った。二人で楽隊と向き合っていると、

ガタッ!!!

 …び、びっくりしたあ!こんな貴重な美術品が飾ってある所で、大きな音がしたらビクっとするよ!何事かと思ったら、椅子に座っていた係員のおじさんが椅子から転げ落ちたのである。おじさんは、「スクージ…」と、我々に謝った。

 母は言った。「おじさんはね、居眠りしてたんだよ。この部屋に入ったときに、お母さんはすぐ眠そうだな、と気付いたよ。頭を垂れて、もう完全にコクリ、コクリとしてたね」。…寝ぼけてて椅子から転げ落ちたのかー!この絵画館のスタッフは、ゲームをしたり本を読んだりおしゃべりをしたりすることなく、実にマジメにやってるなあと思っていたが、イタリア人をヒマにしてしまうと、眠りの世界へといざなわれてしまうのか…。だから、他の美術館では、係員は、眠くならないように暇つぶしをしているのかなあ。

 というわけで、最後におじさんが一発芸をかましてくれたアンブロジアーナ絵画館であった。母はレオナルド作品を気に入って、ポストカードを買おうとしたが、出口のところにはおみやげ屋はなくて、いったん外に出てから入口まで戻らなければならなかった。普通は、おみやげ屋は出口のところに待ち構えているのにね。入場料が高いから、おみやげ売らなくても余裕なんだね!

 とにもかくにも、展示されている絵だけでなく、内装も本当に素敵であった。また、レオナルド・ダ・ヴィンチはミラノとゆかりの深い芸術家なので、ミラノではやっぱりレオナルド・ダ・ヴィンチ作品は見るべきかも!ドゥオーモからもすぐ近いし、ミラノに行く方には、ぜひおすすめしたい絵画館である。

 この続きのミラノ散歩は、また次回。

3/14ミラノ8 ディナーは視線を釘づけにしてへ続く

イタリア旅行記2012もくじへ

イタリア旅行は楽し♪トップページへ

スポンサーリンク

Home

プロフィール

辺獄

Author:辺獄
貧乏なくせに、イタリア旅行というお金のかかる趣味を持ってしまった、「イタリア旅行貧乏」です。旅行は楽し♪びんぼーも楽し♪がモットーです!
ついでにイタリア語も楽し♪
好きなイタリアの画家はボッティチェリ!

(limba→辺獄へ和訳改名しました!)

サイト修復中のお知らせ

当ブログは、記事が増えすぎたため、旅行記と本の感想以外の、イタリア旅行の実用的な情報記事を、新サイトにお引越しする作業を行っています。

引っ越し作業中は、お見苦しい箇所も出てきてしまうと思いますが、何とぞご容赦くださいませ。

新サイトはこちらです
辺獄のイタリア旅行おすすめ情報
辺獄のイタリア旅行おすすめ情報

新サイト完成後も、こちらのブログは、旅行記ブログとして存続しますので、よろしくお願い致します!

最新記事

イタリア旅行記

イタリア個人旅行の作り方

イタリアを個人で旅行する場合の、旅程の立て方や、航空券やホテルの予約の仕方についてまとめてみました♪
● イタリア個人旅行の作り方



イタリアの各町まとめガイド

今まで行ったことのあるイタリアの町ごとに、観光情報をまとめてあります。情報は、訪問当時のものなので、変わっている可能性もございます。ご注意下さいませ。
● 各町まとめガイド

各町まとめガイドは、10月以降、一時的に記事が見れなくなる可能性があります。詳しくはこちら

イタリア旅行お役立ち情報

イタリアツアー情報

当サイトはイタリアを個人旅行するための情報が多いので、パックツアーを考えている方のための別館を作ってみました。イタリアツアーの選び方や、おすすめイタリアツアーを紹介しています。
別館→イタリアツアー情報

旅行会話をマスターする!

せっかくイタリアに行くなら、イタリア語にチャレンジしてみましょう!イタリア語旅行会話の学習法や、おすすめのイタリア語学習教材、また、イタリア旅行で実際に使った旅行フレーズの紹介などをしています。

イタリア旅行おすすめ本

イタリア旅行に関するおすすめの本を紹介しています。おすすめガイドブックや、イタリア旅行前にぜひ読んでおきたい読み物、ちょっと小難しい文芸作品まで♪一覧にまとめてありますので、こちらからどうぞ↓

おすすめ旅行グッズ

イタリア旅行に役立つおすすめ旅行グッズをご紹介しています。ご参考までに、私がイタリア旅行の際に準備する持ち物リストの一覧も公開しています☆

イタリア旅行おすすめリンク

イタリア旅行に役立つサイトのリンク集を目的別に集めてみました。

カテゴリ

ブログランキング

参加中のブログランキングです。当ブログがお気に召していただけましたら、ぽちっとお願い致します☆

サイトについて

当ブログはリンクフリーです。サイトポリシーやお問い合わせ先についてはこちらからどうぞ。

検索フォーム

RSSリンクの表示

FC2カウンター