イタリア旅行記ブログ イタリア旅行は楽し

イタリア旅行大好きの管理人が、実際にイタリアに足を運んだ経験・情報に基づいて、イタリア旅行情報を発信してます。
旅行記や個人でのイタリア旅行のコツ、サッカー観戦情報もございます。

Top Page > イタリア旅行記2009 > 3/8フィレンツェ⑦~モントリーヴォいわく「今季最低の試合」

3/8フィレンツェ⑦~モントリーヴォいわく「今季最低の試合」

<本日のイタリア旅行記メニュー>
○スタディオ・アルテミオ・フランキにてサッカー観戦
(フィオレンティーナ×パレルモ)

 翌日の朝にフィレンツェを発つため、朝は荷造りをした。今日は、フィレンツェを本拠地とする、セリエAのフィオレンティーナの試合を観戦に行く。

 ロマニスタの姉は、最初の計画では、フィオレンティーナなんか見なくて良い、と言っていた。「それよりさ、ローマの試合を3試合見た方がいいじゃん。フィオレンティーナなんか見てどうするさ?」。

 私はせっかくフィレンツェに行くなら、スタディオ・アルテミオ・フランキに行かない選択肢は無い、と姉を説得しまくった。いろいろなサッカースタジアムに行きたい、というのと、フィオレンティーナに今季からジラルディーノが加入したからである。私は日韓W杯の時には、セレブスターの集まりみたいだったイタリア代表は好きになれなかったが、アテネオリンピックの日本戦で、いきいきとプレーするデロッシとジラルディーノを見たのがきっかけで、イタリアのカルチョにはまって行ったのである。どうせならジラも見たい!あと、パレルモのピンクユニも見たい!「まあ、ジラなら見てやってもいいか(かわいいから)…」と姉はようやく承諾し、この日もローマに行かず、フィレンツェにとどまる計画となったのである。

 しかし、最初は乗り気でなかった姉、旅行前に、フィオレンティーナがロスタイムぎりぎりに劇的に追いついたり、勝ち越したり、などというミラクルな試合を連発したため、急激に「ムトゥ」とか「フレイ」とか「フィオレンティーナ見たい!」とか言い出した。おまけに、フィレンツェの街中でヴィオラ(フィオレンティーナの愛称)のファンショップに入ったら、ユリさんマークの入ったヴィオラグッズがあまりにも可愛らしかったため、にわかヴィオラファンになってしまった。「私はローマを裏切れない…」とか訳の分からないことを言いながら、小1時間もかけて、ヴィオラのTシャツを購入する始末。しかも、この日の観戦に着て行く始末。姉「さあ、今日はヴィオラ観戦だね!はりきって行こう!」。この代わり身の早さは、似たDNAの持ち主として、理解できなくもない。

 日曜でごった返すドゥオーモ広場にて、17番バスを待つ。運転手さんに「ば あ あるてみおふらんき(アルテミオフランキに行きますか?)」と確認してから乗車。ジョットの鐘楼がバスの窓から遠ざかっていく。中心街としばらくのお別れ。20分くらい乗車していると、ヴィオラグッズに身を包んだ人たちが降りていく。ここなのかな、と降りようとすると、運転手さんが、ここじゃないよ、教えてあげるから、と言う。運転手さんは他の乗客とおしゃべりするのに夢中になっていると思ってたら、我々のこともちゃんと見ててくれたらしい。スタジアムらしき照明や、プランデッリ監督のポスターを過ぎてしばらくしてから、ここで降りてまっすぐ行けば、チケット売り場とスタジアムがあるよ、と教えてくれた。ぐらっちぇー!

 チケット売り場に行くと、何と日本人の男性グループが出てきた。へー、こんな地味なカードでも見に来る日本人(我々以外に)いるんだー。売り場に入ると、ひげのおっちゃんがすぐに寄ってきて、イタリア語でまくしたてる。座席表を指差して、ぺらぺらぺらぺら説明を始める。何か、ヴィオラのベンチ側でない席を指差すので、「ぼれい、べでーれ、い じょかとーり でぃ びおら(ヴィオラの選手を近くで見たいのよ~)」と訴える。そしたら、おっちゃんはPLAとかいう席を勧めてくれたので、73ユーロのその席を買うことに。いざ、買おうとすると、「ぱさぽるて(パスポートは)?」と求められる。しまった!きちんと持って来たのだが、いつもの厳重な防犯体制のクセで、洋服の下にある…。と、いうわけで、いったんどこかでパスポートを出すことにした。おっちゃんは、「あそこのバールでトイレを借りるといいよ」と教えてくれた。しかし、パスポートを出すためだけにバールに入って1ユーロ払うような我々ではない。…人気のない、ちょっと奥まった所を見つけて、助け合って服の下からパスポートを出した。そして無事にチケットゲット!

 試合までかなり時間があり、また3月だというのにあまりに日差しが強く、さすがの貧乏姉妹もバールで休むことにした。しかし、スタジアム近くのバールは濃いヴィオラファンが固まってて何だか入りづらい…。そこで、少しだけスタジアムから離れた静かなバールに入った。そして、念願の「どぅえ すぷれむーた ぺるふぁぼーれ!」。スプレムータとは、オレンジを丸ごと搾ったジュースなのだが、今まで寒くてなかなか飲む機会が無かったのだ。バールのおばちゃんがでっかいオレンジを2、3個、豪快に搾ってくれた。美味~

 スプレムータでリフレッシュして、1時間前だし、そろそろスタジアムに入ろうかということに。しかし、ヴィオラファン、なぜか、ほとんど中に入らず、ある一点でたむろしている。姉「もしかして、ここで待ってたら、選手たちを見れるんじゃ…」。姉の勘は的中!しばらく一緒に待つと、チームバスがものすごい警備に率いられてやって来た。みんな拍手で迎える。プランデッリ監督が最前列にいて、私たちに手を振ってくれた(←良い思い出なので、突っ込まないように)。ヴィオラファンのおばさんが、我々を見て、「あなたたち、ヴィオラファン?」と尋ねて来たので、「スィ!」と元気良く答えると、ブラーヴォ!と言われた。

 チームバスも見れて、気分は最高♪というわけで、中に入ろうとすると、またもやパスポートを求められる。しまったぁ!バールのトイレに入ったときに、またクセで服の中にしまってしまった…。というわけで、「持ってるけど、ちょっと待ってください…」と言って、またパスポートを服の下から出す羽目に。人目のつかないところでひっそりやったのだが、怪しい東洋人極まりなかった。しかも、姉は私の手伝いをするときに、無理な体勢をしてネックレスをちぎってしまった。まあ、保険で補償されるさ!(実際、できた)。

 何とかスタジアム内に入るが、イマイチ席がわからない。係員のお兄さんに聞いたが、違う席に案内された。でも、何とか自力でゲット。

 席に座ると、試合前の練習が始まった。楽しみにしてたのだが、ナゼかヴィオラの選手はバックスタンド近くで練習をしてて、全然メインスタンド側に来ない。(見た目が)セリエANO.1お姉様系のモントリーヴォのへなへな具合や、ガンベリーニの鋭い眼光を近くで見たかったのに…。選手の出入り口も、ヴィオラはゴールライン上にあるし、値段も高いので、わざわざメインスタンドで見る必要は無いと感じました。貧乏旅行の人は、バックスタンドがおすすめです。

 練習が終わり、いよいよ試合近くになると、センターラインにでっかい牛乳が置かれて、牧歌的な音楽が鳴り始め、それに乗って選手たちが入場してきた。TVで観戦してて、いつもフィオレンティーナのホームゲームはのん気な音楽が流れていることを知ってたので、ああ、あれか…と思ってたら、何と、この歌のサビは「おお、ふぃおれんてぃな♪」である!えーっ!チームソングだったのか!ローマやミランの荘厳な感じのチームソングがイメージとしてあったので、まさかこれがチームソングだとは思わなかった…。で、試合が始まった。フレイが目の前にいた。黄色いユニフォームだったので玉子焼きみたいだった(まだ切りわけてないやつ)。

 …40分が経過した。…退屈である。まあ、ヴィオラは後半型のチームなのである。あまりに退屈なのでハーフタイムのラッシュを避けて、前半終了前に交代でトイレに行った。前半の見所と言えば、ライン近くまでボールを追ってきたCBのガンベリーニが、TVで見るよりずっとかっこよかったくらいだった。まあ、ヴィオラは後半型のチームなのである。

 後半が始まった。…パレルモがあっさり先制した。2点目もあっさり取った。…まあ、ヴィオラは、…後半型の…。それにしても酷い試合である。ムトゥとモントリーヴォの出来が最悪で、この二人がボールを持つとすぐ取られていた。モントリーヴォは後半にはかなりブーイングも受けていた。ジラはいずこ?あまりの出来の悪さにプランデッリ監督はこの試合は捨ててしまったのか、楽しみにしていたヨヴェテッィチも交代枠があったのに出てこなかった。…ヴィ、ヴィオラは後半ロスタイム型の………普通に試合は終わった。後日、モントリーヴォは今季最低の試合として、いけしゃあしゃあと、アウェイのラツィオ戦と、この試合を挙げていた…。なんでそんな試合、我々見に行ったの?

 というわけで、とぼとぼと中心部へと戻りました。こんなヒドイ仕打ちを受けたにも関わらず、姉が「ヴィオラショップに行く」と言い出した。理由は、明日からローマだが、ASローマのオフィシャルグッズがあまりにもダサければお土産を選ぶのに困るので、ここでいくつか調達すると言うのである。そんな必要ないんじゃないか、と私は思ったのだが、これは後になってみると大変な英断だったのである。ヴィオラショップ、最初にサイズを間違えて買ってしまって、戻ったら快く交換してくれた。かわいくて良い店。

 さんざんなヴィオラ観戦ではあったが、後で考えると、これは私が悪かった気がする。この日、私は、白と黒のしましま模様という、いわゆる「ゼブラ」柄に近いワンピースといういでたちで、スタジアムに赴いたのである。

 ヴィオラの天敵ユベントス、もしくはシエナを髣髴とさせるこのスタイルは、嫌がらせ以外の何ものでもない。次にヴィオラを応援に行くときは、必ず全身これスミレ色(ヴィオラのチームカラー。というかヴィオラ自体がスミレ色というイタリア語)にして行くことを、心に誓ったのである。

<本日のイタリア語旅行フレーズ>
(くえすとあうとぶす)ば あ ○○○?((Questo autobus)Va a ○○○?)
「(このバスは)○○○へ行きますか?」…バスの運転席にいる運転手に聞くときは、Questo autobusはいりません。本っ当ーーーにイタリアのバスは分かりにくいので、乗る前に運ちゃんにこう聞いて(行くと分かっていても!)、走行中は運ちゃんの近くに立っていれば、降りるときに教えてくれます。親切~ただ、本当に混んでいる観光地でのバスではスリが出るらしいので、座った方が良いです。

3/9ローマ①~ローマストアよ、お前は…へ続く

イタリア旅行記2009もくじへ

イタリア貧乏旅行は楽し♪トップページへ

スポンサーリンク

Track Back

TB URL

Home

プロフィール

辺獄

Author:辺獄
貧乏なくせに、イタリア旅行というお金のかかる趣味を持ってしまった、「イタリア旅行貧乏」です。旅行は楽し♪びんぼーも楽し♪がモットーです!
ついでにイタリア語も楽し♪
好きなイタリアの画家はボッティチェリ!

(limba→辺獄へ和訳改名しました!)

サイト修復中のお知らせ

当ブログは、記事が増えすぎたため、旅行記と本の感想以外の、イタリア旅行の実用的な情報記事を、新サイトにお引越しする作業を行っています。

引っ越し作業中は、お見苦しい箇所も出てきてしまうと思いますが、何とぞご容赦くださいませ。

新サイトはこちらです
辺獄のイタリア旅行おすすめ情報
辺獄のイタリア旅行おすすめ情報

新サイト完成後も、こちらのブログは、旅行記ブログとして存続しますので、よろしくお願い致します!

最新記事

イタリア旅行記

イタリア個人旅行の作り方

イタリアを個人で旅行する場合の、旅程の立て方や、航空券やホテルの予約の仕方についてまとめてみました♪
● イタリア個人旅行の作り方



イタリアの各町まとめガイド

今まで行ったことのあるイタリアの町ごとに、観光情報をまとめてあります。情報は、訪問当時のものなので、変わっている可能性もございます。ご注意下さいませ。
● 各町まとめガイド

各町まとめガイドは、10月以降、一時的に記事が見れなくなる可能性があります。詳しくはこちら

イタリア旅行お役立ち情報

イタリアツアー情報

当サイトはイタリアを個人旅行するための情報が多いので、パックツアーを考えている方のための別館を作ってみました。イタリアツアーの選び方や、おすすめイタリアツアーを紹介しています。
別館→イタリアツアー情報

旅行会話をマスターする!

せっかくイタリアに行くなら、イタリア語にチャレンジしてみましょう!イタリア語旅行会話の学習法や、おすすめのイタリア語学習教材、また、イタリア旅行で実際に使った旅行フレーズの紹介などをしています。

イタリア旅行おすすめ本

イタリア旅行に関するおすすめの本を紹介しています。おすすめガイドブックや、イタリア旅行前にぜひ読んでおきたい読み物、ちょっと小難しい文芸作品まで♪一覧にまとめてありますので、こちらからどうぞ↓

おすすめ旅行グッズ

イタリア旅行に役立つおすすめ旅行グッズをご紹介しています。ご参考までに、私がイタリア旅行の際に準備する持ち物リストの一覧も公開しています☆

イタリア旅行おすすめリンク

イタリア旅行に役立つサイトのリンク集を目的別に集めてみました。

カテゴリ

ブログランキング

参加中のブログランキングです。当ブログがお気に召していただけましたら、ぽちっとお願い致します☆

サイトについて

当ブログはリンクフリーです。サイトポリシーやお問い合わせ先についてはこちらからどうぞ。

検索フォーム

RSSリンクの表示

FC2カウンター