イタリア旅行記ブログ イタリア旅行は楽し

イタリア旅行大好きの管理人が、実際にイタリアに足を運んだ経験・情報に基づいて、イタリア旅行情報を発信してます。
旅行記や個人でのイタリア旅行のコツ、サッカー観戦情報もございます。

Top Page > イタリア旅行記2010 > 2/27ローマ⑤~水色のサポーターはいずこ?

2/27ローマ⑤~水色のサポーターはいずこ?

<本日のイタリア旅行記メニュー>
●スタディオ・オリンピコでセリエA観戦
ラツィオVsフィオレンティーナ

(前回までのあらすじ:サンタ・マリア・デル・ポポロ教会でぎりぎりまでカラバッジョの絵の公開を待った我々は、急ぎ足でスタディオ・オリンピコ近くのB&Bに戻ってラツィオVSフィオレンティーナを見に行くよ)

 我々は競歩選手のように、風の抵抗を極限まで無くすよう工夫して早歩きをし、ポポロ広場よりやや北にある、マンチーニ広場行きの2番バスの乗り場へ急ぐ。

 反対側からは、変なスカートをはいたおっさんの集団や、イタリアのスポーツの象徴カラーであるアズーリ(明るい青)色の集団が、次から次へとやってくる。どうやら、スタディオ・オリンピコの東南あたりにあるラグビー場で、イタリア対スコットランドのラグビーの試合があり、サポーター達がローマ中心部に帰ってくる時間とぶつかったらしい。変なスカートはスコットランドの民族衣装のようだ。おっさん達の膝こぞうは圧巻だった。

 バス乗り場にはジプシーのおばあさんがいて、乗客にお金をせびる。もう慣れっこのことなのだが、このジプシーも我々のことはスルーした(プロにはわかる貧乏オーラ)。しかも、このジプシーはバスにまで乗り込んできた!明らかにバスチケットは持ってなく、刻印もしないのに、運転手さんは降ろさないんだなあ…。自己責任のヨーロッパ。

 少々混んだバス内でジプシーにスリをされないように車内を注意して見ていると、日本人男性の5~6人集団がいるのに気づいた。このバスに乗っているということは、彼らもスタディオ・オリンピコに試合を見に行くのだろう。姉は「スタジアムで当日券を買えないの知ってるかねえ?」としきりに気にし始めた。

 バスがマンチーニ広場に着いた。姉はわざわざ日本人男性グループに「チケット持ってますか?」と声をかけた。彼らは思いつきで試合を見に行くことに決めたらしく、当日券を買う予定で、チケットがスタジアムで買えない事を知らなかった。マンチーニ広場から近い、ラツィオのホームゲームのチケットを当日まで販売するラツィオスタイルは、どうせB&Bから徒歩30秒の激チカなので、ラツィオスタイルまでエラそーに案内した(つい1日前はこのラツィオスタイルが見つけられなくて、徒歩30秒の所を30分もかかってしまった我々のくせに…)。姉はエラそーに「チケット売り場を教えてあげるからフィオレンティーナの応援をして下さいね、危ないから心の中で!」とまで注文していた。そう。我々はロマニスタでもあるが、ヴィオラ(フィオレンティーナの愛称)ファンでもある。

 B&Bに戻って、明日ナポリに向けての出発が早いので荷造りをし、20時頃にB&Bを出た。試合開始は20時45分。スタジアムまで徒歩10分弱の所に宿を取るってスバラシイ。ラツィオはローマとスタディオ・オリンピコをシェアしている。ラツィオホームの試合を見に行くのは初めてだったが、所詮、どちらも同じローマ人。パスポートチェックや荷物チェックのいいかげんさはどっこいどっこいだった。トイレの汚さも。

 バックスタンド側に入ると、…うわあ…スタジアムがガラガラ…。

 セリエAは観客数の減少が問題になっているが、今年のラツィオは(というか今年も)会長と選手がいろいろもめてグダグダになり、かなり成績が落ち込んでいるため、ファンも応援に来ないらしい。それどころか、この試合は、一番熱心なクルヴァ(ゴール裏)のファンが、あまりにもひどい成績への抗議として応援をボイコットしたようで、ラツィオ側のクルヴァはもぬけの空である。逆にアウェイのヴィオラのファンの声援だけが響いている。

 両チームのスタメンが発表される。ヴィオラはCLやコッパイタリアの試合があり過密日程に苦しんでいて、昨日のニュースで聞いたとおり、ジラルディーノとヴァルガスは温存のため来ていないようだ。

 試合が始まるが、今季ずっと低空飛行のラツィオと、年が明けてからセリエAの試合は低迷しているヴィオラの試合なので、試合そのものは低調であった。ホームのラツィオのクルヴァががら空きで、非常に、非常に静かである。うう…こんなのさみしすぎる。昨年、ラツィオの会長とケンカしてラツィオを飛び出してヴィオラにやって来たデ・シルヴェストリにはお決まりのブーイングが飛んでいたが、これは形式的にブーイングしていただけのようで、実際はラツィオファンは「シルヴィ、シルヴィ♪」とデ・シルヴェストリに対して好意的であったように見えた。ふうん、シルヴィってあだ名なのねえ。我々はヴィオラ応援100%なのだが、イタリアでは、アウェイ側ゴール裏に入らない限り、ホームチームを応援しなければ危険なので、おとなしーく観戦した。

 あまりにも静かで平和すぎる試合で、何と、日本人のツアー団体客まで観戦に来ていた。ツアーだったらサッカーに興味ない人もいるだろうから、セリエAって活気がないな~と思っただろうなあ…。違う、違うんだよ!ホームのラツィオのクルヴァが観戦拒否してるから、こんなに熱気が無いんだよ!

 試合の方は、守りの要のガンベリーニの負傷以来、ものすごく簡単に失点するヴィオラが、この日も「あっ」と言う間に失点して、ラツィオが先制する。「ひどい守備だね!」と我々は憤慨したが、あとでテレビで見てみたら、防ぎようの無い相手のスーパーゴールだったようだ。

 それにしても低調な試合だ…。ラツィオ一番のスター・サラテもベンチに座ってるし…。ヴィオラもひどいけど、アウェイだし、昨年観戦に行った、モントリーヴォいわくシーズン最低の試合であったホームのパレルモ戦に比べると、なんぼもマシであった。

 あまりにも静かで、回りの人の話し声がはっきり聞こえるのだが、後ろの方で観戦している小さな子供達はラツィオグッズを身につけてはいるが、今季CL出場を果たしているヴィオラの選手の方に興味があるらしく、「ジラとヴァルガスがいない!」と騒いでいた。一人本当に小さな男の子はよほどジラが見たかったらしく、「ジラがいない」「ジラは後半は出てくるかな…?」といじけていた。子供達の引率をしている男性が「いいかい、ジラは来ていないんだよ。ジラはケガでフィレンツェに残ってるんだよ」と一生懸命なだめていたが、最後は「ジラは…?」と涙声になっていた。うう…ジラがケガなんて絶対に嘘である。ジラはほとんどケガをしないため、どこかで休まないとずっと出ずっぱりになって疲労してしまう。温存するための適当な方便だとわかっている私はちょっと心が痛かった。

 ヴィオラはこのまま黙って敗戦するわけにはいかないのだが、いかんせん今日は選手交代で切れるカードも少ない。それでも、攻撃して追いつくために、後半に入るとババカル、ケイリソン、と経験の少ない若手フォワードを次々に投入する。でも、ただ攻撃の人数が増えただけ、という感じで効果的ではない。それでも、フォワードを次々に投入することは、「攻撃する」というメッセージの確認になるようで、少しずつヴィオラが攻め始めて、相手ゴールまで迫り始める。それでも今日はこのまま負けるかな…と思っていたのだが、何と、ロスタイムにケイリソンが値千金の同点ゴール!沸き立つヴィオラのゴール裏!大げさには喜べない我々。姉「いいなあ~!私もヴィオラのゴール裏に入ればよかった!」

 サポーターもいないスタジアムで、ラツィオはもうひとふんばりする気力は無く、このまま1-1で試合は終わった。ガラガラのスタジアムからは切れ切れにブーイングが飛ぶ。ラツィオの選手達はさっさと引っ込んでしまい、ヴィオラの選手達はわざわざアウェイまで応援に来てくれたゴール裏のヴィオラファンの所に挨拶に行った。しかも、キャプテンのモントリーヴォを筆頭に、ユニフォームをスタンドに投げ込んでいる!いいなあ~!本当にヴィオラのゴール裏に入ればよかった!ベルニーニの天使像似のモントリーヴォのユニフォームなら、何となく汗だくでも汚くないし!(でもフレイのとかだったらちょっとオトメにとっては微妙…)

CIMG1195_convert_20100325020801.jpg
 我々のしょぼいカメラではうまく撮れていませんが、ファンにユニフォームをあげるモントリーヴォキャプテンです。

 試合は低調だったし、本当はヴィオラは勝ちを目指さなければならなかったんだけど、今日のメンバーと今の調子を考えれば、ロスタイムに追いついただけでも良しとせねばならないかもしれないかもしれない(←やっぱり勝ちたかった私)。何はともあれ、ケイリソン、セリエA初ゴールおめでとう!

 というわけで、今回のローマでのイベントはこれが最後。明日はナポリに向かって出発する。初めて足を踏み入れる南イタリアの都市に対し、この時はまだ、胸をキラキラとときめかせていたのである。この時は、まだ……。

2/28ナポリ①~ナポリターノの光と影へ続く

イタリア旅行2010もくじへ

イタリア旅行は楽し♪トップページへ

スポンサーリンク

Track Back

TB URL

Home

プロフィール

辺獄

Author:辺獄
貧乏なくせに、イタリア旅行というお金のかかる趣味を持ってしまった、「イタリア旅行貧乏」です。旅行は楽し♪びんぼーも楽し♪がモットーです!
ついでにイタリア語も楽し♪
好きなイタリアの画家はボッティチェリ!

(limba→辺獄へ和訳改名しました!)

サイト修復中のお知らせ

当ブログは、記事が増えすぎたため、旅行記と本の感想以外の、イタリア旅行の実用的な情報記事を、新サイトにお引越しする作業を行っています。

引っ越し作業中は、お見苦しい箇所も出てきてしまうと思いますが、何とぞご容赦くださいませ。

新サイトはこちらです
辺獄のイタリア旅行おすすめ情報
辺獄のイタリア旅行おすすめ情報

新サイト完成後も、こちらのブログは、旅行記ブログとして存続しますので、よろしくお願い致します!

最新記事

イタリア旅行記

イタリア個人旅行の作り方

イタリアを個人で旅行する場合の、旅程の立て方や、航空券やホテルの予約の仕方についてまとめてみました♪
● イタリア個人旅行の作り方



イタリアの各町まとめガイド

今まで行ったことのあるイタリアの町ごとに、観光情報をまとめてあります。情報は、訪問当時のものなので、変わっている可能性もございます。ご注意下さいませ。
● 各町まとめガイド

各町まとめガイドは、10月以降、一時的に記事が見れなくなる可能性があります。詳しくはこちら

イタリア旅行お役立ち情報

イタリアツアー情報

当サイトはイタリアを個人旅行するための情報が多いので、パックツアーを考えている方のための別館を作ってみました。イタリアツアーの選び方や、おすすめイタリアツアーを紹介しています。
別館→イタリアツアー情報

旅行会話をマスターする!

せっかくイタリアに行くなら、イタリア語にチャレンジしてみましょう!イタリア語旅行会話の学習法や、おすすめのイタリア語学習教材、また、イタリア旅行で実際に使った旅行フレーズの紹介などをしています。

イタリア旅行おすすめ本

イタリア旅行に関するおすすめの本を紹介しています。おすすめガイドブックや、イタリア旅行前にぜひ読んでおきたい読み物、ちょっと小難しい文芸作品まで♪一覧にまとめてありますので、こちらからどうぞ↓

おすすめ旅行グッズ

イタリア旅行に役立つおすすめ旅行グッズをご紹介しています。ご参考までに、私がイタリア旅行の際に準備する持ち物リストの一覧も公開しています☆

イタリア旅行おすすめリンク

イタリア旅行に役立つサイトのリンク集を目的別に集めてみました。

カテゴリ

ブログランキング

参加中のブログランキングです。当ブログがお気に召していただけましたら、ぽちっとお願い致します☆

サイトについて

当ブログはリンクフリーです。サイトポリシーやお問い合わせ先についてはこちらからどうぞ。

検索フォーム

RSSリンクの表示

FC2カウンター