イタリア旅行記ブログ イタリア旅行は楽し

イタリア旅行大好きの管理人が、実際にイタリアに足を運んだ経験・情報に基づいて、イタリア旅行情報を発信してます。
旅行記や個人でのイタリア旅行のコツ、サッカー観戦情報もございます。

Top Page > 交通関係

イタリア旅行情報 交通関係もくじ

 イタリア旅行お役立ち情報の、交通関係の記事の目次です。

イタリアでのタクシーの乗り方
イタリアでのバスの乗り方
イタリアでの鉄道の乗り方

イタリア旅行は楽し♪トップページへ

スポンサーリンク

イタリアでの鉄道の乗り方

 イタリアでは、バスやトラムに比べると、鉄道はずっと簡単に乗りこなせます。日本のJRにあたるイタリアの国鉄は「FS」と呼ばれます。その他、いくつか私鉄のローカル線もありますが、電車の乗り方は、基本的には国鉄も私鉄も同じです。

<鉄道切符の買い方>
 まず、切符を購入しましょう。自動券売機を使う方法と、窓口で購入する方法がありますが、どちらがおすすめかは一概には言えません。春夏の観光シーズンの観光地や、大都市の大きな駅などは、窓口にかなりの行列ができる場合があるので、自動券売機を使った方がずっと早いでしょう。

 自動券売機は英語での操作が可能です。操作はそれほど難しくありません。ただ、自動券売機は、現金での支払いができずクレジットカードのみの支払いというものが結構多いです。何となく自動券売機でクレジットカードを使うのは不安なので、私は鉄道切符は窓口で購入しています。

 窓口購入する場合は、目的地と人数を告げます。受け取った切符の出発駅、到着駅、値段、人数を必ずしっかり確認して下さい。

イタリアFSの切符

 こちらは、ラヴェンナからボローニャまでを一人分購入した際の切符です。右上の①N.1ADULTIの1が人数を表しています。ピサで(まちがった、フィレンツェで(笑))我々が二人分の切符を頼んだのに、三人分の切符を購入してしまった時は、この数字が2ではなく3になっていました。真ん中の②が出発駅と到着駅、右下③のEUR5.80が値段です。最低、この3か所はしっかり確認しましょう。ちなみに運賃は、窓口で買う前に、自動券売機を途中まで操作して、確認するという方法もあります。
 
 万が一、間違えた切符を出された時は、切符を購入した駅の窓口で20分以内に申し出ないと、交換してくれません。つまり、その場で確認しておかなければアウトということですね。もちろんのことですが、お釣りもしっかりその場で確認することをお忘れなく。

<窓口が開いている時間に注意!>
 ローマのテルミニ駅やミラノ中央駅などの大都市の大きな駅は、かなり遅くまで駅の窓口が開いていますが、少し地方の町へ行くと、日本では信じられない時間に駅の窓口が閉まっていることがあります。

 たとえば、観光地としては有名なウンブリア州のアッシジなどは、駅の窓口は土日は閉まり、平日も午後1時~5時までしか開いていませんでした。やる気なさすぎ。そんな感じで、ちょっと大都市でなくなると、駅の窓口は積極的に閉まります。

 というわけで、窓口で切符を買いたい場合は、窓口の開いている時間をしっかり調べておきましょう。だいたい窓口のどこかに書いてあります…が、書いてない場合もありました。そういう駅は、きっと、好きな時間に窓口を開けて、適当に閉めたくなったら閉めるんだろうな…。

 窓口が閉まっている時間は、駅中や駅近くのバールやタバッキで鉄道切符が買えることがあります。万が一の場合は、近くのお店で尋ねてみましょう。ただし、日曜などは、そういったお店も閉まっていることがほとんどですので、日曜に電車で移動する予定がある場合は、なるべく平日のうちに切符を買っておきましょう。イタリアの電車切符は、刻印しない限りいつでも使えるので、必ずしも電車に乗る日に購入する必要はありません。

 また、日帰り遠足する場合などは、行き先の町の駅が、きちんと窓口が機能している駅かどうかはわかりません。なるべく往復で切符を買っておきましょう。

<切符を買ったらホームの確認と切符の刻印!>
 切符を購入したら、電光掲示板で電車の発車時刻と、ホームを確認しましょう。ちなみにイタリア語でホームは「びなりお(binario)」と言います。電車に遅れが出てる場合も、この掲示板に表示されます。「Ritardo」とか「rit」とか書かれている欄が、電車の遅れを表示する場所です。電光掲示板が見つからない場合は、大きな駅では、椅子のある待合室に行くと、たいていは見つかります。

 これがイタリアの駅で見かける電光掲示板だっ!(@ボローニャ駅)

イタリア鉄道の電光掲示板

①…電車の番号
②…目的地。「DESTINATIONE」と本当は書きたいのだろうが、電気が1か所消えて、頭のDがなくなってるね。おかげで、一番上はバーリ(BARI)行きなのにアーリ(ARI)行きになってるし、2番目はミラノ(MILANO)行きがイラノ(IRANO)行きになってるね。イタリアではありがちなことだから驚いちゃいけないよ!
③…「ORARIO」電車の発車時刻です(あくまで予定)
④…「RIT」は「RITARDO」の略。そうっ!これが、電車の遅延を示す欄。一番上の電車が10分遅れになってるよ!
⑤…「BIN」は「BINARIO」の略。ホームの番号です。

 乗る電車が決まったら、早めに黄色い刻印機に入れてぽちっと刻印しましょう。ぽちっとな。この習慣は日本には無いので、うっかり忘れてしまうので、「ホームを確認したら→ぽちっとな」と頭に入れておきましょう。我々も一度刻印し忘れかけて、焦りましたよ~。車内での検札は必ず来ますので、刻印してないと罰金が取られてしまいます。貧乏旅行で罰金なんて泣けてしまいますね。

 さて、この刻印機ですが、壊れていることがあります。大きな駅であれば、ほかの刻印機を探せばよいのですが、小さな駅ではひとつしかない刻印機がぶっ壊れていることも…。こういう場合は、他に刻印できない地元客がいる場合は、電車の中で近くに座りましょう。検札が来たら、駅の刻印機が壊れていたことを、この地元客が説明してくれるので、「私も同じ穴のムジナなのです!」と身振り手振りで訴えましょう。

 誰も頼れる人がいない場合は、自分でありとあらゆる手段で訴えましょう。間違っても「えーい、面倒っ!」と、折れてはいけません。イタリアでは、粘り強く交渉すれば筋は通ります。

イタリア鉄道の刻印機
 この黄色い子が刻印機。ぽちっとな!

<イタリアの鉄道は遅れる?>
 時間通りに来ないことで有名なイタリアの鉄道ですが、南に行けば行くほど、電車は遅れます。今までの最高記録は44分の遅延っ!本当にねえ…、どうやったら44分も遅れるんでしょうねえ…。乗り換え予定があるときは、乗り換えの時間は多めに取っておいた方が無難です。

 ちなみに、乗り継ぎ予定の電車は、その前の電車が数分遅れている場合は、待っていてくれることもあります。が、44分遅れの時は、さすがに行ってしまってました…。

 ES(エウロスター)はイタリアが国の威信をかけて運行してるそうで、遅れることはあまりありませんが、今年、初めてESの遅延に遭遇しました(10分遅れ)。ESどうしの乗り換えでも、30分くらいは余裕があった方がよいかな、と思いました。

<降り損ねに注意!>
 イタリアの電車は、日本のように、次の停車駅のアナウンスが無いことがあります。私も一度、ロコロトンドで降り損ねたことがありました。

 停車している駅名の表示が、窓から見えないこともあるので、不安な場合は、必ず周りの地元人っぽい乗客に確認しましょう。イタリア人は親切に教えてくれますよ。

 また、駅に着いても、ドアが自動では開かないこともあります。たいていは緑のボタンを押して開けるのですが、わからない時は、すぐに近くの乗客にヘルプを求めましょう。

<駅では防犯に気をつかおう!>
 イタリアの駅は日本のように改札が無いので、切符を持ってない人でも駅のホームまで入れちゃいます。なので、ホームでは防犯にしっかり気をつけましょう。「勝手に荷物を運んで代金を請求」「電車の乗り方を親切に教えてくれると思いきや、財布をすられた」などの被害を目にしますので、駅では特に警戒心丸出し旅行者でいましょう。

 各駅停車などに乗ると、時々、小さな紙を乗客に配る人が車内を歩き回ったりしています。たいていは、「生活苦なのでお金を下さい」というメッセージです。お金を出すつもりがないときは、無視しておけば大丈夫です。あまりしつこく迫られることはないですが、お金を出す気がない場合は、目の前で財布を出したりしない方がよいでしょう。

<電車のトイレ>
 イタリアの電車は、ほとんどトイレがついています。

 国鉄でも私鉄でも、車内のトイレは、意外と使えるレベルであることが多いです。ただ手洗いの水はめったに出ないので、電車内でトイレに行くかもしれない場合は、抗菌ウェットティッシュを持っておくと便利です。

関連記事
イタリアでのタクシーの乗り方
イタリアでのバスの乗り方
電車のすすめ~鉄道旅行を作ろう①
イタリアの電車の種類~鉄道旅行を作ろう②
Trenitaliaを予約する!~鉄道旅行を作ろう③

イタリア貧乏旅行は楽し♪トップページへ

スポンサーリンク

Home

プロフィール

辺獄

Author:辺獄
貧乏なくせに、イタリア旅行というお金のかかる趣味を持ってしまった、「イタリア旅行貧乏」です。旅行は楽し♪びんぼーも楽し♪がモットーです!
ついでにイタリア語も楽し♪
好きなイタリアの画家はボッティチェリ!

(limba→辺獄へ和訳改名しました!)

サイト修復中のお知らせ

当ブログは、記事が増えすぎたため、旅行記と本の感想以外の、イタリア旅行の実用的な情報記事を、新サイトにお引越しする作業を行っています。

引っ越し作業中は、お見苦しい箇所も出てきてしまうと思いますが、何とぞご容赦くださいませ。

新サイトはこちらです
辺獄のイタリア旅行おすすめ情報
辺獄のイタリア旅行おすすめ情報

新サイト完成後も、こちらのブログは、旅行記ブログとして存続しますので、よろしくお願い致します!

最新記事

イタリア旅行記

イタリア個人旅行の作り方

イタリアを個人で旅行する場合の、旅程の立て方や、航空券やホテルの予約の仕方についてまとめてみました♪
● イタリア個人旅行の作り方



イタリアの各町まとめガイド

今まで行ったことのあるイタリアの町ごとに、観光情報をまとめてあります。情報は、訪問当時のものなので、変わっている可能性もございます。ご注意下さいませ。
● 各町まとめガイド

各町まとめガイドは、10月以降、一時的に記事が見れなくなる可能性があります。詳しくはこちら

イタリア旅行お役立ち情報

イタリアツアー情報

当サイトはイタリアを個人旅行するための情報が多いので、パックツアーを考えている方のための別館を作ってみました。イタリアツアーの選び方や、おすすめイタリアツアーを紹介しています。
別館→イタリアツアー情報

旅行会話をマスターする!

せっかくイタリアに行くなら、イタリア語にチャレンジしてみましょう!イタリア語旅行会話の学習法や、おすすめのイタリア語学習教材、また、イタリア旅行で実際に使った旅行フレーズの紹介などをしています。

イタリア旅行おすすめ本

イタリア旅行に関するおすすめの本を紹介しています。おすすめガイドブックや、イタリア旅行前にぜひ読んでおきたい読み物、ちょっと小難しい文芸作品まで♪一覧にまとめてありますので、こちらからどうぞ↓

おすすめ旅行グッズ

イタリア旅行に役立つおすすめ旅行グッズをご紹介しています。ご参考までに、私がイタリア旅行の際に準備する持ち物リストの一覧も公開しています☆

イタリア旅行おすすめリンク

イタリア旅行に役立つサイトのリンク集を目的別に集めてみました。

カテゴリ

ブログ内の記事を、カテゴリ別に最新記事からお読みになりたい方はこちらからどうぞ☆

ブログランキング

参加中のブログランキングです。当ブログがお気に召していただけましたら、ぽちっとお願い致します☆

サイトについて

当ブログはリンクフリーです。サイトポリシーやお問い合わせ先についてはこちらからどうぞ。

検索フォーム

RSSリンクの表示

FC2カウンター