イタリア旅行記ブログ イタリア旅行は楽し

イタリア旅行大好きの管理人が、実際にイタリアに足を運んだ経験・情報に基づいて、イタリア旅行情報を発信してます。
旅行記や個人でのイタリア旅行のコツ、サッカー観戦情報もございます。

Top Page > イタリア旅行記2010 > 2/26ローマ②~ローマ二度目なのに異邦人

2/26ローマ②~ローマ二度目なのに異邦人

<本日のイタリア旅行記メニュー>
~サッカーチケットをゲットするぞ!~
●ラツィオスタイル
●Interclub(トラステヴェレ)

 ローマ2日目。本日の最優先課題は、明日のラツィオVSフィオレンティーナと、明後日のナポリVSローマ(ナポリでの試合)のチケットをゲットすることである。当日券がスタジアムで購入できないローマのスタディオ・オリンピコと、購入できない場合があるという噂のあるナポリのスタディオ・サン・パオロ。とりあえず、この2試合のチケットをゲットしてから観光しようということになった。

 今回のローマは、スタディオ・オリンピコのすぐ近くのマンチーニ広場近くのB&Bに宿泊した。マンチーニ広場近くにラツィオの公式グッズ販売店・ラツィオスタイルがあり、そこでラツィオ戦のチケット購入ができると調べておいたので、まずはB&Bから近くにあると思われるラツィオスタイルを目指すことにした。

 そのラツィオスタイル、住所がVia Guglielmo Calderini 66/Cなのだが、我々のB&BもVia Guglielmo Calderini(カルデリーニ通り)に面している。ということは、ものすごく近いんじゃないか?ということで、B&Bの周りをとことこ歩いてみるのだが、ラツィオスタイルは見つからない。マンチーニ広場に面している大きな通りも探してみるが、見つからない。「よし、落ち着いて、カルデリーニ通りに戻って、B&Bの所までまっすぐ歩いてみよう」と考え、カルデリーニ通り周辺を隈なく探すが、やっぱり見つからない。「ううむ。人に聞いてみる?」「でもさ、ラツィアーレ(ラツィオファン)だったらいいけど、ロマニスタ(ローマファン)に聞いちゃうとやばいよね」。ローマにはローマとラツィオという2つのサッカーチームがあり、それはそれは憎み合っている。

 それでもいたずらに時間が流れて行くだけだったので、ベビーカーを押している若いパパがいたため、ベビー連れでは暴れないだろうと思い「ラツィオスタイルはどこですか?」と聞いてみる。すると、カルデリーニ通りを指さし、「10メートルくらい歩くと右にあるよ」とのお答え。…10メートル?そこはもう歩いたんだけどなあ。

 とりあえずパパの言う通りもう何度も歩いた道を歩き、右を見てみると、道とも呼べないような微妙な道があった。「右」と言ってたので、とりあえず中に入ってみる。何かさびれた車工場があり、おっちゃんたちがだべっていて、何でこんな微妙な脇道に日本人観光客が入ってきたんだろう?と興味津津で我々を見る。ラツィオスタイルなどどこにもないので、おっちゃん達に「ラツィオスタイルはここにあるんですか?」と聞いてみると、我々が入ってきた脇道を戻れば、すぐ右にラツィオスタイルがあるよとのお答え。…やっぱりカルデリーニ通りを指している。でも何度も通ったんだけどなあ…と思いながら脇道を出てカルデリーニ通りに戻ると、姉が右手を見て、乾いた声で「あ。あった」と言う。おお!あった!ラツィオスタイル!

 …しかし、なぜ往復10回くらいはしたであろうカルデリーニ通りにあるラツィオスタイルを、我々が見つけられなかったのか。答えは地図の悲劇にあるのですよ。下の素晴らしくハイテクな地図を見て下さい。

 Bが我々のB&B、Lがラツィオスタイル、Cがカルデリーニ通りです。上がマンチーニ広場です。真ん中に縦に走っているのが、我々が入り込んだ脇道です。我々はB&Bを出発し、まず左手に向かって進み(これが悲劇の始まり)、広場の方に抜けて、またカルデリーニ通りに戻りました(黄緑色の矢印)。矢印の先端まで来ると、「もうB&Bの所まで戻ってきちゃったね」と言って、黄緑を逆方向に戻る、これを何度も何度も何度も繰り返していたわけですよ!ラツィオスタイルの前だけを通っていなかったのでございます。いやあ、見つけてみると、ラツィオスタイルはB&Bのほぼお隣さん…。徒歩30秒の場所まで30分以上かけてたどりついたのでありました…。ちなみにラツィオスタイルは小さいながらも立派なお店で水色が目にやさしかったですが、クレジットカードは使えませんでした。ま、ラツィオは今大変だからな~(関係あるのか?)。

 無事にフィオレンティーナ戦のチケットをゲットしたので、今度はナポリVSローマのチケットを買いに行くことに。セリエAの試合のチケットは、試合が行われる都市以外での購入はできないことが多い。全国どこでもチケットぴあのある日本とは大違いである。しかし!ローマにはinterclubというすばらしいチケット販売店があり、ローマ以外で行われるセリエAの試合のチケット(の一部)が購入できるという機密情報を我々はゲットしたのである!最初はinterclubってインテルの回し物だろうかと警戒したのだが(北の悪の3強は我々の敵)、どうやら関係ないらしい。interclubはローマの下町・トラステヴェレにある(中心街にないところが何か心配だが…)。さあ、トラステヴェレへレッツだ、ごー!

 トラステヴェレはローマの西南側なので、我々のB&Bからは遠いのだが、マンチーニ広場から280番(820だったかな?)の直通バスがあるらしい。マンチーニ広場は郊外なのだが、バスの拠点になっていて、非常に便利だ。意気揚々とバスに乗ろうとすると、姉が、「あ!バスチケット買ってない!」。

 よくぞ気付いた!イタリアではバスに乗る際には、先にタバッキなどでバスチケットを購入しておかないと、車内では購入できなかったり、割高だったりすのである。我々がバスチケットを購入している間に1本バスは行ってしまった。イタリアのバスは1本逃すと、次のバスが来るまで永遠に近い時間が流れたりするのだが、比較的すぐに次のバスが来てくれた。トラステヴェレに行くのは初めてなので、運転手さんについたら教えてください、と頼んでおいた。

 バスはローマ市街に向かって南下し、1年ぶりのテヴェレ川、サン・ピエトロ大聖堂、サンタンジェロ城などが車窓から見える。「ただいま~」。トレヴィの泉にコイン投げなかったけど、我々がまたローマに帰ってきたよ!

 バスはテヴェレ川に沿って走り、大きな橋(ガリバルディ橋)のところで、運転手さんが「ここで降りるといいよ」と教えてくれる。interclubは橋の近くではないのだが、ここが停留所としては一番近いらしい。interclubの地図を見せると、右手の方の大通り(トラステヴェレ通り)をずっと行くんだよ、と教えてくれた。相変わらずイタリアのバスの運ちゃんは親切である。ぐらーつぃえ

 Interclubを目指す途中で気づいた。「ねえ、ローマ、ラツィオとチケット購入にクレジットが使えなかったけど、Interclubは使えるかなあ!?」。我々は、サッカーチケットは昨年と同じ様にクレジット会計するつもりだったのだが、2試合分現金で支払ってしまっていて、手持ちの現金が少なくなっていたのだ。どうして、インテルやフィオレンティーナはチケットがクレジットで買えるのに、ローマ・ラツィオは買えないのだ!?(理由は何となく分かる気もするが…)。というわけで、Interclubに行く前にお金をおろすことにした。

 昨年も国際キャッシュカードを使って、何度もATMでお金をおろしたので、大変に我々はなめくさっていて、簡単にお金がひけると思っていたのだが、最初に見つけたATMにPLUSの表示がない。PLUSと提携しているATMでないとカードが使えないのだ。もう一つATMがあったので、見てみるとこちらもPLUSと提携していない。「えー!去年はあんなに簡単にお金がおろせたのに!」。ここが下町のトラステヴェレだからだろうか?

 近くにインフォメーションがあったので、PLUSと提携しているATMが近くに無いか聞いてみる。インフォメーションの兄ちゃんはパソコンで調べてくれたが、「ローマにはテルミニ駅周辺にしかないよ」とのお答え。そんなバカな!去年はリソルジメント広場の何てこと無いATMであっさりひけたのに!「私達このまま一文無しでローマに放り出されたらどうしよう…」と、私がめそめそし始めると、姉が、「まあテルミニに行けば引けるんだし、とりあえずナポリのホテル代が現金で服の中にしまってあるから、interclubでクレジットが使えなかったらそれを使おう」と言い、とりあえずinterclubを目指すことにした。

 interclubを目指す途中でATMがあったので、念のため見てみると、何とPLUSマークがある!インフォメーションの兄ちゃんめ!何がテルミニにしかない、だ!(それにしてもイタリア人って、どうしてインターネット使っても正確な情報がゲットできないんだろう…)。で、英語表記に変えて、お金をひこうとしたのだが、どこのボタンを押せばいいのかわからない!withdrawingという表示が出るのだが、withdrawingって何だ!?with/drawingでお絵かきといっしょ?うわー、わけもわからないボタン押すのも怖いしー!去年はどうしてたっけ!?結局お金の引き方がわからず、interclubを先に探そうということになった。

 私はこの時結構テンパッてた。「お金のひき方がわからないよー!このままイタリアでお金がおろせなくて、一文無しで放り出されたらどうしよう…」。姉はあっさり言った。「日本大使館に行けばいいじゃん?」。そんなこと簡単に言うけど、お金がなければ日本大使館にもたどりつけないんじゃ…。まあ、最悪地図を見ながら歩いていけばよいけど。大使館に「お金がひけなくて助けてくだしゃい…」なんて言うのか?うう…2回目のイタリア旅行ということで、実に準備が甘かった…。

 しばらく歩くとinterclubの看板が見つかった。「本当にあった!」

CIMG1174_convert_20100323011735.jpg
 
 実は我々は、interclubなる組織が本当に存在するのか5%くらいうたぐっていたのだ(イタリアだから)。中に入ろうとすると、お姉さん二人がパニーノをむさぼっていて、開くのは2時からよ、と言う。時計を見たら1時過ぎだった(ラツィオスタイルを探すのにとまどったのでこんな時間)。先にお昼を食べることにした。

 トラステヴェレ通りを橋の方に少し戻った所に、たくさん人が入っている青い看板のバールがあったので、そこでランチにすることにした。イタリアで美味しいものにありつくためには、地元の人が集まっているバールがおすすめです。合計9ユーロだったのに、7ユーロと言われた。少なく間違う分はかまわんさ、ええ、かまわんさ。

 そこで食べたパニーノは大変美味しかったのだが、私はお金がひけないことでめそめそしてて、「一文無しでローマにただ二人…。withdrawingの意味も分からない…」と蚊の鳴くような声でつぶやきながら食べたためにあまり味わえなかった。「まあ、何とかなるさ!」と言う前向きな姉がトイレに行っている間に気づいた!withdrawingの意味を携帯でモバイルサイトにつないで調べればよいじゃないか!普段携帯を連絡手段としてしか使っていないから、こんなことが思い当たらないのである。調べてみると…わかった!withdrawingには「引き出す」という意味がある!drawはお絵かきのことじゃなくて、引き出しの「ドロアー」だったのね!急に目の前がぱああと明るくなった。トイレから戻った姉に目を輝かせながら叫んだ。「お姉ちゃん!私たち生きていけるよ!お金がひける!」。

 というわけで、ATMであっさりお金をひいて、interclubに戻った。「サッカーチケット下さいな♪」と言うと、サッカーチケットは隣の建物の中で売っていると言う。オゴソカな建物の重いドアを開けて2階に上がると、マラソンの宗兄弟を限りなく明るくしたようなおじさんが出てくる。「ナポリVSローマのチケットを下さい」と言うと、「si!(=はい)」とのお答え。やったー!ちゃんと扱っていた!我々はinterclubがナポリ戦のチケットを扱っていない可能性も20%くらいはあるのではないかと思っていたのである(イタリアだから)。2階席が良かったのだが売り切れていて、1階席しか残っていなかった。姉が「ナポリ(のような南イタリア)だから、1階席じゃ上から物が投げ込まれて落ちてきませんか?」と聞くと、ローマの宗氏は「ノープロブレム!」と明るく言い放つ。…適当なこと言ってるな、コイツ…。ちなみに、やっぱりここでもクレジットは使えなかった。

 我々が会計していると、隣の部屋から超ハイテンションな女性がやって来て、「ハァーイ、あなたたち、バスのチケットいらない?バスのチケット!」と話しかけてくる。あまりの怪しさに姉が一歩身構えて、「バスチケット?Why?」と聞くと、「おーほほほほ、ウチはバスチケットも扱っているのよーん♪」的なお答え。…どう考えても客の少なそうなこのチケット売り場、あんまりヒマなので我々に構ってもらいにきたらしい…。「私達は歩くので、バスチケットはいりません」と答えると、「あーあ、彼女達は永遠にバスには乗らないってさー!」と言いながらあっちに戻っていった。…陽気な姉ちゃんであった…。

 というわけで、無事にナポリの試合のチケットもゲット!たった2つのチケットを購入するだけで、法外な時間がかかってしまうイタリア!とりあえずこの日のノルマを果たしので、この後はぶらぶら観光しようということになった。何だか長くなってしまったので、この後の観光はページを改めまする。

2/26ローマ③~無料で味わうルネサンス&バロック芸術へ続く

イタリア旅行2010もくじへ

イタリア旅行は楽し♪トップページへ

スポンサーリンク

Track Back

TB URL

Home

プロフィール

辺獄

Author:辺獄
貧乏なくせに、イタリア旅行というお金のかかる趣味を持ってしまった、「イタリア旅行貧乏」です。旅行は楽し♪びんぼーも楽し♪がモットーです!
ついでにイタリア語も楽し♪
好きなイタリアの画家はボッティチェリ!

(limba→辺獄へ和訳改名しました!)

サイト修復中のお知らせ

当ブログは、記事が増えすぎたため、旅行記と本の感想以外の、イタリア旅行の実用的な情報記事を、新サイトにお引越しする作業を行っています。

引っ越し作業中は、お見苦しい箇所も出てきてしまうと思いますが、何とぞご容赦くださいませ。

新サイトはこちらです
辺獄のイタリア旅行おすすめ情報
辺獄のイタリア旅行おすすめ情報

新サイト完成後も、こちらのブログは、旅行記ブログとして存続しますので、よろしくお願い致します!

最新記事

イタリア旅行記

イタリア個人旅行の作り方

イタリアを個人で旅行する場合の、旅程の立て方や、航空券やホテルの予約の仕方についてまとめてみました♪
● イタリア個人旅行の作り方



イタリアの各町まとめガイド

今まで行ったことのあるイタリアの町ごとに、観光情報をまとめてあります。情報は、訪問当時のものなので、変わっている可能性もございます。ご注意下さいませ。
● 各町まとめガイド

各町まとめガイドは、10月以降、一時的に記事が見れなくなる可能性があります。詳しくはこちら

イタリア旅行お役立ち情報

イタリアツアー情報

当サイトはイタリアを個人旅行するための情報が多いので、パックツアーを考えている方のための別館を作ってみました。イタリアツアーの選び方や、おすすめイタリアツアーを紹介しています。
別館→イタリアツアー情報

旅行会話をマスターする!

せっかくイタリアに行くなら、イタリア語にチャレンジしてみましょう!イタリア語旅行会話の学習法や、おすすめのイタリア語学習教材、また、イタリア旅行で実際に使った旅行フレーズの紹介などをしています。

イタリア旅行おすすめ本

イタリア旅行に関するおすすめの本を紹介しています。おすすめガイドブックや、イタリア旅行前にぜひ読んでおきたい読み物、ちょっと小難しい文芸作品まで♪一覧にまとめてありますので、こちらからどうぞ↓

おすすめ旅行グッズ

イタリア旅行に役立つおすすめ旅行グッズをご紹介しています。ご参考までに、私がイタリア旅行の際に準備する持ち物リストの一覧も公開しています☆

イタリア旅行おすすめリンク

イタリア旅行に役立つサイトのリンク集を目的別に集めてみました。

カテゴリ

ブログランキング

参加中のブログランキングです。当ブログがお気に召していただけましたら、ぽちっとお願い致します☆

サイトについて

当ブログはリンクフリーです。サイトポリシーやお問い合わせ先についてはこちらからどうぞ。

検索フォーム

RSSリンクの表示

FC2カウンター