イタリア旅行記ブログ イタリア旅行は楽し

イタリア旅行大好きの管理人が、実際にイタリアに足を運んだ経験・情報に基づいて、イタリア旅行情報を発信してます。
旅行記や個人でのイタリア旅行のコツ、サッカー観戦情報もございます。

Top Page > イタリア旅行おすすめ本 > 「路地裏のルネサンス」中公新書

「路地裏のルネサンス」中公新書

 ルネサンス。この言葉の響きって素敵だと思いませんか?イタリア語では「リナシメント」なんですが、「ルネサンス」というのはフランス語なんだそうです。おフランス語だからこんなに素敵な響きなんでしょうかねえ?ルネサンスの町・フィレンツェは、花の町という意味の「フィレンツェ」という町の響きも素敵なので、だいぶ響きでも得をしている町のように思います。

 さて、こんな本を見つけたので、読んでみましたよ。


路地裏のルネサンス―花の都のしたたかな庶民たち (中公新書)路地裏のルネサンス―花の都のしたたかな庶民たち (中公新書)
(2004/01)
高橋 友子

商品詳細を見る


 「路地裏のルネサンス」。いやー、いい響きですね。「ルネサンス」もいいけど、「路地裏」もいいですよね。本当に中公新書は、タイトルの付け方がお上手です。

 副題は「花の都のしたたかな庶民たち」。ルネサンス期についての本と言えば、ルネサンス期の芸術家たちについての本や、そのパトロンであったメディチ家についての本が多いのですが、この本では、ルネサンス期の庶民が主役です。

 ルネサンスという言葉そのものは「古典復興」というような意味なので、「路地裏のルネサンス」ということは、庶民たちの間にも古典復興があって、古代ローマ時代の日常生活での慣習がよみがえったということなのか、と思いましたが、そういうわけではなく、単にルネサンス期の庶民の生活についてまとめた本でした。ってことは、正確には「路地裏のルネサンス」ではなく、「ルネサンスの路地裏」というタイトルが正しいでございますね。ていうか、本のタイトルについていつもうるさすぎですね、私。

 で、この本の内容に戻りますが、フィレンツェの14~15世紀を生きたサッケッティという人物が書いた、「三百話」という、庶民たちの小話を題材にして、その時代の庶民たちの生活ぶりを探る、という内容です。当時の都市住民と農村住民の間の摩擦や、家族のあり方、犯罪などにスポットを当てています。

 特に面白かったのは、第4章の「犯罪と刑罰」。当時の犯罪も、犯人は裁判で裁かれることになるのですが、「欠席裁判」が多かったそうです。「欠席裁判」とは、犯人が逃げちゃっていて、犯人欠席のまま裁判が行われることです。逃げちゃってるってことは…つまり、裁判がほぼ無意味じゃないですか!

 てなわけで、当時は、仇討ち…つまり私刑が慣習としてあったそうで、被害者家族が、加害者本人やその家族に対して仕返しをするのがある程度許されていたとか。この仇討ちは「ヴェンデッタ」と呼ばれていて、男系の同族集団の中で行われたそうです。何だか、現代のマフィアにも通ずるものがありますねえ。って、私はマフィアの何たるかを、全く知らずにテキトーに言っていますが!
 
 また、女性に対する性的暴行の罪に問われた男性は、その女性と結婚する、という規定があったそうです。何だそりゃ、って感じですよね(実際は罰金で済まされることが多かったそうですが)!この本を読んでいると、当時の女性の地位の低さというものがひしひしと感じられます。でも、そんな地位に甘んじていた女性たちですが、あまりに華美な服装を取り締まる法律に対して、現代流にいえば、マフラーを禁止されたらストールを巻いていると言い訳をする、なんて感じでうまく役人を言いくるめて逃れていた、なんて痛快な話もあります。いつの世も、庶民はしたたかで強いものでございます。

 あとは、今のフィレンツェ中心街にも、美術館としてしっかり残っている、捨て子養育院に残る資料から探る、当時の捨て子の実態に関する章も興味深かったです。ちなみに、捨て子養育院の周りを、ぐるっと飾っているロッビア作品は、オムツのような包帯にぐるぐる巻きにされている赤ちゃんなのですが、これは「スワッドリング」という、生まれたばかりの赤ちゃんをぐるぐる巻きにする風習で、実は赤ちゃんの体には悪影響だったそうです。「スワッドリング」は捨て子養育院のシンボルのようなものなのですが、赤ちゃんの体には悪いものだなんて、ちょっとびっくりです。

 というわけで、ちょっと風変わりな視点から、ルネサンス期のフィレンツェを描いたこの本は、当時の庶民の生き生きとした生活音が聞こえてきそうな一冊です。もとは売春街だったという路地なども紹介されているので、フィレンツェでの路地散歩を、また一段と楽しくさせてくれる本だと思います。

イタリア旅行おすすめ本一覧

イタリア旅行は楽し♪トップページへ

スポンサーリンク

Home

プロフィール

辺獄

Author:辺獄
貧乏なくせに、イタリア旅行というお金のかかる趣味を持ってしまった、「イタリア旅行貧乏」です。旅行は楽し♪びんぼーも楽し♪がモットーです!
ついでにイタリア語も楽し♪
好きなイタリアの画家はボッティチェリ!

(limba→辺獄へ和訳改名しました!)

サイト修復中のお知らせ

当ブログは、記事が増えすぎたため、旅行記と本の感想以外の、イタリア旅行の実用的な情報記事を、新サイトにお引越しする作業を行っています。

引っ越し作業中は、お見苦しい箇所も出てきてしまうと思いますが、何とぞご容赦くださいませ。

新サイトはこちらです
辺獄のイタリア旅行おすすめ情報
辺獄のイタリア旅行おすすめ情報

新サイト完成後も、こちらのブログは、旅行記ブログとして存続しますので、よろしくお願い致します!

最新記事

イタリア旅行記

イタリア個人旅行の作り方

イタリアを個人で旅行する場合の、旅程の立て方や、航空券やホテルの予約の仕方についてまとめてみました♪
● イタリア個人旅行の作り方



イタリアの各町まとめガイド

今まで行ったことのあるイタリアの町ごとに、観光情報をまとめてあります。情報は、訪問当時のものなので、変わっている可能性もございます。ご注意下さいませ。
● 各町まとめガイド

各町まとめガイドは、10月以降、一時的に記事が見れなくなる可能性があります。詳しくはこちら

イタリア旅行お役立ち情報

イタリアツアー情報

当サイトはイタリアを個人旅行するための情報が多いので、パックツアーを考えている方のための別館を作ってみました。イタリアツアーの選び方や、おすすめイタリアツアーを紹介しています。
別館→イタリアツアー情報

旅行会話をマスターする!

せっかくイタリアに行くなら、イタリア語にチャレンジしてみましょう!イタリア語旅行会話の学習法や、おすすめのイタリア語学習教材、また、イタリア旅行で実際に使った旅行フレーズの紹介などをしています。

イタリア旅行おすすめ本

イタリア旅行に関するおすすめの本を紹介しています。おすすめガイドブックや、イタリア旅行前にぜひ読んでおきたい読み物、ちょっと小難しい文芸作品まで♪一覧にまとめてありますので、こちらからどうぞ↓

おすすめ旅行グッズ

イタリア旅行に役立つおすすめ旅行グッズをご紹介しています。ご参考までに、私がイタリア旅行の際に準備する持ち物リストの一覧も公開しています☆

イタリア旅行おすすめリンク

イタリア旅行に役立つサイトのリンク集を目的別に集めてみました。

カテゴリ

ブログランキング

参加中のブログランキングです。当ブログがお気に召していただけましたら、ぽちっとお願い致します☆

サイトについて

当ブログはリンクフリーです。サイトポリシーやお問い合わせ先についてはこちらからどうぞ。

検索フォーム

RSSリンクの表示

FC2カウンター