イタリア旅行記ブログ イタリア旅行は楽し

イタリア旅行大好きの管理人が、実際にイタリアに足を運んだ経験・情報に基づいて、イタリア旅行情報を発信してます。
旅行記や個人でのイタリア旅行のコツ、サッカー観戦情報もございます。

Top Page > イタリア旅行記2010 > 3/5フィレンツェ①~悪魔くんの仕事もつらいよ

3/5フィレンツェ①~悪魔くんの仕事もつらいよ

<本日のイタリア旅行記メニュー>
●サン・ジョバンニ洗礼堂

 各駅停車は、オルヴィエートからフィレンツェへ向けてとことこと進んだ。本当にとことこだった。まさしく鈍行電車。ま、できもしないのに速く走られた方が危ないので、よいってことだ。イタリアの電車は、駅に止まる前に、駅のずいぶん前から減速し、徐行運転する。急には止まれないのであろう。駅に意味不明に長時間止まることもよくある。そんなこんなで、各駅停車は、実際の距離から考えると、思った以上に時間がかかる。日本の電車がいかになめらかに走っているのかを思い知らされた。オルヴィエートからフィレンツェまでは各停で2時間半~3時間かかるが、日本の電車が同じ区間を走れば、2時間弱で着くのではないかと思えた。

 そして、電車はやっとのこっさでフィレンツェ・サンタ・マリア・ノヴェッラ駅についた。フィレンツェ、久しぶり~2年連続2回目のフィレンツェである。「慣れてる町だからこそ脇を閉めるんだよ!」と我々は言い合ってはいたが、顔はゆるみ、気持ちはたるんでいた。だって、ここはフィレンツェ~♪宿泊先のレジデンスも昨年と同じである。「道は覚えてるよね!歩いて行こう!」「おー!」

 トスカーナ地方は雨が降っていたらしく、道路が濡れていて、空も薄暗い。オルヴィエートはガケの上の人がほとんどいない町なので寒いのも当たり前と思っていたが、フィレンツェも寒い。昨年も同じ時期にフィレンツェに6泊したが、こんなに寒いフィレンツェは初めてである。もう3月なのになあ。フィレンツェのドゥオーモ君に「ただいま」を言いたかったので、わざわざ遠回りをしてドゥオーモ広場を通ったが、ドゥオーモ君も雨に濡れてしょげているように見えた。フィレンツェはあんまり雨が似合わない町だと思う。

 レジデンスでは、大柄なイタリア人女性オーナーと、昨年も大変お世話になった日本人スタッフの女性が迎えてくれた。うふっ、うふっ♪今年もまたかわいいお部屋♪うふっ♪(←浮かれすぎの私)。

 荷物を置いて、最初に、フィオレンティーナのサッカーチケットを手配してくださった方に挨拶に行った。バイエルン・ミュンヘンとのチャンピオンズリーグと、ユヴェントスとのリーグ戦を観戦予定なのだが、人気カードだったため現地の方にお願いして、前売り券を購入して頂いたのだ。本当にありがとうございました!挨拶に行くと、「今フィレンツェは治安が悪いんですよ。荷物をしっかり守って下さいね」とアドバイスを頂いた。景気がよくないからかなあ?こんなかわいい町なのに、治安が悪いのは悲しい。しっかり守ってくださいよ、フレイ!ガンベリーニ!(ちょっと違う)

 まだお昼を食べていなかったので、昨年常連にしていたパニーノ屋さんI Due Fratelliniに行ってパニーノを買い、商店でミネラルウォーターを買った。レジデンスに戻り、共用キッチンでコーヒーを沸かしてお昼を食べた。

 そこに、宿泊客の年配のフランス人夫婦がやってきた。旦那さんはなぜだか我々に興味津々。最初に英語で「フランス語は話せる?」と聞いてきた。…どうして我々がフランス語を話せるかもしれないなどと、ちらとでも考えるのだろう、この人は…。「(もちろん)No」と答えると、英語でいろいろ聞いてきた。

 「へー君達は6泊もするのかい?」「17日もイタリアにいるの?ビッグホリディだねえ!」。フィレンツェの後にどこに行くのかと聞かれたので、アッシジと答えると、旦那さんはアッシジを知らなかったようで「アッスゥズィ?(←フランス風の発音)何だろう、それは?君達は一体、アッスゥズィに何をしに行くんだい!?」ともう興味津々。奥さんが「やめなさいよ…何かをしにいくのよ」とたしなめていたが、地球の歩き方のアッシジのページを見せると、夫婦ともども真剣に見ていた。旦那さんはその後も「アッスゥズィ、アッスゥズィ…」としきりに気にしていた。

 はー、何だかフィレンツェに来ると、たるむ~。フィレンツェは、大きすぎず、小さすぎず、僕にはちょうどいいや(Byジラ)。我々はだらだらと「今から何しにいくよ~?」と計画を立てる。基本は自炊の我々は、今日はスーパーに食料調達に行くため、その前にちょこっとドゥオーモに行って、昨年入らなかったサン・ジョバンニ洗礼堂の中に入ることにした。

 サン・ジョバンニ洗礼堂は、どどーんとしたドゥオーモ君の前にちょこんとある、味わい深い八角形のかわいい建物である。昨年はフィレンツェではほとんどジプシーを見なかったのだが、今日はジプシー3人組が、紙コップを持って、ドゥオーモ周辺の観光客にお金をせびっていた。

 4ユーロで切符を買って、中に入ると、金・金のモザイク~!私は、基本的には金・金したモザイクは好きではないのだが、ここのモザイクは天井一面に広がっているためか、金・金しているのがかえって荘厳に感じられる。うん、いいんじゃない?正面にいるどでかいイエスのモザイクはイマイチであるが、その後ろの、聖書のコマ漫画みたいなモザイクはおもしろい。天地創造、楽園追放、ノアの箱舟、モーセの十戒、イエスの誕生、最後の審判…と、聖書の有名な物語のシーンが、時系列で並んでいる。日本で聖書のストーリーを頭に入れてから行くと、こういった作品がより楽しめますよ♪

 どでかいイエスのモザイク下は、最後の審判がテーマのモザイクなのだが、善人は綺麗な棺桶から天使に導かれて起きていて、悪人は小汚い棺桶から悪魔に叩き起こされていた。ちょっとかわいそう…。だいたい、審判する前から棺桶に差をつけるんじゃ、既に審判済みじゃん、と突っ込みたくなった。

 悪人の棺桶の右側のモザイクは、地獄がテーマで、悪魔大王と思われる大きな悪魔がぱくぱく人間を食べていた。しかし、この悪魔くん、何か表情がお疲れ気味。「オレも好きでこんな仕事してるんじゃないんだよ…」と言いたげな哀愁が漂っていて、満員電車の中のサラリーマンみたいな感じがした。このやるせなさそうな悪魔くんから私は目が離せなくなってしまった。誰か悪魔くんにビールついであげて!

CIMG1348_convert_20100327183723.jpg
 ちょっと暗いですが、哀愁漂う悪魔くんのモザイク。耳からも悪人を食べています。

 一面のモザイクを十分に堪能した後、出口から出ようとすると、「すくうじぃ(=すみません)」と私の開けたドアを女性が外側からつかんだ。その女性、何とそのままドアの中に顔を突っ込んで、モザイクをのぞき見していた!いやぁ、イタリア人、なかなかやりますなあ。サン・ジョバンニ礼拝堂のモザイクをちょこっとだけ無料でのぞき見したい人、こんな手もありますよ…と言いたいところだが、サン・ジョバンニ礼拝堂は、お金払ってでも中に入って、じっくり鑑賞する価値があると思いますですよ♪

 それにしても、寒い~。こんなに寒いのに、姉は昨年毎日通ったジェラート屋ペルケノへ行き、ジェラートを食った。「あんたね、寒いなんて理由はペルケノを裏切る理由にはならないよ」。ペルケノは寒さのため、珍しくすいていた。昨年もいたおばさんの店員がいて、私に「あなたもどう?」と言ったが、「私は寒いんです~」と答えると、「そうよね」と言っていた。やっぱり姉がおかしいのだ。その後、新市場のロッジア近くのお手頃価格のハーブ薬局・チンギアーレ薬局に行ってハーブシャンプーを買った。ようやく今日からシャンプーで髪を洗えるオトメ達である。

 その後、自炊用の食料調達のため、東の方にあるちょっと大きめのスーパー「スタンダ」へ行ってみた。地図の通りに来たのだが…スタンダがないっ。地図の読み方を間違っているのだろうか?ちょうど婦警さんが近くにいたので、「どべしあも(=私たちはいったいどこにいるのですか?)」と聞いてみると、地図を見てくれて、「スタンダに行きたいの?スタンダはあれよ」と「BILLA」と書いてあるスーパーを指さす。あれはスタンダではなくBILLAなんじゃないのか?と思ったが、地元警察の方が言うんだから間違いなかろう。我々はBILLAでお買い物をした。スタンダはフィレンツェの中心街では一番大きなスーパーなので、利用する予定の方も多いと思いますが、2010年春にはBILLAと名前が変わってましたですよ。

 B&Bへ戻って私は風呂場に(アルノ川へではないですよ)洗濯へ、姉は共同キッチンに夜ごはんを作りに行った。普段着に着替えて、エプロンを羽織って、昨年も使い倒したので勝手知ったるキッチンで姉が食事を作っていると、姉はスタッフと間違えられたらしく、宿泊客のイタリア人に「すみません、ここにあるお菓子を食べてもよいですか?」と聞かれた。ここのレジデンスは共用キッチンにセルフサービスでお菓子が置いてあるのである。また、お昼に会ったフランス人夫婦もキッチンにやってきて、旦那さんはまだ「アッスゥズィ、アッスゥズィ…」と言っていたらしい…。

 姉の手作りのパスタをのびのびと食べたフィレンツェの夕べ。何だかフィレンツェって落ち着くんだよな~。レジデンスの共用キッチンにはフィレンツェのシンボルで、フィオレンティーナのエンブレムにもかたどってある百合が飾られていた。まだつぼみだったが、レジデンスのオーナーは「あなたたちは6泊もするから、滞在中にきっと開花すると思うわよ」と言っていた。花の都フィレンツェには、今年も6泊!今年も1日1ドゥオーモするぞ!

3/6フィレンツェ②~中央市場は貧乏人の味方へ続く

イタリア旅行記2010もくじへ

イタリア貧乏旅行は楽し♪トップページへ

スポンサーリンク

Track Back

TB URL

Home

プロフィール

辺獄

Author:辺獄
貧乏なくせに、イタリア旅行というお金のかかる趣味を持ってしまった、「イタリア旅行貧乏」です。旅行は楽し♪びんぼーも楽し♪がモットーです!
ついでにイタリア語も楽し♪
好きなイタリアの画家はボッティチェリ!

(limba→辺獄へ和訳改名しました!)

サイト修復中のお知らせ

当ブログは、記事が増えすぎたため、旅行記と本の感想以外の、イタリア旅行の実用的な情報記事を、新サイトにお引越しする作業を行っています。

引っ越し作業中は、お見苦しい箇所も出てきてしまうと思いますが、何とぞご容赦くださいませ。

新サイトはこちらです
辺獄のイタリア旅行おすすめ情報
辺獄のイタリア旅行おすすめ情報

新サイト完成後も、こちらのブログは、旅行記ブログとして存続しますので、よろしくお願い致します!

最新記事

イタリア旅行記

イタリア個人旅行の作り方

イタリアを個人で旅行する場合の、旅程の立て方や、航空券やホテルの予約の仕方についてまとめてみました♪
● イタリア個人旅行の作り方



イタリアの各町まとめガイド

今まで行ったことのあるイタリアの町ごとに、観光情報をまとめてあります。情報は、訪問当時のものなので、変わっている可能性もございます。ご注意下さいませ。
● 各町まとめガイド

各町まとめガイドは、10月以降、一時的に記事が見れなくなる可能性があります。詳しくはこちら

イタリア旅行お役立ち情報

イタリアツアー情報

当サイトはイタリアを個人旅行するための情報が多いので、パックツアーを考えている方のための別館を作ってみました。イタリアツアーの選び方や、おすすめイタリアツアーを紹介しています。
別館→イタリアツアー情報

旅行会話をマスターする!

せっかくイタリアに行くなら、イタリア語にチャレンジしてみましょう!イタリア語旅行会話の学習法や、おすすめのイタリア語学習教材、また、イタリア旅行で実際に使った旅行フレーズの紹介などをしています。

イタリア旅行おすすめ本

イタリア旅行に関するおすすめの本を紹介しています。おすすめガイドブックや、イタリア旅行前にぜひ読んでおきたい読み物、ちょっと小難しい文芸作品まで♪一覧にまとめてありますので、こちらからどうぞ↓

おすすめ旅行グッズ

イタリア旅行に役立つおすすめ旅行グッズをご紹介しています。ご参考までに、私がイタリア旅行の際に準備する持ち物リストの一覧も公開しています☆

イタリア旅行おすすめリンク

イタリア旅行に役立つサイトのリンク集を目的別に集めてみました。

カテゴリ

ブログランキング

参加中のブログランキングです。当ブログがお気に召していただけましたら、ぽちっとお願い致します☆

サイトについて

当ブログはリンクフリーです。サイトポリシーやお問い合わせ先についてはこちらからどうぞ。

検索フォーム

RSSリンクの表示

FC2カウンター