イタリア旅行記ブログ イタリア旅行は楽し

イタリア旅行大好きの管理人が、実際にイタリアに足を運んだ経験・情報に基づいて、イタリア旅行情報を発信してます。
旅行記や個人でのイタリア旅行のコツ、サッカー観戦情報もございます。

Top Page > イタ楽コラム

壊れかけた城壁の誘惑

 前回の丘についてのコラムで、私は丘の上の城壁のある町が好きだ、と書きましたが、今回は城壁のお話です。

 イタリアでは、城壁に囲まれた町を多く目にします。これは、イタリア全土がイタリアとして統一された歴史は短く、ずーっと町が国家としての単位だったことに由来するのでしょう。城壁の役目は、何といっても、「外」と「内」を明確に分けて、「外」から「内」を守ることです。

 そもそも城壁は、古代ローマ時代から築かれていたようですが、現在、イタリアで我々が目にする城壁は、イタリアの都市国家が元気だった中世に築かれたもの、もしくは中世期の壁を後の時代に修復したものが多いです。

 また、城壁そのものが結構キレイに残っている町のほとんどは、それほど大きくない町です。ミラノ、ローマ、フィレンツェなどの大きな町の城壁は、門の部分などを断片的に残すだけで、ほとんど取り壊されてしまっています。

 近代化に伴い、また、イタリア統一に伴って、城壁は「いらないもの」になってしまったのでしょう。人間の武器が高度化し、戦闘機が飛ぶような時代に、城壁で町を守ることなどできませんし、近代化で物や人の流れが活発になると、城壁はその流通を阻害してしまいます。

 こうして、ミラノ、フィレンツェ、ボローニャなどの大きな町の城壁は、幹線道路へと姿を変えてしまいました。城壁のないイタリアの都市が、幹線道路でぐるっと取り囲まれていることが多いのは、そういう背景があるようです。

 さて。田舎にある小さな町の城壁は、壊す労力と、それによって得られるメリットを天秤にかけた時、おそらく前者のほうが大きく、ほとんどが古いまま残されています。もちろん、ここには、できるだけ古い街並みを保存したいという、地元の人々の郷土愛も働いているでしょう。

 有名な観光地で、非常に保存状態の良い城壁が残っているのはルッカです。城壁はきれいにぐるっと旧市街を取り囲み、市民たちの遊歩道として使われています。ルッカの城壁がこんなに保存状態が良いのは、ルッカがあまり近隣の町と戦争をしなかったからなのかもしれません(大国フィレンツェとピサに囲まれて、うまく立ち回ったと言われています)。

ルッカの門
 ルッカの城壁内に入る門。

 ルッカを訪問した時、しかし、このしっかりと残った城壁は、不思議に私の心に響きませんでした。城壁好きの私なのに、これはいったいどうしたことだろう…。ふと思ったのは、私は、壊れかけたボロボロの城壁の方が好きだ、ということでした。

 城壁は「内」と「外」を分けるもの。「外」から傷つけられないように「内」を守るもの。…これは何かに似ていませんか?―そう、人間が自分を守るために作る「心の壁」。これを否定的な言葉に転換すると「自分の檻」。つまり、城壁は、「外」から自分を守ると同時に、自分を閉じ込めてしまうものとして機能する可能性があるのですね。

 ここらへんは、狭い世界で生きることは、見知った人々だけに囲まれて安全である反面、町を歩くすべての人が知り合いであることの窮屈さがある、と言えばわかりやすいでしょうか。安直な二元論で言えば、田舎=安全=窮屈、都会=危険=自由という図式です。

 ルッカの屈強な城壁は、もしかしたら前者の図式を、非常に強く私にイメージさせてしまったのかもしれません。もう少し崩れかけた城壁の方が、内と外とのギリギリのせめぎ合いという深層心理的なイメージを呼び起こし、どこか風情のあるものとして胸に迫るのかもしれません。

 とは言っても、城壁には扉がありますので、屈強な城壁と言えども、完全に外と断絶されているわけではありません。その意味で、私が受け取っているイメージには誤りがあります。ですが、扉は自分の力で開け閉めできるので、あまり危険なイメージは伴いません。それに対し、壊されかけた城壁、そこには危険を伴う自由への誘惑が隠されているように思うのです。

 そういうわけで、高い高い城壁を築き、その中で閉じこもって生きちゃなんねえな!と、次に城壁を見た時には、自分を奮い立たそうと思いました。私はどちらかというと、自分の殻に閉じこもる傾向があるのでございます。ですが、宇宙が膨張しているように、私の小宇宙も広がり続ける本能があるはずです。何で城壁の話なのに、最後に宇宙が出てきてしまったんでしょうねえ。

イタリア旅行は楽し♪トップページへ

スポンサーリンク

「丘を越える」ということ

 日常でフツーに使っている言葉の中に、実は、それについてのきちんとしたイメージも持たずに、使用している言葉がありませんか?

 …って、イタリア旅行とは何の関係もなさそうな書き出しで、唐突に話を始めてしまいましたが、私にとって、自然物の中に、そんな言葉があります。それは、「丘」と「谷」と「天の川」。

 「風の谷のナウシカ」と言われても、「谷」という風景があまりピンとこないし、「天の川」は、イラストに描かれたキラキラした星の川なら思い浮かんでも、リアルな天体の風景としては思い描くことはできません。

 つまり、これらの自然風景を、人生の中でしっかり見たことがないのです。

 そんな中、イタリア旅行を重ねることによって、私の中にイメージがようやく定着したのが「丘」です。

ピエンツァ
 こちらは丘の上にあるピエンツァの町の写真。

 イタリアに行くまでは、私は「丘って山と何が違うんだろ?」と思っていました。COCCOの歌で、「あの丘を越えればいつもあなたがいた」というフレーズがあるのですが、ここの風景を全然思い浮かべることができませんでした。山がちな九州のすみっこで生まれ育ち、19で上京してそのまま東京住まいの私は、おそらく「丘」を見たことがなかったのです。

 イタリアは、日本と同じように、国土に起伏が多いのだそうです。町と町を寸断するようなその地形が、イタリア半島が長い間、統一国にならなかった原因のひとつになったと考えられたりもします。

 日本(というか私の生まれ育った九州)と違うなあと感じるのは、その起伏の「起」が、日本よりも、こじんまりとしていて、ゆるやかであること…つまり、「山」ではなく「丘」だということです。

 トスカーナ南部やウンブリア、プーリア地方のイトリアの谷などで、そのような地形は顕著に見られます。ずーっと続く平地に、ぽこ、ぽこ、とモグラが顔をだしているみたいな丘。そして、おそらく防犯上の理由から、人々はその丘に集まり、城壁を作り、町を築き上げました。

 この丘の上の町のかわいらしさってのは、えも言われません。私をイタリアへと惹きつけるものの一つが、この丘の上の町、なのです。もう何でしょうね、コレ。何でこんなに好きなのかわかりません。もうアレですね、完全に恋ですね。

 イタリアの丘の上の町は、規模が小さいものが多いです。姉に「何でこんなに小さい町が多いんだろうねえ?」と聞いてみると、「城壁作るのが大変だからじゃない?」という答えが返ってきました。なるほどー。城壁とは、もちろん町を外敵から守るためのもの。ぐるっと町を取り囲むのであれば、大きな面積を取り囲むのは大変です。

 そんなわけで、小さな丘の上の町が多いイタリア。そんな町をいくつか目にすることによって、ようやく私も「丘を越える」というイメージを持つことができるようになりました。「丘を越える」のと「山を越える」ことの違いが、ようやくわかるようになったのです。

 ちなみに、山を越えるのは大変ですよね。比喩的な意味でも、大きな労力でもって、何か大きな障害物を乗り越える時に使います。丘を越えるのももちろん大変ですが、それは山を越える程ではありません。山を越えるためには、日常と違う装備で、ある程度の覚悟を持って挑まねばなりませんが、丘は、基本的には日常の中でのちょっとした重労働で越えることができます。

 そう考えると、COCCOの歌詞の「あの丘を越えればいつもあなたがいた」は、私は丘のイメージを持つまでは、「大変な時期を乗り越えたらあなたがいた」という意味なのかなーと思っていましたが、そうではなく、「日常的にいつもあなたがいた」という意味の方が近いのでしょうね。この歌は、失恋の歌なのですが、恋人という日常を失った歌、という意味で、今までとはちょっと違う聴き方をするようになりました。

 旅で、見知らぬ風景を見ることは、こうやって自分の言葉のイメージを広げ、そのことによって世界はもっと豊かに広がって行くのでしょうね。…旅ブログみたいで、ちょっとカッコイイですね!(いえ、このブログはれっきとした旅ブログですから!!!)いつか、本物の「谷」と「天の川」も見てみたいものです。

イタリア旅行は楽し♪トップページへ

スポンサーリンク

オシャレなイタリア人男性はどこにいる?

 イタリア人男性と言えば、「女性好き」として有名です。

 女性の身でイタリアを旅行していると、それは確かに本当のことだな、と思います。

 ただ、日本人が抱いている「女性好き」のイメージとは、ひとつ違うかな、と感じることがあります。それは、日本人が「女性好きの男性」と言う場合には、若くてキレイな女性にヘラヘラと寄って行く男性をイメージしますが、イタリア人男性の「女性好き」は、もっともっと博愛的な「女性好き」です。

 つまり、若くなくても、特別美人でなくても、女性に対して総じて優しいのです。簡単に言えばレディファースト。ドアがあれば必ず女性を先に通しますし、もちろんドアを手で支えてくれます。この辺りは文化の違いで、日本人男性は、そういうことをキザだと感じてしまう人が多いでしょうから、単純にイタリア人男性の方が心根が優しいのだとは言えないでしょう。ですが、普段、そのようなことに慣れていない日本人女性にとっては、ちょっと嬉しい異文化体験にはなります。

 さて、イタリア人男性の代名詞として、「女性好き」以外に言われるのは「オシャレ」だということです。男性ファッション誌では、イタリア人ファッションを特集することも多いですし、少し前に流行した「ちょい悪オヤジ」はイタリア人中年のファッションが見本となっていました。

 この「オシャレなイタリア人男性」というイメージですが、実は私は、旅行していて、このことは全然ピンときません!
 
 私が旅行している場所や時期が悪いのでしょうか!?オシャレなイタリア人男性なんて、どこにいる!?私が街角で見かけるイタリア人男性のほとんどは、古そうで、もさっとした衣服に身をつつんで、街角でぼーっとしているか、他のイタリア人男性とおしゃべりで盛り上がっているか、どちらかなのですが!

 さらに、ハッと気づいたのは、街中でスーツを着ているイタリア人男性の少ないこと、少ないこと!いわゆる日本で言うトコロの、スーツケースをビシっと着込んで、ビジネスバッグを小脇に抱えている「サラリーマン」ルックの男性を見かけることが恐ろしいほど少ないのです!

 それもそのはず、イタリア人は働く時にスーツをあまり着用しません。もしかしたら、私が観光客だから、サラリーマンスタイルのイタリア人に遭遇しないだけなのかもしれませんが、美術館の窓口、観光案内所、売店、本屋さん、タクシードライバー…ほとんどの人は、私服で働いています。鉄道関係者や、バスの運転手さんは、制服のようなスーツを着ていますが、それでもあれはサラリーマンスタイルではなくユニフォームです。

 というわけで、一定の年齢を過ぎると、女性も男性も、見た目の「オシャレさ」は、自分が生まれつき持ち合わせている容姿よりも、いかに努力して外見を磨き飾るか、ということにかかってくると思うのですが、その意味で、イケてるイタリア人男性に、旅行中に遭遇することはマレです。

 なので、イタリア人男性=オシャレという日本人のイメージは、あまり実態とはそぐわない、ステレオタイプな思い込みだと私は思っているのです。むしろ旅行中に遭遇する、日本人男性旅行者のほうが、ずっと身だしなみに気を遣っていてオシャレだと感じます。

 それでもイタリア人男性には、ひとつの見た目としての武器があります。それは、笑顔のチャーミングさです。イタリア人男性は、特に年配の方になればなるほど、にこっと実に無邪気に笑うおじさんが多いのです。つまり、かわいいおじさんが多いのです。「ちょい悪オヤジ」より、「かわいいおじさん」です。

 笑顔というものもオシャレの一環だと考えるならば、イタリア人男性がオシャレだという図式も妥当なのかもしれません。そんなわけで、イタリア人男性からオシャレの観点から学ぶことがあるとすれば、それはあのチャーミングな笑顔だ、というのが私の結論でございます。

捨て子養育院美術館 ギルランダイオ
 この写真は、本文とは何の関係もない、ギルランダイオ画のおそらく使徒ヨハネ。こういう中性的で美しい男性には、イタリアでは絵の中でしか遭遇できないと思った方がヨイです(笑)。

イタリア旅行は楽し♪トップページへ

スポンサーリンク

HomeNext ≫

プロフィール

辺獄

Author:辺獄
貧乏なくせに、イタリア旅行というお金のかかる趣味を持ってしまった、「イタリア旅行貧乏」です。旅行は楽し♪びんぼーも楽し♪がモットーです!
ついでにイタリア語も楽し♪
好きなイタリアの画家はボッティチェリ!

(limba→辺獄へ和訳改名しました!)

サイト修復中のお知らせ

当ブログは、記事が増えすぎたため、旅行記と本の感想以外の、イタリア旅行の実用的な情報記事を、新サイトにお引越しする作業を行っています。

引っ越し作業中は、お見苦しい箇所も出てきてしまうと思いますが、何とぞご容赦くださいませ。

新サイトはこちらです
辺獄のイタリア旅行おすすめ情報
辺獄のイタリア旅行おすすめ情報

新サイト完成後も、こちらのブログは、旅行記ブログとして存続しますので、よろしくお願い致します!

最新記事

イタリア旅行記

イタリア個人旅行の作り方

イタリアを個人で旅行する場合の、旅程の立て方や、航空券やホテルの予約の仕方についてまとめてみました♪
● イタリア個人旅行の作り方



イタリアの各町まとめガイド

今まで行ったことのあるイタリアの町ごとに、観光情報をまとめてあります。情報は、訪問当時のものなので、変わっている可能性もございます。ご注意下さいませ。
● 各町まとめガイド

各町まとめガイドは、10月以降、一時的に記事が見れなくなる可能性があります。詳しくはこちら

イタリア旅行お役立ち情報

イタリアツアー情報

当サイトはイタリアを個人旅行するための情報が多いので、パックツアーを考えている方のための別館を作ってみました。イタリアツアーの選び方や、おすすめイタリアツアーを紹介しています。
別館→イタリアツアー情報

旅行会話をマスターする!

せっかくイタリアに行くなら、イタリア語にチャレンジしてみましょう!イタリア語旅行会話の学習法や、おすすめのイタリア語学習教材、また、イタリア旅行で実際に使った旅行フレーズの紹介などをしています。

イタリア旅行おすすめ本

イタリア旅行に関するおすすめの本を紹介しています。おすすめガイドブックや、イタリア旅行前にぜひ読んでおきたい読み物、ちょっと小難しい文芸作品まで♪一覧にまとめてありますので、こちらからどうぞ↓

おすすめ旅行グッズ

イタリア旅行に役立つおすすめ旅行グッズをご紹介しています。ご参考までに、私がイタリア旅行の際に準備する持ち物リストの一覧も公開しています☆

イタリア旅行おすすめリンク

イタリア旅行に役立つサイトのリンク集を目的別に集めてみました。

カテゴリ

ブログ内の記事を、カテゴリ別に最新記事からお読みになりたい方はこちらからどうぞ☆

ブログランキング

参加中のブログランキングです。当ブログがお気に召していただけましたら、ぽちっとお願い致します☆

サイトについて

当ブログはリンクフリーです。サイトポリシーやお問い合わせ先についてはこちらからどうぞ。

検索フォーム

RSSリンクの表示

FC2カウンター