イタリア旅行記ブログ イタリア旅行は楽し

イタリア旅行大好きの管理人が、実際にイタリアに足を運んだ経験・情報に基づいて、イタリア旅行情報を発信してます。
旅行記や個人でのイタリア旅行のコツ、サッカー観戦情報もございます。

Top Page > イタリア旅行おすすめ本 > 「狂熱のシーズン~ヴェローナFCを追いかけて」

「狂熱のシーズン~ヴェローナFCを追いかけて」

 
狂熱のシーズン―ヴェローナFCを追いかけて狂熱のシーズン―ヴェローナFCを追いかけて
(2003/06)
ティム パークス

商品詳細を見る


 この本の存在は、実はよく本屋さんで見かけていたので知っていました。

 でも、ヴェローナFC?トホイムカシにセリエAからいなくなってしまって今はいずこ?のチーム。何でヴェローナの本なんかが日本で翻訳されてるんだろうなあ…と、いつも不思議に思って通り過ぎていました。

 で、この間、イタリア (ロンリープラネットの自由旅行ガイド)を読んだ時に、イタリアを知るためのおすすめ本として紹介されていたので、「えっ、一体何なの…?」とカナリ気になってしまい、とうとう手にとって読んでみました。

 読んでみたら、…いやあー、かなりの内容の濃さに圧倒されました。今まで読んだイタリアの本の中で一番面白かったです! 

 内容は。エラス・ヴェローナというサッカークラブのファンである、ヴェローナ在住のイギリス人作家ティム・パークスが、ヴェローナのアウェイゲームを全て見に行く口実として、「本を書くため」という名目で、2000-2001年シーズンのヴェローナの試合を追いかけるノンフィクションです。アウェイゲームを見に行くためには家を留守にしなければならないので、奥さんに「仕事だから!この旅行は家族を支えるお金になるんだから!」と言ってサッカー観戦に行っちゃうわけですね(笑)。うまいなあ~。

 アウェイゲームを見に行くということは、敵地に赴く、ということです。アウェイゲームまで見に行くファンは、過激なファンなので、相手サポータの攻撃の的。作者さんを含めたヴェローナファンは敵のサポーターや、警察にも(!)さんざんな目に遭わされます。もう、その様子のリアルなこと!セリエAのサポーターは警察を憎んでるという話をよく聞きますが(警察への憎しみから、ローマダービーが途中中止されたこともあった…)、その理由がこの本を読むとよくわかります。

 また、セリエAのサッカーチームは政治的要素と結びついているというのも有名ですが、ヴェローナサポーターは、極右で、人種差別が最も激しいため(ヴェローナという街自体が、そのような傾向があると言われています)、イタリアの嫌われ者なのだそうです。弱いプロヴィンチャ(地方チーム)のヴェローナは2000-2001シーズンは降格争いへと落ちていきますが、ヴェローナ以外のファンはヴェローナがセリエBへ落ちるのを望んでいて、代わりに同じヴェローナの街にある政治的にもクリーンなキエーヴォ・ヴェローナというチームがセリエAに上がってくるのを望んでいるという四面楚歌状態。まだユヴェントスを中心とした大掛かりな審判操作が告発される前の話なので、何かとヴェローナは苦しい立場に置かれます。こんな話は、実際に不正があったことを知ってから読むことで、さらにリアリティが増しますね(本が出版された頃には、まだ不正は発覚していません)。

 ヴェローナファンである作者さんは、この本の中では人種差別の善悪は論じません(悪であるのが当たり前)。なぜヴェローナファンは人種差別をするのか?逆にリヴォルノのファンはなぜ左翼なのか?ひとつのサッカーチームのファン全員が、ひとつのイデオロギーを持つなんておかしいんじゃないか?この本を読むと、イタリアのサッカースタジアムでふりかざされる政治的思想の正体が、イギリス人の目を通して、私にも少しだけ見えた気がしました。

 あと、これは個人的に面白かったのですが、当時のヴェローナって、結構今でも現役でバリバリやってる有名選手がまだ青いうちに所属していたようなのです。ムトゥ、ジラルディーノ、カモラネージ、オッド、カセッティなどなど。もうね、ムトゥやジラやオッドの性格が、昔から変わっていないエピソードが満載で笑えます(笑)。この作者さんのカセッティ評がまたヒドイし!また、この本を書く1年前のシーズンはヴェローナは、現在フィオレンティーナの名将・プランデッリが率いていて、とても良いシーズンを送ったのですが、プランデッリは、会長とケンカして、辞めてしまいます。当時からカリスマ性のある監督だったらしく、新しい監督は、プランデッリの亡霊と戦っている…みたいな記述もたびたびあります。プランデッリはどうやらここでフレイやらムトゥやらと知り合って、パルマ、フィオレンティーナと連れ添うことになるんですね。そのへんの運命も、まだこの本が発行された頃にはわかっていなかったんだなあ…と思うと、何だか感慨深い。

 というわけで、イタリアサッカーファンはもちろんのこと、イタリアをより知りたい方にもぜひおすすめの本です。作者さんの文章が上手なので、まるでリアルタイムにヴェローナという弱いサッカーチームのシーズンを見ているかのようです。イタリアの嫌われ者・ヴェローナを応援したくなるかどうかは…読んでみてのお楽しみということで♪


イタリア旅行おすすめ本一覧

イタリア貧乏旅行は楽し♪トップページへ

スポンサーリンク

Track Back

TB URL

Home

プロフィール

辺獄

Author:辺獄
貧乏なくせに、イタリア旅行というお金のかかる趣味を持ってしまった、「イタリア旅行貧乏」です。旅行は楽し♪びんぼーも楽し♪がモットーです!
ついでにイタリア語も楽し♪
好きなイタリアの画家はボッティチェリ!

(limba→辺獄へ和訳改名しました!)

サイト修復中のお知らせ

当ブログは、記事が増えすぎたため、旅行記と本の感想以外の、イタリア旅行の実用的な情報記事を、新サイトにお引越しする作業を行っています。

引っ越し作業中は、お見苦しい箇所も出てきてしまうと思いますが、何とぞご容赦くださいませ。

新サイトはこちらです
辺獄のイタリア旅行おすすめ情報
辺獄のイタリア旅行おすすめ情報

新サイト完成後も、こちらのブログは、旅行記ブログとして存続しますので、よろしくお願い致します!

最新記事

イタリア旅行記

イタリア個人旅行の作り方

イタリアを個人で旅行する場合の、旅程の立て方や、航空券やホテルの予約の仕方についてまとめてみました♪
● イタリア個人旅行の作り方



イタリアの各町まとめガイド

今まで行ったことのあるイタリアの町ごとに、観光情報をまとめてあります。情報は、訪問当時のものなので、変わっている可能性もございます。ご注意下さいませ。
● 各町まとめガイド

各町まとめガイドは、10月以降、一時的に記事が見れなくなる可能性があります。詳しくはこちら

イタリア旅行お役立ち情報

イタリアツアー情報

当サイトはイタリアを個人旅行するための情報が多いので、パックツアーを考えている方のための別館を作ってみました。イタリアツアーの選び方や、おすすめイタリアツアーを紹介しています。
別館→イタリアツアー情報

旅行会話をマスターする!

せっかくイタリアに行くなら、イタリア語にチャレンジしてみましょう!イタリア語旅行会話の学習法や、おすすめのイタリア語学習教材、また、イタリア旅行で実際に使った旅行フレーズの紹介などをしています。

イタリア旅行おすすめ本

イタリア旅行に関するおすすめの本を紹介しています。おすすめガイドブックや、イタリア旅行前にぜひ読んでおきたい読み物、ちょっと小難しい文芸作品まで♪一覧にまとめてありますので、こちらからどうぞ↓

おすすめ旅行グッズ

イタリア旅行に役立つおすすめ旅行グッズをご紹介しています。ご参考までに、私がイタリア旅行の際に準備する持ち物リストの一覧も公開しています☆

イタリア旅行おすすめリンク

イタリア旅行に役立つサイトのリンク集を目的別に集めてみました。

カテゴリ

ブログランキング

参加中のブログランキングです。当ブログがお気に召していただけましたら、ぽちっとお願い致します☆

サイトについて

当ブログはリンクフリーです。サイトポリシーやお問い合わせ先についてはこちらからどうぞ。

検索フォーム

RSSリンクの表示

FC2カウンター