イタリア旅行記ブログ イタリア旅行は楽し

イタリア旅行大好きの管理人が、実際にイタリアに足を運んだ経験・情報に基づいて、イタリア旅行情報を発信してます。
旅行記や個人でのイタリア旅行のコツ、サッカー観戦情報もございます。

Top Page > イタリア旅行記2010 > 3/5オルヴィエート③~床屋の数が多すぎる

3/5オルヴィエート③~床屋の数が多すぎる

<本日のイタリア旅行記メニュー>
●朝のオルヴィエート旧市街をお散歩

 我々は大変にウンブリアが気にいった。毎日ゆかいに過ごすウンブリア~♪僕は~僕はぁ~帰りたくない~♪まったくもって、N(ナポリの蔑称)とは何だったのか。

 我々はよほどウンブリアが気に入ったと見えて、普段の私を知っている人ならたまげるような計画を立てた。今日オルヴィエートを朝9時には出発しなければならない。オルヴィちゃんとのお別れが、実にさみしいので、朝5時半に起床して出発の準備を済ませ、1時間半くらい朝のオルヴィエートを散歩しようということになったのである。この「怠惰で朝寝坊」で名を馳せている私が、朝の5時半。この計画が提案された時、誰一人反対者はいなかったのである(二人しかいないくせに)。

 町の西側の旧市街をまだ歩いていなかったため、B&Bを出て、とことこ西に向かった。旧市街と言うだけあって、確かに西側は古い家が多い。全体的にねずみ色がかっている。それにしてもガケの上の町だけあって、オルヴィエートは坂道が多い。通勤時間にあたる時間のようで、その狭い坂道を、車がすいすいと走って行く。こんなアンティークみたいな町でも、日常生活が営まれているのがおもしろい。

CIMG1328_convert_20100327183535.jpg
 ガケの上の町の、さらにガケの上にあるお家。
CIMG1329_convert_20100327183609.jpg
 オルヴィエートは端っこまで行くと断崖絶壁でござる。

 朝の8時前くらいだったのだが、町はもう動き始めていた。イタリアはたっぷりお昼休みをとるためか、意外と朝は早い国である。そして、何にもないオルヴィエートに異常な数で見つかったのが床屋さん!ちょっと開いている店があるな~と思ってのぞくと、実に高い確率で床屋なのである!美容院ではなくて、床屋!切っている人もおっさんだし、切られている人もおっさん!しかも、どこの床屋にもちゃんとお客さんがいる!オルヴィエートっておっさんのモードの発信地なのであろうか?人口比から考えて床屋の数はどう考えても多かった。多すぎである。

CIMG1293_convert_20100327183201.jpg
 こちらは町の東側の方の通りで見かけた水色のリボンと靴。イタリアでは、赤ちゃんが生まれると、男の子なら水色、女の子ならピンクのリボンと靴をドアに飾る習慣があるそうだが、実際に見ることができて嬉しかった~このお家の赤ちゃんはリッカルドちゃんでした。モントリーヴォと同じ名前だなあ。

 最後に、フィレンツェに行く前にお金をおろしておこうということになり、郵便局のATMに行った。ローマではお金がひけなくて半泣きしていたけど、もう、できるもんね!かかってこい、withdrawing!

 …しかし、ここのATMは英語表示が無く、イタリア語表示だけであった。うがあ!イタリア語で「お金をおろす」って何て言うんだったっけ!?昨年聞いていたNHKのラジオイタリア語講座で、佐藤太郎がヴェネツィアでお金をおろす場面があったのに、単語は思い出せないッ!うがあー!…でも、旅行日程7日目で、余裕も出てきた我々はあわてな~い♪郵便局に入って、係員さんに来てもらって教えてもらいました。ちなみにイタリア語で「お引き出し」は「Prelievo」と書いてありました。あーそうだったね、太郎も「prelevare」とか言ってたね。

 名残惜しいが、これでオルヴィエートとはお別れ。実にかわいらしいB&Bを出ると、何と、通りでB&Bのオーナー・ロベルタが待っていた!帰りの時間をだいたい教えてあったので、お見送りに来てくれたのかも!ロベルタ~ロベルタは「コメ・バック・オルヴィエート」と言った。は?お米を返してくれ?…よくよく考えると、イタリア語はローマ字読みする発音が多いので、「Come back」と言いたかったようだ。うん、うん♪また来たいよ、オルヴィエート!次にきたときはネクロポリとか、カーヴァの井戸にも行ってみたいなあ。

 ケーブルカーで崖下の駅まで降りる。駅のホームでフィレンツェ行きの電車を待っていると、よろよろのおじいちゃんが、満面の笑みを浮かべて我々に近づいてくる。…本当はイタリア旅行中は、向こうから近づいてくる人には注意した方がよいのだが、このおじいちゃんは、警戒する必要ゼロなくらいよろよろであった。

 おじいちゃんは、明らかに我々の顔を直視して満面に微笑んでいるため、何か声をかけざるを得ない雰囲気になってしまい、血迷った我々は「ぷお ふぉとぐらふぁーれ(=写真を撮って頂けますか?)」と、こんなによろよろなおじいちゃんにカメラを頼んでしまった。おじいちゃんはやっとのことでシャッターを押してくれたが、何にも見えてなかったらしく、わけのわからない写真が撮れた。この時は我々はおじいちゃんがおじいちゃんだから写真が下手なのだと思っていたのだが、イタリア人は総じて写真が下手であることを、後に思い知るのである。

 おじいちゃんはどう見ても今から電車に乗るわけではなく、ヒマだからホームに来ただけのようだ(イタリアの駅には改札がないので切符なしでもホームに入れます)。おじいちゃんを放っておけなかったので、私はここぞとばかりに「私は日本人です」「私達はフィレンツェに行きます」「オルヴィエートは綺麗な町でした」と定形文でおじいちゃんと会話をして、イタリア語の練習をした。イタリアのおじいちゃんはいくつになってもイタリア人男性なので、ハグとキスをして別れた。きっと、このおじいちゃんは、駅のホームで日本人に写真を頼まれた話を、今日会う人全てにすることであろう。

 電車の時間が近づくと、「ちりんちりんちりんちりんちりん!」とホームにうるさいくらいの鈴の音が鳴り響いた。鈴!?何てアナログなんだっ!日本では確か奈良時代あたりに、駅で鈴が使われていたはず。1300年遅れてるよ、オルヴィエート。しかもこの鈴、なぜか電車の時間よりずいぶん早く鳴りはじめて、電車がまだ見えてもいない意味不明な時間に鳴り終わった。鳴り終わり方もカッコ悪かった。「ちりん」と終われずに、「ちり」と中途半端に終わった。
CIMG1337_convert_20100327183650.jpg
 これがその鈴でございます。

 それにしても、オルヴィエートは清純で、静かで本当に楽しかった~。チヴィタも!ウンブリアにはまた7日後にアッシジに帰ってくるからね~!またね~!これから各駅停車でとことことフィレンツェに向かう我々である。次はトスカーナなのだっ

3/5フィレンツェ①~悪魔くんの仕事もつらいよへ続く

イタリア旅行2010もくじへ

イタリア旅行は楽し♪トップページへ 

スポンサーリンク

Track Back

TB URL

Home

プロフィール

辺獄

Author:辺獄
貧乏なくせに、イタリア旅行というお金のかかる趣味を持ってしまった、「イタリア旅行貧乏」です。旅行は楽し♪びんぼーも楽し♪がモットーです!
ついでにイタリア語も楽し♪
好きなイタリアの画家はボッティチェリ!

(limba→辺獄へ和訳改名しました!)

サイト修復中のお知らせ

当ブログは、記事が増えすぎたため、旅行記と本の感想以外の、イタリア旅行の実用的な情報記事を、新サイトにお引越しする作業を行っています。

引っ越し作業中は、お見苦しい箇所も出てきてしまうと思いますが、何とぞご容赦くださいませ。

新サイトはこちらです
辺獄のイタリア旅行おすすめ情報
辺獄のイタリア旅行おすすめ情報

新サイト完成後も、こちらのブログは、旅行記ブログとして存続しますので、よろしくお願い致します!

最新記事

イタリア旅行記

イタリア個人旅行の作り方

イタリアを個人で旅行する場合の、旅程の立て方や、航空券やホテルの予約の仕方についてまとめてみました♪
● イタリア個人旅行の作り方



イタリアの各町まとめガイド

今まで行ったことのあるイタリアの町ごとに、観光情報をまとめてあります。情報は、訪問当時のものなので、変わっている可能性もございます。ご注意下さいませ。
● 各町まとめガイド

各町まとめガイドは、10月以降、一時的に記事が見れなくなる可能性があります。詳しくはこちら

イタリア旅行お役立ち情報

イタリアツアー情報

当サイトはイタリアを個人旅行するための情報が多いので、パックツアーを考えている方のための別館を作ってみました。イタリアツアーの選び方や、おすすめイタリアツアーを紹介しています。
別館→イタリアツアー情報

旅行会話をマスターする!

せっかくイタリアに行くなら、イタリア語にチャレンジしてみましょう!イタリア語旅行会話の学習法や、おすすめのイタリア語学習教材、また、イタリア旅行で実際に使った旅行フレーズの紹介などをしています。

イタリア旅行おすすめ本

イタリア旅行に関するおすすめの本を紹介しています。おすすめガイドブックや、イタリア旅行前にぜひ読んでおきたい読み物、ちょっと小難しい文芸作品まで♪一覧にまとめてありますので、こちらからどうぞ↓

おすすめ旅行グッズ

イタリア旅行に役立つおすすめ旅行グッズをご紹介しています。ご参考までに、私がイタリア旅行の際に準備する持ち物リストの一覧も公開しています☆

イタリア旅行おすすめリンク

イタリア旅行に役立つサイトのリンク集を目的別に集めてみました。

カテゴリ

ブログランキング

参加中のブログランキングです。当ブログがお気に召していただけましたら、ぽちっとお願い致します☆

サイトについて

当ブログはリンクフリーです。サイトポリシーやお問い合わせ先についてはこちらからどうぞ。

検索フォーム

RSSリンクの表示

FC2カウンター