イタリア旅行記ブログ イタリア旅行は楽し

イタリア旅行大好きの管理人が、実際にイタリアに足を運んだ経験・情報に基づいて、イタリア旅行情報を発信してます。
旅行記や個人でのイタリア旅行のコツ、サッカー観戦情報もございます。

Top Page > イタリア旅行記2011

イタリア旅行記2011もくじ

 2011年3/4~3/22に行った3度目のイタリア旅行の旅行記のもくじです。訪問先はフィレンツェ、プラート、ヴェローナ、ヴィツェンツァ、マントヴァ、ブレシア(サッカー観戦だけ)、ヴェネツィア、トルチェッロ島、サン・ジミニャーノです。

●3/4イタリア到着 アルプスを越えてブオナセーラ!
今年のイタリア旅行は、チューリッヒからフィレンツェへと入る乗り換え便を使いました!
●3/5フィレンツェ1 聖母子と絶景と沈黙と
メディチ・リッカルディ宮でリッピの絵を発見したり、ミケランジェロ広場へ行ったり、充実した一日!
●3/6フィレンツェ2 花の都に振られた朝
前日の充実ぶりの反動のように、どこに行っても閉まっていた…。
●3/6フィレンツェ3 モントリーヴォはジラに甘い
スタディオ・アルテミオ・フランキでフィオレンティーナVsカターニャを観戦
●3/7プラート フィリッポ・リッピに浸る幸せ
フィレンツェから隣町プラートへと半日遠足
●3/7フィレンツェ4 日本人は夕陽がお好き
ドゥオーモのクーポラに上りました。サン・ロレンツォ教会も再訪。
●3/8フィレンツェ5 ジュリアーノに花束を
メディチ家礼拝堂を訪問。女性の日で入場料無料!
●3/8ヴェローナ1 おおカメラ、なぜ動かないの?
ヴェローナに移動したとたんに、デジカメが壊れるハプニングっ!
●3/9ヴィツェンツァ 清く、正しく、パッラーディオ
天才建築家パッラーディオの町・ヴィツェンツァに日帰り旅行
●3/9ヴェローナ2 いま夜が来て君はきれいになった
夕闇のヴェローナのアディジェ川沿いをお散歩。
●3/10マントヴァ 湖に浮かぶ笑いの殿堂
ヴェローナからマントヴァへと日帰り旅行。
●3/11ヴェローナ3 サン・ゼーノの扉はヘタカワイイ
サン・ゼーノ・マッジョーレ教会やランベルティの塔を観光。
●3/11ブレシア 北イタリア幻想の落日
スタディオ・リガモンティにてナイトゲームのブレシアVsインテルを日帰り観戦。誰ですか、こんな無謀な計画を立てたのは…
●3/12ヴェローナ4 ロミオの苦悩と私の腹痛
ジュネーヴからGちゃんが飛び入り参加!アレーナやジュリエット関係など、主要観光どころを回りました。
●3/13ヴェローナ5 カステルヴェッキオで待ち合わせ
友人のGちゃんも含めて、カステルヴェッキオで美術鑑賞。
●3/13ヴェローナ6 平和ってスバラシイ!
スタディオ・マルカントニオ・ベンテゴディにてキエーヴォVsフィオレンティーナ観戦
●3/14ヴェネツィア1 トルチェッロ島の静と動
ヴェネツィア初日なので、まずはヴェネツィア発祥の地・トルチェッロ島へと行ってまいりました!
●3/15ヴェネツィア2 浮かれる者は藻をつける
霧雨のヴェネツィア。カナル・グランデ巡りや、サン・マルコ寺院などを観光。
●3/15ヴェネツィア3 奇跡の聖母は慈愛に満ちて
マドンナ・デッロルト教会と、サン・ザッカリア教会を訪問。
●3/16ヴェネツィア4 裏切り者には黒い旗
ヴァネツィアは強い雨。ドゥカーレ宮殿と、いくつかの教会を訪問。
●3/17ヴェネツィア5 光と闇の迷宮散歩
ようやく晴れたヴェネツィア!散歩の午前編。
●3/17ヴェネツィア6 ウンカフェペルファヴォーレの罠
晴れたヴェネツィア散歩の午後編。
●3/18ヴェネツィア7 リアルト橋は光の舞台
フィレンツェに移動する前に、朝の晴れたヴェネツィアをお散歩。
●3/18フィレンツェ6 アルノ川の向こう側
フィレンツェに戻ってきました。アルノ川の向こう側に宿泊します。
●3/19サン・ジミニャーノ バスを待ちわびて塔の町
フィレンツェからサン・ジミニャーノに日帰り旅行
●3/20フィレンツェ7 トッティ200ゴールおめでとう!
スタディオ・アルテミオ・フランキでフィオレンティーナVsローマを観戦
●3/20フィレンツェ8 橋を渡ってお家に帰ろう!
サッカー観戦帰りに、オルサン・ミケーレ教会とサンタ・トリニタ教会を訪問
●3/21フィレンツェ9 聖母のマントに包まれたい
アルノ川沿いの、無料教会コースを歩く!
●3/21フィレンツェ10 サンタ・マリア・ノヴェッラの再会
ドゥオーモ付属美術館と、サンタ・マリア・ノヴェッラ教会を再訪
●3/22エピローグ ここはもうイタリアではない…
チューリッヒ空港経由で帰国。チューリッヒ空港は清潔で整然としておりました。

イタリア旅行は楽し♪トップページへ

スポンサーリンク

3/22エピローグ ここはもうイタリアではない…

<本日のイタリア旅行記メニュー>
~チューリッヒ経由で帰国~


 18泊の今年のイタリア旅行も、帰国の日を迎えた。

 フィレンツェの、アメリゴ・ヴェスプッチ空港を、朝9時半に出発する飛行機で、チューリッヒ経由となる。ただ、原発事故の影響で、日本への便には、かなり変更が出ているらしい。日本にいる母に連絡を取って、スイス航空の日本支店に問い合わせてもらったのだが、フライトは香港経由になり、関西国際空港着になる可能性もあるらしい。毎日状況が変わるので、空港まで行ってみなければわからない、とのことだった。

 9時半、と早い便なので、レジデンスのオーナーのおじいちゃまにお願いして、前日のうちに、レジデンス前に朝7時にタクシーを呼んでもらった。タクシーはちゃんと来た(こんな当たり前のことが、イタリアではホッとする)。空港までは、スーツケース代ひとり1ユーロを合わせて、22ユーロだった。空港までのバスは、荷物をバスの下の方に入れるのだが、出発するまで、悪い人に取られないかハラハラするので、やっぱりタクシーが安心である。

 空港に到着し、スイス航空のカウンターに並んだ…のだが、ええと、いまいちどこに並べばよいのかがわかりづらい。スイス航空と言っても、フィレンツェの空港の職員はイタリア人なので、いいかげんである。手際もすっごく悪いので、なぜだか一人一人のチェックイン手続きにすさまじく時間がかかっていて、列が全然進まない。空港には早めに来たので焦りはないが、やっぱりイタリアでは、何もかも余裕を持って行動しなければならない。

 いいかげんなくせに、機内預け荷物の重量検査はうるさくて、エコノミークラスでスーツケースが20kgを超える人は、追加料金を払うか、預ける荷物を減らすように言われている乗客がたくさんいた。この機内預け荷物の20kgルールは、以前からあるルールなのだけど、最近、航空会社がとみに厳しくなってきたと聞いていたが、その通りだった。昨年までは、わりとその場のスタッフの裁量で見逃されていたのだ。今年、我々が見た範囲だと、20.5kgだった人は見逃してもらっていたけど、21kgの人は、この重量制限にひっかかっていた。

 超過料金は法外な値段なので、大抵の人はスーツケースから荷物を出して、機内に持ち込む手荷物に加えていた。ハイジャックの危険などを考えると、むしろ乗客の持ち込み荷物を減らした方が良いと思うんだけどなー。我々の預け荷物は、スーツケース2つで、それぞれ15キロ弱だったので、余裕でセーフっ!

 さて、スタッフさんは、我々のチェックインが済むと、ただ航空券を渡しただけだったので、「あのー、日本への便には変更があったと聞いたのですが…」と尋ねてみると、「そうだよ、香港経由になったよ。チューリッヒ発も、13時じゃなくて、18時に変更になりました」とのお返事。…フライトに変更があったのに、その変更を乗客に告げないイタリア人スタッフ…。ここは、イタリアー。ただ、ちゃんと成田まで行ってくれるみたいなので、一安心。心配性の我々の母は、滋賀に住んでいる母の妹(つまり我々の叔母)に、「万が一関空着になったら、泊めてあげて!」と連絡し、叔母は、そのためのゲストルームをスタンバイして待っていたらしい…。関空からわざわざ滋賀に行くのが名案かどうかは別にして、家族ってスバラシイ!

 出発まで時間があったので、待合室でゆっくり座って待った。もっさりした空港なのだが、トイレはなかなかキレイだった。
 フィレンツェ アメリゴ・ヴェスプッチ空港
 これがアメリゴ・ヴェスプッチ空港の待合室。携帯のカメラだからしょぼい画像なんじゃなくて、もともとこんな感じの、もっさりした空港。

 椅子に座っていると、何かネームを下げた女性が二人近づいてきて、空港改善のためのアンケートに答えてほしい、と紙を持ってきた。ヒマだったので、いいよ、と言って、アンケートに答えてあげた。ていうか、結構がんばってるじゃないか、アメリゴ・ヴェスプッチ空港。空港内にどんなお店がほしいですか?とか、どんなブランドを入れてほしいですか?とかいう質問だったので、「ヴィオラショップを置いてほしい」という少数意見とか、「おいしいジェラート屋がほしい。おいしいのが大事」とか意見を書いてみた。スタッフさんに渡すと、その場で読んでいた…。や、やばっ!日本人女性なのに、グッチとかプラダとかじゃないんだ…とボー然としてたかもしれない…。
 
 さて、飛行機は予定通りに出発。離陸後は、人という漢字の形をしているコモ湖も見えた。コモもいつか行ってみたい町である。

 チューリッヒ空港に着くと、機体から空港まではバス移動だった。フィレンツェでもバス移動だったのだが、この移動バスがイタリアとスイスでは全然違う…。フィレンツェで乗ったバスは、座席が破れまくっていた。ここチューリッヒでは座席の破れなどあるわけないし、バスがつやつや輝いてますよ。…あー、もう、ここはイタリアじゃないんだなー。

 とりあえず、インフォメーションに行って、18時のフライトで間違いはないのかを確認しに行った。すると、インフォメーションの女性が、「航空会社の都合でフライト変更して、乗り継ぎ時間が長くなったので、スイス航空のカウンターに行って、バウチャーをもらえば空港内のレストランでの支払いに使えるよ」とのことだった。へー!そうなんだ!インフォメーションで聞かなければ、もらいそこねてた。今回のフライト変更は、天災ではないし、航空会社によって対応が違うので、航空会社都合と言うことになるようだ。

 ひとり10フランのタダ券をもらい、とりあえず、お昼までどこかの待合室で眠ることにした。パスポートや貴重品は服の下に隠してあるし、何たってスイスだし、眠っても危険ではないだろう。

スイス チューリッヒ空港
 こちらが実に清潔で近代的なチューリッヒ空港。イタリアの空港とは大違いである。日本の空港並みにキレイな上に、スタイリッシュでもある。母に「チューリッヒに着きました。フライトの時間が変更になってます」とメールすると、「乗り換え時間が長くなったからと言って、市街地に遊びに行かないこと!何があるか分からないので、空港内でおとなしく出発時間まで待つこと!」というメールが返ってきた。…疲れてるからどこにも行かないけどさ、こういう時に真っ先に市街地に飛び出すのは、きっと母だと思うのだがね…。

 お昼になったので、センター・バーとかいうレストランに行ってみると、………た、高いっ!さすが、物価が高いことで有名な、銀行大国スイス…。10フランで食べられるものなんて、ほとんどないんですけど!しかも、スイスの通貨はユーロではなくてフランなので、フランなんて一銭も持ってないっ…。従業員さんに聞いてみると、ユーロでも支払いはできるとのことだった。なぜかアジア系料理が充実していたので(お寿司もあった)、ヌードルを食べた。すっごくちっぽいヌードルだったのに、なんと12.9フラン!円に直すと1300円くらい…。ありえない。スイスは私の住む国ではないことはよくわかった(スイスも私なんか住んでほしくないであろう…)。

 ごはんを食べた後、空港内にいることに飽きてしまったので、「インフォメーションで、市街地にどうやって出ればいいのか、聞くだけ聞いてみようよ。聞くだけだよ!」と姉と言い合って、インフォメーションの女性に、「フライトを待つ間、空港外に出たいのですが…」と聞いてみると、電車で20分くらいで、チューリッヒの中心地に出れるそうで、観光地図もくれた。「中心街は美しいですよ、ぜひ行ってらっしゃい!」と笑顔で言われた。

 …20分。うん、だいぶ行きたいね。頂いた観光地図を見ても、だいぶ美しい街並みだね。…ただし、我々にはひとつだけ懸念があった。「フランを一銭も持っていないっ!」。空港内でユーロを両替すればいいだけなんだけど、何だかんだやっていたら時間がなくなってしまうだろうし…。きーっ!こんなことだったら、昼食前に眠ったりしないで、さっさと中心街に行けばよかったね!

 二人ともだいぶ中心街まで行きたかったのだが、今年の旅行は本当にいろんなトラブル続きだったので、念のため、やめることにした。その代わり、スイスの土くらい踏んでみたかったので、空港の外にだけは出て、空港近くをうろうろしてみることにした。スイス空港の出入りは結構厳しくて、空港を出る時に荷物検査を受けた。検査を受けずに素通りしている人もいたので、東洋系だから怪しまれたのかな?と思った。

 空港の外に出ると、すぐそこに小高い航空公園みたいなものがあり、家族連れなどが遊んでいたので、上ってみた。飛行機ウォッチャーのための公園らしく、空港から飛行機が飛び立つのがよく見える。
チューリッヒの空2

 天気はよいし、本当にいい気持ち。スイスの土を踏んだぞっ!スイスの空気もすったぞっ!

チューリッヒの空
 スイスの空です。スイスっぽい(意味不明)。

 チューリッヒの花
 かわいらしいお花も咲いておりました。

 地面のお花を見ていると、姉が「あっ!」と声をあげた。何とっ!スイスの硬貨発見っ!日本の1円硬貨みたいなヤツだから、おそらく100分の1フランくらいのお金ではないか。だが、これで、スイスのお金一銭もなしから、一銭だけありにグレードアップしたぞっ!

 おいしい外の空気を胸いっぱい吸って、早めに空港に戻ることにした。スイスの道端はイタリアのように、ゴミなど落ちていなくてキレイである。

スイスでは犬のウンコはここに捨ててください
 このような、犬のウンコ専用ゴミ箱まであるのには驚いたっ!道路も整然としているし、アルプス越えただけで、こんなにも違うものなのかね。でも、イタリアはカオスなのがイタリアのいいところなのだよさ、きっと。いろーんな国があるから楽しいのだ。異文化交流ばんざいっ!

 スイス空港は、中に入るのも厳重だった。ちゃんと航空券を見せて、バーコードをピッと読んでから中に入れてくれる。チューリッヒの中心街行ってみたかったなあ。本当に何があるか分からないのが旅行なので、中継する空港がある時は、その都市の最低限の情報は調べておいた方がよいかもしれない。

 というわけで、無事に香港経由の飛行機で日本へと帰った。評判の良い香港空港だが、機内から降りることはできず、飛行機の窓から高層住宅街が見えただけであった。ほとんどの乗客がキャンセルしてしまったようで、機内はガラガラだった。おかげで、一人で四席くらい占領して、寝転がって眠ることができて、かなり楽だった。だけど、日本に向かう人が少ないのは、やはりさびしく感じるものだった。

 本当にいろいろあった旅行だったが、イタリアは行けば行くほど好きになる国だ。ホテルのお湯が出なくても、ホテルの予約がしっかり取れてなくても、ボロボロのバスに乗せられても、やっぱり何だかやめられない。トラブルが多かったことで、次のイタリア旅行への教訓もたくさんできた。次?アタリマエである。次はプーリア州にも行ってみたいし、エミリア・ロマーニャ州でもよろしいわね。ユヴェントスの新スタジアムにも行ってみたいわ!一つの旅の終わりは、新しい旅の始まりでもあるのであるっ!
(イタリア旅行記2011完)

イタリア旅行記2011もくじ

イタリア旅行は楽し♪トップページへ

スポンサーリンク

3/21フィレンツェ10 サンタ・マリア・ノヴェッラの再会

<本日のイタリア旅行記メニュー>
●ドゥオーモ付属美術館
●サンタ・マリア・ノヴェッラ教会


 サント・スピリト広場の「gusta panino」でお昼ご飯のパニーノを食べた後は、のんびり町歩きを楽しむことにした。18泊の今年のイタリア旅行も、今日が最後の観光日である。今年の旅行は何だか、いろいろあったなあ…。ホテルのトラブルが続いたり、カメラがぶっ壊れたり。まだ旅行は、終わっていないぞ!気を緩めるなかれっ!

 フィレンツェで、まだ通ったことのない道を歩いてみよう、とのことで、アルノ川の南岸の方を、川に沿ってとことこ西から東へ向かって歩いてみることにした。このあたりは、職人街で、手作りの革工房や、紙工房のお店がある。小さな個人芸術家のアトリエや、骨董品屋さんなどもぽつぽつと並んでいた。ポンテ・ヴェッキオのあたりまで歩くと、もとは塔だったと思われる古い建物なども目に付いた。フィレンツェはこれで4度目なのだが、まだまだ気が付いていない風景も多い。何度来ても、楽しめる町である。

 アルトラルノのトンネルと光
 ミケランジェロ広場へと向かう坂道だと思うが、坂道の途中にトンネルがあった。向こう側から差し込んでくる光がまぶしくて、思わず携帯電話のカメラでパチリ。

 ポンテ・ヴェッキオも通り過ぎて、もう少し川沿いを東の方まで歩いてみた。天気は良く、風はそよそよ、アルノ川はさらさら(いや、どんぶらこっこだな)

アルノ川の鳥さんたち
 アルノ川で、シンクロナイズドスイミングのように、隊形を作って泳いでいた水鳥さんたち…なのだが、携帯電話のカメラでは、意味不明な画像が撮れただけでした!

 このままアルノ川沿いを、ずっと東に進んでしまうと、そのうちミケランジェロ広場に行ってしまいそうだったので、ポンテ・ヴェッキオの次の、アッレ・グラツィエ橋を渡って、中心街の方へ戻ることにした。橋を渡ると、目の前にはサンタ・クローチェ教会。正面はなかなかエレガンスな美人さんなのだが、実はこの教会は、顔だけ白塗りメイクしてるみたいな感じで、白いのは正面だけで、その後方はベージュ色の古ぼけた感じで、そのギャップにビックリする。横や後ろから見ると、これがあのサンタ・クローチェ教会とは、なかなかわからない。サンタ・クローチェ教会は、昨年入場観光したので、今回は外観だけでスルー(結構入場料高いのだよ)。

 中心街に向かう途中で、またバルジェッロ国立博物館の前を通りかかったので、入ってみようと思ったのだが、また!休みだった!バルジェッロ国立博物館は、いつ行っても閉まっている。やる気なさすぎなのか、我々との相性が極めて悪いのかは謎。フィレンツェで、我々との相性が悪いのは、このバルジェッロ国立博物館と、ラウレンツィアーナ図書館である。これで4度目のフィレンツェなのに、まだ入場を果たしていないだよ…。

 さーてっ。バルジェッロ国立博物館に入るつもりだったのだが、またまたフラれてしまったので、これから何をしようかね。そのままあてもなく、ドゥオーモの方に歩くと、ドゥオーモの裏手のドゥオーモ付属美術館に突き当たった。私は2年前に入ったが、姉はこの時私と分かれて行動したので、まだ入ったことがない。私が「ここのロッビアは何回見てもいいから、入ってもよいよ」と言い、ドゥオーモ付属美術館に入ることになった。再訪っ!

 ドゥオーモ付属美術館は、ドゥオーモの裏手にあるため、観光客でごったがえしているドゥオーモ広場と対照的にひっそりとしている。その存在に気が付いていない観光客も多く、こんなにフィレンツェの真ん中にある割には、穴場の観光スポットと言える。所蔵している美術品は、ミケランジェロの未完のピエタや、ドナテッロのマグダラのマリア像、ギベルティの「天国の扉」のオリジナル(洗礼堂についているのはレプリカ品)などで、なかなかおすすめである。もちろん、私の大好きな、ルカ・デッラ・ロッビアの傑作品「聖歌隊席」もある。

 こちらがロッビアの「聖歌隊席」。
 ロッビア聖歌隊席1
 楽しそうに、歌って踊る子供たち。実に愛らしい。女の子かわいいー!実に楽しそうな表情が、何ともかわいらしい。
ロッビア聖歌隊席2
 ちょっと年上の女の子たちが、輪になって踊っている図。かわいらしくも、何となく色っぽくも感じる女の子たち。子供というよりは、天使のようである。 

 この作品を初めて見る姉も、「確かにこれはロッビアの傑作だね」と喜んでいた。子供たちの歌声がそのまま聞こえてきそうな作品なのだが、残念なことに、今年は、この部屋に、薄くBGMでクラシック音楽が流されていた。いらないよー、そんな演出っ!作品からにじみ出てくる音楽に耳をすませる方が、よっぽど味があるのだ。

 おととしの訪問では気付かなかったのだが、このドゥオーモ付属美術館には、ロッビアの作品がたくさんあった。ドゥオーモやジョットの鐘楼周りの装飾は、風雨で痛まないようにレプリカ作品になっているものがあり、そのオリジナルがこちらの方に保存されているらしい。ロッビアの作品は、小さな作品も、かわいらしくてたいへんによい。

 ドゥオーモ美術館のロッビア作品
 こちらは、ルカ・デッラ・ロッビアの甥っ子に当たる、アンドレア・デッラ・ロッビアの作品。アンドレアの作品は、とにかく明るくてかわいらしいルカの作風に比べて、しっとりした作品が多い。風情たっぷりの聖母マリアと、キュートな幼子イエス。

 このドゥオーモ付属美術館の目玉作品の一つである、ギベルティの「天国の扉」のオリジナルは、修復中で、鑑賞できなかった。私はおととしじっくり鑑賞したからよいが、姉はまだ見たことがない。姉は、昔から、洗礼堂の「天国の扉」を見て、「イマイチこういうものの良さはわからん」と言っていたので、「ギベルティなくても、お姉ちゃんは別に残念じゃないよね?」と聞くと、「いや!せっかく入ったからには見たかった!」と言っていた。日頃、洗礼堂の扉をスルーばっかりしているから、バチが当たったのかもしれぬだよ。

 ドゥオーモ付属美術館で、もうひとつだけ書いておきたいことがあるのだが、前回この美術館を訪問した2009年の旅行記で、私はこの美術館の2階にあるトイレを絶賛した。そのトイレ様が、2年の歳月を経て、劣化していたのである!これは残念であった。何かカギがかかるはかかるけど、ガタガタしているし、全体的にツヤがなくなっていた。それでも、広さがあって、人が少なくてくつろげるトイレではあるので、まだまだ利用価値は高い。

 さて。ドゥオーモ付属美術館を出た後、もう一つくらいどこかに入ろう、ということになった。姉はこう言った。「最後に、あのイケメンを見に行こうよ」。「あのイケメン」とは、サンタ・マリア・ノヴェッラ教会の、ギルランダイオが描いた祭壇画の中にいる、私と姉にジュリアーノだと思われている男性である。私に異論があるわけがない。

 というわけで、サンタ・マリア・ノヴェッラ教会再訪っ!緑のお庭をとことこ、とことこと入る。久しぶりだねっ、ノヴェッラ!中に入ると、何はともあれ、中央礼拝堂の、ギルランダイオのイケメンのところへとGO!

 イケメンは、昨年と同じように(絵なんだから当たり前である)、左側のフレスコ画の、左の方で、ジッとこちらへ視線を向けていた。いやー、実にカッコイイ。実は、この絵の中にはメディチ家の人々をモデルにした人物が多数描かれていて、この男性にもモデルがいて、通説ではジュリアーノではないらしい。だが、この男性をジュリアーノだとハートに刻み込んでいる我々にとって、通説というものが何の力を持とうか。いや、持ちはしないのだ。この男性はジュリアーノでよいのである。

 それにしても、何でこんなにセクシーでスマートなのだね。我々が、この男性に熱視線を向けているので、他の観光客の方々が、「この日本人女性たちは、何をそんなに真剣にみているんろう?」と興味津津でこの絵を見ていた。皆さん、このイケメンにグッときませんか?サンタ・マリア・ノヴェッラ教会内部は写真撮影禁止なので、イケメンの画像を載せられないのが残念無念である。実際にフィレンツェまで行ってご対面してみてくださいっ!

 サンタ・マリア・ノヴェッラ教会には、遠近法オタク・ウッチェッロの、「地球の歩き方」いわく迫力満点の「ノアの洪水」の絵もあるらしい。昨年もサンタ・マリア・ノヴェッラ教会を訪問したのに、その絵に気付かなかったので、「どーせ、ウッチェッロの絵だから記憶に残ってないんだよ」と姉と話していた。今年はしっかり見ようと思い、探すのだが見つからない。「緑の回廊」と呼ばれる場所にあるらしいのだが、教会案内図を見ても、どうやって「緑の回廊」に行けばよいのかわからなかった。

 そこで係員さんに聞いてみると、「緑の回廊」に行くには、いったん教会を出なくてはならないらしい。「もう一度教会内に戻ってこれますか?」と聞くと、「もちろん!」とのお答えだったので、一度出口から出て、右の方の入り口から、「緑の回廊」へと入った。

 サンタ・マリア・ノヴェッラ教会の入場券で見学できるのかと思いきや、「緑の回廊」は別料金であった。ちっ。ウッチェッロに別料金払うのかよっ(本当は見たいくせに)。我々と同じように、サンタ・マリア・ノヴェッラ教会の入場券で入れると思った観光客が何組か来ていて、別料金だと知ると、Uターンして帰って行った。中に入ったのは、我々と、他に老夫婦が一組だけであった。

 「緑の回廊」の入場料は、一人2.7ユーロという、かなり中途半端な金額であった。二人分のチケットを買うと、5ユーロ40セント。姉が10ユーロを出すと、お釣りは4ユーロ60セント。この入場券売り場は、かなりお釣りに困っているらしく、2人の女性係員が、セント硬貨をかき集めて、…ええと、全部で30枚くらいのセント硬貨を必死に数えて、4ユーロ60セントを作ろうとする。…おそらく2.7ユーロだなんて、中途半端な入場料にするから、こんなにセント硬貨であふれてしまうのだ。さすがに、こんなにたくさんの小銭はいらないので、「あと40セント出します」と言って、5ユーロ札をお釣りにもらおうとすると、イタリア人係員は、40セントを出すという意味が全然わからなくてぽかんとしている…。私が「5ユーロ札でお釣りを頂けますか?」と言うと、ようやく一人の係員は理解して、感心していたが、もう一人の係員は、結局よくわかっていなかったようだ…。

 さてっ!無事にお釣りももらったところで、ウッチェッロ、カモーン!…回廊は、さびれた感じで、さびれていた(そうとしか言いようがない…)。ここが「緑の回廊」と呼ばれるゆえんは、特徴的な緑の顔料を用いた壁画が、ぐるっと回廊を取り巻いていることからくるらしいのだが…痛みが激しくて、緑と言うよりは、薄汚れた灰色、という感じだ。肝心のウッチェッロの絵は…。

 創世記のアダムとイヴの原罪や、ノアの箱舟などを描いている、のだが…。あんまし、う、うまくない…。ま、まあ、しょうがないと言えば、しょうがないさね。彼はルネサンス初期の画家さんで、遠近法などが確立されてからの画家さんではなく、遠近法の研究者なのだ。遠近法研究オタクのウッチェッロさんの、遠近法追究の画家人生が、後の天才たちへとつながるのでありますよ。なのに、姉、「遠近法オタクのくせに、遠近法もあんまりうまくないじゃん」。きいっ!イタリア語で「小鳥」という意味の、かわいらしい名前を持つウッチェッロさんを、あんまりいじめるんじゃありませんよっ!(私は何だかウッチェッロさん好き…)

ウッチェッロのろくろ首じゃなくてヘビ
 これが、ウッチェッロさん作の、イヴをそそのかす蛇。蛇っていうより、ろくろ首…。

 回廊の奥には、スペイン人の大礼拝堂という部屋があって、ウッチェッロよりもさらにへたくそな絵が、一面に描かれていた。

サンタ・マリア・ノヴェッラの悪魔くんたち
 これは、その一部で、何だか悪だくみしてそうな、悪魔くんたちの集団。色とりどりで、ハデな悪魔くんたちだね。黄色い悪魔くんとか、明らかにデッサンが変である。頬杖をついているけど、ひじは空中に浮いてますよ!筋トレ中ですか?

 というわけで、緑の回廊を出た。何て言うか、フィレンツェ!花の都!ルネッサンスの中心地!ってな気分で入ると、夢が打ち砕かれる可能性がある。が、それなりに面白かったので、壮大な美術作品を見すぎて疲れたと感じた時には、入るといいかもしれない。

 緑の回廊を出て、サンタ・マリア・ノヴェッラ教会内部に戻ることにした。内部にもう一度戻れるか、少し心配ではあった。緑の回廊に続く、出口側から戻ると、案の定「ここは入り口じゃないよ」と言われたので、「緑の回廊を見てきたのですが、もう一度教会内に戻りたいのです」と言うと、中に入れてくれた。ただ、これは係員さんの裁量によりそうなので、やはり、緑の回廊へは、教会内部を鑑賞し終わってから行った方がいいかもしれない。

 どうしてもう一度教会内部へ戻りたかったかと言うと、サンタ・マリア・ノヴェッラ教会は撮影禁止なので、あのイケメンのギルランダイオのポストカードを買いたかったのだ。教会内部のお土産屋で探すと、イケメンのドアップではないが、イケメンも端っこに映ったポストカードを発見っ!ちなみに、サンタ・マリア・ノヴェッラ教会のお土産屋さんのスペースには、ロッビア一族による作品もあり、かわいらしい。

 姉がレジに購入に行くと、レジ係の若い青年に「日本の方ですか?」と流暢な日本語で言われた。姉がびっくりして、「そうです。日本語上手ですね!」と答えると、「いえ、全然」と謙遜していた。謙遜までできるなんて、かなりの日本通である。

 帰る前にもう一度イケメンを見よう、とギルランダイオの祭壇に戻る我々。しつこすぎる。フッと教会内を振り向くと、祭壇のちょうど反対側の方の扉の上に、何だか雰囲気の良い、小さな絵があるのに気付いた。近づいてみると、キリスト誕生を描いたシーンで、淡い色彩で、実にかわいらしい絵である。上の方にあるので、あまり細部が見えないのが残念である。誰の絵だろう?と思って、教会内の説明板を見てみると、…サンドロ・ボッティチェリ!?あのボッティチェリ!?サンタ・マリア・ノヴェッラ教会に、ボッティチェリの絵があるなんて、どのガイド本にも書いてなかったぞ?ボッティチェリクラスの画家さんの絵がある場合は、普通は、ガイド本に載っているものなのだが…。

 姉が、「さっきの日本語話せるスタッフさんに、本当にボッティチェリの絵なのか、聞いてみるよ!」と言う。…姉め、さっきのスタッフさんが、ちょっと目がくりくりしていてかわいい男性だったから、もう一度話したいのだな?姉が、「この教会は、ボッティチェリの作品があるんですか?」と男性に聞きに行くと、男性は、「作品」という日本語がわからなかったらしいのだが、ちゃっと電子辞書を取り出して、「作品」の意味を調べて、「あります!」と笑顔満面で頷いた。そっかー、ボッティチェリ作品だったんだ!やわらかくて、素敵な作品なのに、なぜガイド本などに掲載されていないのか不思議である。

 我々はようやくサンタ・マリア・ノヴェッラ教会を後にして(長居しすぎ)、新市場のロッビアを通るついでに、イノシシ君の鼻をさわって(この鼻をさわると、またフィレンツェに戻ってこれるらしい)、いったん橋を渡ってレジデンスへ戻った。アルノ川沿いは夕焼けがキレイで、フィレンツェという町は本日もゴキゲンのようだった。

 最終日くらい、有名なトラットリアで外食しよう、とのことで、デル・カルミネという、レジデンス近くの有名なトラットリアへ入った。かなり人気店らしいので、お昼のうちに予約しておいた。イタリアのトラットリアは、いつも量が多すぎて食べきれないので、サラダ、パスタ、メインを一つずつ頼んで、二人でシェアして食べた。メインは、トスカーナ名物の、仔牛の煮込みだったのだが、ひ、ひっじょーに美味しいっ!ペロッと食べてしまったので、このお店の名物と言う、ミラノ風カツレツも追加で注文して食べた。これも、だいぶ美味しいっ!ミラノ風と言っても、ミラノ以外で食べても美味しいらしい。

 この後、デザートまで食べて、二人で52ユーロだったが、2ユーロはおまけしてくれた。我々の前に会計したアメリカ人らしき女の子たちは、チップまで払ってたのに、我々はまけてもらった…。学生っぽく見えたんだろうなあ…。おそらく、あのアメリカ人たちの方が、私より年下だと思われるのだが…。

 おなかいっぱいでレジデンスに戻り、明日の出発が早いので、早めに眠ることにした。これで、今年のイタリア旅行の観光は終わりである。でも、フィレンツェにはまたまた来るぞ!…てなわけで、名残惜しくはあったが、「また来る!」という強い意志の元、心地よいレジデンスのベッドで、ぐっすり眠りにつく我々であった。

3/22エピローグ ここはもうイタリアではない…へ続く

イタリア旅行記2011もくじ

イタリア旅行は楽し♪トップページへ

スポンサーリンク

HomeNext ≫

プロフィール

辺獄

Author:辺獄
貧乏なくせに、イタリア旅行というお金のかかる趣味を持ってしまった、「イタリア旅行貧乏」です。旅行は楽し♪びんぼーも楽し♪がモットーです!
ついでにイタリア語も楽し♪
好きなイタリアの画家はボッティチェリ!

(limba→辺獄へ和訳改名しました!)

サイト修復中のお知らせ

当ブログは、記事が増えすぎたため、旅行記と本の感想以外の、イタリア旅行の実用的な情報記事を、新サイトにお引越しする作業を行っています。

引っ越し作業中は、お見苦しい箇所も出てきてしまうと思いますが、何とぞご容赦くださいませ。

新サイトはこちらです
辺獄のイタリア旅行おすすめ情報
辺獄のイタリア旅行おすすめ情報

新サイト完成後も、こちらのブログは、旅行記ブログとして存続しますので、よろしくお願い致します!

最新記事

イタリア旅行記

イタリア個人旅行の作り方

イタリアを個人で旅行する場合の、旅程の立て方や、航空券やホテルの予約の仕方についてまとめてみました♪
● イタリア個人旅行の作り方



イタリアの各町まとめガイド

今まで行ったことのあるイタリアの町ごとに、観光情報をまとめてあります。情報は、訪問当時のものなので、変わっている可能性もございます。ご注意下さいませ。
● 各町まとめガイド

各町まとめガイドは、10月以降、一時的に記事が見れなくなる可能性があります。詳しくはこちら

イタリア旅行お役立ち情報

イタリアツアー情報

当サイトはイタリアを個人旅行するための情報が多いので、パックツアーを考えている方のための別館を作ってみました。イタリアツアーの選び方や、おすすめイタリアツアーを紹介しています。
別館→イタリアツアー情報

旅行会話をマスターする!

せっかくイタリアに行くなら、イタリア語にチャレンジしてみましょう!イタリア語旅行会話の学習法や、おすすめのイタリア語学習教材、また、イタリア旅行で実際に使った旅行フレーズの紹介などをしています。

イタリア旅行おすすめ本

イタリア旅行に関するおすすめの本を紹介しています。おすすめガイドブックや、イタリア旅行前にぜひ読んでおきたい読み物、ちょっと小難しい文芸作品まで♪一覧にまとめてありますので、こちらからどうぞ↓

おすすめ旅行グッズ

イタリア旅行に役立つおすすめ旅行グッズをご紹介しています。ご参考までに、私がイタリア旅行の際に準備する持ち物リストの一覧も公開しています☆

イタリア旅行おすすめリンク

イタリア旅行に役立つサイトのリンク集を目的別に集めてみました。

カテゴリ

ブログ内の記事を、カテゴリ別に最新記事からお読みになりたい方はこちらからどうぞ☆

ブログランキング

参加中のブログランキングです。当ブログがお気に召していただけましたら、ぽちっとお願い致します☆

サイトについて

当ブログはリンクフリーです。サイトポリシーやお問い合わせ先についてはこちらからどうぞ。

検索フォーム

RSSリンクの表示

FC2カウンター