イタリア旅行記ブログ イタリア旅行は楽し

イタリア旅行大好きの管理人が、実際にイタリアに足を運んだ経験・情報に基づいて、イタリア旅行情報を発信してます。
旅行記や個人でのイタリア旅行のコツ、サッカー観戦情報もございます。

Top Page > イタリア旅行記2011 > 3/18ヴェネツィア7 リアルト橋は光の舞台

3/18ヴェネツィア7 リアルト橋は光の舞台

<本日のイタリア旅行記メニュー>
●リアルト橋
●San Giovanni Elemosinario教会


 今日は、ヴェネツィアからフィレンツェに移動する日だが、朝から、キラーンと晴れていた。お昼前のユーロスターに乗るので、それまでの時間を使って、少しヴェネツィア散歩をすることにした。

 そのため、荷物整理を早めに終わらせようと思ったのだが、プチトラブル発生。姉「私のメガネケースがないっ!」。メガネケース。これは、重要でないように見えて、実はかなり重要な旅アイテムである。メガネケースがなければ、メガネくんを安全に持ち運びできないのだ。じゃあ、メガネはかけてしまえよ、とお思いになるかもしれないが、オトメがメガネをかけて旅行すると思ったら大間違いである。他人にとっては、「お前の顔なんざ、メガネがあろうとなかろうと大差ねえよ!」と言いたくなるだろうが、本人にとってはwithメガネとwithoutメガネは、ジェラートの美味しくない町と美味しい町くらいの差があるのである(わかりにくいたとえ)。

 というわけで、姉のメガネケース大捜索っ!ありとあらゆる場所を、くまなく探してみたが、ないっ!まあ、こういう時は見つからないものなのだよ。しかし、だからと言って諦めるわけにはいかない。今日、もうこのB&Bは出発するので、今見つけなければ、半永久的に姉のメガネケースは、水の都・ヴェネツィアに取り残されることになる。(メガネケース君は、その方が嬉しかったりして…)

 100回目くらいにベッドの掛け布団の下を捜索すると、ようやく出てきたー!こういう時ってのは、なぜ、何回も見た場所から、何回目かに出てくるものなのだろうか。さて、メガネケース君は無事に捕獲したが、今度は、約束の時間・8時を20分以上過ぎても、朝ごはんが運ばれてこない。部屋を出て、朝ごはんを作ってくれるタヴァーラという女性に、「そろそろ食べたいんですけど…」と声をかけると、「あと1分待ってくれる?」と言われ、その5分後くらいに朝ごはんは運ばれてきた。タヴァーラは、「ごめんねー。妹から電話がかかってきたの!」と言い訳をした。こんな言い訳が通用すると思っているのは、先進国ではイタリアくらいのものだろうな…(スペインも通用しそうだが)。

 B&Bのチェックアウトは10時だが、11時半くらいまで荷物を預かってくれることになったので、スーツケースを置いて、朝のヴェネツィアに飛び出した。いやー、今日もよく晴れていて気持ちがよい。とりあえず、リアルト橋から、カナル・グランデを眺めることにした。

リアルト橋

 晴れた日のカナル・グランデは、華やかだった。ヴァポレットやゴンドラが絶え間なく行き交い、荷物を積んだ船や、水上タクシーもどんどん通過して行く。リアルト橋から見える、観光のためのゴンドラ乗り場には、次から次へと観光客がやってきて、ゴンドリエーレ(ゴンドラの漕ぎ手)と交渉している。交渉がまとまって、次から次へとカナル・グランデへ繰り出すゴンドラ。よくよく見ると、ゴンドラは、ゴンドリーエによって、装飾が違う。ボーダーシャツに麦わら帽子が定番のゴンドリエーレのスタイルも、上からシャツを羽織ったり、オレ様のイケメンを見せつけるために帽子を取ったりと様々だ。ゴンドラを漕ぐオールを、ボーダーシャツとおそろいのボーダー柄にしているゴンドリエーレもいて、何ともオシャレ。

 その時!姉が「私は手すりではナイ…」とつぶやいた。杖をついた観光客のおじいちゃんが、姉を手すり代わりにして、リアルト橋からカナル・グランデを眺めていた…。それにしても、きらきらと輝くカナル・グランデは平和。荷物を運ぶ船に寝そべったヴェネツィア人が(おそらく仕事中)、こちらに向かって手を振ってきたので振り返した。リアルト橋からカナル・グランデを眺めていると、リアルト橋の上は、カナル・グランデで流れる日常生活から少し高い部分にある、ちょっとした舞台のような気分になってくる。ヴェネツィア観光は、こうやってただただ運河をぼーーーーーっと眺める時間があるとよい。何も考えずに、水の流れ、時の流れを、ぼーーーーーっと眺めるのだ。

 リアルト橋でだいぶぼーーーーっとした後、「コールス加盟の教会に、ひとつくらい入っちゃおうよ」と言って、リアルト橋近くのSan Giovanni Elemosinario教会に入った。ティツィアーノの絵があったのだが、残念ながら、おっさんの絵であった。あんまりナイスミドルの良さがまだわからない、おこちゃまの私には、あまり楽しめなかった。

 その後、まだ少し時間があったので、サン・マルコ広場まで歩いた。リアルト橋からサン・マルコ広場までは、ヴァポレットに乗ると果てしなく長く感じるが、歩いてしまえばあっという間である。サン・マルコ広場はさんさんと輝いていて、華やかな観光地の雰囲気に満ちていた。やっぱりサン・マルコ広場は晴れた日が元気がよい。サン・マルコ寺院にはすさまじく行列ができていた。日本語のうまいイタリア人ガイドさんが、日本人ツアーを率いていて、「ココラヘンノカフェハ、タカクテ、マズイ」とか言っていた。

 光り輝くサン・マルコ広場で、もう少しグダグダしたかったのだが、フィレンツェへの出発時刻も迫ってきたため、B&Bに帰ることにした。まあ、ヴェネツィアは、今回はたったの4泊だったので、まだまだやり残したこともあるから、また来るよっ!マルコ君、またねー!

 B&Bまでは、急行のヴァポレットを使って、カナル・グランデを帰ろうと思ったのだが、どうにも急行ヴァポレットが、どこの停留所に停まるのかがよくわからなかった。急行の停まる停留所を探しているうちに、どんどん時間は過ぎてしまったので、諦めて歩いて戻った。ま、歩いたほうが早いしねっ!

 B&Bで預かっていてもらった荷物を取って、見送ってくれたタヴァーラと手を振って別れて、サン・シルヴェストロというヴァポレット停留所に向かった。ここから、サンタ・ルチア駅までも、本当は歩いたほうが早いのだが、ヴェネツィアは階段が多いので、スーツケースがある時は、ヴァポレットを使った方がよい。来た時にはまさか道だとは思わなかったソット・ポルテゴをくぐると、来た時よりもはるかに近道で、停留所に着いた。ヴァポレットを待っている時に、姉が気付いた。「あ。ヴァポレット券買ってない」。

 ヴァポレットは、駅やサン・マルコ広場など、大きな停留所でないと、停留所ではチケットを買えないのである。何となく知っていたんだけど、頭には入っていなかった。確か、町のタバッキでもヴァポレット券は売っていたはず。スーツケースがあるので、姉が荷物番をして、私が一人でタバッキを探して、ヴァポレット券を買ってくることにした。

 何となく、明るい広場に抜けそうだった、ソット・ポルテゴをくぐると、ビンゴぉ!タバッキ発見っ!「ヴァポレットの一回券を2枚下さいっ!」。タバッキのおじさんは、日本人の子供がつたないイタリア語を話してるぜ(ちなみに私はココロは子供だが、社会的には大人である)、みたいな奇怪な目で私を見て、2枚のヴァポレット券を売ってくれた。はー、難なくゲットォ!ヴェネツィアで、大きくない停留所からヴァポレットに乗る時は、必ず先にヴァポレット券をゲットしておきましょうね♪

 ヴァポレットは相変わらず、のろすぎ、混みすぎ、犬多すぎであったが、無事にサンタ・ルチア駅までたどりついた。というわけで、ここらで水の都を離れ、花の都フィレンツェへと戻る。今回の旅行は、フィレンツェから始まって、フィレンツェで終わるのだ。ヴェネツィアではやり残したことがたくさんある。

 ヴェネツィアでやり残したことベスト3!

第一位 サンタ・マリア・デッラ・サルーテ教会のティツィアーノの天井画を見ていない
第二位 ルステギのパニーノを食べていない
第三位 ジェラテリア・ニコのジェラートを食べていない。

 食べ物のことばかり言っているように見えるのは気のせいですよ。ってなわけで、また来るよ、ヴェネツィアっ!次は晴れて、オーバーブッキングもしないで待っててくれたまえっ!

3/18フィレンツェ6 アルノ川の向こう側へ続く

イタリア旅行記2011もくじ

イタリア旅行は楽し♪トップページへ

スポンサーリンク

Home

プロフィール

辺獄

Author:辺獄
貧乏なくせに、イタリア旅行というお金のかかる趣味を持ってしまった、「イタリア旅行貧乏」です。旅行は楽し♪びんぼーも楽し♪がモットーです!
ついでにイタリア語も楽し♪
好きなイタリアの画家はボッティチェリ!

(limba→辺獄へ和訳改名しました!)

サイト修復中のお知らせ

当ブログは、記事が増えすぎたため、旅行記と本の感想以外の、イタリア旅行の実用的な情報記事を、新サイトにお引越しする作業を行っています。

引っ越し作業中は、お見苦しい箇所も出てきてしまうと思いますが、何とぞご容赦くださいませ。

新サイトはこちらです
辺獄のイタリア旅行おすすめ情報
辺獄のイタリア旅行おすすめ情報

新サイト完成後も、こちらのブログは、旅行記ブログとして存続しますので、よろしくお願い致します!

最新記事

イタリア旅行記

イタリア個人旅行の作り方

イタリアを個人で旅行する場合の、旅程の立て方や、航空券やホテルの予約の仕方についてまとめてみました♪
● イタリア個人旅行の作り方



イタリアの各町まとめガイド

今まで行ったことのあるイタリアの町ごとに、観光情報をまとめてあります。情報は、訪問当時のものなので、変わっている可能性もございます。ご注意下さいませ。
● 各町まとめガイド

各町まとめガイドは、10月以降、一時的に記事が見れなくなる可能性があります。詳しくはこちら

イタリア旅行お役立ち情報

イタリアツアー情報

当サイトはイタリアを個人旅行するための情報が多いので、パックツアーを考えている方のための別館を作ってみました。イタリアツアーの選び方や、おすすめイタリアツアーを紹介しています。
別館→イタリアツアー情報

旅行会話をマスターする!

せっかくイタリアに行くなら、イタリア語にチャレンジしてみましょう!イタリア語旅行会話の学習法や、おすすめのイタリア語学習教材、また、イタリア旅行で実際に使った旅行フレーズの紹介などをしています。

イタリア旅行おすすめ本

イタリア旅行に関するおすすめの本を紹介しています。おすすめガイドブックや、イタリア旅行前にぜひ読んでおきたい読み物、ちょっと小難しい文芸作品まで♪一覧にまとめてありますので、こちらからどうぞ↓

おすすめ旅行グッズ

イタリア旅行に役立つおすすめ旅行グッズをご紹介しています。ご参考までに、私がイタリア旅行の際に準備する持ち物リストの一覧も公開しています☆

イタリア旅行おすすめリンク

イタリア旅行に役立つサイトのリンク集を目的別に集めてみました。

カテゴリ

ブログランキング

参加中のブログランキングです。当ブログがお気に召していただけましたら、ぽちっとお願い致します☆

サイトについて

当ブログはリンクフリーです。サイトポリシーやお問い合わせ先についてはこちらからどうぞ。

検索フォーム

RSSリンクの表示

FC2カウンター