イタリア旅行記ブログ イタリア旅行は楽し

イタリア旅行大好きの管理人が、実際にイタリアに足を運んだ経験・情報に基づいて、イタリア旅行情報を発信してます。
旅行記や個人でのイタリア旅行のコツ、サッカー観戦情報もございます。

Top Page > イタリア旅行おすすめ本 > 「イタリア旅行」中公新書

「イタリア旅行」中公新書

 先日発売された、中公新書の、その名も「イタリア旅行」というタイトルの本を読んでみました。


イタリア旅行 (中公新書)イタリア旅行 (中公新書)
(2011/08/25)
河村 英和

商品詳細を見る


 副題が、「『美しい国』の旅人たち」。ええ、この場合の「美しい」という形容詞は、決して「清潔」という意味では用いられていませんね、ええ。というか、イタリア人は、自分たちの国のことを、「ベル・パエーゼ=美しい国」と呼ぶそうで。ベル・パエーゼに美しいトイレがないのはどうしてなんでしょうねえ。ねえ?

 …トイレの恨みは置いといて。

 えーと、この「イタリア旅行」というストレートなタイトルの本、いったいどういう本なのかというと、ヨーロッパにおける、「イタリア旅行」の歴史をまとめた本です。

 ゲーテ(→イタリア紀行 上 (岩波文庫 赤 405-9))やディケンズ(→イタリアのおもかげ (岩波文庫)などが、イタリア旅行記を残していますが、ヨーロッパでは、18世紀をピークにイタリア旅行ブームがあったそうです。当時のヨーロッパの知識人や上流階級にとっては、「イタリア旅行に行ったことがある」というのがステイタスでもあったんだそうです。

 何でそんなにイタリアが人気なのかというと、やはり古代ローマ遺跡がごろごろ残っているから。ヨーロッパ人にとっては、古代ローマや古代ギリシャの文化は、心のふるさとのようなものなのだそうです。日本人が、京都や奈良に行きたがる気持ちと似ているんしょうかね。ローマ遺跡のみならず、イタリアには特に南の方に、古代ギリシャ植民地時代の遺跡も残っていますので、イギリスやドイツ人などに、特に人気の観光地となったそうです。

 おもしろいのは、古代が人気だったため、初めのころはフィレンツェやヴェネツィアは、それほど人気がなかったということ。ローマが最大の人気観光地で、その次はナポリ、ポンペイ、シチリア島など、古代遺跡が残っている町だったそうです。ナポリは、今でこそ、バロックの旧市街が観光の中心ですが、昔は、今は誰も足を運ばない、郊外の遺跡地区が観光地だったそうです。アッシジで、ゲーテが、サン・フランチェスコ聖堂に見向きもせず、ミネルヴァ神殿という古代遺跡にばっかり夢中になったと言う記述を「イタリア紀行」に残していますが、そういう時代背景があったようです。

 時代が進めば、ルネサンスなどの時代も「昔」になっていくので、ルネサンス期以降の芸術品が多く残る、フィレンツェやヴェネツィアが人気になっていくのは19世紀以降だそうです。古いものがいいものってことはないとは思いますが、人間は、古いものに魅かれる傾向、という部分は確かに持っているのかもしれません。古いものがいいもの、というよりは、長い時間を経て残るもの、というものに、有限な命を生きる人間は憧れを抱くのかもしれません(ちょっとカッコつけてる私)。

 イタリア旅行が人気になると、そのイタリア旅行でビジネスをしてやろう、という輩は必ずいるもので、特にスイス人が、イタリア旅行のためのホテルや、喫茶店などを運営したそうです。フィレンツェの中心街にある、老舗のカフェの「ジッリ」は、スイス人が創設したカフェなんですって!「ジッリ」には旅行中によく行くので、ちょっとびっくり~!

 おもしろかったのは、今も観光客に欠かせないアイテムはカメラですが、カメラのない時代には、訪問した都市で肖像画を描いてもらうのが、記念写真代わりだったそうです。ただ、可笑しいのは、たとえばローマのコロッセオ前でコロッセオを背景に肖像画を描いてもらうんじゃなくて、室内で、適当にコロッセオだのパンテオンだの、背景にローマを象徴する風景をごちゃまぜに描いてもらうだけの絵だということ。…それなら、ローマじゃなくても描いてもらえるんじゃ…。今も昔も、観光客をターゲットにした、オイシイ商売があるってことなんでしょうねえ。

 …てなわけで、なかなかおもしろく読んだのですが、イタリア旅行の本と言うよりは、イタリア旅行の歴史の本なので、イタリア旅行に関する実用的な情報のために読むには不向きの本です。旅行前に読むより、旅行に持って行って読むか、旅行から帰ってきてから読むのがおもしろいかもしれません。

イタリア旅行は楽し♪トップページへ

スポンサーリンク

Home

プロフィール

辺獄

Author:辺獄
貧乏なくせに、イタリア旅行というお金のかかる趣味を持ってしまった、「イタリア旅行貧乏」です。旅行は楽し♪びんぼーも楽し♪がモットーです!
ついでにイタリア語も楽し♪
好きなイタリアの画家はボッティチェリ!

(limba→辺獄へ和訳改名しました!)

サイト修復中のお知らせ

当ブログは、記事が増えすぎたため、旅行記と本の感想以外の、イタリア旅行の実用的な情報記事を、新サイトにお引越しする作業を行っています。

引っ越し作業中は、お見苦しい箇所も出てきてしまうと思いますが、何とぞご容赦くださいませ。

新サイトはこちらです
辺獄のイタリア旅行おすすめ情報
辺獄のイタリア旅行おすすめ情報

新サイト完成後も、こちらのブログは、旅行記ブログとして存続しますので、よろしくお願い致します!

最新記事

イタリア旅行記

イタリア個人旅行の作り方

イタリアを個人で旅行する場合の、旅程の立て方や、航空券やホテルの予約の仕方についてまとめてみました♪
● イタリア個人旅行の作り方



イタリアの各町まとめガイド

今まで行ったことのあるイタリアの町ごとに、観光情報をまとめてあります。情報は、訪問当時のものなので、変わっている可能性もございます。ご注意下さいませ。
● 各町まとめガイド

各町まとめガイドは、10月以降、一時的に記事が見れなくなる可能性があります。詳しくはこちら

イタリア旅行お役立ち情報

イタリアツアー情報

当サイトはイタリアを個人旅行するための情報が多いので、パックツアーを考えている方のための別館を作ってみました。イタリアツアーの選び方や、おすすめイタリアツアーを紹介しています。
別館→イタリアツアー情報

旅行会話をマスターする!

せっかくイタリアに行くなら、イタリア語にチャレンジしてみましょう!イタリア語旅行会話の学習法や、おすすめのイタリア語学習教材、また、イタリア旅行で実際に使った旅行フレーズの紹介などをしています。

イタリア旅行おすすめ本

イタリア旅行に関するおすすめの本を紹介しています。おすすめガイドブックや、イタリア旅行前にぜひ読んでおきたい読み物、ちょっと小難しい文芸作品まで♪一覧にまとめてありますので、こちらからどうぞ↓

おすすめ旅行グッズ

イタリア旅行に役立つおすすめ旅行グッズをご紹介しています。ご参考までに、私がイタリア旅行の際に準備する持ち物リストの一覧も公開しています☆

イタリア旅行おすすめリンク

イタリア旅行に役立つサイトのリンク集を目的別に集めてみました。

カテゴリ

ブログランキング

参加中のブログランキングです。当ブログがお気に召していただけましたら、ぽちっとお願い致します☆

サイトについて

当ブログはリンクフリーです。サイトポリシーやお問い合わせ先についてはこちらからどうぞ。

検索フォーム

RSSリンクの表示

FC2カウンター