イタリア旅行記ブログ イタリア旅行は楽し

イタリア旅行大好きの管理人が、実際にイタリアに足を運んだ経験・情報に基づいて、イタリア旅行情報を発信してます。
旅行記や個人でのイタリア旅行のコツ、サッカー観戦情報もございます。

Top Page > イタリア旅行記2010 > 3/4オルヴィエート②~無に思いを馳せた井戸の底

3/4オルヴィエート②~無に思いを馳せた井戸の底

<本日のイタリア旅行記メニュー>
●サン・パトリツィオの井戸

 本日は知る人ぞ知る、チヴィタ・ディ・バニョレージョへの日帰り遠足を予定している。そもそもオルヴィエートはローマからでも日帰りで行ける町なのだが、姉がどうしても「チヴィタに行きたい!」と言っていたため、チヴィタへのバスが出ているオルヴィエートに宿泊することになったのである。

 「天空の村」と呼ばれ、「天空の城ラピュタ」のモデルではないかとも言われているチヴィタ。せっかくチヴィタに行くので、今日は私はシータみたいにおさげにしてみた。超ニセモノのシータである。というより、昨年の旅行ではどこのB&Bにもシャンプーは置いてあったため、今回はシャンプーはあまり持ってこなかったのだが、イタリアも不景気なのか、今回の旅行はどこのB&Bにもシャンプーが置いてなかった。そのため日本から持参したシャンプーが切れてしまい、昨日はボディシャンプーで髪を洗ったため、髪の調子がよくなかったのである。シャンプーくらいさっさと買えばよいのだが、明日からフィレンツェなので、フィレンツェにたくさんあるハーブ薬局でシャンプーを買いたかったのでがまんしたのである。

 さて、観光地としては昨年行ったクルゾーネよりはずっと有名なチヴィタなのだが、日本ではあまりメジャーではないので、オルヴィエートのインフォメーションで行き方をしっかり聞いてみることにした。

 オルヴィエートの観光地図には、駅からのケーブルカーが到着するカヘン広場にインフォメーションのマークがあった。行ってみたが、閉まっていた。ひゅるるー。まだ9時で朝が早いからだろうか?ケーブルカーの切符売り場のお姉さんに、「チヴィタ行きのバスにはどこから乗ればいいのですか?」と聞いてみると、「この広場よ」とのお答え。どうやらオルヴィエートからチヴィタへのバスが出ていることは確実らしい。でもこの広場のどこから…?

 通りすがりのおっちゃんがいたので、「チヴィタへの行き方を知っていますか?」と聞くと、「車で行くの?」と言われた。車で行くのが普通なのかなあ?バスで行くのだと答えると、ケーブルカー乗り場から見て右手の駐車場のような所に青いバスが止まっていたので、「運転手に聞いてみてあげるよ!」と親切なおっちゃんはバスに近づくが、誰も乗っていない。「ごめんよ、これ以上はわからないけど、多分このバスだと思うよ」とのお答え。でも、バスは駐車場みたいな所に止まってるだけだし、バス停はどこにも無い。親切なおっちゃんにとりあえずお礼を言う。

 ケーブルカー乗り場近くの市内バスのバス停付近に、バスの関係者らしい二人のおっちゃんが現れたので、彼らにも聞いてみた。「チヴィタ?チヴィタは僕らとは違う会社のバスが行くんだよ。僕らはATCという会社だけど、チヴィタに行くのはCOTRALという会社の青いバスだよ」と、さっきのおっちゃんが運転手を探した、広場右手に止まっているバスを指さす。どうやら、あのバスで間違いないようだ。運転手の一人は立派なあごひげのおじいさんだったのだが、私のおさげを喜んで、「僕もひげをこんな風に編もうかな、あっはっは!」と言っていた。偽シータでもおじいさんを喜ばせることができたようだ。

 とりあえず、カヘン広場近くにはサン・パトリツィオの井戸があるので、先に入って、出てくる頃にはインフォメーションも開くかもしれない、ということで、井戸に入ってみることにした。

 入場料は4.5ユーロ。予想通り貸し切りである。そおっとのぞいてみると、下の方まで延々とらせん階段が続いている。姉と一緒に、しーんとしていて暗い井戸の中をゆっくりと降りる。ひたすらぽちぽちと下る。何だろう、この静けさは。村上春樹の「ねじまき鳥クロニクル」に、主人公が井戸の中で思索にふけるシーンを思い出した。井戸。地下。こういったものは、人間を思考の深みへといざなうものなのかもしれない。そこで、私も何か思索にふけろうと思ったが、何にも考える内容を考えつかなかった。頭がからっぽの私。

CIMG1297_convert_20100327183237.jpg
 井戸の底から上を見上げた写真です。

 我々はいつものように非常にのろい速度で降りていたため、次に入ってきた観光客に底のところで追いつかれた。何と日本人であった。チヴィタの行き方を知っているか聞いてみたが、チヴィタには行く予定がないと言われた。

 この井戸の底には「自然に逆らって井戸を掘ってやったぜ!」と言う言葉が刻まれている場所があるらしいので、目を凝らして探したが、この暗闇の中目を凝らしてみると、非常に落書きが多く、一体どれが銘文なのだかわからなかった。こんな落書きも数千年以上後になって発見されると、アルタミラの線画のように重宝されのだろうか。

 そしてとことこと上に登った。この井戸は、らせん状の階段が、降りる人と上る人がすれ違わないような設計になっているらしい。3組目の観光客が上から降りてきたが、確かにすれ違わなかった。私は何となく構造がわかる気がするのだが、姉は「そんな構造がどうやったら可能なのかわからない!何ですれ違わないように作れるんだろう!?」と最後まで不思議がっていた。私も姉にわかるように説明できず、それほど情熱も無かったため、私も姉もそれ以上らせん階段の謎を追求しなかった。文系姉妹。

 上まで登ると、地上の明かりが差してきた。おー帰ってきた。ひたすら井戸の底まで降りて、そして帰ってきたサン・パトリツィオの井戸。華やかな観光の合間に挟んで、思索にふけってみるのもよいかもしれませんね♪

 井戸から出てきて、インフォメーションに戻ってみると、やっぱり閉まっている。中をのぞくと、何か廃墟住居のようなのだが…本当にこのインフォメーションは稼動しているのか?よくよく見ると張り紙があって、「このインフォメーションは閉まってるだよ。情報の欲しい観光客のみんなはドゥオーモ広場のインフォメーションの方に行ってね」と書いてある。早く言えよ、そういうことは!

 というわけで、ドゥオーモ広場の方へ向かった。途中で、昨日閉まっていた「スーパーマーケット」があったのだが、どこからどう見ても「スーパーマーケット」ではなく「売店」程度だった。旅の食事にうるさい姉は、「あんまり静かな町も考えものだね」とお怒り気味だった。昨日までは大都市でうるさいN(ナポリの蔑称)の文句ばかり言ってたくせに…。今からオルヴィエートよりも遥かに小さいチヴィタに行くんだよ。覚悟を決めたまえ。ってなわけで、この後チヴィタへ向かいますが、いったんページを改めまーす。

3/4チヴィタ~運ちゃんと5人の東洋人へ続く

イタリア旅行2010もくじへ

イタリア旅行は楽し♪トップページへ 

スポンサーリンク

Track Back

TB URL

Home

プロフィール

辺獄

Author:辺獄
貧乏なくせに、イタリア旅行というお金のかかる趣味を持ってしまった、「イタリア旅行貧乏」です。旅行は楽し♪びんぼーも楽し♪がモットーです!
ついでにイタリア語も楽し♪
好きなイタリアの画家はボッティチェリ!

(limba→辺獄へ和訳改名しました!)

サイト修復中のお知らせ

当ブログは、記事が増えすぎたため、旅行記と本の感想以外の、イタリア旅行の実用的な情報記事を、新サイトにお引越しする作業を行っています。

引っ越し作業中は、お見苦しい箇所も出てきてしまうと思いますが、何とぞご容赦くださいませ。

新サイトはこちらです
辺獄のイタリア旅行おすすめ情報
辺獄のイタリア旅行おすすめ情報

新サイト完成後も、こちらのブログは、旅行記ブログとして存続しますので、よろしくお願い致します!

最新記事

イタリア旅行記

イタリア個人旅行の作り方

イタリアを個人で旅行する場合の、旅程の立て方や、航空券やホテルの予約の仕方についてまとめてみました♪
● イタリア個人旅行の作り方



イタリアの各町まとめガイド

今まで行ったことのあるイタリアの町ごとに、観光情報をまとめてあります。情報は、訪問当時のものなので、変わっている可能性もございます。ご注意下さいませ。
● 各町まとめガイド

各町まとめガイドは、10月以降、一時的に記事が見れなくなる可能性があります。詳しくはこちら

イタリア旅行お役立ち情報

イタリアツアー情報

当サイトはイタリアを個人旅行するための情報が多いので、パックツアーを考えている方のための別館を作ってみました。イタリアツアーの選び方や、おすすめイタリアツアーを紹介しています。
別館→イタリアツアー情報

旅行会話をマスターする!

せっかくイタリアに行くなら、イタリア語にチャレンジしてみましょう!イタリア語旅行会話の学習法や、おすすめのイタリア語学習教材、また、イタリア旅行で実際に使った旅行フレーズの紹介などをしています。

イタリア旅行おすすめ本

イタリア旅行に関するおすすめの本を紹介しています。おすすめガイドブックや、イタリア旅行前にぜひ読んでおきたい読み物、ちょっと小難しい文芸作品まで♪一覧にまとめてありますので、こちらからどうぞ↓

おすすめ旅行グッズ

イタリア旅行に役立つおすすめ旅行グッズをご紹介しています。ご参考までに、私がイタリア旅行の際に準備する持ち物リストの一覧も公開しています☆

イタリア旅行おすすめリンク

イタリア旅行に役立つサイトのリンク集を目的別に集めてみました。

カテゴリ

ブログランキング

参加中のブログランキングです。当ブログがお気に召していただけましたら、ぽちっとお願い致します☆

サイトについて

当ブログはリンクフリーです。サイトポリシーやお問い合わせ先についてはこちらからどうぞ。

検索フォーム

RSSリンクの表示

FC2カウンター