イタリア旅行記ブログ イタリア旅行は楽し

イタリア旅行大好きの管理人が、実際にイタリアに足を運んだ経験・情報に基づいて、イタリア旅行情報を発信してます。
旅行記や個人でのイタリア旅行のコツ、サッカー観戦情報もございます。

Top Page > イタリア旅行記2011 > 3/20フィレンツェ7 トッティ200ゴールおめでとう!

3/20フィレンツェ7 トッティ200ゴールおめでとう!

<本日のイタリア旅行記メニュー>
●スタディオ・アルテミオ・フランキにてセリエA観戦
~フィオレンティーナVsローマ~

 18泊の今回のイタリア旅行も、この日で17日目。今日はいよいよ、今回のサッカー観戦で一番の目玉カード、フィオレンティーナ対ローマを見に行く日であるっ!

 …目玉カードなんて言ってみたけどさ、去年もおととしもチャンピオンズリーグの決勝トーナメントとか見たのにさ、今年は、ヴィオラ対ローマが最大のイベントか…。それと言うのも、我々はフィオレンティーナとローマのファンなのだが、どちらとも今年はチャンピオンズリーグ出場を逃しているから、こんなことになっているのだ。去年はヴィオラ対バイエルン、おととしはローマ対アーセナルを見たのになあ…。

 チャンピオンズリーグの決勝トーナメントの試合の華やかさ、盛り上がり度は、やはりリーグ戦と違うトーナメント戦特有の緊張感も相まって、特別なものなのだ。ああ、今年もチャンピオンズリーグ見たかったよ…。インテルとかミランとか、北の人たちを応援してあげればよいのだけれど、冬のサンシーロスタジアムは極寒なので、よっぽど愛がなければ踏み出せないのである。

 まあ、いいさっ!言っても仕方がないことを言っても仕方があるまい。チャンピオンズリーグって何?それって食べられるの?くらいの気持ちで、今日は張り切って観戦に行くぞー!おー!(から元気)

 今年のセリエAは、あまりメリットはわからないのだが、日曜日に必ず1試合、12時半キックオフというクソ暑い時間の試合を設けている(オトメがクソ暑いだなんて、はしたないっ!)。この試合は、その12時半キックオフの試合となった。イタリアは3月くらいであれば、晴れた日は日中は暑いくらいに感じることもあるので、ファッションの温度調整が難しい。それにしても、12時半キックオフ、初夏や晩夏の試合は、本当にクソ暑いだろうな…(だから、クソ暑いなんて言葉使っちゃいけませんよっ!)

 しかし、12時半キックオフってのは、イマイチ観光の予定が立てにくい。フィオレンティーナのホームスタジアム、スタディオ・アルテミオ・フランキは、それほど中心街から遠くないので、試合が終わった後も、少し遊ぶ時間があるかもしれない。とりあえず、朝は早起きして、少しだけ朝のアルノ川沿いを散歩した。天気は最高に晴れていて、朝のアルノ川は大変に気持ち良かった。

アルノ川沿いのイタリア国旗と日本国旗
 アルノ川沿いの建物に、イタリア国旗と日本国旗が並べて掲げてあった。今年の旅行は、イタリアの街中で、日の丸を見かけることがあった。おそらく、震災後に、日本を応援する意味を込めて、飾ってあったのだと思う。

 アルノ川の美味しい空気を胸いっぱいに吸った後、とりあえずドゥオーモ君たちにおはようを言うため、中心街の方へ歩いた。すると朝の10時前くらいだったのだが、何だかお腹がすいてきた。イタリア旅行中は、だいたい朝6時頃起床するので、お昼ごはん前にお腹がすくこともよくある(日本ではどうして早起きできないんだろう…)。

 レプッブリカ広場に面する、GILLIという老舗のバールに入り、10時のおやつを食べることにした。10時のおやつ。何と新鮮な響きなのであろうか。GILLIは、ロケーションがよいためか、カウンターでの立ち飲みと、カフェのテーブル席との値段がだいぶ違うので、立ち飲みすることにした。

 カウンターでエスプレッソ2つと、甘いパンをひとつずつ頼むと、カウンターで紙を渡され、レジで支払うように言われた。レジでは2ユーロを請求され、カウンターで甘いパンとエスプレッソを美味しく味わった。…って2人で2ユーロ!?いくらカウンター席でも安くないか!?…実は、この日の夕方にまたGILLIに入った時にわかったのだが、我々は注文方法を間違えて、この10時のおやつの時は、不当に安い値段で飲食してしまったらしい…。観光地で観光客がぼったくられるのはよく聞く話だが、観光客に逆にぼったくられてしまった、フィレンツェの老舗カフェ・GILLIであった。(GILLIでの正しい注文方法は、この旅行記の続きのページにて!)

 その後、毎度おなじみの、フラッテッリーニという安くて美味しいパニーノ屋さんで、スタジアムで昼ごはんにするためのパニーノを買い、サン・マルコ広場から、スタジアム行きのバスに乗った。アルテミオ・フランキに行くのは、これで5回目。だいぶ慣れてきた。(これで慣れてなければ、よっぽどである。)

 スタジアムに早めに着いたので、スタジアム近くの公式グッズ売り場で、ヴィオラグッズあさりをした。フィレンツェ市のシンボルであるユリを基調としたエンブレムで、スミレ色をベースとしたヴィオラのオフィシャルグッズは、乙女心をくすぐるオフィシャルグッズとしてセリエA屈指である。ちなみに、メス狼と、その乳を飲むリアルな双子の赤子がシンボルで、おまけにドぎつい赤と黄色のローマグッズは、乙女心を一切くすぐらない。

 半額ゲッターの異名を持つ、値引き商品大好きの姉が(私ももちろん好きだが、姉のそれは私の比ではない)、半額のヴィオラのユニフォームレプリカを発見した。店員さんが寄ってきて、「それは去年のモデルだから半額だよ」などと言う。最後の一品で、しかも女性にちょうどのSサイズ。姉が試着してみたら、ピッタリ。このスタジアム近くのヴィオラショップには、日本人店員さんがいるので、その方にお願いして、その場でネーム入れもしてもらった。18番、モントリーヴォ。半額でゲットォ!

 バックスタンド側の席を前売りで買っておいたのだが、ほぼ真ん中の、良席であった。前から2列目であったが、1列目は見にくいから誰も座らないのか、もともと売っていないのか、誰も座っていないので、足もゆったり置けて楽ちん♪ローマの選手が入場してくると、スタジアムからブーイングが巻き起こる。ローマとフィレンツェ、観光地対決で張り合っているのだろうか。失敗から学ばない男・デロッシが入ってくると(2006年のW杯で、痛恨の肘打ち退場をしたのだが、最近また同じことをやらかした)、「デロッシ、バスター!」とやじられてた。「デロッシなんかもうたくさんだぜ!」くらいの意味だと思われる。

 良い子のヴィオラ
 携帯でぽちっと撮ったヴィオラの選手たち。誰が誰だか全然わからんな…。

悪い子のローマ
 ローマサイドはこちら。誰が誰だか全然わからんが、左の方で黒いスーツ姿なのが、小さいモンテッラ監督であることだけはわかる。モンテッラちっちゃ!

 この日は風が強く、アルテミオ・フランキでは必ず試合前に、グラウンド中央に置かれるでっかい牛乳のオブジェが(当然ですが宣伝用です)、この日は最初から横倒しにされていた。

 フィオレンティーナもローマも好きな我々にとっては、どちらが勝っても楽しめるゲームである。できれば点数がどかどか入る試合を見たいものだ(そんな試合が見たければ、バスケかラグビーを見るべきである)。

 さてさて、試合開始。ローマのメクセスは、金髪の長髪を、練習ではくくらずになびかせていたが、試合にはなぜかくくって出てきた。ラテン系男性は、本当に自らの外見をどーこーすることに余念がない。ちなみにメクセスは、ローマではすっごく女性に人気があるらしい。私にはヤンキー貴乃花親方にしか見えないので、女性人気が高いのは不思議。メクセスそのものは、熱い選手で、見ていて大変面白いので(ローマのギャグ担当。ただし、ローマにシリアス担当がいるかどうかは甚だ疑問)、大好きですけどね!

 先手を取ったのはフィオレンティーナ。(たぶん)バルガスのパスがムトゥに渡り、ムトゥは個人技でするするっと抜け出して、ナイスゴールをローマゴールに突き刺した。いやー!技ありっ!ムトゥは本当にうまい。もう少しだけ真面目に生きていれば、どれほどの選手になったことだろうか。ムトゥのゴールもスバラシイのだが、アシストしたヴァルガスが、今シーズン珍しく調子がよさそうだ。大ブレイクしたおととし、去年と打って変って、ケガがちだった今年は、出来がよくない試合が多かったのだ。

 しかし、そのわずか5分後に、ローマはペナルティエリア内で、リーセが、ベーラミかコモットに倒されて、PK獲得。そんなにひどいファールには見えなかったけど、PK取られても仕方がないかなーという接触ではあった。もちろん、フィオレンティーナファン一色のスタジアムは大ブーイング。そんな中、PKを蹴るのはトッティ。実は、これが決まれば、セリエA通算200ゴール目である。

 ローマの王子は、軽々とこのPKを決めて、200ゴール達成っ!史上6人目の快挙なのに、フィオレンティーナファンは、トッティのことなど軽くシカト!仕方なく、心の中で「おめでとう」と言おうと思ったが、よく考えれば、周りのイタリア人が「おめでとう」という日本語を知っている可能性は限りなく低いので、ぼそっと「おめでとう」と言ってみた。

 中田がローマにいた時代の、日本での報道のされ方もあって、日本人にはアンチも多いトッティだが、私は大好きな選手である。プレーヤーとしては、一番好きなタイプかもしれない。テクニックとフィジカルを兼ねそなえていて、何より視野が広く、味方を生かすプレーは抜群だし、自らのシュート力も高い。顔も古代彫刻もしくはミケランジェロの宗教画みたいで美形なのだが、神様は、このトッティに、「知性」を与えることはしなかった。トッティは、ローマのキラキラっとした王子様ではなく、バカ王子なのである(トッティのバカ王子っぷりをパロディ化した本もあり、日本語にも翻訳されている→トッティ王子のちょっぴしおバカな笑い話)。30を超えて、ベテラン選手になっても、王様にはなれない、永遠に王子のトッティなのである。200ゴールおめでとうっ!

 トッティのPKは事故みたいなものだったので、その後も、ホームのフィオレンティーナが押し気味に試合を進める。本当に、今日は珍しく、左サイドのヴァルガスの調子が良い。右サイドのグランデマリオことサンターナも、相変わらず献身的に動き回るし。あとは、今季加入したベーラミも、ファイトあふれるプレーで目立っている。ベーラミはチンピラみたいなので、来たばっかりの時は「何だかなー」と思っていたが(チンピラはヴィオラではなくローマのほうがチームカラーに合っている…)、なかなか頑張っているので、最近は好感を持って見ている。

 その、押しているフィオレンティーナが、35分に、コーナーキックから、ムトゥが頭で流して、セットプレーで上がってきていた、センターバックのガンベリーニの足元にどんぴしゃでおさまり、ガンベリーニがそのままゴールに蹴り込んで、ヴィオラがまたリード!ガンベリーニのゴールは、ゴール方向に押し込みさえすれば入るゴールだったのだが、ガンベリーニは基本守る人なので、目の前に慣れない大チャンスボールが転がってきて、かなりこわごわシュートした感じだった。そのためか、まあ、私でも決められそうなゴールだったのだが、本人だいぶ喜んでいて、ヴィオラの選手が次々に上から乗っかって祝福していた。ちょっと!ガンベリーニは壊れやすいんだから、ケガさせないでよっ!ガンベリーニは隠れイケメンなので、私も姉も大好き。ゴールが見れて幸せー♪
 
 2対1で、試合はハーフタイムに入った。どちらが勝っても幸せ、という試合は気楽でよいなー。点も前半だけで3点入ったし!

 後半頭は両チームとも、選手の交代はなし。後半に入っても、試合はすぐに動いた。ゴール前にフリーになっていたトッティの前に、両チームが競りあったボールが転がってくると、トッティが弾丸のようなシュートをフィオレンティーナゴールに突き刺し、またもや同点っ!いやー、このゴールも、フリーだったとはいえ、すごいシュートだった。トッティのような選手を、ゴール前でフリーにするなんて、ほんの一瞬でもしてはいけないことなのだな…。トッティの通算201ゴール目っ!こっちが200ゴールの方がカッコよかったのだが、そうじゃないところがトッティなのである。

 せっかく点がぽんぽん入った試合だったのだが、この後、気温も上昇してきて、両チームともトーンダウンしてしまった。そんなことくらいでトーンダウンしてしまうあたりが、両チームともが、今シーズンうまくいっていないことを表している。気合入れてやらんかっ!まあ、イタリア人に、気合の何たるかを説いたところで、むなしいだけだな…。だらだら、だらだら、と、その後は大した見どころはなく、試合は終わった。まあ、前半はエキサイティングな展開だったし、4ゴールも見れたし、トッティの200ゴールも見たし、珍しいガンベリーニのゴールも見たし、よしとするか(ムトゥのゴールも喜んでやれよ…)。

 中心街に戻るバスに乗り、切符を刻印しようとすると、近くにいたフィオレンティーナファンのおっちゃんに、「試合後のバスは刻印しなくていいんだよ」と言って、止められた。えー、本当かなー?確かに刻印してる人は少ないけど。少なくとも、バスがすし詰め状態になる時は、刻印は、刻印機までたどりつけないので、物理的に不可能なので、しなくてよいとは思う。

 中心街までバスがたどりつき、今回は、駅まで行かずに、サン・マルコ広場で降車することに成功した。いやー、成長したなー!アルテミオ・フランキからの帰りに、中心街に帰って来たい時は、終点のサンタ・マリア・ノヴェッラ駅のひとつ前の、サン・マルコ広場で降りた方が近いのである。サン・マルコ広場でしっかり降車できる人は、スタディオ・アルテミオ・フランキ中級者!5回もスタジアムに行って、ようやく中級の域に達することができた我々なのであった。

 12時半キックオフの試合は、かなり早い時間に中心街に戻ってこれるので、これからもうひと遊びできそうである。この後のフィレンツェ歩きは、ページを改めて書きますっ!

3/20フィレンツェ8 橋を渡ってお家に帰ろう!へ続く

イタリア旅行記2011もくじ

イタリア旅行は楽し♪トップページへ

スポンサーリンク

Home

プロフィール

辺獄

Author:辺獄
貧乏なくせに、イタリア旅行というお金のかかる趣味を持ってしまった、「イタリア旅行貧乏」です。旅行は楽し♪びんぼーも楽し♪がモットーです!
ついでにイタリア語も楽し♪
好きなイタリアの画家はボッティチェリ!

(limba→辺獄へ和訳改名しました!)

サイト修復中のお知らせ

当ブログは、記事が増えすぎたため、旅行記と本の感想以外の、イタリア旅行の実用的な情報記事を、新サイトにお引越しする作業を行っています。

引っ越し作業中は、お見苦しい箇所も出てきてしまうと思いますが、何とぞご容赦くださいませ。

新サイトはこちらです
辺獄のイタリア旅行おすすめ情報
辺獄のイタリア旅行おすすめ情報

新サイト完成後も、こちらのブログは、旅行記ブログとして存続しますので、よろしくお願い致します!

最新記事

イタリア旅行記

イタリア個人旅行の作り方

イタリアを個人で旅行する場合の、旅程の立て方や、航空券やホテルの予約の仕方についてまとめてみました♪
● イタリア個人旅行の作り方



イタリアの各町まとめガイド

今まで行ったことのあるイタリアの町ごとに、観光情報をまとめてあります。情報は、訪問当時のものなので、変わっている可能性もございます。ご注意下さいませ。
● 各町まとめガイド

各町まとめガイドは、10月以降、一時的に記事が見れなくなる可能性があります。詳しくはこちら

イタリア旅行お役立ち情報

イタリアツアー情報

当サイトはイタリアを個人旅行するための情報が多いので、パックツアーを考えている方のための別館を作ってみました。イタリアツアーの選び方や、おすすめイタリアツアーを紹介しています。
別館→イタリアツアー情報

旅行会話をマスターする!

せっかくイタリアに行くなら、イタリア語にチャレンジしてみましょう!イタリア語旅行会話の学習法や、おすすめのイタリア語学習教材、また、イタリア旅行で実際に使った旅行フレーズの紹介などをしています。

イタリア旅行おすすめ本

イタリア旅行に関するおすすめの本を紹介しています。おすすめガイドブックや、イタリア旅行前にぜひ読んでおきたい読み物、ちょっと小難しい文芸作品まで♪一覧にまとめてありますので、こちらからどうぞ↓

おすすめ旅行グッズ

イタリア旅行に役立つおすすめ旅行グッズをご紹介しています。ご参考までに、私がイタリア旅行の際に準備する持ち物リストの一覧も公開しています☆

イタリア旅行おすすめリンク

イタリア旅行に役立つサイトのリンク集を目的別に集めてみました。

カテゴリ

ブログランキング

参加中のブログランキングです。当ブログがお気に召していただけましたら、ぽちっとお願い致します☆

サイトについて

当ブログはリンクフリーです。サイトポリシーやお問い合わせ先についてはこちらからどうぞ。

検索フォーム

RSSリンクの表示

FC2カウンター