イタリア旅行記ブログ イタリア旅行は楽し

イタリア旅行大好きの管理人が、実際にイタリアに足を運んだ経験・情報に基づいて、イタリア旅行情報を発信してます。
旅行記や個人でのイタリア旅行のコツ、サッカー観戦情報もございます。

Top Page > イタリア旅行記2009 > 3/6フィレンツェ⑤~ダヴィデ像は360度イケメン

3/6フィレンツェ⑤~ダヴィデ像は360度イケメン

<本日のイタリア旅行記メニュー>
○アカデミア美術館
○サン・マルコ美術館(修道院)

 今日は晴れてたので、ピサにでも行ってみるかということになった。お昼からでも十分日帰りできそうなので、午前中は、早起きして、姉の念願のサンマルコ美術館へ行くことに。地図を見ると、近くにアカデミア美術館がある。あの「ダヴィデ像」がある美術館である。

 我々は、当初はこの「ハダカの男」を見に行く予定は無かった。姉「世界史の写真で見たことあるけど、みんなちやほやしすぎじゃない?ただのハダカの男でしょ」。私「うん。わざわざハダカの男見に行かなくていい」。しかし、パラティーナ美術館、ウッフィツィ美術館、と、いささか絵画を見るのに疲れてしまったため、何かちょっと違うネタのものが見たくなってしまった。それで、「サンマルコの近くだし、並んでなければハダカの男でも見てやるか」と、我々はサンマルコのおまけ、だなんて太い態度で、アカデミア美術館へと向かったのである。

 北へと向かう通りは、工事もしていて、フィレンツェの中ではちょっと暗くて雰囲気が悪かったので、注意しながら歩いた。アカデミア美術館に着くと、拍子抜けするほど並んでなかったため、すぐに入館。まずはミケランジェロの未完の彫刻の奴隷シリーズが表れた。未完なのが、なおさらよい、と言う感じの力強い作品群である。その奥の方に…「あっ、あの男!」

 ど~ん!ダヴィデ像である!予想外の大きさ、迫力、に我々は口をぽかんとあける。誰だ、高校の世界史図表の写真を撮ったのは!この良さの100分の1も伝え切れてないではないか!いや、ダヴィデ、…かっこいい~!左斜めから録った写真が有名だと思うが、右側に回ると、ダヴィデの顔を正面から拝める。はっきり言って、超イケメンである。顔立ち、顔つき、表情、何もかもかっこいい。一説によると、ダヴィデは民主主義の敵を睨み付けているらしい。それもまた、かっこいい。それでいてまた、ポーズもかっこいい。後ろから見てもかなりサマになっている。どの角度から見ても、スキのないイケメンっぷりであった。男性のかっこいいところを全部詰め込んでいた。いや、これは露出狂でも何でもなく、芸術でございます。ミケランジェロに、乾杯!

 イケメン男にすっかり目の保養をしてもらったところで、今度は雅趣を変えて、サンマルコ美術館へ。外側は何の変哲も無い教会。
snap_unaspremuta_200965235056.jpg
 「どぅえ びぎぇってぃ ぺるふぁぼーれ」と、切符を購入して、中へ。階段をとことこ上ると、いきなり!あのフラ・アンジェリコの「受胎告知」が表れた!何の心の準備もしてなかった我々はおー!と不意打ち。まー、かわいらしくて、清らかな絵!色鉛筆で描いたような色彩に、可愛らしい天使ガブリエル!羽の色使いが絶妙!昨日見たダヴィンチの受胎告知が、厳然とした雰囲気なのに対し、こちらのマリアはとても人間っぽくて親しみが持てました。いやー、かわいいなあ~。

 この「受胎告知」が最大の見所なのだが、もっと中に進むと、ひとつひとつの小部屋にまた、色鉛筆みたいな壁画が描いてある。これがまた、かわいらしい。もう、とってもキュートな連続攻撃に、姉はすっかりトリコになっていた。私は、というと、この教会の清涼な雰囲気はとても良かったのだが、このかわいらしい絵のそれぞれの出血シーンが、血が飛び散りすぎてて、何かそのギャップに途中からやられてしまい、最後まで小部屋は覗かないで、受胎告知の方へ戻って、気分を取り戻した。そんなにリアルではありませんが、飛び散る血が嫌いな人は、気をつけて進みましょう。

 というわけで、アカデミア美術館も、サンマルコ美術館もビバ!「ハダカのダヴィデ様(←昇格している)」を見て良かった~!受胎告知も、想像通り、いや、想像以上に素敵な絵だった~!この頃の我々の気分は最高!ごらん、世界はウツクシイ。フィレンツェ万歳!よーし、次は斜めった塔でも見に行くか。こちらも想像以上に素敵に違いない!と浮かれまくって、サンタ・マリア・ノヴェッラ駅へと向かった。しかし、この後に、恐ろしい悲劇が、リヴァイアサンのように口を広げて待っていることなど、この浮かれ姉妹には全く想像できていなかったのである…。

<本日のイタリア語旅行フレーズ>
どぅえ びぎぇってぃ ぺるふぁぼーれ(Due biglietti per favore)
「チケットを2枚ください」…「どぅえ」が2ですので、旅行の人数にあてはまる数はしっかり覚えておきましょう。ちなみに、「びぎぇってぃ」は美術館の入場券、サッカー観戦のチケット、公共機関の切符、いずれにも使えます。1枚の時だけ単数形「うん びぎぇっと」にするのをお忘れなく♪

3/6ピサ~悲劇は、青い空から突然に。へ続く

イタリア旅行記2009もくじへ

イタリア旅行は楽し♪トップページへ

スポンサーリンク

Track Back

TB URL

Home

プロフィール

辺獄

Author:辺獄
貧乏なくせに、イタリア旅行というお金のかかる趣味を持ってしまった、「イタリア旅行貧乏」です。旅行は楽し♪びんぼーも楽し♪がモットーです!
ついでにイタリア語も楽し♪
好きなイタリアの画家はボッティチェリ!

(limba→辺獄へ和訳改名しました!)

サイト修復中のお知らせ

当ブログは、記事が増えすぎたため、旅行記と本の感想以外の、イタリア旅行の実用的な情報記事を、新サイトにお引越しする作業を行っています。

引っ越し作業中は、お見苦しい箇所も出てきてしまうと思いますが、何とぞご容赦くださいませ。

新サイトはこちらです
辺獄のイタリア旅行おすすめ情報
辺獄のイタリア旅行おすすめ情報

新サイト完成後も、こちらのブログは、旅行記ブログとして存続しますので、よろしくお願い致します!

最新記事

イタリア旅行記

イタリア個人旅行の作り方

イタリアを個人で旅行する場合の、旅程の立て方や、航空券やホテルの予約の仕方についてまとめてみました♪
● イタリア個人旅行の作り方



イタリアの各町まとめガイド

今まで行ったことのあるイタリアの町ごとに、観光情報をまとめてあります。情報は、訪問当時のものなので、変わっている可能性もございます。ご注意下さいませ。
● 各町まとめガイド

各町まとめガイドは、10月以降、一時的に記事が見れなくなる可能性があります。詳しくはこちら

イタリア旅行お役立ち情報

イタリアツアー情報

当サイトはイタリアを個人旅行するための情報が多いので、パックツアーを考えている方のための別館を作ってみました。イタリアツアーの選び方や、おすすめイタリアツアーを紹介しています。
別館→イタリアツアー情報

旅行会話をマスターする!

せっかくイタリアに行くなら、イタリア語にチャレンジしてみましょう!イタリア語旅行会話の学習法や、おすすめのイタリア語学習教材、また、イタリア旅行で実際に使った旅行フレーズの紹介などをしています。

イタリア旅行おすすめ本

イタリア旅行に関するおすすめの本を紹介しています。おすすめガイドブックや、イタリア旅行前にぜひ読んでおきたい読み物、ちょっと小難しい文芸作品まで♪一覧にまとめてありますので、こちらからどうぞ↓

おすすめ旅行グッズ

イタリア旅行に役立つおすすめ旅行グッズをご紹介しています。ご参考までに、私がイタリア旅行の際に準備する持ち物リストの一覧も公開しています☆

イタリア旅行おすすめリンク

イタリア旅行に役立つサイトのリンク集を目的別に集めてみました。

カテゴリ

ブログランキング

参加中のブログランキングです。当ブログがお気に召していただけましたら、ぽちっとお願い致します☆

サイトについて

当ブログはリンクフリーです。サイトポリシーやお問い合わせ先についてはこちらからどうぞ。

検索フォーム

RSSリンクの表示

FC2カウンター