イタリア旅行記ブログ イタリア旅行は楽し

イタリア旅行大好きの管理人が、実際にイタリアに足を運んだ経験・情報に基づいて、イタリア旅行情報を発信してます。
旅行記や個人でのイタリア旅行のコツ、サッカー観戦情報もございます。

Top Page > イタリア個人旅行の作り方

イタリアの「宿泊税」について~ホテルの選び方⑤

 えー、今回は。「イタリア個人旅行の作り方」の「ホテルの選び方編」の番外編のような話です。

 テーマはズバリ、「宿泊税」!

 観光立国イタリアにおきましては、観光客が宿泊する際に、ホテルに「宿泊税」を支払わなければならないという流れが加速していまして、イタリアの多数の観光都市が、「宿泊税」を徴収するようになってきました。

 「宿泊税」って何っ!?て思いますよね!私もよくわかりませんっ!とにかくも、われわれ旅行者が、イタリアを旅行する際に、「宿泊税」を導入する都市に宿泊する際は、その「宿泊税」なるものを、ホテル代金とは別に支払わなければならないようです。きーっ!

 ちなみに、2013年1月現在で、「宿泊税」を導入していると私が確認できている、イタリアの悪徳な観光都市は下記の通り(観光地として主要な町だけピックアップしてあります)。

<イタリア北部の町>
ミラノ(1~5ユーロ)
ベルガモ(1~3.5ユーロ)
ヴェローナ(0.5~3ユーロ)
ヴェネツィア(0.7~5ユーロ)
パドヴァ(1~3ユーロ)
トリノ(1.3~4.9ユーロ)
ジェノヴァ(1~3ユーロ)

<イタリア中部の町>
ボローニャ(1~5ユーロ)
リミニ(0.5~3ユーロ)
フィレンツェ(1~5ユーロ)
ピサ(1~2ユーロ)
シエナ(1~5ユーロ)
サン・ジミニャーノ(0.75~3ユーロ)
モンテカティーニ・テルメ(0.28~1.7ユーロ)
モンテプルチャーノ(1~2ユーロ)
ローマ(2~3ユーロ)

<イタリア南部の町>
ナポリ(1~4ユーロ)
サレルノ(2~3ユーロ)
ソレント(1~2ユーロ)
カターニャ(1~2.5ユーロ)
アルベロベッロ(1~1.5ユーロ)
レッチェ(1~3ユーロ)
オートラント(1~2ユーロ)

※金額は一泊につき、かかる税です

 えへへ…。宿泊税を取らない観光都市を探す方が難しいぜ、こりゃあ…。一年ほど前に、「宿泊税を取らない町に泊まるようにしようぜ!」と、宿泊税対抗策として書いた気がするのですが、それはカナリ難しい状況になってきましたぜ…。

 たいてい、どこの都市でも、滞在するホテルのクラスが高くなればなるほど、宿泊税が高くなります。ヴェネツィアなどは、ヴェネツィアのどこに宿泊するかや、宿泊者の年齢によって、細かく宿泊税を設定しています。けっ!ご苦労なこったよ!
 
 さて、この宿泊税、チップ程度の料金しか取らないアルベロベッロとかは、「まあね、観光以外に産業がないしね」とか、まあちょっとわかってやらなくもないわけです。しかし、最大5ユーロとか取る、ミラノ、フィレンツェ、ヴェネツィアあたりはどうなのよ。宿泊税を取っても、観光客はどうせ来るだろう、という強気っぷり!

 あと、青の洞窟で有名な「カプリ島」は、宿泊税は取らないけど、「入島税」を取るそうです。何それ。アナタは有料高速道路か何かですかっ!?日帰りで来る観光客が多いかと思って、こんな手を使ってくるわけです。

 各町が、いろんな条件のもとに、税額を細かく設定しているわけですが、その中で、同じクラスのホテルなどを比べたときなどに、旅行者にとって、最も宿泊税の条件が悪い町の一つが、フィレンツェ!フィレンツェ…イタリアで一番好きな町なのに…。プランデッリ監督がフィオレンティーナを辞めてから、町そのものが悪い方向に進んでるんじゃないのか(関係ない)!?

おお、我が心のフィレンツェよ
お前はなぜ
悪へと歩みを進めていくのか


 とか、ダンテ風の叙事詩を詠みたくなりますよっ!(もちろんですが、上のくっだらない詩は私の自作)

 そこで、フィレンツェに行く人に提案ですよ。この宿泊税に全力で抵抗するためにも、お隣のプラートに宿泊してみるのはいかがでしょう?宿泊税もありませんし、フィレンツェまで電車で30分弱ですし、美しいドゥオーモや教会がある、隠れた名観光都市ですよ!(プラートについてはこちら

 ちなみに、観光有名都市でありながら、今のところ(2013年1月現在。今後はわかりませんよ)、宿泊税を取っていない、スバラシイ町の名前を、世界遺産の町を中心に、思いつく限りあげておきましょう。ヴィツェンツァ、マントヴァ、チンクェテッレ、ラヴェンナ、フェッラーラ、ピエンツァ、アッシジ、アマルフィ、ポンペイ、マテーラ、パレルモってとこかしら。抜けちゃった町があったらゴメン!まじゴメン!

 それにしてもイタリアのヤツ、調子に乗って、今後、この宿泊税を取る町は増えそうな感じです。てめえっ。イタリアっ!税くらい自分の国民から取りやがれっ!…はーあー。

イタリア個人旅行の作り方もくじへ

イタリア旅行は楽し♪トップページへ

スポンサーリンク

おすすめのホテル予約サイト~ホテルの選び方④

 莫大な数がある、観光大国イタリアのホテル。探す時には、ホテルを検索、予約ができるサイトの利用が便利です。

<ホテル予約サイトを通じて予約しよう>
 私は、イタリアのホテルを予約する際は、なるべくホテル予約サイトを通して申し込むようにしています。

 自分たちのHPを持っているホテルであれば、ホテルに直接予約を申し込むこともできますが、だいたいイタリアホテルの予約の際には、クレジットカードの番号を通知する必要があります

 前払いというわけではなく、キャンセルチャージのためのホテル側の保険のようなものです。無料でキャンセルできる期限を過ぎた後のキャンセルがあった場合に、取り決めしている額を、クレジットカードから引き落とせるように、番号を聞いておくというわけです。

 ホテルに直接予約した場合は、クレジット番号をメールやFAXで送らなければなりません。クレジット番号をメールやFAXで…というのはちょっと不安ですよね。

 その点、予約サイトを通じて申し込めば、予約サイト経由でクレジット番号を通知する形になるのですが、たいていの大手のホテル予約サイトは、個人情報が漏れないよう安心して送受信できる、SSLに対応しているため安心です。(ホテル個別の公式サイトは、SSL対応していない場合もあります。)

 また、直接予約と予約サイト経由の予約は、部屋の価格もほとんど変わらないですし、むしろ、予約サイトの方が安く設定されている場合も多いです。

<おすすめのホテル予約サイト>
 私が、イタリアのホテルを探すときに使うサイトの中から、おすすめサイトを紹介します。

エクスペディア-世界最大級のホテル予約サイト
 海外資本系のホテル予約サイト。とにかく、登録しているホテル数が多いです。
 他のサイトと比べて、ホテルの価格が安く設定されていることが多く、特に、高級ホテルが安くで宿泊できると評判のサイトです。
Hotels.com
 こちらも登録ホテル数の多いサイト。エクスペディアが航空券なども扱ってるのに対し、こちらのhotels.comは、ホテル予約専門のサイトです。
 対象ホテルが、10泊すると、次の1泊が無料になるというプログラムが魅力です。
海外ホテル予約アップルワールド.com
 日本の老舗の海外ホテル予約サイト。
 日本のサイトだけあって、日本語でのクチコミが多く、ホテルが探しやすいサイトです。
 ホテルの価格も、最安値か、それに近い価格に抑えられていることが多いです。


Booking.com
 最近利用することが多いのが、こちらBooking.com。私が宿泊することの多い、個人経営のB&Bや、プチホテルの登録が、ことイタリアに関しては、他のサイトより多いように感じます。
 口コミ数も多く、選びやすいです。無料キャンセル期間であれば、オンラインで簡単にキャンセルできるのもお手軽です。



TripAdvisor (トリップアドバイザー)
 個人旅行者にはおなじみのトリップアドバイザー。
 トリップアドバイザー自体はホテル予約サイトではありませんが、クチコミの数はダントツなので、実際に宿泊した人の評価でホテル探しをするなら外せないサイト。トリップアドバイザーから、他のホテル予約サイトを通じてホテルの予約ができる場合もあります。

  同じホテルの同じ部屋であっても、登録してあるサイトによって、価格がかなり違う場合があります。お気に入りのホテルを見つけたら、複数のホテル予約サイトの値段を比べましょう。

<直前割引を狙おう!>
 宿泊日がせまった段階でもまだ空室があれば、値下げして売り出すホテルもあります。格安でホテルに宿泊したい方は、この直前予約割引を利用する手もあります。各ホテル予約サイトごとに、直前割引のコーナーを設けている場合もあるので、突然の旅行が決まった場合は、チェックしてみましょう!

イタリアの宿泊税についてへ続く

イタリア個人旅行の作り方もくじへ

イタリア旅行は楽し♪トップページへ

スポンサーリンク

HomeNext ≫

プロフィール

辺獄

Author:辺獄
貧乏なくせに、イタリア旅行というお金のかかる趣味を持ってしまった、「イタリア旅行貧乏」です。旅行は楽し♪びんぼーも楽し♪がモットーです!
ついでにイタリア語も楽し♪
好きなイタリアの画家はボッティチェリ!

(limba→辺獄へ和訳改名しました!)

サイト修復中のお知らせ

当ブログは、記事が増えすぎたため、旅行記と本の感想以外の、イタリア旅行の実用的な情報記事を、新サイトにお引越しする作業を行っています。

引っ越し作業中は、お見苦しい箇所も出てきてしまうと思いますが、何とぞご容赦くださいませ。

新サイトはこちらです
辺獄のイタリア旅行おすすめ情報
辺獄のイタリア旅行おすすめ情報

新サイト完成後も、こちらのブログは、旅行記ブログとして存続しますので、よろしくお願い致します!

最新記事

イタリア旅行記

イタリア個人旅行の作り方

イタリアを個人で旅行する場合の、旅程の立て方や、航空券やホテルの予約の仕方についてまとめてみました♪
● イタリア個人旅行の作り方



イタリアの各町まとめガイド

今まで行ったことのあるイタリアの町ごとに、観光情報をまとめてあります。情報は、訪問当時のものなので、変わっている可能性もございます。ご注意下さいませ。
● 各町まとめガイド

各町まとめガイドは、10月以降、一時的に記事が見れなくなる可能性があります。詳しくはこちら

イタリア旅行お役立ち情報

イタリアツアー情報

当サイトはイタリアを個人旅行するための情報が多いので、パックツアーを考えている方のための別館を作ってみました。イタリアツアーの選び方や、おすすめイタリアツアーを紹介しています。
別館→イタリアツアー情報

旅行会話をマスターする!

せっかくイタリアに行くなら、イタリア語にチャレンジしてみましょう!イタリア語旅行会話の学習法や、おすすめのイタリア語学習教材、また、イタリア旅行で実際に使った旅行フレーズの紹介などをしています。

イタリア旅行おすすめ本

イタリア旅行に関するおすすめの本を紹介しています。おすすめガイドブックや、イタリア旅行前にぜひ読んでおきたい読み物、ちょっと小難しい文芸作品まで♪一覧にまとめてありますので、こちらからどうぞ↓

おすすめ旅行グッズ

イタリア旅行に役立つおすすめ旅行グッズをご紹介しています。ご参考までに、私がイタリア旅行の際に準備する持ち物リストの一覧も公開しています☆

イタリア旅行おすすめリンク

イタリア旅行に役立つサイトのリンク集を目的別に集めてみました。

カテゴリ

ブログ内の記事を、カテゴリ別に最新記事からお読みになりたい方はこちらからどうぞ☆

ブログランキング

参加中のブログランキングです。当ブログがお気に召していただけましたら、ぽちっとお願い致します☆

サイトについて

当ブログはリンクフリーです。サイトポリシーやお問い合わせ先についてはこちらからどうぞ。

検索フォーム

RSSリンクの表示

FC2カウンター