イタリア旅行記ブログ イタリア旅行は楽し

イタリア旅行大好きの管理人が、実際にイタリアに足を運んだ経験・情報に基づいて、イタリア旅行情報を発信してます。
旅行記や個人でのイタリア旅行のコツ、サッカー観戦情報もございます。

Top Page > バール、スーパー、市場の活用法

バール、スーパー、市場の活用法もくじ

イタリアでのバール、スーパー、市場の活用法を書いた記事のもくじです。

 イタリアのバールの使い方
 イタリアのスーパーの使い方
 イタリアの市場の使い方


イタリア旅行は楽し♪トップページへ

スポンサーリンク

イタリアの市場を活用しよう!

 私のイタリア旅行は、いつも貧乏旅行。イエイっ!

 貧乏旅行を支えるのは、イタリアでの自炊です。キッチン付きのホテルに宿泊して、自炊すれば、かなり旅行費を節約することができます。やっぱり外食ってお金が飛ぶんですよね~。

 で、自炊するための食料ですが、野菜でも肉でも、スーパーで購入するより、市場を利用すると、かなり安上がりになります!しかも、市場の野菜は、スーパーのものよりも新鮮で美味しいんですよ~!

ロコロトンド市場

<市場ってどんなもの?>
 イタリアの市場は、屋外市場と、屋内市場があります。

 屋外市場は、大きな広場などを利用して、テントを立てて開かれます。野菜や果物、肉、魚類など食料品以外に衣料品なども販売していることがあります。

 屋外での市場は、だいたい朝から、昼くらいまでで店じまいすることが多いです。また、ほぼ毎日開かれる市場もありますが、曜日が決まっていたり、近隣の町と持ち回りだったりする市場もあります。

 屋内市場は、フィレンツェの中央市場が代表的です。建物全体が市場になっていて、いろいろな売り場に分かれています。フィレンツェの中央市場は、中にバールやトラットリアもあります。

<市場での野菜の買い方>
 市場の野菜は、量り売りがほとんどです。

 買い方は、大きく分けて二通り。

1.セルフサービス型
 売り場に備え付けてあるビニール袋に、野菜を種類ごとに入れます(違う野菜を同じ袋に入れないように!)。使い捨てのビニール手袋がある場合は、必ず手袋を利用して、野菜を素手で触らないようにしましょう。ビニール手袋の用意が無い場合は、素手で触ってOKです。最後に、袋を店員さんに渡し、それぞれ重さを量ってもらって、値段を出してもらい、会計します。

2.オーダー型
 店員さんに直接、欲しい野菜と、その量を伝えて購入します。身振り手振りでOKです。店員さんは、キレイな野菜から選んでくれるので、お任せします。もちろん希望がある場合は伝えます。

 自分で取れる場所にある野菜はセルフサービス、届かない場所にある野菜はオーダー型、と、二つの方法を混ぜて購入することもありました。

 ちなみにバナナなどは、大きな房しか置いてなくても、3本だけ欲しいなどと伝えると、店員さんがちぎってくれます。また大きなカボチャなどは、切り売りしてくれるお店もありました。

 いずれにせよ、市場での買い物の仕方は、「郷に入ったら郷に従え」で、周りの地元客の買い方を最初は観察して、真似するようにしましょう。
 
<市場での肉の買い方>
 市場の肉も量り売りです。

 肉を買うときは、「エッティ(etti)」という単語を使うと便利です。200グラムは2 etti(ドゥエ エッティ)、300グラムは3 etti(トレ エッティ)です。ちなみに100グラムだけは1 etto(ウン エッ)です。まっ、細けぇことは気にしなくても、通じます!

 鶏肉(pollo)、豚肉(maiale)、牛肉(manzo)くらいの単語は覚えておいた方が便利です!

 ハム類を買う時も、同じ要領で大丈夫です。切り分けてほしい場合は、手で切り分けるしぐさをして、店員さんに訴えれば通じますよ!

<市場では身の回り品に注意!>
 市場はかなり混雑します。今まであまり危険を感じたことはありませんが、念のため、特に観光地に近い市場では、スリやひったくりなどの防犯には気を遣いましょう。

 買い物に使うお金以外の大金は、バッグ類に入れて持ち歩かないようにしましょう。

関連記事
イタリアのバールの使い方
イタリアのスーパーの使い方

イタリア旅行は楽し♪トップページへ

スポンサーリンク

イタリアのスーパーマーケットを使いこなす!

 長期滞在のイタリア旅行では、スーパーマーケットを上手に利用しましょう。長期旅行では、日用品の補充が必要になることもありますし、食品やお菓子のおみやげも、スーパーで買うのがお得です。

 ちなみにイタリアではスーパーマーケットは「スーペルメルカート(Supermercato)」。大型店は郊外にしかないようですが、中くらいのサイズのものなら、中心街にも見つかります。ホテル近くのスーパーを使うのが便利ですので、ホテルのスタッフに「ちぇ うん すーぺるめるかーと くい びちーの?(=近くにスーパーがありませんか?)」と尋ねてみましょう。

 日本とそれほど変わりませんが、いくつか買い物する時の注意点をあげておきます。

<入口と出口が別になっているお店がある!>
 まずは入店ですが、イタリアのスーパーは、入り口と出口が違うお店があります。おそらく、万引きを警戒しているのだとは思いますが、簡易ゲートを通って入店・出店するスーパーもあり、出口のゲートを通った後は店内に戻れず、買い忘れがある時は、外に出て、ぐるっと回って入り口から入らなければならない時がありました…。

 入口と出口の見分け方ですが、青もしくは緑の矢印が書いてあるドアは入口です。出口は、日本の侵入禁止のマークのように、赤いマルの真ん中に線がひいてあったり、赤い線がひいてあったりします。

 出口には、ジプシーや物乞いの人がいることがありました(買ったものやお釣りを恵んで欲しいのかな?)。財布はしっかりバッグに閉まってから、お店を出るようにしましょうね!

<スーパーでの野菜の買い方>
 日本とはちょっと勝手が違うのが、スーパーの野菜売り場です。野菜はたいてい計り売りです。

野菜の買い方
値段の近くに書いてある、その野菜の番号を確認します
備え付けのビニール手袋を手にはめて、野菜をビニール袋に入れます
秤に乗せて、欲しい野菜の番号を押します。
値段がシールで出てくるので、ビニール袋に貼ります
レジで、最後に他のものとまとめてお支払い

 イタリアでは、素手で野菜を触るのはNGですので、備え付けのビニール手袋を使うのを忘れないようにしましょう。

<レジでの会計時の注意>
 レジでの会計は、ものすごーく並ぶことが多いです。お客さんが山程並んでも、他の空いてるレジを開けないし、レジの交代時間になると、並んでる人がいても、レジを閉めてしまうマイペースぶりです(笑)。

 それでも、現地の人で文句言っているお客さんはいませんでした。客にも都合があれば、店にも都合がある、という風で、お互いマイペースでした。ちなみに、列への割り込みなどは経験したことないです。

 レジに並び、ベルトコンベアーのある所まで進むと、買うものをカゴから取り出してベルトコンベアーに置きます。自分が買うものと、前の人が買うものの区別がつくように、間には仕切りを置きます。自分が置き終わったら、その後ろにも仕切りを置いておくとグッドマナーです(仕切りが余っていればですが(笑))。

 ちなみにこの仕切りを、レジの人が置いて、そこに「Cassa chiuso」と書かれていたら、そこでレジを閉めてしまうという意味なので、自分の前に置かれたら、悲しみと諦め、またブッダのような「人生ってこんなものさ」という悟りの境地で、他のレジに並びなおしましょう。

 会計するときは、デリケートでないものはぽいぽい投げられます(笑)。異文化交流だとガマンしましょう。もちろん、「投げるんじゃねえよ!」ともっとホットな異文化交流をするのもアリですが(笑)。

 袋をもらうと、小額ですが必ずビニール袋代を取られるので、エコバッグ持参で行くのが賢いです。会計時に、レジの人にエコバッグを見せれば、だいたい袋不要だと通じます。

 ただ、現地の人のマイバッグ持参率はあまり高くなく、持って来る人も、前に貰ったその店のビニール袋を再利用してました。日本人観光客からエコバッグ広めましょう!日本と違って、袋代を取った後は返してくれない可能性大なので、会計に入る前に、エコバッグ持って来たよ、とレジの人にアピールしましょう。

<外からはスーパーに見えないスーパーがある!>
 イタリアのスーパーは、幅が狭くて、その分奥行きが広いお店が多く、そのため入口が狭く、外からのパッと見ではスーパーに見えないお店があります。日本のスーパーの入口は自動ドアで広いので、その感覚でスーパーを探すと見つからないことがあるので注意しましょう。

 スーパーを探すのに一番手っ取り早いのは、地元の人に「近くにスーパーありませんか?」と聞くことです。教えられた場所にスーパーが見当たらない場合は、そこらへんのお店のドアというドアをのぞいて確認しましょう。ビックリするほど小さなドアの向こうに、奥行きのあるスーパーがある場合があります。

関連記事
イタリアのバールの使い方
イタリアの市場を利用しよう
イタリア貧乏旅行術 食費・おみやげ代節約編

イタリア貧乏旅行は楽し♪トップページへ

スポンサーリンク

HomeNext ≫

プロフィール

辺獄

Author:辺獄
貧乏なくせに、イタリア旅行というお金のかかる趣味を持ってしまった、「イタリア旅行貧乏」です。旅行は楽し♪びんぼーも楽し♪がモットーです!
ついでにイタリア語も楽し♪
好きなイタリアの画家はボッティチェリ!

(limba→辺獄へ和訳改名しました!)

サイト修復中のお知らせ

当ブログは、記事が増えすぎたため、旅行記と本の感想以外の、イタリア旅行の実用的な情報記事を、新サイトにお引越しする作業を行っています。

引っ越し作業中は、お見苦しい箇所も出てきてしまうと思いますが、何とぞご容赦くださいませ。

新サイトはこちらです
辺獄のイタリア旅行おすすめ情報
辺獄のイタリア旅行おすすめ情報

新サイト完成後も、こちらのブログは、旅行記ブログとして存続しますので、よろしくお願い致します!

最新記事

イタリア旅行記

イタリア個人旅行の作り方

イタリアを個人で旅行する場合の、旅程の立て方や、航空券やホテルの予約の仕方についてまとめてみました♪
● イタリア個人旅行の作り方



イタリアの各町まとめガイド

今まで行ったことのあるイタリアの町ごとに、観光情報をまとめてあります。情報は、訪問当時のものなので、変わっている可能性もございます。ご注意下さいませ。
● 各町まとめガイド

各町まとめガイドは、10月以降、一時的に記事が見れなくなる可能性があります。詳しくはこちら

イタリア旅行お役立ち情報

イタリアツアー情報

当サイトはイタリアを個人旅行するための情報が多いので、パックツアーを考えている方のための別館を作ってみました。イタリアツアーの選び方や、おすすめイタリアツアーを紹介しています。
別館→イタリアツアー情報

旅行会話をマスターする!

せっかくイタリアに行くなら、イタリア語にチャレンジしてみましょう!イタリア語旅行会話の学習法や、おすすめのイタリア語学習教材、また、イタリア旅行で実際に使った旅行フレーズの紹介などをしています。

イタリア旅行おすすめ本

イタリア旅行に関するおすすめの本を紹介しています。おすすめガイドブックや、イタリア旅行前にぜひ読んでおきたい読み物、ちょっと小難しい文芸作品まで♪一覧にまとめてありますので、こちらからどうぞ↓

おすすめ旅行グッズ

イタリア旅行に役立つおすすめ旅行グッズをご紹介しています。ご参考までに、私がイタリア旅行の際に準備する持ち物リストの一覧も公開しています☆

イタリア旅行おすすめリンク

イタリア旅行に役立つサイトのリンク集を目的別に集めてみました。

カテゴリ

ブログ内の記事を、カテゴリ別に最新記事からお読みになりたい方はこちらからどうぞ☆

ブログランキング

参加中のブログランキングです。当ブログがお気に召していただけましたら、ぽちっとお願い致します☆

サイトについて

当ブログはリンクフリーです。サイトポリシーやお問い合わせ先についてはこちらからどうぞ。

検索フォーム

RSSリンクの表示

FC2カウンター