イタリア旅行記ブログ イタリア旅行は楽し

イタリア旅行大好きの管理人が、実際にイタリアに足を運んだ経験・情報に基づいて、イタリア旅行情報を発信してます。
旅行記や個人でのイタリア旅行のコツ、サッカー観戦情報もございます。

Top Page > イタリア旅行おすすめ本 > ゲーテ「イタリア旅行記」下巻(というよりローマ滞在記紹介)

ゲーテ「イタリア旅行記」下巻(というよりローマ滞在記紹介)

 さてさてっ。ゲーテの「イタリア紀行」を紹介していますが、本日は最終巻。

イタリア紀行 下 (岩波文庫 赤 406-1)イタリア紀行 下 (岩波文庫 赤 406-1)
(1960/01)
ゲーテ

商品詳細を見る


 下巻は、まるまるローマ滞在記ですが、このローマ滞在は第2次ローマ滞在で、南イタリアからの帰路にローマに立ち寄った記録です。上巻に含まれるのが、南イタリアへ行く前のローマ滞在で、第1次ローマ滞在です。

 下巻は、上巻、中巻と違って、旅行記というよりも、ゲーテの芸術論などが中心に書かれていて、他の巻とはずいぶん雰囲気が違います。ゲーテ研究をしたい方や、芸術論が好きな方にはおもしろいかもしれませんが、イタリア旅行記を目当てに読みたい方には、少しおすすめできない巻です。ゲーテのほのかな恋愛話なども書かれていて、面白い部分もあるんですけどね(笑)。

 というわけで、ゲーテのローマ滞在記は、紀行文としては上巻の方が興味深いので、上巻からいろいろピックアップしてみます。

 「われわれが最もすぐれた事象に接しようとしてローマの市中を歩きまわるとき、この巨大なものは悠々としてわれわれの上に働きかけてくる。他の土地では意味の深いものをこちらからさがしてまわらねばならないのに、ここではかえってわれわれが圧倒されるほどそうしたものに充満している。…(中略)…人は千の絵筆を使ってそれを叙述すべきで、一本のペンが何の役に立つであろう。実に鑑賞と驚嘆の連続で、夜になるとわれわれはすっかり疲れ切ってしまう」

 このへんの記述は、実にしかりでございますね。ローマでは三歩歩けば、遺跡や芸術作品を抱えた教会が待ち構えています。一日や二日の観光では、あまりに多くのものを見すぎて、疲れてしまうというのは同感でございます。ゲーテは、バチカン美術館で、ミケランジェロの「天地創造」や「最後の審判」を見た直後に、ラファエロの「アテナイの学堂」などのある回廊を鑑賞したことを後悔しています。一度にこんなに美しいものを消化しきれない、てなわけです。でも、ミケランジェロのあるシスティナ礼拝堂と、ラファエロの回廊はほぼ隣り合っているので、旅行者からしてみれば、一度に鑑賞しないわけにはいかないわけですがっ!

 そんなわけで、「ローマは一個の世界であって、それを通暁するのには、まず数年を必要とする。だから、通り一遍の見物をして立ち去ってゆく旅行者を見ると、かえって羨ましいくらいだ」とのことです。そんなこと言われてもねえ。確かにその通りなんですけど、そりゃあ数年かけてローマ観光ができればサイコーですけど、21世紀人はそんなにヒマじゃないのよっ!(まあ、その中でも私はヒマ人な方でしょうが…)

 それにしても、ローマ見たさに、フィレンツェを3時間足らずの見学で、ローマ行きを急いでしまったゲーテさん、ローマに深く深く感銘を受けたらしく、「(ローマでは)われわれはいわば生まれ変わってしまうのだ。そうしてわれわれが今まで抱いていた概念を回顧すると、ちょうど子供の時にはいた靴かなんぞのように見えてくる」とまで言っております。それだけ称賛する一方で、ドイツ人らしく、「いくたの放蕩が暴威をふるい、いくたの愚昧が権力と金力によって永遠化されているローマ」と、ちくりと批判的な一言も忘れません。これは…何となく、ローマ教会のことを暗に批判しているような気がしますねえ。

 最後に、ローマの夜景をほめている一節を抜粋。「満月の光を浴びてローマを彷徨う美しさは、見ないで想像のつくものではない。個々の者の姿はすべて光と闇との集団に呑みつくされ、そして最も大きく最も一般的な形像のみが、我々の目に映る。…(中略)…特に長めのいいのはコリセオ(=コロッセオ)である」。

 …ローマでの、遺跡の夜のライトアップは、私は見れなかったんですけどっ!(冬場だったが、ナゼだかやっていなかった)。夏場のハイシーズンなどは、ローマにやる気があれば、遺跡のライトアップが見られるそうなので、ゲーテさん絶賛の夜のローマを、治安に気をつけてゆっくり堪能しましょう。

 ってなわけで、ゲーテのイタリア紀行全3巻を読破いたしました!下巻はちょっとしんどかったですが、なかなかおもしろく、深みのある本でした。イタリアに今から行かれる方、逆に行ったことのある方など、イタリア旅行に興味があり、硬い文章に抵抗のない方には、ぜひおすすめしますよ

イタリア旅行おすすめ本一覧

イタリア旅行は楽し♪トップページへ

スポンサーリンク

Home

プロフィール

辺獄

Author:辺獄
貧乏なくせに、イタリア旅行というお金のかかる趣味を持ってしまった、「イタリア旅行貧乏」です。旅行は楽し♪びんぼーも楽し♪がモットーです!
ついでにイタリア語も楽し♪
好きなイタリアの画家はボッティチェリ!

(limba→辺獄へ和訳改名しました!)

サイト修復中のお知らせ

当ブログは、記事が増えすぎたため、旅行記と本の感想以外の、イタリア旅行の実用的な情報記事を、新サイトにお引越しする作業を行っています。

引っ越し作業中は、お見苦しい箇所も出てきてしまうと思いますが、何とぞご容赦くださいませ。

新サイトはこちらです
辺獄のイタリア旅行おすすめ情報
辺獄のイタリア旅行おすすめ情報

新サイト完成後も、こちらのブログは、旅行記ブログとして存続しますので、よろしくお願い致します!

最新記事

イタリア旅行記

イタリア個人旅行の作り方

イタリアを個人で旅行する場合の、旅程の立て方や、航空券やホテルの予約の仕方についてまとめてみました♪
● イタリア個人旅行の作り方



イタリアの各町まとめガイド

今まで行ったことのあるイタリアの町ごとに、観光情報をまとめてあります。情報は、訪問当時のものなので、変わっている可能性もございます。ご注意下さいませ。
● 各町まとめガイド

各町まとめガイドは、10月以降、一時的に記事が見れなくなる可能性があります。詳しくはこちら

イタリア旅行お役立ち情報

イタリアツアー情報

当サイトはイタリアを個人旅行するための情報が多いので、パックツアーを考えている方のための別館を作ってみました。イタリアツアーの選び方や、おすすめイタリアツアーを紹介しています。
別館→イタリアツアー情報

旅行会話をマスターする!

せっかくイタリアに行くなら、イタリア語にチャレンジしてみましょう!イタリア語旅行会話の学習法や、おすすめのイタリア語学習教材、また、イタリア旅行で実際に使った旅行フレーズの紹介などをしています。

イタリア旅行おすすめ本

イタリア旅行に関するおすすめの本を紹介しています。おすすめガイドブックや、イタリア旅行前にぜひ読んでおきたい読み物、ちょっと小難しい文芸作品まで♪一覧にまとめてありますので、こちらからどうぞ↓

おすすめ旅行グッズ

イタリア旅行に役立つおすすめ旅行グッズをご紹介しています。ご参考までに、私がイタリア旅行の際に準備する持ち物リストの一覧も公開しています☆

イタリア旅行おすすめリンク

イタリア旅行に役立つサイトのリンク集を目的別に集めてみました。

カテゴリ

ブログランキング

参加中のブログランキングです。当ブログがお気に召していただけましたら、ぽちっとお願い致します☆

サイトについて

当ブログはリンクフリーです。サイトポリシーやお問い合わせ先についてはこちらからどうぞ。

検索フォーム

RSSリンクの表示

FC2カウンター