イタリア旅行記ブログ イタリア旅行は楽し

イタリア旅行大好きの管理人が、実際にイタリアに足を運んだ経験・情報に基づいて、イタリア旅行情報を発信してます。
旅行記や個人でのイタリア旅行のコツ、サッカー観戦情報もございます。

Top Page > イタリア旅行記2011 > 3/9ヴェローナ2~いま夜が来て君はきれいになった

3/9ヴェローナ2~いま夜が来て君はきれいになった

<本日のイタリア旅行記メニュー>
●スカリジェロ橋

 ヴィツェンツァからヴェローナへ帰りついたのは、夕方5時過ぎであった。姉は言った。「近くの電気屋さんに、ダメ元でカメラを持って行って、見てもらおう」。携帯でなかなかきれいな画像が撮れると言っても、やはりカメラの方が撮りやすいし、何と言っても姉にとっては、日本で練習までしてきたカメラである。

 姉いわく、「修理が必要なくらい壊れていたら仕方ないけど、プロがちょっと見たら、すぐ解決するくらいの問題だったら、直してもらおうと思うのよ」。だけど…ううむ、どうかなあ…。イタリア人は何となく機械とかコンピュータに弱い感じがするので(自分だって弱いくせに)、イタリア人がキラーンと目の前でカメラを修復する姿が思い浮かばない…。

 旧市街に入る手前のところに、ヴェローナでは比較的大きな電気屋さん―――ここで、決して、ヤマダ電機や、ビックカメラなどのような、家電量販店を想像してはいけない。「まちのでんきやさん」という感じのお店を想像して下さい―――があったため、「すみません、カメラが壊れたので、少し見てもらえませんか?」と聞いてみた。お店のお姉さんは、カメラを見て、「うーん、これはカジオ(イタリアではCASIOはカジオらしい)だわね~。ウチでは見てあげられないわ~。ソニーなら扱ってるんだけど」と言い、奥にいる男性とも少し話をして、「カジオは、ミラノまで行けば扱っているお店があると思うわよ」とのことだった。

 でも、我々は、今回の旅程ではミラノへは行かない。こうして、姉の最後の一手「プロに見てもらう」という夢は、打ち砕かれた。そして、姉の携帯電話は、「残された唯一のカメラ」として、毎日しっかり充電され、丁重に扱われるようになった。ここで、鋭い方なら、お前、自分の携帯のカメラ機能はどうした…?と突っ込みたくなるだろう。私の携帯電話は、いつも周りの友人たちに「化石」と呼ばれる、5年前から使っている機種で、カメラ機能はあるはあるけど、「一応画像らしきものが撮れました!」程度の画質なのである。携帯電話は、メールと通話さえできればいいさ、というのが私のポリシー(貧乏ゆえのポリシー)だったのだが、反省し、帰国後、すぐに機種変更しましたよ、ええ…。

 全くの余談だが、カメラ君のその後であるが、日本に帰国後、姉がヤマダ電機に持って行ってみると、「あー、これよくあるんですよー」と、売り場のお兄さんが、ガチャッとSDカードを入れ直すと、すぐに正常に動いた…。自分たちでも何度もSDカード入れ替えたのに、どうして動かなかったんだろう…。それに、これが国内旅行だったら、どこか電気屋さんに持ち込めば、すぐに復旧できたくさいな…。

 まあ、気を取り直してっ!

 ヴェローナは夕景が美しいことに昨日気付いたので、アディジェ川にかかる橋の中で、一番有名なスカリジェロ橋へ、夕景を見に行くことにした。カステロ・ヴェッキオというお城の近くの橋なのだが、渡り始めがよくわからずにウロウロした。カステロ・ヴェッキオと完全につながっている橋なので、お城の入り口かと思いきや橋だった、というフェイントのような橋の渡り口であった。

 スカリジェロ橋は、お城の延長と言う感じで、城塞のような印を与える橋であった。ヴェローナ特有の、ちょっとハート形に開いている上部のギザギザと、バラ色と白のカラーを持つ、最もヴェローナっぽい橋でもある。色あいがいちご味みたいな感じのためか、ごつい形なのだが、全体としては女性戦士のようで、かっこよくもかわいらしくもある。地元の人たちが、犬の散歩をしながらたくさん渡っていた。こんな素敵な橋を、毎日散歩できる人々はうらやましい~。

201103091831000_convert_20110416153509.jpg
 この子がスカリジェロ橋。こちらは、川の向こう側からのショット。

 到着した時は既に暗くなりかけていたが、やはり、夕暮れ時のヴェローナは美しい。ロマンチックという言葉が、一番よく当てはまる。川沿いをランニングしている人を、何人か見かけた。こんなロマンチックな界隈を、ランニングできるなんてうらやましい~。

 ちなみに、今回の旅行は、ヴェローナに限らず、至る所で(何とヴェネツィアのような迷宮都市でも!)ランニングしている人を多く見かけた。日本でもそうだが、イタリアもランニングブームらしい。ただ、イタリアのランナーは、日本で見かけるランナーよりも、スピードがかなりてれんこ(「てれんこ」…副詞。だらだらとおこなうさま)な人が多かった。まあ、イタリア人のマラソンランナーとかあんまり聞かないしな…。ただただ辛抱強く、おのれと戦いながら、淡々と走り続けるというスポーツが、イタリア人の国民性に合っているとは思えない。そう考えると、やはりイタリア人と日本人の国民性のステレオタイプは、真逆なのだな~。

 201103091826000_convert_20110416153436.jpg
 橋の近くから見た、アディジェ川沿いの夕景。街灯の色が統一されていて、川の水に映っているのが実に美しい。ヴェローナもそうだが、北イタリアは、中部・南部イタリアと比べて、街灯の数が多く、夜が明るい。やっぱり北イタリアは裕福なんだろうなあ。

 橋の向こう側から、夕景を堪能しているうちに、かなり暗くなってきたので、そろそろ橋を戻って帰ることにした。

201103091842000_convert_20110416153531.jpg

 すっかり暗くなったスカリジェロ橋。ま~、何ともロマンチック!やっぱりヴェローナは、夜が最高っ!

 夜景のヴェローナをとことこと、B&Bまで戻った。この日は、ミラン対トッテナムの、チャンピオンズリーグの2ndレグの試合があるので、テレビをつけた。とは言っても、この試合は地上波が放映権を持っていなくて、いつものように、「試合の生中継を見ながら大激論するスタジオを生中継する」という、日本では考えられないサッカー中継の番組を見た。

 本来ならトッテナムの方が好きなチームなのだけど、イタリアのチャンピオンズリーグ枠が、かなり悲劇的なことになっているので、ミランを応援せざるを得ない。だが、ミランは既に、ホームでの1stレグを落としている。てわけで、「期待するとつらくなるだろ…(スラムダンクにこういうセリフあったな…)」と、全く期待せずに見たが、期待しようがしなかろうが、負けた。…誰だ、アンチェロッティを解任したのはっ!アンチェロッティがいなくなってから、「チャンピオンズリーグには強いミラン」は全く姿を消してしまった。

 その後、ヴェローナのローカルチャンネルをつけると、珍しくキエーヴォ・ヴェローナの話をしていた。キエーヴォはヴェローナが本拠地のチームなのだが、ヴェローナではエラス・ヴェローナという、今はセリエBだかCだかに低迷している古豪クラブのファンが多く、ヴェローナの小さな一地区でしかないキエーヴォのファンは少ないのだ。そのため、フィレンツェでいつもフィオレンティーナの番組をしているみたいに、街全体でキエーヴォを応援しよう、という動きは少ない。この番組も、今週末にキエーヴォはフィオレンティーナと対戦するのだが、ここ数試合でフィオレンティーナが上げた勝ち点は12、キエーヴォは5、よってキエーヴォに勝ち目なし、みたいな、まあ、ある意味冷静なのだけれども、地元のチームを応援しようという姿勢が一切見られないコメントをしていた…。

 さて、明日はマントヴァ行きである。「美しい街・マントヴァにカメラなしで行くなんて…」と我々姉妹は嘆いていたが、そのマントヴァのイメージは、実際、街に足を踏み入れてみると、コペルニクス的転回を見せることになるのである…。

3/10マントヴァ 湖に浮かぶ笑いの殿堂へ続く

イタリア旅行記2011もくじ

イタリア旅行は楽し♪トップページへ

スポンサーリンク

Home

プロフィール

辺獄

Author:辺獄
貧乏なくせに、イタリア旅行というお金のかかる趣味を持ってしまった、「イタリア旅行貧乏」です。旅行は楽し♪びんぼーも楽し♪がモットーです!
ついでにイタリア語も楽し♪
好きなイタリアの画家はボッティチェリ!

(limba→辺獄へ和訳改名しました!)

サイト修復中のお知らせ

当ブログは、記事が増えすぎたため、旅行記と本の感想以外の、イタリア旅行の実用的な情報記事を、新サイトにお引越しする作業を行っています。

引っ越し作業中は、お見苦しい箇所も出てきてしまうと思いますが、何とぞご容赦くださいませ。

新サイトはこちらです
辺獄のイタリア旅行おすすめ情報
辺獄のイタリア旅行おすすめ情報

新サイト完成後も、こちらのブログは、旅行記ブログとして存続しますので、よろしくお願い致します!

最新記事

イタリア旅行記

イタリア個人旅行の作り方

イタリアを個人で旅行する場合の、旅程の立て方や、航空券やホテルの予約の仕方についてまとめてみました♪
● イタリア個人旅行の作り方



イタリアの各町まとめガイド

今まで行ったことのあるイタリアの町ごとに、観光情報をまとめてあります。情報は、訪問当時のものなので、変わっている可能性もございます。ご注意下さいませ。
● 各町まとめガイド

各町まとめガイドは、10月以降、一時的に記事が見れなくなる可能性があります。詳しくはこちら

イタリア旅行お役立ち情報

イタリアツアー情報

当サイトはイタリアを個人旅行するための情報が多いので、パックツアーを考えている方のための別館を作ってみました。イタリアツアーの選び方や、おすすめイタリアツアーを紹介しています。
別館→イタリアツアー情報

旅行会話をマスターする!

せっかくイタリアに行くなら、イタリア語にチャレンジしてみましょう!イタリア語旅行会話の学習法や、おすすめのイタリア語学習教材、また、イタリア旅行で実際に使った旅行フレーズの紹介などをしています。

イタリア旅行おすすめ本

イタリア旅行に関するおすすめの本を紹介しています。おすすめガイドブックや、イタリア旅行前にぜひ読んでおきたい読み物、ちょっと小難しい文芸作品まで♪一覧にまとめてありますので、こちらからどうぞ↓

おすすめ旅行グッズ

イタリア旅行に役立つおすすめ旅行グッズをご紹介しています。ご参考までに、私がイタリア旅行の際に準備する持ち物リストの一覧も公開しています☆

イタリア旅行おすすめリンク

イタリア旅行に役立つサイトのリンク集を目的別に集めてみました。

カテゴリ

ブログランキング

参加中のブログランキングです。当ブログがお気に召していただけましたら、ぽちっとお願い致します☆

サイトについて

当ブログはリンクフリーです。サイトポリシーやお問い合わせ先についてはこちらからどうぞ。

検索フォーム

RSSリンクの表示

FC2カウンター