イタリア旅行記ブログ イタリア旅行は楽し

イタリア旅行大好きの管理人が、実際にイタリアに足を運んだ経験・情報に基づいて、イタリア旅行情報を発信してます。
旅行記や個人でのイタリア旅行のコツ、サッカー観戦情報もございます。

Top Page > イタリア旅行ちょこっとニュース

「TRENITALIA」の日本語版サイトができた⁉

イタリア旅行好きの方なら、もう気づいているかもしれませんが、最近、イタリアの「JR」のような存在の「TRENITALIA」のサイトに、日本語版が登場しています。

trenitalia.jpg
http://www.trenitalia.jp/


ようやくTRENITALIAの公式サイトが日本語対応したのかなーと思ったら、実は、このサイト、アドレスがTRENITALIAの公式と違うんですよね。

ドメインが、公式は.comですが、このサイトは.jp。公式サイトは、既にイタリア語以外に、英語や中国語などにも対応していますが、公式サイトの英語版などは、.com内にあります。

どういうことなんだろう?と思って、いろいろサイト内を見てみたところ、このサイトでTRENITALIAの切符を購入すると、手数料が€8かかるようです。

TRENITALIAの公式サイトで購入すれば、英語ページから購入しても、このような手数料はかからないので、おそらくこの日本語サイトは、TRENITALIANの完全な公式サイトというわけではなく、他の代理店のような会社が、委託販売しているんじゃないかなと思います(合ってるかどうかわかりませんが)。

そんなわけで、せっかく日本語版が登場したかのように見えますが、手数料が取られるなら、やはりTRENITALIAの公式サイトで鉄道切符は購入した方がお得ですね。

ただ、電車の検索にはこの日本語サイトも普通に利用できますので、日本語で時刻表などを調べたい場合は便利だと思います。

スポンサーリンク

チンクェテッレの「愛の小道」は、まだ閉鎖中!

ブログの方の更新をだいぶ怠っていました…。

何やっているかというと、新サイト作りもやっているんですが、最近忙しいのは、次のイタリア旅行の旅程作りです。

私は、イタリアに行っている回数が多い割には、鈍足に動いているので、まだ踏破していない有名どころの観光地が多くあるのですが、その一つがリグーリア州のチンクエテッレでしょう。

チンクエテッレ


興味がないのか?と言われると、そういうわけではないんです。チンクエテッレというと、等間隔で海辺に並んでいる、5つの村を結んでいるトレッキングコースが醍醐味だと思うのですが、そのコースの最も人気のある部分「愛の小道」が、2012年くらいから工事中で、通れないのです。

しかし、2012年から、もう4年の月日が流れているので、もう工事は終わっているだろう、と思い、実は、次の旅行はチンクエテッレ+ジェノヴァ+トリノの北西イタリアかな~と、脳内が盛り上がり、トリノのチョコレートのことで頭がいっぱいになっておりました(過去形)。

「愛の小道」の工事は終わっているだろうけど、念のため調べてみると…

まだ、終わっていないという情報が、ザクザクと出てくる!

えーっ!?4年もかかって、まだ終わってないのっ!?…って、まあ、イタリアではありがちなことですね。私がイタリアを舐めてました。

一応、2018年頃には開通する予定だという情報もあり、まあ、この予定が信じられるかどうかはアレなんですが、あと2年くらいでオープンするなら、今、チンクエテッレに行くのはもったいないよなあ…。

というわけで、私の脳内で盛り上がっていた北西イタリアへのベクトルを、鎮めなければならないこととなりました…。まあいいさ!他にも行きたいところはたくさんあるさ!

「愛の小道」の工事状況に関しては、イタリア語ですが、下記のリンクに情報がありますので、必要な方は参照して下さいませ。
リオ・マッジョーレの公式サイト

スポンサーリンク

ウッフィツィ美術館で写真撮影OKになっていたらしい!

 目新しくも何ともないニュースなのですが、私自身が知ったのが最近なので、覚書として書いておきます。

 まさしく、書いて字の通りなのですが、フィレンツェのウッフィツィ美術館の展示物が、写真撮影OKになったそうです(ただし、フラッシュを使うのはNG)。2014年の夏以降だそうです。

フィレンツェ ウッフィツィ美術館
 これは、ウッフィツィ美術館から撮影したヴェッキオ橋の写真。以前は、展示室でない廊下から、外の風景を撮影する場合はOKでした。

 芸術作品の写真撮影については、いろいろと意見が割れるところです。

 写真撮影OK派の主張として、聞いたことがあるのは、「芸術は人類の共通遺産で、特定の美術館のものではない。誰でも写真撮影できてしかるべきだろう」という考え方。

 写真撮影NG派の主張としては、「芸術の尊さは、複製できないところにある。だから、写真撮影は許されない」という考え方を聴いたことがあります。

 難しいですねえ…。

 旅行者の本音としては、写真撮影が許される美術館・博物館は嬉しいです。

 しかし、ウッフィツィ美術館のような、ただでさえ混雑している美術館で、写真撮影OKにしてしまうと、人気作品周辺が渋滞してしまい、さらに見にくくなるんじゃないかと思います。

 実際、写真撮影OKになった後のウッフィツィ美術館で、写真撮影に熱中するあまり、周囲のことを考えないカメラマンに、不快な思いをしたという情報も幾つか目にしました。

 もし、人気作品の周辺が、収集がつかないようなことになったら、いくつかの人気作品だけは撮影禁止とかになるかもしれないですね(ルーブル美術館がそうらしい)。

 私のような、カメラは二の次で、実際に見ることの方が大事という人はそれでもいいのですが、旅の目的の一つが写真撮影と言う方には、それでは不満かもしれませんね。まだ、撮影OKになった後のウッフィツィ美術館に行ったことがないので、私の意見としては何とも言えません。

 ただ、撮れるようになったなら、ポストカードが売っていなかったペルジーノのピエタは、いつか撮影しに行きたいなあと思いました。

 ちなみに、ウッフィツィ美術館だけでなく、イタリアの美術館全体で、写真撮影OKの方向に向かっているそうなので、このブログの旅行記で、「撮影できなかった」と書いている美術館のいくつかは、既に撮影が解禁になっているかもしれませんので、ご注意下さいませ。

イタリア旅行は楽し♪トップページへ
 

スポンサーリンク

HomeNext ≫

プロフィール

辺獄

Author:辺獄
貧乏なくせに、イタリア旅行というお金のかかる趣味を持ってしまった、「イタリア旅行貧乏」です。旅行は楽し♪びんぼーも楽し♪がモットーです!
ついでにイタリア語も楽し♪
好きなイタリアの画家はボッティチェリ!

(limba→辺獄へ和訳改名しました!)

サイト修復中のお知らせ

当ブログは、記事が増えすぎたため、旅行記と本の感想以外の、イタリア旅行の実用的な情報記事を、新サイトにお引越しする作業を行っています。

引っ越し作業中は、お見苦しい箇所も出てきてしまうと思いますが、何とぞご容赦くださいませ。

新サイトはこちらです
辺獄のイタリア旅行おすすめ情報
辺獄のイタリア旅行おすすめ情報

新サイト完成後も、こちらのブログは、旅行記ブログとして存続しますので、よろしくお願い致します!

最新記事

イタリア旅行記

イタリア個人旅行の作り方

イタリアを個人で旅行する場合の、旅程の立て方や、航空券やホテルの予約の仕方についてまとめてみました♪
● イタリア個人旅行の作り方



イタリアの各町まとめガイド

今まで行ったことのあるイタリアの町ごとに、観光情報をまとめてあります。情報は、訪問当時のものなので、変わっている可能性もございます。ご注意下さいませ。
● 各町まとめガイド

各町まとめガイドは、10月以降、一時的に記事が見れなくなる可能性があります。詳しくはこちら

イタリア旅行お役立ち情報

イタリアツアー情報

当サイトはイタリアを個人旅行するための情報が多いので、パックツアーを考えている方のための別館を作ってみました。イタリアツアーの選び方や、おすすめイタリアツアーを紹介しています。
別館→イタリアツアー情報

旅行会話をマスターする!

せっかくイタリアに行くなら、イタリア語にチャレンジしてみましょう!イタリア語旅行会話の学習法や、おすすめのイタリア語学習教材、また、イタリア旅行で実際に使った旅行フレーズの紹介などをしています。

イタリア旅行おすすめ本

イタリア旅行に関するおすすめの本を紹介しています。おすすめガイドブックや、イタリア旅行前にぜひ読んでおきたい読み物、ちょっと小難しい文芸作品まで♪一覧にまとめてありますので、こちらからどうぞ↓

おすすめ旅行グッズ

イタリア旅行に役立つおすすめ旅行グッズをご紹介しています。ご参考までに、私がイタリア旅行の際に準備する持ち物リストの一覧も公開しています☆

イタリア旅行おすすめリンク

イタリア旅行に役立つサイトのリンク集を目的別に集めてみました。

カテゴリ

ブログランキング

参加中のブログランキングです。当ブログがお気に召していただけましたら、ぽちっとお願い致します☆

サイトについて

当ブログはリンクフリーです。サイトポリシーやお問い合わせ先についてはこちらからどうぞ。

検索フォーム

RSSリンクの表示

FC2カウンター