イタリア旅行記ブログ イタリア旅行は楽し

イタリア旅行大好きの管理人が、実際にイタリアに足を運んだ経験・情報に基づいて、イタリア旅行情報を発信してます。
旅行記や個人でのイタリア旅行のコツ、サッカー観戦情報もございます。

Top Page > イタリア旅行おすすめ本 > 「メディチ家」講談社現代新書

「メディチ家」講談社現代新書

 イタリア旅行のためのおすすめ本をご紹介しています。本日は、講談社現代新書の「メディチ家」!


メディチ家 (講談社現代新書)メディチ家 (講談社現代新書)
(1999/03/19)
森田 義之

商品詳細を見る



 フィレンツェのガイド本などを読むと、必ずおすすめ本として紹介してあるので、2回目のフィレンツェに行く前に読んでみました。

 メディチ家の起源から、お家の滅亡にいたるまでを、時代を追って丁寧に解説している本です。

 メディチ家と言えば、フィレンツェで始まったルネサンスという一大文化運動を、パトロンとして支えた金持ち一家というイメージが強いですが、この本では、メディチ家が最盛期を迎えるまでの経緯や、最盛期が過ぎた後の物語までじっくり読めます。

 芸術パトロンとしてのイメージとは裏腹に、最盛期を迎えるコジモの時代までのメディチ家は、慎重で頭の切れる銀行家という感じです。そもそもは「メディチ」という名前はイタリア語では「医者」という意味であり、家紋も丸薬をかたどったもので、メディチ家の祖先は医療従事者だったのではないか?という憶測がされていますが、真相は闇の中だとか。

 最盛期以外のメディチ家の物語が丁寧に解説されているとは言っても、やはり一番おもしろいのはメディチ家が最盛期を迎えるコジモ、ロレンツォの時代の話です。

 コジモは賢明で冷静な銀行家にして政治家で、メディチ家銀行の経営の絶頂期を生き、芸術パトロンとしてのメディチ家を確立したと言われます。女好きで放蕩な画家フィリッポ・リッピに手を焼いたエピソードや、ドナテッロとの親交の深さなどがこの本の中で描かれます。

 コジモの孫にあたる、多才で大胆な性格のロレンツォの時代の話は特におもろいです。メディチ家はあまり容姿のよろしくない家系なのだそうですが、ロレンツォの弟・ジュリアーノは例外的に美形だったそうです。そのイケメン・ジュリアーノは、パッツィ家の陰謀(クーテダ未遂)によって殺されてしまいます(ロレンツォは助かり、最愛の弟を奪われた復讐として、陰謀に関わった者たちを徹底的に処刑します)。イケメン・ジュリアーノの肖像画は、今でもフィレンツェのあちこちに残っています。ロレンツォの肖像画は美化されているそうですが、ジュリアーノは本当に美形だったそうなので、もしかしたら本物とそっくりに描かれているかもしれませんね

 …ええと、話が全くもってしょうもない方向に行っていますが、この後、メディチ家から出る二人の教皇の話もおもしろかったです。教皇レオ10世はロレンツォの三男坊なのですが、醜男のメディチ家の血を引いて、歴代教皇で最もブサイクだなんて言われたそうです…。ラファエロが描いたレオ10世の肖像画がパラティーナ美術館に残っているのですが、確かにちょっと変わった顔立ちの方です。それを美化することなく芸術的に仕上げてしまっているラファエロの手腕ってすごいなと思いました。

 その後、ジュリアーノの息子が教皇クレメンス7世として即位するのですが、こちらは、イケメンの父の血を引いて、歴代で最もイケメンな教皇と言われたとか……って、ワタクシは顔の話ばっかりしているじゃないですか!いえ、クレメンス7世さんは、システィナ礼拝堂の「最後の審判」をミケランジェロに依頼したという芸術的業績があるのですよ!顔の話ばっかりじゃありませんっ。

 というわけで(どういうわけだ…)、フィレンツェを語る際に外せないメディチ家のことを知るにはとても役に立つ本です。メディチ家最後の人間となる女性、アンナ・マリア・ルイーザは、ピッティ宮で75歳で息を引き取る際に、「メディチ家が蓄積した芸術品をフィレンツェ外に持ち出さないこと」という遺言を残したそうです。アンナさんのおかげで、フィレンツェは今なおこうして、魅力的でかわいらしい町として残されているわけですね。フィレンツェ大好きな私は、このアンナさんに大感謝したいと思います!

イタリア貧乏旅行は楽し♪トップページへ

スポンサーリンク

Home

プロフィール

辺獄

Author:辺獄
貧乏なくせに、イタリア旅行というお金のかかる趣味を持ってしまった、「イタリア旅行貧乏」です。旅行は楽し♪びんぼーも楽し♪がモットーです!
ついでにイタリア語も楽し♪
好きなイタリアの画家はボッティチェリ!

(limba→辺獄へ和訳改名しました!)

サイト修復中のお知らせ

当ブログは、記事が増えすぎたため、旅行記と本の感想以外の、イタリア旅行の実用的な情報記事を、新サイトにお引越しする作業を行っています。

引っ越し作業中は、お見苦しい箇所も出てきてしまうと思いますが、何とぞご容赦くださいませ。

新サイトはこちらです
辺獄のイタリア旅行おすすめ情報
辺獄のイタリア旅行おすすめ情報

新サイト完成後も、こちらのブログは、旅行記ブログとして存続しますので、よろしくお願い致します!

最新記事

イタリア旅行記

イタリア個人旅行の作り方

イタリアを個人で旅行する場合の、旅程の立て方や、航空券やホテルの予約の仕方についてまとめてみました♪
● イタリア個人旅行の作り方



イタリアの各町まとめガイド

今まで行ったことのあるイタリアの町ごとに、観光情報をまとめてあります。情報は、訪問当時のものなので、変わっている可能性もございます。ご注意下さいませ。
● 各町まとめガイド

各町まとめガイドは、10月以降、一時的に記事が見れなくなる可能性があります。詳しくはこちら

イタリア旅行お役立ち情報

イタリアツアー情報

当サイトはイタリアを個人旅行するための情報が多いので、パックツアーを考えている方のための別館を作ってみました。イタリアツアーの選び方や、おすすめイタリアツアーを紹介しています。
別館→イタリアツアー情報

旅行会話をマスターする!

せっかくイタリアに行くなら、イタリア語にチャレンジしてみましょう!イタリア語旅行会話の学習法や、おすすめのイタリア語学習教材、また、イタリア旅行で実際に使った旅行フレーズの紹介などをしています。

イタリア旅行おすすめ本

イタリア旅行に関するおすすめの本を紹介しています。おすすめガイドブックや、イタリア旅行前にぜひ読んでおきたい読み物、ちょっと小難しい文芸作品まで♪一覧にまとめてありますので、こちらからどうぞ↓

おすすめ旅行グッズ

イタリア旅行に役立つおすすめ旅行グッズをご紹介しています。ご参考までに、私がイタリア旅行の際に準備する持ち物リストの一覧も公開しています☆

イタリア旅行おすすめリンク

イタリア旅行に役立つサイトのリンク集を目的別に集めてみました。

カテゴリ

ブログランキング

参加中のブログランキングです。当ブログがお気に召していただけましたら、ぽちっとお願い致します☆

サイトについて

当ブログはリンクフリーです。サイトポリシーやお問い合わせ先についてはこちらからどうぞ。

検索フォーム

RSSリンクの表示

FC2カウンター